トップへ戻る

【比較】 トヨタ エスティマ・トヨタ ヴェルファイア

【比較】 トヨタ エスティマ・トヨタ ヴェルファイア

比較シリーズ。今回はⅬクラスミニバンとして人気を博している、トヨタのエスティマとトヨタのヴェルファイアを比較してみました。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


概要・特徴

コンセプト・ターゲット

トヨタ ヴェルファイア


トヨタのエスティマとヴェルファイアはいずれもLクラスミニバンです。
ともにガソリンエンジン、ハイブリッドで発売されており、車内の広さや燃費の良さなどが共通の特徴です。

エスティマは発売当初からとても人気でトヨタの同クラスを牽引してきました。
ヴェルファイアは車内空間の広さと高級感漂う室内空間が特徴で、今ではエスティマの人気を上回っています。

トヨタ エスティマ


いずれも家族向けの車としての機能が充実していて、エスティマは安定感があり、
ヴェルファイアは高級感のある作りになっています。

ここでは、そんな両車を比較していきたいと思います。

利用シーン

トヨタ エスティマ


エスティマとヴェルファイアは、家族旅行や日常の買い物など幅広い生活シーンで大活躍です。
シートアレンジも多様に出来る両車は、乗る人数や荷物の量などによって車内を自在にアレンジ出来ますし、特にヴェルファイアは広い車内を利用して車中泊なども充分に可能です。

また、低床フロアで電動スライドドアも採用している為、お子様やお年寄りも乗り降りがしやすく
2世帯家族や子供のスポーツクラブなどの送り迎えなどの際も非常に利用しやすいです。

普段使いから旅行など特別な時間まで、幅広い活躍をしてくれる両車です。

トヨタ エスティマ 概要


■搭乗人数・概要

エスティマは発売当初から人気で、トヨタのミニバンの第一人者のような車です。
グッドデザイン賞を受賞したデザインは先進感に満ちており、セルフリストアリングコートを採用することで小さなすり傷を自己修復し新車時の輝きを保持する役割をしてくれます。

最大8人乗りの車内はとても広く、大人が8人乗っても多くの荷物を載せても窮屈に感じることなく3列目までゆとりをもって過ごすことが出来ます。
価格はハイブリッド車が400万円~500万円、ガソリンエンジン車で340万円~400万円以下となっています。


トヨタ ヴェルファイア 概要


■搭乗人数・概要

ヴェルファイアはトヨタが誇るLクラスミニバンで、アルファードの兄弟車種です。
「大空間高級サルーン」をキーワードに開発された車内は広々としたVIP空間に包まれています。

もちろん車内空間だけでなく、運転性能に関しても色々なサポート機能が豊富な為、大きな車体を初めて運転する方にも安心です。
また、エコカー減税の対象車で、価格はハイブリッド車で約400万円~700万円台、
ガソリンエンジン車で300万円~500万円となっています。

室内空間・収納

シート比較

トヨタ エスティマ


■トヨタ エスティマシートアレンジ

エスティマのシートは色々なアレンジが可能で、車内をその時の状況に適した形に変えることが出来ます。

最大800mmを誇るリラックスキャプテンシートのスライド量はかなりのもので、サードシートも床下格納が出来るので
最高部にスライドさせればとても車の中とは思えないほどの広い空間が誕生します。

さらに車内が広く各シートにゆとりがあるので3列目の乗り心地も抜群です。



トヨタ ヴェルファイア


■トヨタ ヴェルファイアシートアレンジ

ヴェルファイアでは車内の広さを活かしたシートアレンジが豊富なのも特徴のひとつです。

助手席は最大1,160mmのスーパーロングスライドが可能で、セカンドシートと同一レール上にシートを設置することによりシートをずらし、長さのある荷物を積めたり、助手席前の幅を拡大し、ゆったりしたスペースでのんびり過ごすことも出来ます。



さらに、リラックスモードでリビングのソファで休憩しているかのような空間を作るなど
様々な形で車内で過ごす時間を楽しむことが出来ます。

ドア・乗降性

トヨタ ヴェルファイア


エスティマもヴェルファイアもともにワンタッチパワースライドドアを採用していて、ドア開口部の広さもとても大きいので両手に荷物を抱えたままでも開閉や乗り降りがしやすくとても便利です。

また、ステップの高さは低く作られているので、小さなお子様やお年寄り、さらにワンちゃんなどのペットなどご家族みんなが安全で安心して乗り降りが出来るのも嬉しい機能です。

トヨタ ヴェルファイア

トヨタ エスティマ 収納・バックドア


エスティマは荷物の収納もたっぷり出来るラゲージスペースがあります。
3列目のシートを床下収納出来るのが特徴的で、2列目のシートをフロント側に寄せることによりかなり大きな荷室スペースを作り出すことができ、大きな荷物や多くの荷物も気にせず載せることが可能です。

そしてバックドアにはスイッチひとつで開閉が可能なパワーバックドアを採用することで、
手に荷物を持っていてもラクに開閉が出来てとても便利です。


トヨタ ヴェルファイア 収納・バックドア


ヴェルファイアはラゲージスペースもとても広いので荷物の積み下ろしも楽に出来ます。
特に3列目の収納ができるので、荷室を広げ観葉植物がそのまま入るほどの広さに出来る最大積載モードは圧巻の広さです。

また、バックドアにはパワーバックドアを採用したことでスイッチひとつで自動開閉ができるので、
多くの荷物を積み込む際の負担が軽減されます。

安全性・走行性

トヨタ エスティマ 安全性


エスティマでは先進機能を搭載することで安全性能を高めています。
その先進機能「Toyota Safety Sense C」は、レーザーレーダーと単眼カメラを併用した検知センサーと、それに基づく統合的な制御により、事故の回避や衝突被害の軽減を支援してくれます。

また、プリクラッシュセーフティシステムやレーンディパーチャーアラート、オートマチックハイビームなどの先進的機能により、ドライバーの安全と同時に歩行者の安全もサポートしてくれています。
予防安全性、衝突安全性どちらも高いレベルの性能でドライバーの安全をサポートしてくれています。

トヨタ ヴェルファイア 安全性


ヴェルファイアには高い安全性能が採用されており、その性能はJNCAP新・安全性能総合評価の最高ランク「ファイブスター賞」を獲得するほどです。

その安全性能には先進機能を搭載し、その一つ「プリクラッシュセーフシステム」は進路上の先行車や障害物などをミリ波レーダーで検出し、衝突する可能性が高いと判断した場合に警報やブレーキの制御で衝突回避をサポートしてくれます。

また、アクセルの踏み間違いや踏みすぎなどで起こる衝突を緩和し、被害の軽減に寄与するシステムの「インテリジェントクリアランスソナー(8センサー)」など衝突安全性や予防安全についても高い性能で安全を確保してくれます。

走行性能比較

トヨタ エスティマ


環境性能・JC08モード燃費をそれぞれハイブリッド車で比較してみると、
エスティマは18.0km/L、ヴェルファイアは18.4km/Lと高いレベルでほぼ互角となっています。

走行性能に関しては、エスティマは「7速スポーツシーケンシャルシフトマチック」を搭載しマニュアル感覚の素早いシフトチェンジも出来るので、スポーティーな走りを楽しめます。

トヨタ ヴェルファイア

トヨタ ヴェルファイア

一方ヴェルファイアはとてもスムーズで重量級ながらステアリング操作にボディが自然についてくる感覚でとても運転がしやすいでしょう。

どちらも燃費性能の高さと走りの楽しみが味わえそうです。

試乗記

トヨタ ヴェルファイア


実際にそれぞれ試乗した方の感想についてです。

まずエスティマについてですが、以前のモデルで気になっていた、段差などを乗り越えたときに
足回りのブルブル感が残る振動減衰性能が格段によくなっていて、路面を問わずより快適な走りが堪能できるようです。

ヴェルファイアはその上質な空間にまず驚きがあるようで、まるで新幹線のグランクラスのようという意見で、
高級さと快適さを合わせ持っているようです。

トヨタを代表するミニバンの両車を一度実際に試乗してみてはいかがでしょうか。

関連する投稿


トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

シャープなデザインと優れた走行性能をひっさげて、ヴィッツに代わる新たな名前で登場した「トヨタ ヤリス」は、2020年のデビューから国内市場だけでなく世界的な人気を獲得しています。そんなヤリス、ハイブリッド車では世界トップレベルの低燃費を実現しているなど、その高効率性がハンパないことはご存知でしたか? 話題のハイブリッド車だけでなく、力強さのガソリン車まで含めて、ヤリスの燃費を分析していきます。


【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

今、トヨタのアルファードが人気沸騰中です。何と、発売から6年を経過したにもかかわらず、過去最高の販売実績を記録しているのです。そんなアルファードの人気の理由はどこにあるのでしょうか?そこで、今回はアルファードの魅力を徹底的に検証し、その人気の理由をご紹介します。


【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

ご家族が乗り込むことも多いファミリーカーに備わっているとうれしい装備といえば、後席用のスライドドアではないでしょうか。乗り降りがしやすく、荷物を載せるのにもうれしいスライドドアは、軽自動車から大型のミニバンまで選択肢も広くなっていますよ。この記事では、2021年8月現在のトヨタ車ラインナップのうち、スライドドアを持つ車をまとめてみましたので、次の愛車選びに役立ててみてください。


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

2020年2月に発売されて以降、国産コンパクトカーの人気を牽引する立場を維持し続けているトヨタ ヤリス。お求めやすい価格帯ながら充実の機能と優れたデザインが印象的ですが、車の魅力は写真やカタログの数値では測り切れない部分もあるものですよね。そこで、実ユーザーや自動車評論家がヤリスに乗ってどのように感じたのかを、実燃費とともにチェックすることで、ヤリスの具体的な評価を確認していきましょう。


最新の投稿


日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

売れ筋のコンパクトSUVジャンルで、パワートレインはハイブリッド「e-POWER」のみと割り切ったラインナップが特徴的なのが「日産 キックス」。軽快なルックスと爽快な走りで人気を得ています。そんなキックス、普段使いで気になるのはやっぱり燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、キックスの燃費情報を詳しくご紹介していきます。


自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローン(マイカーローン、オートローン)は、自動車を購入するのに、とても便利な方法ですが、いくつかの種類とメリットとデメリットが存在しています。今回は、自動車ローンの基本と、そのメリットとデメリットをまとめました。


トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

人気のSUVジャンルの中でも扱いやすい5ナンバーサイズで人気なのがトヨタ ライズ。2019年の登場から常に好調な販売台数を誇ってきたライズですが、2021年11月の改良によって待望のハイブリッド車が追加されるなど、これまで以上にライズの燃費性能に注目が集まっています。リーズナブルな価格が嬉しいライズだけに、この記事では気になる燃費性能を詳しくご紹介していきます。


2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021年も12月に差し掛かりそろそろ年末が見えてきました。長く続いたコロナ禍もワクチン接種率の拡大とともに収束方向に動いており、今年の年末年始こそは帰省したいと考える方もいらっしゃると思います。そこで今回は緊急事態宣言解除後の帰省に関するアンケートと過去の渋滞実績を元に渋滞予想をまとめました。


ワイパー交換ってどうやるの?自分でできる効果テキメンのカーメンテ

ワイパー交換ってどうやるの?自分でできる効果テキメンのカーメンテ

車を運転するのは晴れの日だけではなく、むしろ雨や雪といった天候の悪い時こそ車は大活躍しますよね。視界が悪くなりがちな悪天候時にきちんと前や後ろを見て運転するためにも、ワイパーの状態を適切に管理しておくのは、安全運転の要で非常に大事なことです。この記事ではワイパーの交換目安や交換方法をご紹介していきます。簡単なのに効果が絶大なワイパー交換にぜひチャレンジしてみてください。