目次へ戻る

アナタの運転は上手?丁寧?運転マナーとテクニックに関する調査

アナタの運転は上手?丁寧?運転マナーとテクニックに関する調査

あなたは自分自身の車の運転は上手いと思いますか?丁寧だと思いますか?こちらの記事では、過去にパーク24がドライバー向け会員制サービス「タイムズクラブ」の会員を対象に「運転マナー」と「テクニック」に関する調査を行った結果を元に記事にしています。


「運転マナー」についてのアンケートでは・・・

あなたの運転は丁寧?

パーク24はドライバー向け会員制サービス「タイムズクラブ」の会員を対象に運転マナーとテクニックに関する調査を2014年12月22日から28日までの間で行いました。6906人からの回答を得ることができました。

そのアンケートの中で「あなたの運転は丁寧だと思いますか?」という質問に対し、およそ45%の人が自分の運転に対して「丁寧だと思う」という回答でした。なんと半数以下の人が自分の運転に対して丁寧ではないという回答結果に。

「丁寧だと思わない」と回答した人が25%、そして「わからない」が30%。自分の運転が丁寧だと思わないという人が、4人に1人という回答結果に少し驚きです。それとも日本人らしい謙虚さの表れなのか、自覚できるほど丁寧じゃないのか。気になるところです。

半数以上の人が自信の運転について自信がない、わからないという結果でしたが、交通ルールや運転マナーについても不安になってしまうアンケート結果は多々あります。

下記の記事に詳細は記載していますが、過去にJAFが行った調査では、信号のない横断歩道で、交通ルールに則り停止する車は10%に満たなかったという調査結果も出ています。

交通ルールの記事についてはコチラ!

9割以上が守っていない交通ルール!?信号のない横断歩道について

http://matome.response.jp/articles/658

2017年6月9日から、JAFが「信号機のない横断歩道における実態アンケート調査」を実施しています。2016年6月に実施された交通マナーに関するアンケートでも取り上げられていた問題ですが、「横断歩道」に関する法律・ルールを再度知っていただくと共に、関連するデータ等を記事にしています。アンケート結果も随時反映します。

カーブの走行、急発進、急停車等など。同乗者や周りのドライバーに危険、不安、不快感を与えない運転が丁寧だと言えると思いますが、「交通ルールを遵守する」ということも、丁寧な運転をするといえるのではないでしょうか。

ルールではない運転マナー・・・あなたはどうしてる?

次に「ルールではないけれど、心がけている運転マナーはありますか?※複数回答可」の問いに対しては、約80%以上の人が「道を譲ってもらったとき会釈やハザードで挨拶する」と選択しています。他にも「駐車場に止める際は両サイドを意識し、中央に止める」や「水たまりでは水がはねないように減速する」という回答も50%を超えました。

ルールを守ることはもちろんですが、上記のように運転マナーにもきちんと気を配れる人がやはり丁寧な運転をできる人。ということでしょうね。

また、運転マナーに関してもJAFの調査にて運転マナーの悪い都道府県が発表されています。自身の住んいる都道府県の運転マナーは良いか?悪いか?という調査結果を元に下記の記事にて掲載しています。

運転マナーの悪い都道府県ランキングはコチラ!

運転マナーが悪い都道府県ランキング!1位は・・・

http://matome.response.jp/articles/103

2016年の6月15日から30日の16日間、JAFのホームページ内で実施されたアンケート結果です。お住まいの都道府県の運転マナーランキングは・・・!?

ウィンカーを出すタイミング!

そして「ウインカーを出すタイミングはいつですか?」という質問に対し、「手前30M未満」の回答が67%、「手前30M以上」が28%、最後に「ハンドルを切る直前」が4%という結果になりました。

交通ルールに則り30メートル地点でのウインカーを意識、実行している人がこちらの調査結果では、多いのだなという安心できる回答結果となりました。

しかし、交通ルールに則った運転は当たり前のことであるにも関わらず、「曲がっている途中」や「ハンドルを切る直前」という回答をしている人が少ないとはいえ居るのも事実です。運転マナーの悪い都道府県の調査に付随しますが、JAFは同調査内にて「方向指示器(ウインカー)を出さずに車線変更や右左折する車が多い。」という質問もしています。詳細については下記の記事よりご覧下さい。

日本一ウィンカーを出さない県についてはコチラ!

【動画も話題】岡山は日本一ウインカーを出さない県!?運転マナー…

http://matome.response.jp/articles/475

こちらの記事では、2016年の6月15日から30日の16日間、JAFのホームページ内で実施された交通マナーに関するアンケート結果を、「ウインカーを出さない車が多い」といった質問別に分けランキング化しました。話題になっている岡山トヨペット作成の動画も合わせて掲載します。

「運転テクニック」のアンケートでは・・・

車の運転、うまい?下手?

「車の運転は、ご自身で上手いと思いますか?」という質問では、「とても上手いと思う」が54%、「まあ上手いと思う」が27%という結果でした。およそ80%以上の人が自分自身の運転に上手いという自信があるという結果。

「高速度域での走行ができるから上手い!」や「ドリフトが上手い!」等の的外れな運転に対する自信が含まれてないことを祈りますが、やはり基準は先ほども言ったとおり「同乗者や周りのドライバー等への危険や不安」を与えない運転ができる=運転が上手いと言えるのだと思います。また、運転が上手いと回答した人の半分以上が、一番得意な運転は駐車と回答したようです。

また、テクニックがあったとしてもルール、マナーを守っていなければ意味はありません。事故を起こしたことがないから、何かあっても回避できるから、と言って運転中にスマホをいじったりなどもNGです。運転中のながらスマホを原因とする事故は年間で約5000件ほども起きているようです。

ながらスマホに関する記事はコチラ!

運転中の携帯・スマホ利用はホントに危険!事故件数は年間5000件・・・

http://matome.response.jp/articles/678

「ながら運転・ながらスマホ」という言葉を皆さんご存知でしょうか?運転中の携帯電話、スマホの利用はとても危険な行為です。しかし、この行為が違反と知っていながらか、気づかずか、運転中に携帯・スマホを利用してしまっている方も多いはず。こちらの記事では様々な団体・機関で行っている取り組みなどを紹介しています。

最後に。

運転マナー、運転テクニックについてのアンケート結果をご紹介しましたが、いかがでしたか?

この記事を見ていただいた方が思いやりを持ち、ルール、マナーを守って、事故のない楽しく安全なカーライフを過ごして頂くことを祈ります。

関連するキーワード


アンケート

関連する投稿


せっかちなイメージそのまま?クラクションを鳴らし過ぎる都道府県。上位は…

せっかちなイメージそのまま?クラクションを鳴らし過ぎる都道府県。上位は…

こちらの記事では、2016年の6月15日から30日の16日間、JAFのホームページ内で実施された交通マナーに関するアンケート結果、「不要なクラクションを鳴らす車が多いと思うか」という設問に焦点をあてて、ランキング化しています。また、クラクションに関連する道路交通法や、不要なクラクションの危険性も紹介したいと思います。


【アンケート】観覧車。1人で乗るのはアリ?ナシ?

【アンケート】観覧車。1人で乗るのはアリ?ナシ?

読者の皆様が「遊園地 × 車」から連想される乗り物は何ですか?ゴーカート?それともジェットコースターでしょうか?こちらの記事はニュースカフェで過去に行われた、観覧車に1人で乗るのはアリかナシか?というアンケート結果と、1人観覧車にオススメの情報を掲載しています。


【交通ルール】信号のない横断歩道。2年連続で9割超がルール無視…

【交通ルール】信号のない横断歩道。2年連続で9割超がルール無視…

【10/24更新】2017年6月から、JAFが「信号機のない横断歩道における実態アンケート調査」を実施しています。過去に実施された交通マナーに関するアンケートでも取り上げられていた問題ですが、「横断歩道」に関する法律・ルールを再度知っていただくと共に、関連するデータ等を記事にしています。アンケート結果も随時反映します。


【いつかは乗りたい】貴方が乗ってみたい未来の乗り物って?【アンケート】

【いつかは乗りたい】貴方が乗ってみたい未来の乗り物って?【アンケート】

自分が運転しなくても、車が代わりに運転をしてくれたり、昔見たSF映画のように、車が空を飛んだりする…。子どものころ思い描いた夢が、今、現実になろうとしています。そんな中、NewsCafeでは、「貴方の乗ってみたい未来の乗り物」についてアンケートを実施しました。今回は気になる結果についてまとめています。


【気になる】ハイブリッド車のイメージ、みんなはどうなの?【アンケート】

【気になる】ハイブリッド車のイメージ、みんなはどうなの?【アンケート】

最近何かと話題のハイブリッド車。一度は、ハイブリッド車にしようかな?と思った人も多いのではないかと思います。そんなハイブリッド車、世間のイメージはどんなものなのでしょうか。アンケート結果をまとめました。


最新の投稿


還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

2017年4月24日、日産のスカイラインが誕生から60周年となり人間で言う「 還暦」を迎えました。過去の初代から13代目スカイラインまでのモデルの振り返りと共に、歴史やその年の出来事、流行したファッションについてと、60周年を記念して開催されていたイベントを一部紹介しています。


後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

皆様は車の運転の際、シートベルトをきちんと着用していますか?運転席や助手席だけでなく安全な運転のために、後部座席もシートベルト着用の義務があります。今回はシートベルトの着用率を都道府県別に見ていきましょう。果たしてシートベルト着用率の高い1番安全な都道府県はどこなのでしょうか?


うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

雪が降り始めると車の事故やトラブルも増えますね。特に、暴風雪による多重衝突事故や道路での立ち往生…などの被害は大きいです。降雪が多い時は車での外出は避けた方が無難ですが、そうも言ってられませんよね。もし立ち往生してしまった時備えておけば心強い。そんなグッズをご紹介します。備えあれば憂いなしですよ!!


【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

2017年の冬も厳しい寒さ&降雪が予想されています。つまりそれはウィンタースポーツ、スキーやスノボーが楽しめるということでもですね!ここで心配なのが雪道での車のスリップ!貴方の車は大丈夫ですか?貴方と貴方の大切な人を守ってくれる、雪道に強いオススメの車最新情報をお届けいたします!この車たちで冬を熱く楽しみましょう!


【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

痛車・痛バイクオーナーの皆さんに朗報です。2018年2月25日(日)、中古車買取のカープライスが川崎大師にて、痛車・痛バイク100台規模の交通安全祈願イベント『川崎大師 痛車・痛バイク 交通安全祈願2018』を開催します。先着100台は参加費が無料、イベントの内容を紹介します。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング