目次へ戻る

【受付終了】抽選不可避の限定500台!モンキー50周年スペシャル!

【受付終了】抽選不可避の限定500台!モンキー50周年スペシャル!

『モンキー』最終モデルとなる「モンキー・50周年スペシャル」の商談受付が7月21日より開始すると発表されました。「モンキー・50周年アニバーサリー」「モンキー・くまモン バージョン」は既に生産台数を大幅に上回る注文数で受付終了だそうです。今回はなんと500台限定とのこと。更なる激戦が予想されます。


モンキー 最終モデル「モンキー・50周年スペシャル」オーダー受付開始は7月21日!

左:モンキー 50周年アニバーサリーモデル 右:モンキー 50周年スペシャル

2017年6月22日(木)、ホンダは『モンキー』最終モデル「モンキー・50周年スペシャル(クロームメッキタイプ)」の商談受付を7月21日の金曜日から開始することを発表しました。

根強い人気を誇るホンダのモンキーですが、2017年の8月末に生産終了を発表しており、今回の「モンキー・50周年スペシャル」が最終モデルとなります。

余談ですが、既に受注を開始していた「モンキー・50周年アニバーサリー」、2014年に生産が開始されていた「モンキー・くまモン バージョン」は、生産を上回る注文があったため、受付を終了しています。

「モンキー」受注状況について
「モンキー・50周年アニバーサリー」「モンキー・くまモン バージョン」は生産台数を大幅に上回るご注文をいただいたため、Honda二輪車正規取扱店からの新規のご注文を停止させていただきました。ご購入を検討されていたお客様には、大変ご迷惑をおかけしておりますこと、深くお詫びを申し上げます。

ホンダ モンキーが生産終了…。復活の可能性はあるか?

https://matome.response.jp/articles/228

ホンダの原付50ccバイク「モンキー」が2017年8月末に生産終了することが明らかになりました。こちらの記事では生産終了に至った経緯や、過去のモデルからモンキーの歴史を振ると共に今後のモンキー復活の可能性についてもまとめます。

「モンキー・50周年スペシャル」は限定500台!?

最終モデルとなる「モンキー・50周年スペシャル(クロームメッキタイプ)」。

なんと今回は、台数限定500台と公式サイトにて発表されています。

オーダー受付期間は2017年7月21日(金)~8月21日(月)。
限定数以上の申込みがあった場合、公開抽選になるとのことです。

また、2017年6月22日発表の「モンキー・50周年スペシャル(クロームメッキタイプ)」につきましては、台数限定500台、オーダー受付期間2017年7月21日(金)~8月21日(月)とし、限定数を上回るお申し込みがあった場合、抽選販売とさせていただきます。受付開始までしばらくお待ちください。

美しさを超追求!!モンキー・50周年スペシャルのデザイン性

モンキー・50周年スペシャルのデザインはどんなものでしょう。

モンキー・50周年スペシャルは、特に仕上げの美しさを感じる一台になっています。

スチール製の前後フェンダーや燃料タンク、ヘッドライトケース、サイドカバーにはクロームメッキを施しました。

また、足回りの黒塗装で足元を引き締め、モノトーン仕様のチェック柄シートと合わせて全体的にシックな印象を受けます。

さらに、タンクバッジの復刻デザインのウイングマークや、サイドカバーの50周年記念の立体エンブレム、燃料タンク上部やシート後部、メインキーの50周年記念ロゴなど、50年を記念した特別な装備を採用しています。

モンキー・50周年スペシャルのスペック/サイズ/最高出力他

気になるスペックはどうなのでしょうか。公式サイトの情報をまとめてみました。

車名・型式:ホンダ・JBH-AB27
《サイズ感》
全長×全幅×全高 (mm):1,365×600×850
軸距 (mm):895
最低地上高 (mm):145
シート高 (mm):660
車両重量 (kg):68

エンジン型式・種類:AB28E・空冷 4ストローク OHC 単気筒
最高出力 (kW[PS]/rpm):2.5[3.4]/8,500
最大トルク (N・m[kgf・m]/rpm):3.4[0.35]/5,000


より詳細情報を知りたい方はこちら

販売されていた2台+50周年スペシャル デザイン比較

モンキー・50周年スペシャル 

モンキー・50周年アニバーサリー

モンキー・くまモン バージョン

実際に、画像を見比べてみると、
モンキー・50周年アニバーサリー
モンキー・くまモン バージョン
そして今回の50周年スペシャル、三者三様の印象を受けます。

それぞれ一台ずつ手元に置きたくなるクールさです。

モンキー・50周年スペシャル 気になる価格は?

モンキー・50周年スペシャル。気になるお値段ですがズバリ、43万2000円です。

モンキー・50周年アニバーサリーの価格が35万2080円、モンキー・くまモン バージョンの価格が33万6960円であったことを考えると、やはり最終モデルらしく少しお高めの価格となっています。

しかし、50周年アニバーサリー、くまモン バージョンの注文状況を見るに、今回のモンキー・50周年スペシャルも500台以上の注文が来ることが予想されます。

【7/21(金)10時~開始!】オーダーは7月21日~8月21日まで!!

最終モデルの「モンキー・50周年スペシャル(クロームメッキタイプ)」。
購入を考えている方は、くれぐれもオーダーエントリーを忘れずに。

迷われている方も、後悔だけはしないようにして下さい!
(もちろんご自分のお財布・家族の方と相談は必須です!!)

↓↓↓↓オーダーはこちらから↓↓↓↓※7月21日の10時より開始予定です。

Monkey 50th special オーダーエントリーフォーム

8/21 23:59まで!!まだの方は是非!

オーダーエントリーについては、8月21日(月)の23:59までが受付期限となっています。購入を考えていて、まだ登録していないという方は是非オーダーエントリーフォームよりご登録下さい。

また、2017年8月26日14:00~から公開抽選会が開催されるようです。モンキー発売50周年を祝して「日光さる軍団」によるスペシャルステージやトークショーも合わせて開催されるとのこと。(日光さる軍団のステージは11:00~、13:00の2回)ご興味のある方はこちらも合わせてご覧になってみては如何でしょうか。

公開抽選会のお知らせ
多くのお客様よりお申込みを頂き、オーダーエントリー数が販売計画台数を超えたため
公開抽選会を実施することになりました。
また、「モンキー」の発売50周年を記念して、 スペシャル・トークショーを開催いたします。
日時:2017年8月26日 14:00~
場所:Honda ウエルカムプラザ青山 東京都港区南青山2-1-1 Honda青山ビル1階
※入場無料(お席に限りがございますので予め、ご了承ください)

最終モデル、且つ500台限定なので販売・生産終了後はプレミアがつく可能性も考えられます。抽選になること間違い無しかと思いますが、この機会に是非申し込んでみては如何でしょうか。

関連するキーワード


バイク ホンダ・バイク

関連する投稿


【フォトレポート】「TRIUMPH RIOT 7th」富士北麓にオールドトライアンフが集結

【フォトレポート】「TRIUMPH RIOT 7th」富士北麓にオールドトライアンフが集結

2018年5月20日に山梨県・富士北麓駐車場で開催された、オールドトライアンフが集結するミーティングイベント「TRIUMPH RIOT 7th」(トライアンフライオット)の様子をフォトレポートで紹介します。


ホンダ モンキー125ccで復活!ついに7月発売!価格・スペックは?

ホンダ モンキー125ccで復活!ついに7月発売!価格・スペックは?

【4/23更新】2017年8月をもって生産終了となったホンダの50ccバイク、モンキー。惜しまれつつも生産終了となったモンキーですが、東京モーターショー2017にて125ccの「モンキー125」として世界初公開され、ついに7月12日より国内での発売が決定しました。モンキー復活の詳細情報や価格ついてまとめています。


【ツーリングプラン 2018】4月27日から開始!料金と通常時の差額は?

【ツーリングプラン 2018】4月27日から開始!料金と通常時の差額は?

高速各社は、ETC搭載のバイクを対象に最大2日間対象エリアの高速道路乗り降り自由の「ツーリングプラン」を発表しました。本記事では13コースある「ツーリングプラン」の内容や申込み方法をご紹介します。


【道交法改正予定】原付二種(AT小型二輪)が最短2日で取得可能に!

【道交法改正予定】原付二種(AT小型二輪)が最短2日で取得可能に!

警察庁は原付二種免許(AT小型二輪)に関する道路交通法施行規則を改正予定です。普通免許保持者が原付二種免許(AT小型二輪)を取得する際、1日に受けられる時限数の上限が引き上げられることで、原付二種免許(AT小型二輪)の取得が最短2日になる今回の改正。本記事では、施行規則改正で何が変化するのかをご紹介します。


日本初!カバンサイズに折りたたみ可能な電動スクーターが誕生!!

日本初!カバンサイズに折りたたみ可能な電動スクーターが誕生!!

自動車で行くほどではないけど、歩くのはちょっと遠い…という距離の移動など気軽なチョイ乗りで活用できる折りたたみ電動原付スクーター『Airwheel Z5』。日本初の折り畳み可能なコンパクト原付スクーターを詳しく紹介していきたいと思います!!


最新の投稿


ホンダの新型インサイト情報更新!気になる燃費と価格は?

ホンダの新型インサイト情報更新!気になる燃費と価格は?

ホンダの米国部門、アメリカンホンダは6月19日、新型『インサイト』の燃費と価格を発表しました。米国EPA(環境保護局)燃費は、市街地モードで23.4km/リットル。ベース価格は2万2830ドル(約252万円)です。


アウディ「RS Q8」をスクープ!「ウルス」のエンジンで600馬力?!

アウディ「RS Q8」をスクープ!「ウルス」のエンジンで600馬力?!

Audi(アウディ)が6月に発表した「Q8」の高性能モデル、「RS Q8」がスクープされました。パワートレインにランボルギーニ「ウルス」のと共通のエンジンを備えると見られている、「RS Q8」。本記事では「RS Q8」の最新情報をご紹介します。


出た!トヨタ センチュリー新型、21年ぶりのフルモデルチェンジで発売!

出た!トヨタ センチュリー新型、21年ぶりのフルモデルチェンジで発売!

トヨタ自動車は、最高級乗用車(ショーファーカー)『センチュリー』を21年ぶりにフルモデルチェンジし、6月22日より販売を開始しました。貴方は、センチュリーのこと、どれだけ知っていますか?


8年ぶりのモデルチェンジ ボルボ S60新型登場!PHV設定も!

8年ぶりのモデルチェンジ ボルボ S60新型登場!PHV設定も!

ボルボカーズは6月20日、新型ボルボ『S60』を発表しました。S60のフルモデルチェンジは実に8年ぶりのこととなります。PHVも設定され、刷新されたS60新型についてまとめています。


W杯に五輪、芸人…。熊本県警が繰り出す電光掲示板のクセがすごい!

W杯に五輪、芸人…。熊本県警が繰り出す電光掲示板のクセがすごい!

FIFAワールドカップロシア初戦、大迫勇也選手がコロンビア戦で1得点をあげたことにかけた電光掲示板(道路情報板 )の交通標語が話題を呼んでいます。当記事では熊本県警が発信するワールドカップにちなんだ電光掲示板の標語と、過去の流行に絡めた電光掲示板の表示も合わせてご紹介します。