トップへ戻る

ホンダ N-VANは車中泊も楽しめる!レジャーから日常使いまでおまかせ!

ホンダ N-VANは車中泊も楽しめる!レジャーから日常使いまでおまかせ!

コンパクトサイズながら車内空間が広く、安全装備も豊富なホンダのN-VANは、車中泊も楽しめることで人気を集めています。今回はホンダ N-VANの特徴や魅力などをご紹介します。車中泊のポイントを知りたいと考えている方もぜひ参考にしてください。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ホンダ N-VANとは?

≪写真提供:response≫ホンダ N-VAN+STYLE FUN・ターボHonda SENSING

軽自動車は普通車より劣る…今やそんなイメージを抱いている方は少数派かもしれません。近年では軽自動車の人気が高まっており、予算の都合などではなく乗りやすさや使い勝手などを重視してあえて軽自動車を選ぶという方も増えています。

そのきっかけとなったのが、ハイトワゴンタイプの軽自動車の普及です。90年代に相次いでスズキのワゴンR、ダイハツのムーヴ、ホンダのライフといった広い車内空間を持つモデルが登場したことによって軽自動車のイメージは大きく変わりました。

その傾向は現在でも続いており、より広い車内空間を誇る軽自動車は次々と発売されています。ホンダのN-VANもそのひとつです。今回はそんなN-VANについて詳しくご紹介します。

軽のイメージを覆す広い車内空間

ホンダは以前から複数の軽自動車をラインナップしてきましたが、近年のモデルはNの名前を冠するシリーズが中心となっています。Nワン、NボックスなどがこのNシリーズにあたり、N-VANは中でももっとも新しく追加されたモデルです。

N-VANはその名の通り、Nシリーズ初の商用バンとなっており、非常に広い車内空間を実現しています。車内が広いのみでなく運転席以外のすべてのシートがフルフラットになるという画期的なシートレイアウトが採用されていることで、大きな荷物なども楽に積み込むことができるようになっています。

もうひとつのポイントが、助手席側がピラーレス構造となっていることから1580mmという圧倒的に広い開口幅を実現している点です。そのため、乗り降りがしやすいだけでなく大きな荷物の積み下ろしも楽です。

従来の商用軽バンも通常の軽自動車と比較すると広い荷室を確保できていましたが、使い勝手の点ではこのN-VANが圧倒しており、まさに次世代の軽バンとして発売当初から非常に高い注目を集めてきました。

軽バンながらスタイリッシュなデザインも魅力

他のNシリーズと同様に、スタイリッシュなデザインもN-VANの魅力のひとつとなっています。商用バンというと、いかにも「業務用」といった簡素なデザインのものが主流でした。しかし、N-VANはデザインにもこだわっています。

基本的なデザインはとてもシンプルですがフロントグリルやライトなどがしっかりとアクセントとして効いており、普段乗りする車としても魅力的に仕上がっています。

ボディカラーのバリエーションもとても豊富で、従来の商用軽バンではあまり用意されることのなかった、外観をカスタマイズするアクセサリーも充実しています。機能性のみでなくデザインにもこだわりたいという方も満足することができるでしょう。

荷物が満載でも余裕!

パワートレインには低〜中域での加速に強いDOHCエンジン、またはDOHCターボエンジンを搭載しています。重い荷物を積んでも力強い走りを実現します。

また、ホンダの軽バンとしてははじめてとなるCVTも選択可能です。エンジンの回転数を自動で最適な状態で維持してくれますので、燃費性能が高まるのみでなく音もとても静かです。変速もスムーズなので振動も抑えてくれます。もちろん従来と同様のMTも選択可能で、こちらは軽商用車初となる6速マニュアルトランスミッションが採用されています。

さらに、雪道や悪路などの走行時に心強い4WDモデルもラインナップされています。すべてのグレードで選択することができますので、悪路を走行する機会が多い方はチェックしておきたいポイントです。

このように、N-VANは走行性能の面においても魅力的なモデルに仕上がっています。

N-VANの価格

≪写真提供:response≫ホンダ N-VAN

車の購入を検討する際にもっとも気になるのは、やはり価格です。N-VANはまだ発売してから2年ほどしか経過していませんが、中古市場にもある程度の台数が出回っています。

そこでここではN-VANの新車価格と同時に、中古車市場での価格などについてもご紹介します。

N-VANの新車価格

N-VANの新車価格は、CVTと6MTのどちらを選んでも価格差がない点がポイントです。ベースグレードとなるGでは、FF仕様がCVT・6MTともに1,160,000円(税抜)、4WD仕様がCVT・6MTともに1,261,000円(税抜)となっています。

中間グレードとなるLでは電動格納式ドアミラーなどの便利装備が加わり、FF仕様がCVT・6MTともに1,278,000円(税抜)、4WD仕様がCVT・6MTともに1,379,000円(税抜)です。

カラーバリエーションが豊富になり乗用車的な豪華装備も加わる+STYLE FUNでは、FF仕様がCVT・6MTともに1,481,000円(税抜)、4WD仕様がCVT・6MTともに1,602,000円(税抜)です。

そして、N-VANのフラッグシップにあたるのがターボエンジンを搭載した+STYLE FUNターボです。このグレードはCVTのみのラインナップで、FF仕様が1,581,000円(税抜)、4WD仕様が1,702,000円(税抜)となっています。

ベースグレードから上位グレードまで価格の幅がかなり広く、いずれのグレードでも多くの選択肢がありますので好みや用途に合わせて選びましょう。

N-VANの中古車価格

N-VANは発売されてからまだそれほど経っておらず、中古市場でも高年式車ばかりですが、すでに最安では70万円台から探すことができるようになっています。反対にキャンピングカーなどのコンプリートカーでは300万円台に到達する中古車も見受けられるなど、価格帯が幅広くなっています。

しかし発売後から最初の車検を迎える3年が経過すると、もう少し相場も下がってくる可能性があります。そのため中古でN-VANを購入することを検討しているのであれば、これから1〜2年程度の価格をチェックすることをおすすめします。

すぐに購入するのであれば、新車価格と比較した上で検討することをおすすめします。

おすすめのグレード

おすすめのグレードは用途によって異なります。商用目的であればベースグレードのGやひとつ上のLがおすすめです。こちらのグレードは新車価格も安く、CVTのみでなく6MTも選択可能です。

普段使いの場合はオプションの選択肢が豊富な+STYLE FUNがおすすめです。こちらのグレードからターボエンジンも選択可能となります。

N-VANは、グレードによって選択することのできるオプションやカラーにもかなりの差がありますので、車に対して求める要素に会わせてグレードを選ぶようにしましょう。

N-VANの車中泊性能

ホンダN-VANのアウトドアでの使用イメージ

≪写真提供:response≫ホンダ N-VAN

N-VANのように車内空間の広い車にはさまざまな用途があります。荷物を積むのみでなく、アウトドアでの車中泊などを楽しみたいという方も多いでしょう。では、実際のところN-VANで快適に車中泊を楽しむことができるのでしょうか。

ここではN-VANの車中泊性能についてご紹介します。

車中泊は快適に楽しめる?

N-VANの最大の魅力は、運転席以外のすべてのシートをフルフラットにすることができるという点です。すべてのシートを倒した場合、助手席側では最大2,635mmの長さを確保できるため、大人でもしっかりと足を伸ばして眠ることができるでしょう。

もちろんN-VANは、キャンピングカーなどのように車の中で寝ることを前提として設計されているわけではありません。そのためシートをフルフラットにしても床はやや固いため、より快適性を求めるのであれば薄型のマットレスなどを用意することをおすすめします。

ちょっとドライブの休憩中に体を伸ばしたいといった用途であれば、そのままでも問題はないでしょう。

何人まで寝ることができる?

先ほどもご紹介しました通り、N-VANで完全にフルフラットにできるのは助手席側のみです。運転席は倒すことができません。そのため、運転席側は最長でも1,500mm程度までしか確保できません。

大人が2人で寝るには少し窮屈かもしれませんが、大人1名、子供1名といった構成であれば無理なく車中泊をすることができるでしょう。

車中泊におすすめの装備

車中泊を快適に楽しむのであれば、やはりマットやシュラフなどは欠かせません。先ほども触れました通り、床部分は少し固いので快適に眠るためには何らかの対策が必要です。

車内灯はありますが、夜間に車内を十分な明るさに照らすことは難しいでしょう。そのため、何らかの照明器具が必要です。最近ではコンパクトサイズでも明るく、省電力なLEDライトなども登場していますので使いやすいものを選ぶといいでしょう。

加えて、窓を閉めたままにしていると空気が籠もり、夏場ではなくても日差しが強いと車内が高温になってしまうこともあります。換気しやすいように窓に簡単に取り付けることのできる網戸などもあると、より快適に過ごせるでしょう。

さらに日差しが強い時期はサンシェードなどもあると車内の温度が高くなるのを防止できますし、目隠しにもなりますのでプライバシー保護に役立ちます。

N-VANで車中泊をする際の注意点

大人1人程度であれば、軽自動車のN-VANであっても十分に快適な車中泊を楽しむことができます。しかしやはり車中泊を前提として設計された車というわけではありませんので、真夏や真冬といった気象条件が厳しい時期の車中泊は避けるようにしましょう。

また、近年では車中泊の人気が高まっている一方で、マナーが問題視されるようになっています。車中泊が禁止されている場所での宿泊はもちろんのこと、マナーを守ることも大切です。車内が暑いから、または寒いからといってアイドリングにしたままエアコンを入れて寝るといった行為もNGなので注意しましょう。

まとめ

ホワイトのホンダ N-VAN

ホンダ N-VAN

N-VANは軽自動車でありながらとても広い車内空間を実現していますので、さまざまな用途で使用することができます。

基本的には商用バンですが、乗用車としても使用しやすいグレードなども用意されており、車中泊やアウトドアを楽しむために選ぶという方も少なくありません。
車内空間が広く、さまざまな用途で使用できる軽自動車を求めている方におすすめのモデルです。

関連するキーワード


ホンダ 車種情報 N-VAN

関連する投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


ファミリーカーにも最適!ホンダ N-BOXの車内の広さは?荷物はのる?

ファミリーカーにも最適!ホンダ N-BOXの車内の広さは?荷物はのる?

家族が増えて、車の買い替えをお考えの方に、おすすめの一台としてホンダのN-BOXがあります。軽自動車でも安心して乗れる車で、ホンダの提案するN-BOXの安全設計であるタフネスボディは、軽自動車に普通乗用車並みの全方位衝突安全性能を搭載しました。このN-BOXで安心してご家族と自動車ライフを楽しむという提案をします。


ホンダeは乗りやすいの?スペックやEVのメリット・デメリットを紹介!

ホンダeは乗りやすいの?スペックやEVのメリット・デメリットを紹介!

ホンダeは新型のEVです。しかし、EVに乗ったことのない人は、本当に乗りやすいのか不安に感じることでしょう。そこで今回は、ホンダeの特徴やEVのメリット・デメリット、実際に使いやすいのかについてご紹介します。


新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい!という方。今回は国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたに必見の記事ですよ!


ホンダ シティ|トールボーイの衝撃!ホンダの名車の魅力に迫る

ホンダ シティ|トールボーイの衝撃!ホンダの名車の魅力に迫る

背が低いクルマのほうがカッコいい!という、クルマのスタイリングの常識をぶっ壊したのが、ホンダ・シティです。シティは「トールボーイ」と銘打った背高ノッポのデザインで登場し、1980年代初頭の日本の自動車業界に衝撃を与えました。1980年代のホンダは、とにかく自動車業界の常識をぶっ壊したい!という意欲にあふれていました。ホンダ・シティを通じて、1980年代のホンダの名車を見ていきましょう!


最新の投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産の高級パーソナルカー、レパードをご存知でしょうか。それまで高級車といえば後席に乗り込むものが定番だったのが、日本の経済成長と好景気の流れに乗って、幅広いオーナーが自ら運転できる時代が到来し、その流れを牽引する上級志向のハードトップとして登場するも、市場ではなぜか苦戦してしまいます。日産珠玉の上級車、レパードの歴代モデルと、その苦戦の理由をご紹介します。


トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

ハイブリッドカーの定番ブランドに成長した感のあるトヨタ アクア。既存のコンポーネンツをうまく活用したことで、同じくハイブリッド専用車であるプリウスに迫るような低燃費と、お財布にやさしい価格設定を両立して人気を博しています。そんなアクアですが、ハイブリッドなのは有名でも、実燃費がどのくらいなのか意外と知らない方も多いのでは。この記事で、アクアとライバルの実燃費を確認していきましょう。


トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

ニッポンのスタンダードカーとして、先進のハイブリッドコンパクトとして、長年トヨタのラインナップを支えてきたアクア。しかし、その空力性能が良さそうな低く構えたボディは、全高を高めにとる近年の流行からは正反対の雰囲気で、室内が狭いんじゃないの?と不安に思ってアクアを選ばい方もいらっしゃるかも。実は落ち着きのあるゆとりの空間が広がるアクアのインテリアについて、ご紹介していきます。


トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

スターレットとは、トヨタが1973年から生産・販売し、1999年に5代目まで継続した車です。燃費が良く小回りの利く車として人気のあった車です。本記事ではそんなスターレットについてご紹介しています。