トップへ戻る

ホンダ N-VANは車中泊も楽しめる!レジャーから日常使いまでおまかせ!

ホンダ N-VANは車中泊も楽しめる!レジャーから日常使いまでおまかせ!

コンパクトサイズながら車内空間が広く、安全装備も豊富なホンダのN-VANは、車中泊も楽しめることで人気を集めています。今回はホンダ N-VANの特徴や魅力などをご紹介します。車中泊のポイントを知りたいと考えている方もぜひ参考にしてください。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ホンダ N-VANとは?

≪写真提供:response≫ホンダ N-VAN+STYLE FUN・ターボHonda SENSING

軽自動車は普通車より劣る…今やそんなイメージを抱いている方は少数派かもしれません。近年では軽自動車の人気が高まっており、予算の都合などではなく乗りやすさや使い勝手などを重視してあえて軽自動車を選ぶという方も増えています。

そのきっかけとなったのが、ハイトワゴンタイプの軽自動車の普及です。90年代に相次いでスズキのワゴンR、ダイハツのムーヴ、ホンダのライフといった広い車内空間を持つモデルが登場したことによって軽自動車のイメージは大きく変わりました。

その傾向は現在でも続いており、より広い車内空間を誇る軽自動車は次々と発売されています。ホンダのN-VANもそのひとつです。今回はそんなN-VANについて詳しくご紹介します。

軽のイメージを覆す広い車内空間

ホンダは以前から複数の軽自動車をラインナップしてきましたが、近年のモデルはNの名前を冠するシリーズが中心となっています。Nワン、NボックスなどがこのNシリーズにあたり、N-VANは中でももっとも新しく追加されたモデルです。

N-VANはその名の通り、Nシリーズ初の商用バンとなっており、非常に広い車内空間を実現しています。車内が広いのみでなく運転席以外のすべてのシートがフルフラットになるという画期的なシートレイアウトが採用されていることで、大きな荷物なども楽に積み込むことができるようになっています。

もうひとつのポイントが、助手席側がピラーレス構造となっていることから1580mmという圧倒的に広い開口幅を実現している点です。そのため、乗り降りがしやすいだけでなく大きな荷物の積み下ろしも楽です。

従来の商用軽バンも通常の軽自動車と比較すると広い荷室を確保できていましたが、使い勝手の点ではこのN-VANが圧倒しており、まさに次世代の軽バンとして発売当初から非常に高い注目を集めてきました。

軽バンながらスタイリッシュなデザインも魅力

他のNシリーズと同様に、スタイリッシュなデザインもN-VANの魅力のひとつとなっています。商用バンというと、いかにも「業務用」といった簡素なデザインのものが主流でした。しかし、N-VANはデザインにもこだわっています。

基本的なデザインはとてもシンプルですがフロントグリルやライトなどがしっかりとアクセントとして効いており、普段乗りする車としても魅力的に仕上がっています。

ボディカラーのバリエーションもとても豊富で、従来の商用軽バンではあまり用意されることのなかった、外観をカスタマイズするアクセサリーも充実しています。機能性のみでなくデザインにもこだわりたいという方も満足することができるでしょう。

荷物が満載でも余裕!

パワートレインには低〜中域での加速に強いDOHCエンジン、またはDOHCターボエンジンを搭載しています。重い荷物を積んでも力強い走りを実現します。

また、ホンダの軽バンとしてははじめてとなるCVTも選択可能です。エンジンの回転数を自動で最適な状態で維持してくれますので、燃費性能が高まるのみでなく音もとても静かです。変速もスムーズなので振動も抑えてくれます。もちろん従来と同様のMTも選択可能で、こちらは軽商用車初となる6速マニュアルトランスミッションが採用されています。

さらに、雪道や悪路などの走行時に心強い4WDモデルもラインナップされています。すべてのグレードで選択することができますので、悪路を走行する機会が多い方はチェックしておきたいポイントです。

このように、N-VANは走行性能の面においても魅力的なモデルに仕上がっています。

N-VANの価格

≪写真提供:response≫ホンダ N-VAN

車の購入を検討する際にもっとも気になるのは、やはり価格です。N-VANはまだ発売してから2年ほどしか経過していませんが、中古市場にもある程度の台数が出回っています。

そこでここではN-VANの新車価格と同時に、中古車市場での価格などについてもご紹介します。

N-VANの新車価格

N-VANの新車価格は、CVTと6MTのどちらを選んでも価格差がない点がポイントです。ベースグレードとなるGでは、FF仕様がCVT・6MTともに1,160,000円(税抜)、4WD仕様がCVT・6MTともに1,261,000円(税抜)となっています。

中間グレードとなるLでは電動格納式ドアミラーなどの便利装備が加わり、FF仕様がCVT・6MTともに1,278,000円(税抜)、4WD仕様がCVT・6MTともに1,379,000円(税抜)です。

カラーバリエーションが豊富になり乗用車的な豪華装備も加わる+STYLE FUNでは、FF仕様がCVT・6MTともに1,481,000円(税抜)、4WD仕様がCVT・6MTともに1,602,000円(税抜)です。

そして、N-VANのフラッグシップにあたるのがターボエンジンを搭載した+STYLE FUNターボです。このグレードはCVTのみのラインナップで、FF仕様が1,581,000円(税抜)、4WD仕様が1,702,000円(税抜)となっています。

ベースグレードから上位グレードまで価格の幅がかなり広く、いずれのグレードでも多くの選択肢がありますので好みや用途に合わせて選びましょう。

N-VANの中古車価格

N-VANは発売されてからまだそれほど経っておらず、中古市場でも高年式車ばかりですが、すでに最安では70万円台から探すことができるようになっています。反対にキャンピングカーなどのコンプリートカーでは300万円台に到達する中古車も見受けられるなど、価格帯が幅広くなっています。

しかし発売後から最初の車検を迎える3年が経過すると、もう少し相場も下がってくる可能性があります。そのため中古でN-VANを購入することを検討しているのであれば、これから1〜2年程度の価格をチェックすることをおすすめします。

すぐに購入するのであれば、新車価格と比較した上で検討することをおすすめします。

おすすめのグレード

おすすめのグレードは用途によって異なります。商用目的であればベースグレードのGやひとつ上のLがおすすめです。こちらのグレードは新車価格も安く、CVTのみでなく6MTも選択可能です。

普段使いの場合はオプションの選択肢が豊富な+STYLE FUNがおすすめです。こちらのグレードからターボエンジンも選択可能となります。

N-VANは、グレードによって選択することのできるオプションやカラーにもかなりの差がありますので、車に対して求める要素に会わせてグレードを選ぶようにしましょう。

N-VANの車中泊性能

ホンダN-VANのアウトドアでの使用イメージ

≪写真提供:response≫ホンダ N-VAN

N-VANのように車内空間の広い車にはさまざまな用途があります。荷物を積むのみでなく、アウトドアでの車中泊などを楽しみたいという方も多いでしょう。では、実際のところN-VANで快適に車中泊を楽しむことができるのでしょうか。

ここではN-VANの車中泊性能についてご紹介します。

車中泊は快適に楽しめる?

N-VANの最大の魅力は、運転席以外のすべてのシートをフルフラットにすることができるという点です。すべてのシートを倒した場合、助手席側では最大2,635mmの長さを確保できるため、大人でもしっかりと足を伸ばして眠ることができるでしょう。

もちろんN-VANは、キャンピングカーなどのように車の中で寝ることを前提として設計されているわけではありません。そのためシートをフルフラットにしても床はやや固いため、より快適性を求めるのであれば薄型のマットレスなどを用意することをおすすめします。

ちょっとドライブの休憩中に体を伸ばしたいといった用途であれば、そのままでも問題はないでしょう。

何人まで寝ることができる?

先ほどもご紹介しました通り、N-VANで完全にフルフラットにできるのは助手席側のみです。運転席は倒すことができません。そのため、運転席側は最長でも1,500mm程度までしか確保できません。

大人が2人で寝るには少し窮屈かもしれませんが、大人1名、子供1名といった構成であれば無理なく車中泊をすることができるでしょう。

車中泊におすすめの装備

車中泊を快適に楽しむのであれば、やはりマットやシュラフなどは欠かせません。先ほども触れました通り、床部分は少し固いので快適に眠るためには何らかの対策が必要です。

車内灯はありますが、夜間に車内を十分な明るさに照らすことは難しいでしょう。そのため、何らかの照明器具が必要です。最近ではコンパクトサイズでも明るく、省電力なLEDライトなども登場していますので使いやすいものを選ぶといいでしょう。

加えて、窓を閉めたままにしていると空気が籠もり、夏場ではなくても日差しが強いと車内が高温になってしまうこともあります。換気しやすいように窓に簡単に取り付けることのできる網戸などもあると、より快適に過ごせるでしょう。

さらに日差しが強い時期はサンシェードなどもあると車内の温度が高くなるのを防止できますし、目隠しにもなりますのでプライバシー保護に役立ちます。

N-VANで車中泊をする際の注意点

大人1人程度であれば、軽自動車のN-VANであっても十分に快適な車中泊を楽しむことができます。しかしやはり車中泊を前提として設計された車というわけではありませんので、真夏や真冬といった気象条件が厳しい時期の車中泊は避けるようにしましょう。

また、近年では車中泊の人気が高まっている一方で、マナーが問題視されるようになっています。車中泊が禁止されている場所での宿泊はもちろんのこと、マナーを守ることも大切です。車内が暑いから、または寒いからといってアイドリングにしたままエアコンを入れて寝るといった行為もNGなので注意しましょう。

まとめ

ホワイトのホンダ N-VAN

ホンダ N-VAN

N-VANは軽自動車でありながらとても広い車内空間を実現していますので、さまざまな用途で使用することができます。

基本的には商用バンですが、乗用車としても使用しやすいグレードなども用意されており、車中泊やアウトドアを楽しむために選ぶという方も少なくありません。
車内空間が広く、さまざまな用途で使用できる軽自動車を求めている方におすすめのモデルです。

関連するキーワード


ホンダ 車種情報 N-VAN

関連する投稿


【ホンダ NSX】日本の最高峰のスポーツカーの詳細!性能の高さやこだわりを徹底解説

【ホンダ NSX】日本の最高峰のスポーツカーの詳細!性能の高さやこだわりを徹底解説

ホンダが発売するスーパーカーのNSXは、初代の生産が終了してから新型のNSXが待望されており、2017年に新型が発売されました。世界中でその魅力に惹かれる人が多いモデルですが、どのようなスペックなのでしょうか?


ホンダ ライフ|Nシリーズ登場前の、ホンダの人気軽自動車!

ホンダ ライフ|Nシリーズ登場前の、ホンダの人気軽自動車!

現在、軽自動車で人気抜群のN-BOXやN-WGNを販売するホンダが、「Nシリーズ」前に生産していたのが、ホンダ ライフです。すでに、新車販売は終えていますが、中古車市場には豊富。そこで、歴代のライフと、おすすめポイントをまとめました。


ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-Vは、とくに北米・欧州でその実力を評価され、2019年の世界販売台数では、第4位になりました。5代目となった現行モデルでは、7人乗りが新たに登場しています。今回は、CR-Vの歴史と、現行モデルの実力をまとめています。


【レジェンド】ホンダの最新技術が詰め込まれたフラッグシップセダン

【レジェンド】ホンダの最新技術が詰め込まれたフラッグシップセダン

レジェンドは、ホンダの最新技術が投入されたフラッグシップセダンです。ホンダが、創業以来初めて手がけた2リッターを超える高級車であり、「伝説」となることを願って名付けられました。今回は、レジェンドの詳細情報をまとめています。


歴史に名を残す名車 アコード|その歴代モデルから最新モデルまで

歴史に名を残す名車 アコード|その歴代モデルから最新モデルまで

ホンダを代表するセダンであるアコードは、世界120以上の国や地域で販売され、累計2,000万台以上を販売してきた名車です。時代のニーズをとらえながら、支持を集めてきました。今回は、その歴代モデルから、最新モデルまで紹介します。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。