トップへ戻る

CX-30って運転しやすいの?室内の広さは大丈夫?ガッツリ解説!

CX-30って運転しやすいの?室内の広さは大丈夫?ガッツリ解説!

マツダ CX-30って、最近はやりのSUVの中でもダントツにかっこいいですよね!CX-30の使い勝手って、どうなんでしょう?運転しやすいのでしょうか?ちゃんと人を乗せられるんでしょうか?一緒にチェックしていきましょう!

⏳この記事は約3~4分で読めます。


CX-30は、カッコよくて使い勝手も抜群なジャストサイズのSUV!

とにかくカッコいい!内装もオシャレ!

《写真提供:response》マツダ CX-30

CX-30って、カッコいいんです。

CX-30をデザインしたマツダの柳澤チーフデザイナーは、下記のようにおっしゃっています。

「CX-30は世界で最も美しいクロスオーバーを目指して開発してきた。しかしただ美しいだけではなく、ちょうど良いボディサイズに広い後席と荷室を持たせたことが特徴」

柳澤チーフデザイナーの言葉にウソは無いと思います。CX-30のスタイリングは、本当に細部までしっかりとデザインされていてスキがありません。

マツダは「魂動デザイン」というコンセプトでクルマをデザインしています。

「魂動デザイン」とは、「お客様にマツダ車を所有するプライドを持っていただくため」に、クルマに魂を吹き込み命を与えるようなエモーショナルなデザインを目指す哲学。マツダは、日本の自動車メーカーとしては異例な程デザインにこだわっています。

《写真提供:response》マツダ CX-30

パッと見でCX-30ってカッコいいでしょう?SUVなのにむやみに背が高くなくて安定感がありますし、ボディのサイドラインなんて光の反射がS時に輝いていて、すごくカッコいいですよね!

ぜひマツダのディーラーに行って確かめていただきたいんですが、CX-30のボディの側面って本当に複雑で微妙な曲面で構成されているんです。それが、S時に輝く光の反射になって超カッコいい。

《写真提供:response》マツダ CX-30

でも、普通こんなデザインは他の自動車メーカーではやりません。なぜなら、こんな複雑な曲線をプレス機で打抜いて大量生産するのには、ものスゴく高度な生産技術が必要になるからです。つまり、難しくて工場で作れないと言う事。

それなのに、マツダはデザインにこだわりたいから、その難しい事をやっちゃうんです。

マツダの強みは、デザイナーのいるビルと工場がすぐ近くにある事。なので、デザイナーが「こんなん作りたいんじゃけどのー」と工場に行って、この道何十年のベテランの職人さんに相談できるんです。

で、「こりゃまた難カタチじゃのー。でも、ここをこうすれば作れるもしれんのー」と職人さんアドバイスをもらって、工場とデザイナーがキャッチボールしながら、他社には真似出来ないカッコいいクルマを「量産」していく。比較的規模の小さい自動車メーカーなマツダだからできるコンビネーションですね!

《写真提供 マツダ》マツダ CX-30 100周年特別記念車

CX-30、インテリアにもこだわっています。実は、クルマに乗ってていつも目にするのはインテリアですから、外観のデザインがカッコよくてもインテリアがダサかったら気分もダダ下がりになっちゃいますよね。

その点、CX-30は大丈夫!インテリアも超おしゃれです。

上の写真の100周年特別記念車なんて、白のドアハンドルやセンターコンソールに赤のレザーシートの組み合わせなんて言う、イタリアの高級車ですか!?と見まごうばかりのオシャレなカラーデザイン。

細部の仕立ても、ダッシュボードにステッチ付きのレザーを手帳に貼り込んだ、とても2〜300万円で変えるようなクルマとは思えないクオリティ。パッと見、倍の値段する輸入車の高級車か!?と思ってしまうようなインテリアに仕上がっています。

CX-30のインテリアであれば、デザインやクオリティにこだわるあなたもきっと満足できると思います!

《写真提供 マツダ》マツダ CX-30 100周年特別記念車

使い勝手抜群!家族旅行もOK!荷物も積める室内空間!

マツダ公式ホームページより

普段使いのクルマに何より大事なのは、使い勝手ですよね。いくら内外装のデザインがカッコよくても、使いにくいクルマはNG。

その点、CX-30は使い勝手も抜群。ちゃんと大人4人が快適に座れるて、荷物もそれなりに積める室内空間が確保されています。

率直に言って、CX-30の室内が広々なのか?と言えば、そうでもありません。当然、ミニバンの広さには敵いません。しかし、大人4人が長時間乗っても快適に過ごせるスペースはしっかり確保されています。

マツダ公式ホームページより

ラゲッジルームは430Lの容量を確保。家族4人で週末のキャンプに出かけるぐらいの荷物は収納できます。

ラゲッジルームの奥行きと幅がそれなりに確保出来ているので、折りたたんだベビーカーを積むと同時に、買い物の荷物なども一緒に積むことができます。これは、ヤングファミリーにとっては重要なポイントですよね!

ハッチバックボディなので、大きな荷物の積み下ろしもラクラクです。

マツダ公式ホームページより

そして、本当に沢山の荷物を積み込む必要があれば、リアシートを倒すという技が使えます。リアシートは左右別々に倒す事ができますので、乗る人の数と荷持の大きさにあわせて様々な使い方が出来ます。

CX-30って、かなり万能に使えるSUVだと思いませんか?

機械式駐車場に入る!ジャストサイズなSUV!

《撮影 中野英幸》マツダCX-30(ディーゼル)

SUVに興味はあるけど、クルマが大きすぎたり運転がしにくかったりするんじゃないのかな?と心配している人も多いと思います。

また、SUVが欲しいけど、街中に住んでいるから立体駐車場や機械式駐車場に入らないと不便!という方も多いと思います。

そんなSUVのサイズ問題、CX-30を選べばすべて解決します!

なんと言っても、CX-30は日本で使うにはジャストサイズなSUV。全長4.4m以下、全幅1.8m以下、全高1,55m以下という、日本の道路環境で運転するにはピッタリな大きさにデザインされています。

運転していて気になるボディの横幅は1,795mmなので、狭い道でもなんとかなります。

《撮影 中野英幸》マツダ CX-30

そして、なんと言っても全高が1,540mmに押されられているので、機械式駐車場に入る事が出来るのです。これは、都会に住んでいる人には便利ですよね。もう、街中で平置きの駐車場を探してさまよう必要もありません!

機械式駐車場に入るSUVって、実は超貴重。ご自宅がマンションで機械式駐車場にクルマを停めてる人でも、CX-30であればSUVの購入を諦める必要はありません!

それに、全高が1,400mm程度のセダンに比べれば、ヒップポイントや視点が10cm近く高くなりますので、乗り降りもしやすいし前方も見やすくなりますよ!

安全装備・快適装備も充実! とってもお買い得なCX-30

カッコよくて使い勝手も抜群なジャストサイズのSUVなCX-30は、なんと!とってもお買い得なクルマでもあるんです!

CX-30のスゴいところは、ありとあらゆる安全装備や快適装備が全てのグレードに最初から標準装備でついている事!

最初の驚きはオーディオで、なんと全グレードに「マツダ・ハーモニック・アコースティックス」と呼ばれる8個もスピーカーの付いたオーディオを標準装備しています。普通、このクラスのクルマの標準装備のオーディオはせいぜい4個スピーカーが付いているぐらいが相場。なのに、CX-30は一番お安い「20S」のグレードでも8スピーカーがついてきます。これは超お買得ですよね!

オプションで、BOSEの12スピーカーサウンドシステムも用意されていますが、標準装備で8スピーカーなんだったらBOSEいらなくね?と思わせてしまうハイレベルぶりです。

マツダ公式ホームページより:8.8インチマルチインフォメーションディスプレイ

さらに、こちらも全グレードに全グレードにマルチインフォメーションディスプレイと呼ばれる8.8インチ液晶ディスプレイを標準装備。マツダコネクトと呼ばれる統合型のインフォティメントシステムも全グレードに標準装備なので、カーナビを追加する際は5万円ちょっとの地図データが格納されたSDカードを買うだけでOK。

他社の純正ナビが30万円以上したりするのに比べて、圧倒的にお得です。また、Android AutoやApple CarPlayにも対応していますので、スマホの地図アプリをナビゲーション用として利用する事もできます。

近所を走るだけだから、カーナビはスマホのアプリで十分と思う人は、5万円ちょっとの地図データを買う必要もないので、ますますお得ですね!

また、安全装備も最初からスゴイのが付いてきます。

全グレード標準の安全装備だけでも、前方も後方も側方も監視する自動ブレーキ(SBS・SBS-R・SBS-RC)、レーンキープアシスト(LAS)、車線逸脱警報システム(LDWS)、ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)、後側方接近車両検知(RCTA)、AT誤発進抑制制御、レーダークルーズコントロール(MRCC)等々、他メーカーではオプションになるような装備が最初っから全部入り!

上記の安全装備以外にオプションで付けるとしたら、アダプティブ・LEDヘッドライトぐらいでしょうか。それぐらい、最初から高度な安全装備が搭載されているのです。

CX-30の一番お安い「20S」グレードは税抜で217.5万円ですが、この価格でこの装備が標準で付いてくるのであれば、文句なしにお買い得です!

エンジンは3種類から選択できる!

エンジンは、2.0L直列4気筒ガソリン、1.8Lガソリン直列4気筒ターボディーゼル、2.0L直列4気筒e スカイアクティブXガソリンエンジンの3種類がラインナップされています。

最先端のガソリンエンジンエンジン! e スカイアクティブX 2L

《画像 マツダ》SKYACTIV-X

e SKYACTIV-Xエンジンは世界初の「火花点火制御圧縮着火方式(SPCCI)」と呼ばれる画期的な燃焼方式を持つガソリンエンジンです。世界中の自動車メーカーが「究極のガソリンエンジン」として開発に取り組んできましたが、マツダが世界で初めて実用化に成功しました。

e SKYACTIV-Xエンジンは、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンのいいとこ取りをしたようなエンジン。気化したガソリンと空気が混ざった混合気をスパークプラグで着火するのではなく、高温高圧に圧縮したシリンダー内の空気にガソリンを噴射して、高温の空気でガソリンに火が付く「圧縮着火」を実現しているのが最大のポイントです。

圧縮着火はディーゼルエンジンの燃焼方式と同じなので、ガソリンを燃料としてディーゼルエンジンと同じ燃焼方式を実現したのが、e スカイアクティブXエンジンとなります。

ガソリンを圧縮着火させる制御が難しく世界中の自動車メーカーが開発に苦労していた中で、マツダはスパークプラグで火球を作って、その火球が膨張する圧力でガソリンを圧縮着火させる「火花点火制御圧縮着火方式(SPCCI)」を開発し、技術的なブレークスルーを果たしました。

e スカイアクティブXエンジンは、従来のガソリンエンジンよりも少ない燃料でより大きな出力が取り出せます。

マツダ3セダンには2つの2Lガソリンエンジンがラインナップされていますが、従来型のスカイアクティブG 2Lガソリンエンジンは、出力が156ps/199NmでWLTC燃費:15.4km/L、スカイアクティブX 2Lガソリンエンジンは、出力が190ps/240NmでWLTC燃費:17.3km/Lと、スカイアクティブXの方が高出力で燃費も良くなっています。

e スカイアクティブXエンジンは高出力で低燃費という「夢のエンジン」ではあるんですが、難点は値段が高いこと。スカイアクティブG 2Lガソリンモデルが237万円なのに対し、e スカイアクティブX 2Lガソリンモデルは299万円と62万円の価格差があります。残念ながら、その価格差はガソリン代の差額で取り戻す事は難しい状況です。

なので、e スカイアクティブXエンジンについては「お好きならどうぞ」というリコメンドになります。なんと言っても、世界初のガソリン圧縮着火エンジンですから、クルマが好きな人や最先端の技術が好きな人にとってはお金に代えがたい価値があります。

また、e スカイアクティブXはまだまだ進化の途上で、2021年4月に行われた商品改良で、マツダはエンジンの制御系ソフトウェアのアップデートを実施し、最高出力と最大トルクをアップさせました。

スカイアクティブXは「初物」の技術なので、発売当初はそうとう安全マージンをとってエンジンを制御していたのですが、市販から1年経っていろいろなデータが取れた結果、もう少し出力方向に制御を振っても大丈夫!と言う事になったのでしょう。

ソフトウェアのアップデートでエンジン性能が向上するなんて、スマホみたいで面白いですよね。そんな所に面白みを感じられるアーリーアダプター属性の人には、e スカイアクティブXエンジンはピッタリのエンジンだと思います。

ベーシックな2L ガソリンエンジン

CX-30に設定されている2種類の2Lガソリンエンジンのうち、従来型の点火プラグで着火させるタイプのエンジンとなり、出力が156ps/199NmでWLTC燃費:15.4km/Lとなっています。

CX-30に設定されている4種類のエンジンのうち、最もベーシックでバランスの取れたエンジンと言っていいでしょう。2Lガソリンエンジンを選択すれば、パワーが盛り盛り!と言う訳ではありませんが、普段使いでパワー不足を感じる事は無いでしょう。

街中から高速道路、郊外路とあらゆる場面で必要なパワーを発揮してくれるエンジンです。いろんな走行パターンが考えられる人は、 2Lガソリンエンジンを選択される事をオススメします。

距離を走る人はこれ! 1.8Lターボディーゼル

1.8Lターボディーゼルエンジンは、それなりの距離を走る人にオススメです。

出力は130ps/270Nm、WLTC燃費は19.2km/Lとなっています。ディーゼルエンジンの特性上、高速道路での走行や、郊外の流れのいい道路等ではかなり良好な燃費を記録する事ができます。なので、年間走行距離が長い人にとっては1.8Lターボディーゼルが最良の選択となるでしょう。

街中でもターボディーゼルの太い低速トルクは魅力的ですが、ほんのちょっとの距離しか走らない事がほとんど、と言う方にはオススメできません。

ディーゼルエンジンは、燃焼で発生するススをDPIのという装置で吸収して、排気ガスをクリーンにしています。そのDPIは、装置内に溜まったススを燃やして処理するのですが、ある程度の距離を走らないとススを燃やすことができない、という構造になっています。

そのため、毎日ちょい乗りしかしない方がディーゼルエンジンを選択してしまうと、DPIがうまく作動せずにススがたまってトラブルの原因になってしまう事もあります。ちょい乗りがほとんどの方には、ガソリンエンジンモデルを強くオススメします。

まとめ

《写真提供:response》マツダ CX-30

CX-30は、カッコよくて使い勝手も抜群なジャストサイズのSUVでしたね。さらに、安全装備も充実した、超お買得なクルマである事もわかりました。

家族で楽しめるクルマが欲しいと思っているアナタ!ぜひ、CX-30を検討してみてはいがかですか?

関連する投稿


世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

マツダの世界戦略車として開発され、国内のみでなく欧米諸国でも高い人気を誇るマツダのアクセラ(現マツダ3)の特徴や魅力をご紹介します。セダンやハッチバックなどモデルラインナップも多いので、それぞれの特徴、そして新車価格・中古車価格などについても解説していきます。


往年の名車であるマツダ RX-7の人気の理由を徹底解説

往年の名車であるマツダ RX-7の人気の理由を徹底解説

スポーツカー好きなら誰もが通る日本車の名車、マツダ RX-7は、高性能なロータリーエンジンと唯一無二のスタイルで特に高い人気を誇ります。今回はマツダ RX-7が人気を博した理由と購入時のポイントについてご紹介していきます。


見た目だけじゃない!マツダ フレアの魅力を徹底紹介

見た目だけじゃない!マツダ フレアの魅力を徹底紹介

使い勝手の良い車が欲しいけど、見た目も重視したいという方も多いのではないでしょうか。マツダ フレアはそのキュートな見た目だけでなく広々とした室内にはたくさんの便利機能を搭載しています。今回はそのマツダ フレアについて魅力を徹底的に紹介していきます。


マツダ CX-8の室内空間とインテリア、そして荷室はどうなの?

マツダ CX-8の室内空間とインテリア、そして荷室はどうなの?

2017年12月に発売されたマツダのCX-8は、3列シートのSUVということで注目を集めています。そこで、マツダの看板車種になったCX-8の特長である3列シートを備えたインテリアと荷室の特徴を、グレードごとにご紹介します。


マツダ CX-5のグレードを解説、ベストチョイスはこれだ!

マツダ CX-5のグレードを解説、ベストチョイスはこれだ!

欲しい車種が決まったら次はグレード選びです。そこで、まず車種のグレードの内容と特長を把握して自分に必要なグレードを判断することが重要になります。今回はマツダの人気SUVであるCX-5のグレードについて解説し、CX-5を検討する人のお役に立ちたいと思います。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。