トップへ戻る

NOSって何のこと?ワイルド・スピードや実際の使われ方についても解説!

NOSって何のこと?ワイルド・スピードや実際の使われ方についても解説!

映画の『ワイルド・スピード』通称ワイスピでは、NOSという機構が登場します。NOSはワイルド・スピードの魅力の1つにもなっています。そこで今回は、ワイルド・スピードで使われているNOSや実際での使われ方について徹底解説します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


「ワイルド・スピード」ってどんな映画?

スポーツカーイメージ

ワイルド・スピードって何?

そもそもワイルド・スピードを見たことがない、知らないという方も多いのではないでしょうか。ここでは、ワイルド・スピードとはどのような映画なのかについてご紹介します。

アメリカのカーアクション映画「ワイルド・スピード」

ワイルド・スピードは、アメリカのカーアクション映画です。シリーズによってストーリー展開は異なりますが、激しいカーアクションはどのシリーズにも共通しています。

現実では絶対にできない道路交通法を無視した激しい運転が特徴で、車同士の接触なども当たり前に起こります。実写の作品とは思えないほどの非現実的な激しいカーアクションを見ることができるため、多くのファンを熱狂させているのです。

また、登場する車が非常に珍しいという特徴もあります。ワイルド・スピードに登場する車は主人公と同じくらい注目されることが多く、非常に目をひく車が使われていることが多いです。生産台数がわずかしかない車も登場することがあるため、車好きにはたまらないでしょう。

このように、車好きには刺さること間違いなしの映画ですが、車に関する専門用語やマニアにしかわからない車も多数登場します。そのため車にあまり興味のない人は退屈に感じてしまうかもしれません。非常に評価が分かれやすい作品となっています。

シリーズ展開も豊富

ワイルド・スピードは熱狂的なファンが多く、シリーズ展開もされています。現時点ではスピンオフも含めると映画だけで9作品存在し、最新作も今年公開が予定されているなど数あるシリーズ作品の中でもかなりの作品数といえるでしょう。

そんなワイルド・スピードですが、1作品目から見ないとストーリー展開がわからないわけではありません。ストーリーはつながっているため、最初から見たほうが面白いのはもちろんですが、途中から見ても十分楽しめる作品となっています。

その理由が、ワイルド・スピードはシリーズ展開を前提にして制作されていないという点にあります。その話だけで完結するように作品を作っているため、何作品目から見てもある程度は内容を把握できるようになっています。

世界で圧倒的な人気を誇る

ワイルド・スピードは世界で圧倒的な人気を誇ります。日本でも非常に人気は高いのですが、海外では更に人気があります。

アメリカはハリウッド映画を代表するような派手な映画を好む傾向にあり、ワイルド・スピードはまさに派手な映画の代表といえる存在です。今後もますます人気を高めていくでしょう。

今までのワイルド・スピードをU-NEXTの無料体験で見る

そもそもNOSってなに?

取り外したエンジン

取り外したエンジン

ワイルド・スピードではNOSという機構が登場します。ここでは、NOSがどのような役割を果たしているのかについて解説をしていきます。

車を急加速する装置

NOSとは車を急激にパワーアップさせるための装置です。ワイルド・スピードでは、車が異常な速さで走行していることがありますが、あれはNOSを利用しているからです。

まさに、ロケットのような急加速を実現できる装置なのです。

NOSの仕組み

NOSは正式名称を「ナイトラス オキサイド システム」と言い、これはアメリカのホーリーパフォーマンスプロダクツ社の登録商標となっています。ナイトラス オキサイドとは亜酸化窒素と呼ばれるガスのことであり、これをエンジン内に噴射すると高温で分解されて酸素が発生するので、より多くの燃料を燃焼させることができ、パワーアップになります。

また、高圧状態でタンク内に封入されている亜酸化窒素は、気化する際にマイナス60度の低温になるという特徴があります。そのため、急速に周囲の熱を奪い、空気の圧縮率を上げてパワーを引き出すことが可能になります。

NOSは実際に使われているの?

外車

どんな車に使われてる?

そんなNOSですが、もちろんフィクションの機構ではなく現実にも存在します。しかし、ワイルド・スピードのように急加速を行ってしまったら、スピード違反になることは容易に想像できます。

ここでは、NOSが実際に使われているのかについて解説をしていきます。

NOSはアメリカではメジャー

NOSはアメリカでは非常にメジャーなチューニングとなっています。NOSを搭載するために必要な機構が比較的シンプルなこともあり、かかる費用は20万円ほどとなっています。他にも様々なエンジンチューニングがありますが、NOSはコストパフォーマンスが非常に良いといえるでしょう。

しかし、メリットばかりではありません。亜酸化窒素がなくなるとガスボンベそのものを交換しなくてはいけないため、その都度費用がかかります。ただ、それを差し置いてもアメリカではメジャーなチューニング方法となっています。

また、アメリカはモータースポーツも盛んに行われています。そのため、アメリカではより速度を出したいと考える人が多く、エンジンチューニングを行う人も多くなっています。

このように様々な理由から、エンジンチューニングの一種であるNOSはアメリカではメジャーになっています。

日本ではあまり使われていない

アメリカではメジャーなNOSですが、日本ではあまり使われていません。その理由が「ニトロ」への認識にあります。

NOSが搭載されたエンジンをニトロエンジンと呼んだりすることもありますが、一般的なイメージとしてニトロは爆発するという認識が根付いています。ニトロという言葉は聞いたことがある方は、なんとなく爆発のイメージが思い浮かぶのではないでしょうか。

厳密にいうと、NOSに用いられる亜酸化窒素自体は可燃性ではなく、爆発性もありません。ワイルド・スピードのワンシーンでは、NOSを搭載した車のボンネットが炎上したり、車そのものが爆発したりしています。

それらの演出と、爆薬としても使用されるニトログリセリンのイメージが重なってしまったことで、誤解されている場合もあるようです。ワイルド・スピードはあくまでも映画なので、すべての現象が論理的に正しいというわけではないのです。

もちろん、日本の一般道でワイルド・スピードのような速度で運転をすることはできないでしょう。そういった意味では、NOSを搭載する必要性もありません。ただ、法定速度が定められているのはアメリカも同じです。

アメリカではメジャーであるのに日本ではあまり使われていない最大の理由は、ニトロへの危険意識にあるでしょう。ニトロを搭載してしまうと、万が一爆発してしまうのではないかと不安に感じる人が多いのです。それが理由でアメリカと比べて日本では流行らなかったと言われています。

また、日本はアメリカと比べて国土面積が広くありません。レース用の会場もさほど多くはなく、そもそも法定速度を超えてワイルド・スピードのように爆発的に走りたいと考える人が少ないのです。

そのため、NOSだけではなくエンジンチューニング自体を行う人があまりいません。一般道を見てみると、乗用車に乗っている方がほとんどです。一部の車好きの方しかエンジンチューニングを行わないため、NOSはさほど流行らなかったのでしょう。

車への負担が大きい

エンジンチューニングとは、簡単にいえば車の馬力を上げることです。車の馬力が上がると、車にかかる負担も当然大きくなります。そのまま利用していると、通常の車の寿命よりも早く故障もしやすくなります。

そのため、NOSを始めとしたエンジンチューニングを行う際には、そのパワーに見合う車両側のチューニングを行うことが大切になります。エンジンと車のバランスを保たなくてはいけません。

NOSは爆発的な加速を実現します。制動系のチューニングが甘いと、加速はできても減速ができなくなる可能性もあり非常に危険です。また、コーナリング時の安定性を高めるためにサスペンションのチューニングも欠かせません。

日本でNOSのチューニングをしている人は、これらのチューニングも欠かさず行っています。実際にNOSを搭載している車を見る機会があれば、どのような箇所をチューニングしているのかチェックしてみるのも面白いでしょう。

まとめ

アヴェンタドール

アヴェンタドール

ワイルド・スピードで登場するNOSについて、特徴や実際の使われ方についてご紹介しました。アメリカではメジャーであるものの、日本ではあまり流行しませんでした。しかし実際にNOSを搭載して走ったときの爽快感は格別と言う方もいます。

日本でもレース用の会場は多く存在するので、車を走らせるのが好きという方は、ぜひNOSを搭載してみてください。

今までのワイルド・スピードをU-NEXTの無料体験で見る

関連するキーワード


エンジン 豆知識

関連する投稿


【初心者向け】中古車査定のキホン!車の買取・お得に売却する方法は

【初心者向け】中古車査定のキホン!車の買取・お得に売却する方法は

違う車が欲しい、自分の車を売却して別の車が欲しいな。そんなことを思った時、まず初めに考えるのが中古車査定ではないでしょうか。しかし、何からすればいいのかわからない。そもそもどこに行くの?そんな悩みをお持ちの方!本記事では初心者向けに中古車査定のキホンから、車の買取や下取り、より高く、お得に買い取ってもらえる方法をご紹介いたします。


廃車に困っている人必見!廃車手続きから、業者に依頼する方法まで

廃車に困っている人必見!廃車手続きから、業者に依頼する方法まで

免許の自主返納が増え、クルマを手放す人が増えた今、廃車に困っている方は少なくないかもしれません。多くの方にとって、クルマを購入するより経験のない手続きです。今回は、廃車の手続き方法やどんな業者に頼めるかをまとめました。


エンジンルームの洗浄方法とは?必要性についても徹底解説!

エンジンルームの洗浄方法とは?必要性についても徹底解説!

洗車をされる方は多いですが、エンジンルームの洗浄はあまりメジャーではありません。しかし、エンジンルームの洗浄は、車のメンテナンスにおいて非常に重要な役割を果たします。今回はエンジンルームの洗浄について解説します。


送りハンドルって何?ハンドルの正しい回し方について紹介!

送りハンドルって何?ハンドルの正しい回し方について紹介!

送りハンドルは自動車教習所で必ず習うハンドルの回し方です。しかし、送りハンドルはダメであるという教えも存在します。そこで今回は、送りハンドルについてとハンドルの正しい回し方について紹介します。


法定速度ってどういう意味?制限速度や指定速度との違いについて紹介!

法定速度ってどういう意味?制限速度や指定速度との違いについて紹介!

車を運転する際に必ず意識しなくてはいけないのが法定速度です。法定速度に似た言葉に制限速度や指定速度があります。今回は法定速度の意味と制限速度や指定速度との違いについて紹介します。


最新の投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産の高級パーソナルカー、レパードをご存知でしょうか。それまで高級車といえば後席に乗り込むものが定番だったのが、日本の経済成長と好景気の流れに乗って、幅広いオーナーが自ら運転できる時代が到来し、その流れを牽引する上級志向のハードトップとして登場するも、市場ではなぜか苦戦してしまいます。日産珠玉の上級車、レパードの歴代モデルと、その苦戦の理由をご紹介します。


トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

ハイブリッドカーの定番ブランドに成長した感のあるトヨタ アクア。既存のコンポーネンツをうまく活用したことで、同じくハイブリッド専用車であるプリウスに迫るような低燃費と、お財布にやさしい価格設定を両立して人気を博しています。そんなアクアですが、ハイブリッドなのは有名でも、実燃費がどのくらいなのか意外と知らない方も多いのでは。この記事で、アクアとライバルの実燃費を確認していきましょう。


トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

ニッポンのスタンダードカーとして、先進のハイブリッドコンパクトとして、長年トヨタのラインナップを支えてきたアクア。しかし、その空力性能が良さそうな低く構えたボディは、全高を高めにとる近年の流行からは正反対の雰囲気で、室内が狭いんじゃないの?と不安に思ってアクアを選ばい方もいらっしゃるかも。実は落ち着きのあるゆとりの空間が広がるアクアのインテリアについて、ご紹介していきます。


トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

スターレットとは、トヨタが1973年から生産・販売し、1999年に5代目まで継続した車です。燃費が良く小回りの利く車として人気のあった車です。本記事ではそんなスターレットについてご紹介しています。