目次へ戻る

【比較】ホンダ フリード・マツダ プレマシー

【比較】ホンダ フリード・マツダ プレマシー

比較シリーズ。今回はSクラスミニバンで人気を博している ホンダのフリードとマツダのプレマシーを比較しました。


概要・特徴

コンセプト・ターゲット

ホンダ フリード

ホンダのフリードとマツダのプレマシーはどちらも最大7人乗りのSクラスミニバンです。
比較的少人数の家族向けで、それぞれパワースライドドアを採用するなどファミリーが安心して使いやすい装備が充実しているのが特徴です。

この両車の性能にどのような違いや特徴があるのか、比較していこうと思います。

利用シーン

フリードもプレマシーも車内設備や車内空間の活用方法によって様々な顔を見せてくれます。

例えば、旅行などでは7人用のシートを活用することで、快適に過ごすことができ、
シートアレンジをして車中泊をするスペースも生み出せます。

また、日常の買い物やご家族の送り迎えなど街中で利用する際も、どちらもパワースライドドアを採用しているので
狭い駐車場でも乗り降りがスムーズにでき、荷物が多くなった場合でも積み込みに負担がかかりません。

どのようなシーンでも対応できる両車はファミリーカーとしてとても適しているのではないでしょうか。

ホンダフリード 概要

ホンダ フリード


■搭乗人数・概要

ホンダのフリードは最大7人乗りながら5ナンバーサイズのコンパクトミニバンです。
「ちょうどいい」をコンセプトに、サイズ感だけでなく車内で快適に過ごす為の装備が充実しており、さらに力強い走りと燃費性能を両立させ、高速道路での走行や大人数が乗車してもパワフルな走りが堪能でき、安心の走りをもたらしてくれます。

デザインは伸びやかな躍動感と機能性を融合したエクステリアで、コンパクトなボディの中に
豊富な機能が凝縮されており、使い勝手が非常に良くなっています。
価格は、ハイブリッド車で220万円~270万円、ガソリンエンジン車で190万円~235万円となっています。

マツダプレマシー 概要

マツダ プレマシー


■搭乗人数・概要

マツダのプレマシーはバランス感に優れ、操作性、利便性、走行性能と三拍子揃っているのが特徴です。また、マツダ独自のアイドリングストップ機構の「i-stop」が搭載され、環境性能及び燃費性能も向上させています。

デザインには自然界の水や風の流れの美しさをイメージさせるボディデザイン「NAGARE」を施しており、過去にはグッドデザイン賞も受賞するほど見た目の評価も非常に高いです。
最大7人乗りで、価格は200万円~240万円とコストパフォーマンスにも優れた一台となっています。

室内空間・収納

シート比較

ホンダ フリード

■ ホンダ フリードシートアレンジ

フリードでは多彩なシートアレンジが出来るようになっており、車内空間をリラックスルームにも大きな荷室にも出来ます。1、2列目をフラットにすることでドライブ途中の休憩の際にソファのようにしてゆっくり出来たり、2列目、3列目フラットモードにすると、まるで個室空間のようなくつろぎを感じることが出来ます。



ホンダ フリード 

また、2列目は1席ずつ分かれたアームレス付きのキャプテンシートにしているので、
各々が各座席でゆったりとドライブを楽しむことが出来るシートになっています。

マツダプレマシー

■マツダ プレマシーシートアレンジ 

プレマシ―のシートは利用するシーンに合わせたシートアレンジが可能です。
2列目に採用されている「カラクリ7thシート」では、7人乗りの際に助手席側のセカンドシートから7番目のシートを出すことができます。格納時には停車中にセンターのオープンスペースを通って、フロントシートから3列目の間を歩いて行けるほどのスペースができ、3列目への乗降時にもとても便利です。

少人数で広々と使いたい場合や反対に大勢で乗りたい場合など状況に合わせて変更できるのが嬉しい機能です。

ドア・乗降性

マツダ プレマシー


乗降性についてはどちらもパワースライドドアを採用しているので、スムーズな乗り降りが出来ます。両車のドア開口部の広さは、フリードが665mm、プレマシーは686mmとプレマシーの方が若干大きく開きます。

ステップの高さに関してはどちらも低く作られているので、乗り降りが非常にしやすくなっています。

ホンダフリード 収納・バックドア


フリードのバックドアは、縦にも横にもワイドなテールゲート開口部と低い地上高によって、
重い荷物も大きな荷物も無理をせずラクに積み込むことができます。
さらに、3列目シートを左右にはね上げ収納すれば、荷室を広げることができ多くの荷物を載せられます。

また、2列目キャプテンシートを装備のタイプでは、2列目シートをアレンジしなくても長い荷物を載せることが可能です。

マツダプレマシー 収納・バックドア


プレマシーもラゲージスペースの広さを3列目収納により広げることが可能ですが、ラゲージスペース以外にも車内の至る所に収納がたくさん備え付けられているので、誰がどのシートに座っても便利で快適に過ごせるようになっています。

また、バックドアに関してはアドバンストキーを携帯していれば、ドアとリアゲートの施錠・開錠がキーを使わずに簡単に行えるので手が塞がっている時は非常に助かります。

安全性・走行性

ホンダフリード 安全性


フリードでは安全性能に先進機能の「Honda SENSING」を搭載し、ドライバーを危険から回避する手助けをおこないます。ミリ波レーダーと単眼カメラで、クルマの前方の状況を認識。ブレーキやステアリングの制御技術と協調し、これにより安心で快適な運転や事故回避を支援してくれます。

さらに衝突時の衝撃を制御する独自の技術「G-CON」により、相手車両や歩行者に与えるダメージも軽減する骨格を実現し衝突安全性も高めています。


また、予防安全性能評価 ASV++を獲得しさらに、JNCAPファイブスター賞を獲得するなど
車内の快適さだけでなく安全性能も充分備わっており、安心してドライブが楽しめます。

マツダプレマシー 安全性


プレマシーは車内空間や乗り心地だけでなく、安全性能に関しても研究に余念がありません。
マツダ独自の高剛性安全ボディ「MAGMA」を採用することで前後のクラッシャブルゾーンで
衝撃を吸収し衝撃を最小限に抑えてくれます。


また、視界が見えづらい夜間や悪天候の際に役立つディスチャージヘッドランプを搭載し、白く明るい光で前方を照らしドライバーの視界と、さらには歩行者からも車の接近がわかるような光で事故を未然に防ぐサポートをしてくれます。

衝突安全性もとても高く、ドライバーの安全を守ってくれます。また、視界が見えづらい夜間や悪天候の際に役立つディスチャージヘッドランプを搭載し、白く明るい光で前方を照らし
ドライバーの視界と、さらには歩行者からも車の接近がわかるような光で事故を未然に防ぐサポートをしてくれます。

走行性能比較

フリードはハイブリッドとガソリンエンジン車の2タイプがあり、プレマシーはガソリンエンジン車のみとなっています。環境性能・JC08モード燃費をガソリンエンジン車で比較すると、フリードは19.0km/L、プレマシーは16.2km/Lとフリードの燃費性能が非常に高いことがわかります。

フリード ハイブリッド

また、フリードのハイブリッドの燃費は最大27.2km/Lで、こちらも同クラスではトップクラスです。フリードは燃費性能の良さも魅力のひとつとなっています。

試乗記

ホンダ フリード


それぞれ試乗した方々の感想です。

フリードに関しては、運転席に座るととても広々とした視界でクルマの動きが把握しやすく、全てが自然に目に入り操作できるのが良く、使ってわかりやすいクルマというのが体現出来るようです。

マツダ プレマシー

一方のプレマシーは、今まで運転の不得意な人が運転すると、アクセルを踏んだ以上に加速してしまったり、ハンドルがクルッと回ったりするなど、力の加減が難しくランダムに発生するGによって不快になることが多かったのですが、現行では一連の操作に対して自然な挙動になるように変更されており、乗り味や快適性がかなり向上したようです。

是非お近くのお店でお試しください。

関連する投稿


ホンダの新型シビックセダン 最新情報 価格・スペック・燃費・試乗評価

ホンダの新型シビックセダン 最新情報 価格・スペック・燃費・試乗評価

ホンダのシビックが満を持して2017年9月に国内復活を遂げました。名車と名高いシビック。今回はフルモデルチェンジを行った新型シビックセダンについて、新車価格・燃費・スペック・試乗評価・エンジン性能・タイプ別売れ筋・人気は?などといった最新情報をお届けいたします。そしてシビックの人気ぶりがわかるエピソードも…。


ホンダ 軽トールワゴン N-ONEが12月マイナーチェンジ!エヌワンを振り返る

ホンダ 軽トールワゴン N-ONEが12月マイナーチェンジ!エヌワンを振り返る

ホンダの軽トールワゴン・N-ONEが12月下旬にマイナーチェンジすると発表されています。自分らしい生活をかなえてくれるプレミアムスモール。今回は改めてN-ONE(エヌワン)の魅力に迫ります。 【12月7日更新】


新型CR-V!ホンダのミッドサイズSUVが2018年日本復活!ハイブリッド導入

新型CR-V!ホンダのミッドサイズSUVが2018年日本復活!ハイブリッド導入

2018年に、ホンダのミッドサイズSUV・CR-V(シーアールブイ)が復活すると噂されています。2016年に日本では販売終了となったCR-Vですが、昨今のSUV人気・市場拡大を受けてホンダのCR-Vも再始動スタートです!!また、今回のCR-Vには、e-powerに似た性能を持つハイブリッドモデルも搭載される!?かも!


【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2018年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるのでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報をまとめています!これを読めば日本の2018年発売が予測される新車情報を一気に先取りです!


【新車で買える】2017年マニュアル車(MT車)まとめ

【新車で買える】2017年マニュアル車(MT車)まとめ

オートマ車(AT車)が増えた中でも、やはりマニュアル車(MT車)に乗りたい!という人が車好きの中には多いのではないでしょうか。本記事では、2017年現在、新車で買えるマニュアル車(MT車)をまとめています。


最新の投稿


還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

2017年4月24日、日産のスカイラインが誕生から60周年となり人間で言う「 還暦」を迎えました。過去の初代から13代目スカイラインまでのモデルの振り返りと共に、歴史やその年の出来事、流行したファッションについてと、60周年を記念して開催されていたイベントを一部紹介しています。


後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

皆様は車の運転の際、シートベルトをきちんと着用していますか?運転席や助手席だけでなく安全な運転のために、後部座席もシートベルト着用の義務があります。今回はシートベルトの着用率を都道府県別に見ていきましょう。果たしてシートベルト着用率の高い1番安全な都道府県はどこなのでしょうか?


うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

雪が降り始めると車の事故やトラブルも増えますね。特に、暴風雪による多重衝突事故や道路での立ち往生…などの被害は大きいです。降雪が多い時は車での外出は避けた方が無難ですが、そうも言ってられませんよね。もし立ち往生してしまった時備えておけば心強い。そんなグッズをご紹介します。備えあれば憂いなしですよ!!


【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

2017年の冬も厳しい寒さ&降雪が予想されています。つまりそれはウィンタースポーツ、スキーやスノボーが楽しめるということでもですね!ここで心配なのが雪道での車のスリップ!貴方の車は大丈夫ですか?貴方と貴方の大切な人を守ってくれる、雪道に強いオススメの車最新情報をお届けいたします!この車たちで冬を熱く楽しみましょう!


【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

痛車・痛バイクオーナーの皆さんに朗報です。2018年2月25日(日)、中古車買取のカープライスが川崎大師にて、痛車・痛バイク100台規模の交通安全祈願イベント『川崎大師 痛車・痛バイク 交通安全祈願2018』を開催します。先着100台は参加費が無料、イベントの内容を紹介します。