トップへ戻る

アナタの運転は上手?丁寧?運転マナーとテクニックに関する調査

アナタの運転は上手?丁寧?運転マナーとテクニックに関する調査

あなたは自分自身の車の運転は上手いと思いますか?丁寧だと思いますか?こちらの記事では、過去にパーク24がドライバー向け会員制サービス「タイムズクラブ」の会員を対象に「運転マナー」と「テクニック」に関する調査を行った結果を元に記事にしています。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


「運転マナー」についてのアンケートでは・・・

パーク24はドライバー向け会員制サービス「タイムズクラブ」の会員を対象に運転マナーとテクニックに関する調査を2014年12月22日から28日までの間で行いました。6906人からの回答を得ることができました。

あなたの運転は丁寧?

そのアンケートの中で「あなたの運転は丁寧だと思いますか?」という質問に対し、およそ45%の人が自分の運転に対して「丁寧だと思う」という回答でした。なんと半数以下の人が自分の運転に対して丁寧ではないという回答結果に。

「丁寧だと思わない」と回答した人が25%、そして「わからない」が30%。自分の運転が丁寧だと思わないという人が、4人に1人という回答結果に少し驚きです。それとも日本人らしい謙虚さの表れなのか、自覚できるほど丁寧じゃないのか。気になるところです。

半数以上の人が自信の運転について自信がない、わからないという結果でしたが、交通ルールや運転マナーについても不安になってしまうアンケート結果は多々あります。

下記の記事に詳細は記載していますが、過去にJAFが行った調査では、信号のない横断歩道で、交通ルールに則り停止する車は10%に満たなかったという調査結果も出ています。

交通ルールの記事についてはコチラ!

カーブの走行、急発進、急停車等など。同乗者や周りのドライバーに危険、不安、不快感を与えない運転が丁寧だと言えると思いますが、「交通ルールを遵守する」ということも、丁寧な運転をするといえるのではないでしょうか。

ルールではない運転マナー・・・あなたはどうしてる?

次に「ルールではないけれど、心がけている運転マナーはありますか?※複数回答可」の問いに対しては、約80%以上の人が「道を譲ってもらったとき会釈やハザードで挨拶する」と選択しています。他にも「駐車場に止める際は両サイドを意識し、中央に止める」や「水たまりでは水がはねないように減速する」という回答も50%を超えました。

ルールを守ることはもちろんですが、上記のように運転マナーにもきちんと気を配れる人がやはり丁寧な運転をできる人。ということでしょうね。

また、運転マナーに関してもJAFの調査にて運転マナーの悪い都道府県が発表されています。自身の住んいる都道府県の運転マナーは良いか?悪いか?という調査結果を元に下記の記事にて掲載しています。

運転マナーの悪い都道府県ランキングはコチラ!

ウィンカーを出すタイミング!

そして「ウインカーを出すタイミングはいつですか?」という質問に対し、「手前30M未満」の回答が67%、「手前30M以上」が28%、最後に「ハンドルを切る直前」が4%という結果になりました。

交通ルールに則り30メートル地点でのウインカーを意識、実行している人がこちらの調査結果では、多いのだなという安心できる回答結果となりました。

しかし、交通ルールに則った運転は当たり前のことであるにも関わらず、「曲がっている途中」や「ハンドルを切る直前」という回答をしている人が少ないとはいえ居るのも事実です。運転マナーの悪い都道府県の調査に付随しますが、JAFは同調査内にて「方向指示器(ウインカー)を出さずに車線変更や右左折する車が多い。」という質問もしています。詳細については下記の記事よりご覧下さい。

日本一ウィンカーを出さない県についてはコチラ!

「運転テクニック」のアンケートでは・・・

車の運転、うまい?下手?

「車の運転は、ご自身で上手いと思いますか?」という質問では、「とても上手いと思う」が54%、「まあ上手いと思う」が27%という結果でした。およそ80%以上の人が自分自身の運転に上手いという自信があるという結果。

「高速度域での走行ができるから上手い!」や「ドリフトが上手い!」等の的外れな運転に対する自信が含まれてないことを祈りますが、やはり基準は先ほども言ったとおり「同乗者や周りのドライバー等への危険や不安」を与えない運転ができる=運転が上手いと言えるのだと思います。また、運転が上手いと回答した人の半分以上が、一番得意な運転は駐車と回答したようです。

また、テクニックがあったとしてもルール、マナーを守っていなければ意味はありません。事故を起こしたことがないから、何かあっても回避できるから、と言って運転中にスマホをいじったりなどもNGです。運転中のながらスマホを原因とする事故は年間で約5000件ほども起きているようです。

ながらスマホに関する記事はコチラ!

最後に。

運転マナー、運転テクニックについてのアンケート結果をご紹介しましたが、いかがでしたか?

この記事を見ていただいた方が思いやりを持ち、ルール、マナーを守って、事故のない楽しく安全なカーライフを過ごして頂くことを祈ります。

関連する投稿


【初心者マーク】貼り付け位置・掲示義務ルールを解説!

【初心者マーク】貼り付け位置・掲示義務ルールを解説!

初心者マークを貼る場所、みなさんは知っていますか?免許交付1年以上で初心者マークをはってもいいのか、さらにマグネット式、吸盤式、はってはがせる初心者マークが買える場所など、気になる初心者マークの疑問についてご説明します。


【免許停止】免停とは?免停になる違反点数 免停期間 講習の内容ほか解説

【免許停止】免停とは?免停になる違反点数 免停期間 講習の内容ほか解説

何かしらの交通違反を犯してしまい、点数が加算されると免許停止(免停)となってしまいます。免停となる点数、免停期間は?免停講習はどのようなことするの?など免停あるあるな疑問をわかりやすくまとめています。免停になってしまった場合どうなるの?わかりやすくご紹介しています。


ひき逃げを起こした場合の罰金・罰則|被害にあった場合は?

ひき逃げを起こした場合の罰金・罰則|被害にあった場合は?

もしもひき逃げ事故を起こしてしまった際に、どのように対処すべきでしょうか。さらには、被害に遭ってしまった方、事故を目撃した方もその場で適切な処置をする事が求められます。今回は、ひき逃げを起こしてしまった側、巻き込まれてしまった側、それぞれがどのように対処し、処置をしていくべきかを解説しています。


高齢者マーク(もみじマーク)って何歳から必要になる?装着は義務?

高齢者マーク(もみじマーク)って何歳から必要になる?装着は義務?

70歳からドライバーが着けるとされいる「高齢者マーク」、正式名称を「高齢運転者標識」といいますが、高齢者マークの装着は義務なのか任意なのかという疑問から、つけずに運転した場合に違反となるのかや、高齢者マークをつけている車に幅寄せをした場合の罰則、貼る場所やどこで販売しているかについて等をまとめて掲載しています。


【免許不携帯】無免許運転との違い 違反時の点数や罰金は?事故が起きたら?

【免許不携帯】無免許運転との違い 違反時の点数や罰金は?事故が起きたら?

無免許運転ではなく、運転する時に免許証を持っていない「免許不携帯」。無免許との違いについてや違反時の点数や反則金・罰金などについてや、事故を起こしてしまった場合等についてを掲載しています。


最新の投稿


軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

ボディサイズも大きく、装備も充実した軽自動車が増えてきた現在、普通自動車との境界線が以前ほどははっきりとしなくなってきました。では、軽自動車と普通自動車の違いは何でしょうか。今回は、法律上の定義から、それぞれの特徴やメリットをまとめました。


ポルシェの代名詞カレラ|最新のカレラ情報も解説!

ポルシェの代名詞カレラ|最新のカレラ情報も解説!

ポルシェと言えばカレラと言うほど名前のインパクトは強いですが、カレラは車種名ではなくポルシェの作る車のグレード名です。カレラにはいくつかのモデルが存在しています。今回は、このポルシェ・カレラの各モデルの違いや特徴についてご説明していきましょう。


車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

絶対に起きてほしくはないことではありますが、自動車が車両火災によって黒コゲになってしまったショッキングな映像をニュースなどでも見かけますよね。発生する確率は高くはないものの、高温にさらされる部品が多い上に燃料を積んでいる自動車では、車両火災は起こってしまうと取り返しのつかない結果になってしまうことも。原因を知って、悲しい事故を未然に防いでいきましょう。


レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

子どもの頃、レッカー車の存在感に憧れていた方も多くいらっしゃることと思います。普段はお世話になることはなくても、愛車の調子が悪くなった時にこそ頼れるレッカー車は、大人にとってもありがたい特別な存在ですよね。そんなレッカー車、近くで見る機会もなかなかありませんし、実際利用するとどれくらい費用がかかるのか気になりませんか? 詳しくご紹介していきます。


車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

積雪を紹介するニュース映像などでよく見かける、道路上でスタックしてまった車。これは雪国だけの問題ではなく、近年では普段雪が降らない地域であってもドカ雪が降ってしまうような異常気象も多発しており、車がスタックしてしまう原因や対処法について温暖な地域の方でも知っておきたいところです。起こってほしくはないですが、落ち着いて対処するためにも、この記事で予習しておきましょう。