トップへ戻る

【比較】ホンダ フリード・マツダ プレマシー

【比較】ホンダ フリード・マツダ プレマシー

比較シリーズ。今回はSクラスミニバンで人気を博している ホンダのフリードとマツダのプレマシーを比較しました。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


概要・特徴

コンセプト・ターゲット

ホンダ フリード

ホンダのフリードとマツダのプレマシーはどちらも最大7人乗りのSクラスミニバンです。
比較的少人数の家族向けで、それぞれパワースライドドアを採用するなどファミリーが安心して使いやすい装備が充実しているのが特徴です。

この両車の性能にどのような違いや特徴があるのか、比較していこうと思います。

利用シーン

フリードもプレマシーも車内設備や車内空間の活用方法によって様々な顔を見せてくれます。

例えば、旅行などでは7人用のシートを活用することで、快適に過ごすことができ、
シートアレンジをして車中泊をするスペースも生み出せます。

また、日常の買い物やご家族の送り迎えなど街中で利用する際も、どちらもパワースライドドアを採用しているので
狭い駐車場でも乗り降りがスムーズにでき、荷物が多くなった場合でも積み込みに負担がかかりません。

どのようなシーンでも対応できる両車はファミリーカーとしてとても適しているのではないでしょうか。

ホンダフリード 概要

ホンダ フリード


■搭乗人数・概要

ホンダのフリードは最大7人乗りながら5ナンバーサイズのコンパクトミニバンです。
「ちょうどいい」をコンセプトに、サイズ感だけでなく車内で快適に過ごす為の装備が充実しており、さらに力強い走りと燃費性能を両立させ、高速道路での走行や大人数が乗車してもパワフルな走りが堪能でき、安心の走りをもたらしてくれます。

デザインは伸びやかな躍動感と機能性を融合したエクステリアで、コンパクトなボディの中に
豊富な機能が凝縮されており、使い勝手が非常に良くなっています。
価格は、ハイブリッド車で220万円~270万円、ガソリンエンジン車で190万円~235万円となっています。

マツダプレマシー 概要

マツダ プレマシー


■搭乗人数・概要

マツダのプレマシーはバランス感に優れ、操作性、利便性、走行性能と三拍子揃っているのが特徴です。また、マツダ独自のアイドリングストップ機構の「i-stop」が搭載され、環境性能及び燃費性能も向上させています。

デザインには自然界の水や風の流れの美しさをイメージさせるボディデザイン「NAGARE」を施しており、過去にはグッドデザイン賞も受賞するほど見た目の評価も非常に高いです。
最大7人乗りで、価格は200万円~240万円とコストパフォーマンスにも優れた一台となっています。

室内空間・収納

シート比較

ホンダ フリード

■ ホンダ フリードシートアレンジ

フリードでは多彩なシートアレンジが出来るようになっており、車内空間をリラックスルームにも大きな荷室にも出来ます。1、2列目をフラットにすることでドライブ途中の休憩の際にソファのようにしてゆっくり出来たり、2列目、3列目フラットモードにすると、まるで個室空間のようなくつろぎを感じることが出来ます。



ホンダ フリード 

また、2列目は1席ずつ分かれたアームレス付きのキャプテンシートにしているので、
各々が各座席でゆったりとドライブを楽しむことが出来るシートになっています。

マツダプレマシー

■マツダ プレマシーシートアレンジ 

プレマシ―のシートは利用するシーンに合わせたシートアレンジが可能です。
2列目に採用されている「カラクリ7thシート」では、7人乗りの際に助手席側のセカンドシートから7番目のシートを出すことができます。格納時には停車中にセンターのオープンスペースを通って、フロントシートから3列目の間を歩いて行けるほどのスペースができ、3列目への乗降時にもとても便利です。

少人数で広々と使いたい場合や反対に大勢で乗りたい場合など状況に合わせて変更できるのが嬉しい機能です。

ドア・乗降性

マツダ プレマシー


乗降性についてはどちらもパワースライドドアを採用しているので、スムーズな乗り降りが出来ます。両車のドア開口部の広さは、フリードが665mm、プレマシーは686mmとプレマシーの方が若干大きく開きます。

ステップの高さに関してはどちらも低く作られているので、乗り降りが非常にしやすくなっています。

ホンダフリード 収納・バックドア


フリードのバックドアは、縦にも横にもワイドなテールゲート開口部と低い地上高によって、
重い荷物も大きな荷物も無理をせずラクに積み込むことができます。
さらに、3列目シートを左右にはね上げ収納すれば、荷室を広げることができ多くの荷物を載せられます。

また、2列目キャプテンシートを装備のタイプでは、2列目シートをアレンジしなくても長い荷物を載せることが可能です。

マツダプレマシー 収納・バックドア


プレマシーもラゲージスペースの広さを3列目収納により広げることが可能ですが、ラゲージスペース以外にも車内の至る所に収納がたくさん備え付けられているので、誰がどのシートに座っても便利で快適に過ごせるようになっています。

また、バックドアに関してはアドバンストキーを携帯していれば、ドアとリアゲートの施錠・開錠がキーを使わずに簡単に行えるので手が塞がっている時は非常に助かります。

安全性・走行性

ホンダフリード 安全性


フリードでは安全性能に先進機能の「Honda SENSING」を搭載し、ドライバーを危険から回避する手助けをおこないます。ミリ波レーダーと単眼カメラで、クルマの前方の状況を認識。ブレーキやステアリングの制御技術と協調し、これにより安心で快適な運転や事故回避を支援してくれます。

さらに衝突時の衝撃を制御する独自の技術「G-CON」により、相手車両や歩行者に与えるダメージも軽減する骨格を実現し衝突安全性も高めています。


また、予防安全性能評価 ASV++を獲得しさらに、JNCAPファイブスター賞を獲得するなど
車内の快適さだけでなく安全性能も充分備わっており、安心してドライブが楽しめます。

マツダプレマシー 安全性


プレマシーは車内空間や乗り心地だけでなく、安全性能に関しても研究に余念がありません。
マツダ独自の高剛性安全ボディ「MAGMA」を採用することで前後のクラッシャブルゾーンで
衝撃を吸収し衝撃を最小限に抑えてくれます。


また、視界が見えづらい夜間や悪天候の際に役立つディスチャージヘッドランプを搭載し、白く明るい光で前方を照らしドライバーの視界と、さらには歩行者からも車の接近がわかるような光で事故を未然に防ぐサポートをしてくれます。

衝突安全性もとても高く、ドライバーの安全を守ってくれます。また、視界が見えづらい夜間や悪天候の際に役立つディスチャージヘッドランプを搭載し、白く明るい光で前方を照らし
ドライバーの視界と、さらには歩行者からも車の接近がわかるような光で事故を未然に防ぐサポートをしてくれます。

走行性能比較

フリードはハイブリッドとガソリンエンジン車の2タイプがあり、プレマシーはガソリンエンジン車のみとなっています。環境性能・JC08モード燃費をガソリンエンジン車で比較すると、フリードは19.0km/L、プレマシーは16.2km/Lとフリードの燃費性能が非常に高いことがわかります。

フリード ハイブリッド

また、フリードのハイブリッドの燃費は最大27.2km/Lで、こちらも同クラスではトップクラスです。フリードは燃費性能の良さも魅力のひとつとなっています。

試乗記

ホンダ フリード


それぞれ試乗した方々の感想です。

フリードに関しては、運転席に座るととても広々とした視界でクルマの動きが把握しやすく、全てが自然に目に入り操作できるのが良く、使ってわかりやすいクルマというのが体現出来るようです。

マツダ プレマシー

一方のプレマシーは、今まで運転の不得意な人が運転すると、アクセルを踏んだ以上に加速してしまったり、ハンドルがクルッと回ったりするなど、力の加減が難しくランダムに発生するGによって不快になることが多かったのですが、現行では一連の操作に対して自然な挙動になるように変更されており、乗り味や快適性がかなり向上したようです。

是非お近くのお店でお試しください。

関連する投稿


日産 セレナの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 セレナの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 セレナは、使い勝手の良さと高性能で、日産を代表するミニバンの一台です。初代登場から30年、多くのファミリーの思い出作りに貢献してきたセレナですが、現行型となる5代目モデルにはe-POWERやプロパイロットなど先進的な要素も満載。全車でハイブリッド仕様となるセレナの気になる燃費情報を、カタログ燃費や実燃費などをチェックしつつ、ライバルのミニバンとも比較することで、詳しくご紹介していきます。


トヨタ アルファードの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較

トヨタ アルファードの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較

トヨタのフラッグシップミニバンでありながら、2021年上半期ではなんとミニバンクラストップの売り上げ台数を記録しているなど、売れに売れまくっているのがアルファードです。ファミリーカーとして毎日運転している方もよく見かけるアルファードですが、そんな利用シーンで気になるのは燃費性能。カタログ燃費や実燃費、ライバル車種との比較などで、アルファードの燃費性能をとことんご紹介していきます。


トヨタ ノアハイブリッドの燃費情報が丸わかり!ライバルとの比較も

トヨタ ノアハイブリッドの燃費情報が丸わかり!ライバルとの比較も

5ナンバークラスミニバンの定番であるノアは、すでに25年の歴史を誇る車名です。現行モデルではハイブリッド仕様が新設定され、新たに燃費性能も大幅に向上。利用頻度が高いミニバンだけに、ガソリン代が節約できるハイブリッド仕様の燃費性能は気になるところですよね。この記事では、カタログ燃費から実燃費、ライバルとの性能比較まで、ノア ハイブリッドの燃費情報をあますところなくご紹介していきます。


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


トヨタ ウィッシュ|いまお手頃価格な低床・低重心ミニバン

トヨタ ウィッシュ|いまお手頃価格な低床・低重心ミニバン

背が低く、低床・低重心なミニバンの代表格だったトヨタ ウィッシュ。生産・販売が終了して、まもなく4年が経ちますが、いま中古車市場ではお手頃価格です。そこで、改めてトヨタ ウィッシュの魅力と、どうして「買い」といえるのかをまとめました。


最新の投稿


トヨタ シエンタの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

トヨタ シエンタの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

ミニバンの使い勝手とコンパクトカーの乗りやすさが高度にバランスされていて人気の「トヨタ シエンタ」。混み合う駅へのお出迎えや、狭めな駐車場のお店でのお買い物だって楽々こなせます。そんなシエンタ、普段使いで気になるのはやっぱり燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、シエンタの燃費情報を詳しくご紹介していきます。


自動車保険の比較・検討|見積もりには比較サイトが便利でお得!

自動車保険の比較・検討|見積もりには比較サイトが便利でお得!

自動車保険は、比較・検討することで、自分に合った補償内容に調整しつつ、保険料を安くできます。今回は、見積もりを取るのに比較サイトが便利な理由と、各種キャンペーンについてまとめました。


自動車保険はどこがおすすめ?|自動車保険の基本とおすすめ保険会社

自動車保険はどこがおすすめ?|自動車保険の基本とおすすめ保険会社

自動車保険の更新時期になると、保険料をもっと安くできないか、もっといい保険はないか、と検討される方は多いかもしれません。そこで今回は、自動車保険の基本的な部分と、おすすめ保険会社をまとめました。


自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンは、どこで、どのように借りるとお得なのでしょうか?今回は、金利やローン審査、シミュレーションなどについてまとめました。また、低金利を選ぶ際の注意点についても取り上げます。


日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

売れ筋のコンパクトSUVジャンルで、パワートレインはハイブリッド「e-POWER」のみと割り切ったラインナップが特徴的なのが「日産 キックス」。軽快なルックスと爽快な走りで人気を得ています。そんなキックス、普段使いで気になるのはやっぱり燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、キックスの燃費情報を詳しくご紹介していきます。