トップへ戻る

トヨタウィッシュ 日産ラフェスタハイウェイスター 徹底比較!

トヨタウィッシュ 日産ラフェスタハイウェイスター 徹底比較!

トヨタウィッシュと日産ラフェスタハイウェイスターを比較しました。この両車種は7人乗りのSクラスミニバンです。概要、車内空間、安全性、走行性を見ていきましょう。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


特徴・概要

コンセプト・ターゲット

トヨタのウィッシュと日産のラフェスタハイウェイスターは7人乗りのSクラスミニバンです。

コンパクトでありながらも車内空間は充分ゆとりがあるので、子育て家族や比較的少人数の家族向けには最適なサイズです。

ラフェスタハイウェイスターはマツダプレマシーのOEMで、プレマシーの恩恵を受けている箇所が多く存在します。

両車にどのような特徴の違いがあるのか比較してみたいと思います。

利用シーン

7人乗りで3列シートの両車は、広い車内を活用したり搭載している機能を使うことで様々なシーンで活躍してくれます。

旅行や車中泊などではシートアレンジをし、車内空間を最大限生かし、快適に過ごせるようになっています。

ラフェスタハイウェイスターは、電動スライドドアによって狭い駐車場などでも乗降がしやすいので
日常の買い物やご家族の送り迎えなどにとても機能的に利用が出来ます。

旅行などの遊びや普段使いまで幅広く活用できる両車は非常に使い勝手が良いファミリーカーです。

トヨタウィッシュ 概要

■搭乗人数・概要

ウィッシュは、使い勝手と走りやすさを兼ね備えた“Smart Multi Player”WISHをテーマに開発されたコンパクトミニバンです。

2015年のマイナーチェンジによって燃費性能を向上させ、運転席からサードシートまで、
どこに乗ってもゆとりを感じる空間レイアウトを施すことで快適性をかなり向上させています。

7人乗りのガソリンエンジンタイプで、価格は190万円~260万円となっています。

スポーティーなZシリーズも登場させ、快適性を求める人、走りを楽しみたい人の好みによって選べるようになっています。

知名度も高く年齢や性別を問わず幅広い層に人気の一台です。

日産ラフェスタハイウェイスター 概要

■搭乗人数・概要

日産ラフェスタハイウェイスターは、マツダのプレマシーのOEMを受け、全幅1750mm、7人乗りの3ナンバー車です。

デザインはスタイリッシュで外見からはプレマシーの特徴がほとんど見られない作りとなり、
エルグランド等の日産ミニバンとしての統一感を持たせ、グッドデザイン賞も受賞しました。

また、アイドリングストップシステムを搭載しているので普段と変わらない運転で低燃費を実現してくれます。

価格は230万円から270万円と、価格設定もこのクラスではお手頃です。

車内空間・収納

シート比較

■トヨタ ウィッシュシートアレンジ 

ウィッシュは車内を快適に過ごすために様々なシートアレンジが可能です。

セカンドシートは左右それぞれ最大270mmのスライドが可能で、ゆったりと脚を組めるほどの広さを出すことが出来ます。

また、簡単な操作でフラットに出来るセカンドシート・ダブルフォールディング機構は、
折りたたんでテーブルにも出来るので、車内で食事をとる際に非常に便利です。

■日産ラフェスタ ハイウェイスターシートアレンジ 

ラフェスタハイウェイスターの2列目のシートは収納すればキャプテンシート、引き出せば7人乗りのベンチシートになるという「フレキシブルシート」を採用しています。

こちらを活用することで多彩なシートアレンジが可能となります。

荷物の多い時には2列目、3列目をすべて倒すことでフラットでかなり広いスペースを作り出すことが出来ます。

また、各シートにゆとりを持たせ、3列目の乗り心地も快適なので、どのシートに座っても誰もが満足して過ごせます。

ドア・乗降性

乗降性について、ウィッシュにはスライドドアが採用されておりませんが、ステップの高さは低く設定されており、
3列目への乗り込みも2列目を折ることでしやすくなっているので、小さなお子様やお年寄りが乗り降りする際も安心です。

一方ラフェスタハイウェイスターは両側に電動スライドドアを採用しており、
ドア開口部の広さも686mm開き、ステップの高さも低いので、狭い駐車場などでもとてもスムーズに乗り降りが出来ます。

乗降性に関してはラフェスタハイウェイスターの方が高いと言えるでしょう。

トヨタウィッシュ 収納・バックドア

ウィッシュのラゲージスペースは、通常のラゲージスペースでも充分な広さですが、
3列目収納がワンタッチで出来るので、荷物が多い時には3列目を収納する事で手軽に荷物を載せることが出来ます。

また、バックドアはバックドアハンドルについているボタンを押すだけでドアロックの施錠・解錠が出来るのでキーを準備したりする手間が省けて便利です。

日産ラフェスタハイウェイスター 収納・バックドア

ラフェスタハイウェイスターでは3列目の収納がワンタッチででき、フラットに出来るので荷物が多い時も安心して載せる事が出来ます。

また、インテリジェントキーを携帯していれば、リクエストスイッチを軽く押すだけでドアのロック・アンロックが可能なので荷物を持った手でわざわざキーを差す必要がありません。

安全性・走行性

トヨタウィッシュ 安全性

ウィッシュは先進機能による安全性能が非常に高く、ドライバーを危険から守るサポートをします。

例えば、EBD付ABSは走行状況に応じてブレーキを制御し、さらにVSC&TRCを搭載することで雨や雪など悪条件の路面などで横滑りが発生してしまったときに、ブレーキとエンジン出力を自動的にコントロールし車両の安定性を確保してくれます。

また、万が一衝突してしまったときの為にSRSエアバッグシステムを搭載し、運転席、助手席だけでなく後部座席までしっかりと衝撃を抑えてくれるなど、衝突安全性も高く様々な視点から乗員を守ってくれる機能が豊富です。

日産ラフェスタハイウェイスター 安全性

ラフェスタハイウェイスターは日産が掲げるSAFETY SHIELDのもと、クルマが状況に応じて様々なバリア機能を働かせ、
少しでも危険から遠ざけるよう先進機能を駆使してサポートしてくれます。

その一つとして、VDC(ビークルダイナミクスコントロール)は、各種センサーによりドライバーの運転操作や車速などを検知し、
ブレーキ圧やエンジン出力を自動的に制御し悪条件の路面などでの車両の安定性を向上させ、走行時の安心感を高めてくれます。

また、高剛性・安全ボディを採用することで万が一衝突してしまった時も被害を最小限にとどめられるようにするなど衝突安全性も非常に優れています。

走行性能比較

環境性能・JC08モード燃費についてですが、どちらもこのクラスのガソリンエンジン車としては上位の燃費性能を誇り、
ウィッシュは16.0km/Lはラフェスタハイウェイスターは16.2km/Lとほぼ互角です。

ウィッシュはエコドライブモード、ラフェスタハイウェイスターはアイドリングストップ機能などと
環境にも配慮された機能を搭載し、環境にも家計にも優しい両車となっています。

試乗記

試乗した方々の感想ですが、ウィッシュは、高さのあるLクラスミニバンと比べて
重心が低い分だけ走りのバランスが良く、安定感のある走りが出来ると評判です。

一方ラフェスタハイウェイスターは、このクラスの中でも最良の安定性と乗り心地の良さを感じられるようです。

また、各性能の高さからこのクラスではコストパフォーマンスに優れていて、ミニバンに乗り換えようと考えている方には手を出しやすい車種のようです。

是非、ご自身で実際に試乗して比較してみてください。

関連する投稿


【デザインが美しいクーペ 5選】クーペ、それは華やかなライフスタイル!

【デザインが美しいクーペ 5選】クーペ、それは華やかなライフスタイル!

SUV全盛の世の中ですが、やはり、美しいデザインを持つクルマと言えば、クーペです。クーペには、クーペにしか持ち得ない華やかさがあります。世界中の美しいクーペを、一緒に見ていきましょう!


セダンはもう時代遅れ?今こそ注目すべきセダンの魅力

セダンはもう時代遅れ?今こそ注目すべきセダンの魅力

時代と共に車も進化や変化を続けています。一昔前まで自動車といえば、多くの方がセダンタイプのものをイメージしていたのではないでしょうか。しかし、今日ではセダン以外にも多くの車の選択肢があります。中でも、SUVなどのハッチバック系のモデルの人気が高まっていることもあって、セダンの存在感がやや小さくなったという印象を抱いている方も多いかもしれません。しかし、セダンならではの魅力もあり、現在でも根強い人気があります。そこで、今回はセダンとはどういった車なのかや、メリット・デメリットなどについてご紹介します。


【新春初夢特集】夢のスーパーカーをドドンと紹介!

【新春初夢特集】夢のスーパーカーをドドンと紹介!

自動車の華と言えば、スーパーカーをおいて他にありません。現在、世界中で様々なスーパーカーが発表されています。今回は、新春特別企画として、世界の一流メーカーが発表しているスーパーカーをご紹介します!


トヨタのSUVにはどんな種類があるの?話題の車種を徹底解説

トヨタのSUVにはどんな種類があるの?話題の車種を徹底解説

トヨタのSUVは用途に合わせたさまざまな車種が展開されており、ボディサイズやターゲットなども車種によって異なります。トヨタのSUVにはどんな車種があるのか気になっているという方もいるのではないでしょうか。最近登場したばかりのヤリスクロスや今後国内導入が予測されているカローラクロスなど、新たなSUVも続々と登場しています。そこで今回はトヨタのSUVの特徴や、話題の車種について徹底解説します。


【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい!という方。今回は国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたに必見の記事ですよ!


最新の投稿


ペーパードライバーが運転しても大丈夫?久々の運転はココをチェック!

ペーパードライバーが運転しても大丈夫?久々の運転はココをチェック!

ペーパードライバーならば、免許を持っているけれど日ごろは運転しないことが多いでしょう。しかし仕事の都合上、もしくは転勤などによって急に運転しなければいけないこともあります。今の状況からすぐに運転しても問題ないでしょうか?今回はペーパードライバーが気を付けたいポイントや講習を受けるべきか判断の参考になる情報をご紹介します。


ペーパードライバー講習は行く価値があるの?講習の内容や料金は?

ペーパードライバー講習は行く価値があるの?講習の内容や料金は?

ペーパードライバー講習は、運転免許証を所持していてもあまり運転しない人のためのもの。日ごろから運転しない人や久しぶりに運転する人が活用できるサービスです。今回はペーパードライバー講習について、また講習を受けるべきか確認するのに必要な情報をご紹介します。


縦列駐車のコツと上手なやり方|誰でもスムーズにするためのポイント

縦列駐車のコツと上手なやり方|誰でもスムーズにするためのポイント

運転初心者だけでなく、慣れている人でも縦列駐車は気を付けて運転する必要があります。前の車との距離や後ろのスペース、さらに縁石との距離も確認しなければいけません。切り返しをすると時間もかかるので、焦ってしまいがちです。しかし縦列駐車もコツをつかんでしまえばスムーズにできます。今回は縦列駐車のコツをご紹介します。


【知ってる?】車のバッテリーの正しい充電方法!対処法も紹介!

【知ってる?】車のバッテリーの正しい充電方法!対処法も紹介!

何気なく乗っている車ですが、車はバッテリーなしでは動きません。そんなバッテリー、みなさんは正しい充電方法をご存知ですか?今回はこのバッテリーの仕組みについて説明していきます。


シトロエン新型C4最新情報!国内での販売は?

シトロエン新型C4最新情報!国内での販売は?

シトロエン新型「C4」はCセグメントのSUVクーペとして登場しました。Cセグメントハッチバックの中でも、大胆かつユニークなデザインが採用されたシトロエンの最新デザインの車となります。今回はシトロエン新型C4の紹介をします。