目次へ戻る

【比較】 トヨタ エスティマ・トヨタ ヴェルファイア

【比較】 トヨタ エスティマ・トヨタ ヴェルファイア

比較シリーズ。今回はⅬクラスミニバンとして人気を博している、トヨタのエスティマとトヨタのヴェルファイアを比較してみました。


概要・特徴

コンセプト・ターゲット

トヨタ ヴェルファイア


トヨタのエスティマとヴェルファイアはいずれもLクラスミニバンです。
ともにガソリンエンジン、ハイブリッドで発売されており、車内の広さや燃費の良さなどが共通の特徴です。

エスティマは発売当初からとても人気でトヨタの同クラスを牽引してきました。
ヴェルファイアは車内空間の広さと高級感漂う室内空間が特徴で、今ではエスティマの人気を上回っています。

トヨタ エスティマ


いずれも家族向けの車としての機能が充実していて、エスティマは安定感があり、
ヴェルファイアは高級感のある作りになっています。

ここでは、そんな両車を比較していきたいと思います。

利用シーン

トヨタ エスティマ


エスティマとヴェルファイアは、家族旅行や日常の買い物など幅広い生活シーンで大活躍です。
シートアレンジも多様に出来る両車は、乗る人数や荷物の量などによって車内を自在にアレンジ出来ますし、特にヴェルファイアは広い車内を利用して車中泊なども充分に可能です。

また、低床フロアで電動スライドドアも採用している為、お子様やお年寄りも乗り降りがしやすく
2世帯家族や子供のスポーツクラブなどの送り迎えなどの際も非常に利用しやすいです。

普段使いから旅行など特別な時間まで、幅広い活躍をしてくれる両車です。

トヨタ エスティマ 概要


■搭乗人数・概要

エスティマは発売当初から人気で、トヨタのミニバンの第一人者のような車です。
グッドデザイン賞を受賞したデザインは先進感に満ちており、セルフリストアリングコートを採用することで小さなすり傷を自己修復し新車時の輝きを保持する役割をしてくれます。

最大8人乗りの車内はとても広く、大人が8人乗っても多くの荷物を載せても窮屈に感じることなく3列目までゆとりをもって過ごすことが出来ます。
価格はハイブリッド車が400万円~500万円、ガソリンエンジン車で340万円~400万円以下となっています。


トヨタ ヴェルファイア 概要


■搭乗人数・概要

ヴェルファイアはトヨタが誇るLクラスミニバンで、アルファードの兄弟車種です。
「大空間高級サルーン」をキーワードに開発された車内は広々としたVIP空間に包まれています。

もちろん車内空間だけでなく、運転性能に関しても色々なサポート機能が豊富な為、大きな車体を初めて運転する方にも安心です。
また、エコカー減税の対象車で、価格はハイブリッド車で約400万円~700万円台、
ガソリンエンジン車で300万円~500万円となっています。

室内空間・収納

シート比較

トヨタ エスティマ


■トヨタ エスティマシートアレンジ

エスティマのシートは色々なアレンジが可能で、車内をその時の状況に適した形に変えることが出来ます。

最大800mmを誇るリラックスキャプテンシートのスライド量はかなりのもので、サードシートも床下格納が出来るので
最高部にスライドさせればとても車の中とは思えないほどの広い空間が誕生します。

さらに車内が広く各シートにゆとりがあるので3列目の乗り心地も抜群です。



トヨタ ヴェルファイア


■トヨタ ヴェルファイアシートアレンジ

ヴェルファイアでは車内の広さを活かしたシートアレンジが豊富なのも特徴のひとつです。

助手席は最大1,160mmのスーパーロングスライドが可能で、セカンドシートと同一レール上にシートを設置することによりシートをずらし、長さのある荷物を積めたり、助手席前の幅を拡大し、ゆったりしたスペースでのんびり過ごすことも出来ます。



さらに、リラックスモードでリビングのソファで休憩しているかのような空間を作るなど
様々な形で車内で過ごす時間を楽しむことが出来ます。

ドア・乗降性

トヨタ ヴェルファイア


エスティマもヴェルファイアもともにワンタッチパワースライドドアを採用していて、ドア開口部の広さもとても大きいので両手に荷物を抱えたままでも開閉や乗り降りがしやすくとても便利です。

また、ステップの高さは低く作られているので、小さなお子様やお年寄り、さらにワンちゃんなどのペットなどご家族みんなが安全で安心して乗り降りが出来るのも嬉しい機能です。

トヨタ ヴェルファイア

トヨタ エスティマ 収納・バックドア


エスティマは荷物の収納もたっぷり出来るラゲージスペースがあります。
3列目のシートを床下収納出来るのが特徴的で、2列目のシートをフロント側に寄せることによりかなり大きな荷室スペースを作り出すことができ、大きな荷物や多くの荷物も気にせず載せることが可能です。

そしてバックドアにはスイッチひとつで開閉が可能なパワーバックドアを採用することで、
手に荷物を持っていてもラクに開閉が出来てとても便利です。


トヨタ ヴェルファイア 収納・バックドア


ヴェルファイアはラゲージスペースもとても広いので荷物の積み下ろしも楽に出来ます。
特に3列目の収納ができるので、荷室を広げ観葉植物がそのまま入るほどの広さに出来る最大積載モードは圧巻の広さです。

また、バックドアにはパワーバックドアを採用したことでスイッチひとつで自動開閉ができるので、
多くの荷物を積み込む際の負担が軽減されます。

安全性・走行性

トヨタ エスティマ 安全性


エスティマでは先進機能を搭載することで安全性能を高めています。
その先進機能「Toyota Safety Sense C」は、レーザーレーダーと単眼カメラを併用した検知センサーと、それに基づく統合的な制御により、事故の回避や衝突被害の軽減を支援してくれます。

また、プリクラッシュセーフティシステムやレーンディパーチャーアラート、オートマチックハイビームなどの先進的機能により、ドライバーの安全と同時に歩行者の安全もサポートしてくれています。
予防安全性、衝突安全性どちらも高いレベルの性能でドライバーの安全をサポートしてくれています。

トヨタ ヴェルファイア 安全性


ヴェルファイアには高い安全性能が採用されており、その性能はJNCAP新・安全性能総合評価の最高ランク「ファイブスター賞」を獲得するほどです。

その安全性能には先進機能を搭載し、その一つ「プリクラッシュセーフシステム」は進路上の先行車や障害物などをミリ波レーダーで検出し、衝突する可能性が高いと判断した場合に警報やブレーキの制御で衝突回避をサポートしてくれます。

また、アクセルの踏み間違いや踏みすぎなどで起こる衝突を緩和し、被害の軽減に寄与するシステムの「インテリジェントクリアランスソナー(8センサー)」など衝突安全性や予防安全についても高い性能で安全を確保してくれます。

走行性能比較

トヨタ エスティマ


環境性能・JC08モード燃費をそれぞれハイブリッド車で比較してみると、
エスティマは18.0km/L、ヴェルファイアは18.4km/Lと高いレベルでほぼ互角となっています。

走行性能に関しては、エスティマは「7速スポーツシーケンシャルシフトマチック」を搭載しマニュアル感覚の素早いシフトチェンジも出来るので、スポーティーな走りを楽しめます。

トヨタ ヴェルファイア

トヨタ ヴェルファイア

一方ヴェルファイアはとてもスムーズで重量級ながらステアリング操作にボディが自然についてくる感覚でとても運転がしやすいでしょう。

どちらも燃費性能の高さと走りの楽しみが味わえそうです。

試乗記

トヨタ ヴェルファイア


実際にそれぞれ試乗した方の感想についてです。

まずエスティマについてですが、以前のモデルで気になっていた、段差などを乗り越えたときに
足回りのブルブル感が残る振動減衰性能が格段によくなっていて、路面を問わずより快適な走りが堪能できるようです。

ヴェルファイアはその上質な空間にまず驚きがあるようで、まるで新幹線のグランクラスのようという意見で、
高級さと快適さを合わせ持っているようです。

トヨタを代表するミニバンの両車を一度実際に試乗してみてはいかがでしょうか。

関連する投稿


世界が待つトヨタのスープラ年内初公開!?車名が2000GTに変更!?

世界が待つトヨタのスープラ年内初公開!?車名が2000GTに変更!?

全世界が待ち焦がれている…と言っても過言ではないトヨタの新型クーペ・スープラですが、ここにきて車名変更かと騒がれているのをご存知でしょうか。改名はトヨタ史に残るあの名車「2000GT」!?いやいや「スープラ3000」!?そもそも2000GTは復活が騒がれていますね…。改めてスープラと2000GTの情報を整理してみます。


【最新版】2018年発売が予測される新型SUV情報まとめ【国産/外車】

【最新版】2018年発売が予測される新型SUV情報まとめ【国産/外車】

毎年多くの車種が発表される自動車業界、2018年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるのか楽しみです。実は、2018年も引き続きSUVラッシュなことをご存知ですか。来年もSUVなくして車を語れません。本記事ではSUVに大注目!2018年発売が予測・期待されるSUV新車・新型車最新情報をまとめています!


トヨタ 新型スープラの発売日、価格、スペックはどうなる?大胆予想!

トヨタ 新型スープラの発売日、価格、スペックはどうなる?大胆予想!

東京モーターショー2017にスープラが復活か?BMWとの共同開発か?等々、トヨタの新型スープラに関する情報がほぼ毎月のように世間を騒がしています。こちらの記事では今までキャッチされた情報等を元に新型スープラのスペックや価格等がどうなるか?どのような仕様か?等を予想し掲載しています。


【稀少車】トヨタの限定車「オリジン」現在の中古車価格やスペックは?

【稀少車】トヨタの限定車「オリジン」現在の中古車価格やスペックは?

トヨタから限定車として販売されていた「オリジン」という車種を知っていますか?こちらの記事では、限定1000台で販売されていたトヨタ オリジンの車種情報、当時の新車価格や現在の中古車情報、スペックなどについて掲載しています。


【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2018年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるのでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報をまとめています!これを読めば日本の2018年発売が予測される新車情報を一気に先取りです!


最新の投稿


還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

2017年4月24日、日産のスカイラインが誕生から60周年となり人間で言う「 還暦」を迎えました。過去の初代から13代目スカイラインまでのモデルの振り返りと共に、歴史やその年の出来事、流行したファッションについてと、60周年を記念して開催されていたイベントを一部紹介しています。


後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

皆様は車の運転の際、シートベルトをきちんと着用していますか?運転席や助手席だけでなく安全な運転のために、後部座席もシートベルト着用の義務があります。今回はシートベルトの着用率を都道府県別に見ていきましょう。果たしてシートベルト着用率の高い1番安全な都道府県はどこなのでしょうか?


うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

雪が降り始めると車の事故やトラブルも増えますね。特に、暴風雪による多重衝突事故や道路での立ち往生…などの被害は大きいです。降雪が多い時は車での外出は避けた方が無難ですが、そうも言ってられませんよね。もし立ち往生してしまった時備えておけば心強い。そんなグッズをご紹介します。備えあれば憂いなしですよ!!


【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

2017年の冬も厳しい寒さ&降雪が予想されています。つまりそれはウィンタースポーツ、スキーやスノボーが楽しめるということでもですね!ここで心配なのが雪道での車のスリップ!貴方の車は大丈夫ですか?貴方と貴方の大切な人を守ってくれる、雪道に強いオススメの車最新情報をお届けいたします!この車たちで冬を熱く楽しみましょう!


【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

痛車・痛バイクオーナーの皆さんに朗報です。2018年2月25日(日)、中古車買取のカープライスが川崎大師にて、痛車・痛バイク100台規模の交通安全祈願イベント『川崎大師 痛車・痛バイク 交通安全祈願2018』を開催します。先着100台は参加費が無料、イベントの内容を紹介します。