目次へ戻る

【受付終了】抽選不可避の限定500台!モンキー50周年スペシャル!

【受付終了】抽選不可避の限定500台!モンキー50周年スペシャル!

『モンキー』最終モデルとなる「モンキー・50周年スペシャル」の商談受付が7月21日より開始すると発表されました。「モンキー・50周年アニバーサリー」「モンキー・くまモン バージョン」は既に生産台数を大幅に上回る注文数で受付終了だそうです。今回はなんと500台限定とのこと。更なる激戦が予想されます。


モンキー 最終モデル「モンキー・50周年スペシャル」オーダー受付開始は7月21日!

左:モンキー 50周年アニバーサリーモデル 右:モンキー 50周年スペシャル

2017年6月22日(木)、ホンダは『モンキー』最終モデル「モンキー・50周年スペシャル(クロームメッキタイプ)」の商談受付を7月21日の金曜日から開始することを発表しました。

根強い人気を誇るホンダのモンキーですが、2017年の8月末に生産終了を発表しており、今回の「モンキー・50周年スペシャル」が最終モデルとなります。

余談ですが、既に受注を開始していた「モンキー・50周年アニバーサリー」、2014年に生産が開始されていた「モンキー・くまモン バージョン」は、生産を上回る注文があったため、受付を終了しています。

「モンキー」受注状況について
「モンキー・50周年アニバーサリー」「モンキー・くまモン バージョン」は生産台数を大幅に上回るご注文をいただいたため、Honda二輪車正規取扱店からの新規のご注文を停止させていただきました。ご購入を検討されていたお客様には、大変ご迷惑をおかけしておりますこと、深くお詫びを申し上げます。

ホンダ モンキーが生産終了…。復活の可能性はあるか?

https://matome.response.jp/articles/228

ホンダの原付50ccバイク「モンキー」が2017年8月末に生産終了することが明らかになりました。こちらの記事では生産終了に至った経緯や、過去のモデルからモンキーの歴史を振ると共に今後のモンキー復活の可能性についてもまとめます。

「モンキー・50周年スペシャル」は限定500台!?

最終モデルとなる「モンキー・50周年スペシャル(クロームメッキタイプ)」。

なんと今回は、台数限定500台と公式サイトにて発表されています。

オーダー受付期間は2017年7月21日(金)~8月21日(月)。
限定数以上の申込みがあった場合、公開抽選になるとのことです。

また、2017年6月22日発表の「モンキー・50周年スペシャル(クロームメッキタイプ)」につきましては、台数限定500台、オーダー受付期間2017年7月21日(金)~8月21日(月)とし、限定数を上回るお申し込みがあった場合、抽選販売とさせていただきます。受付開始までしばらくお待ちください。

美しさを超追求!!モンキー・50周年スペシャルのデザイン性

モンキー・50周年スペシャルのデザインはどんなものでしょう。

モンキー・50周年スペシャルは、特に仕上げの美しさを感じる一台になっています。

スチール製の前後フェンダーや燃料タンク、ヘッドライトケース、サイドカバーにはクロームメッキを施しました。

また、足回りの黒塗装で足元を引き締め、モノトーン仕様のチェック柄シートと合わせて全体的にシックな印象を受けます。

さらに、タンクバッジの復刻デザインのウイングマークや、サイドカバーの50周年記念の立体エンブレム、燃料タンク上部やシート後部、メインキーの50周年記念ロゴなど、50年を記念した特別な装備を採用しています。

モンキー・50周年スペシャルのスペック/サイズ/最高出力他

気になるスペックはどうなのでしょうか。公式サイトの情報をまとめてみました。

車名・型式:ホンダ・JBH-AB27
《サイズ感》
全長×全幅×全高 (mm):1,365×600×850
軸距 (mm):895
最低地上高 (mm):145
シート高 (mm):660
車両重量 (kg):68

エンジン型式・種類:AB28E・空冷 4ストローク OHC 単気筒
最高出力 (kW[PS]/rpm):2.5[3.4]/8,500
最大トルク (N・m[kgf・m]/rpm):3.4[0.35]/5,000


より詳細情報を知りたい方はこちら

販売されていた2台+50周年スペシャル デザイン比較

モンキー・50周年スペシャル 

モンキー・50周年アニバーサリー

モンキー・くまモン バージョン

実際に、画像を見比べてみると、
モンキー・50周年アニバーサリー
モンキー・くまモン バージョン
そして今回の50周年スペシャル、三者三様の印象を受けます。

それぞれ一台ずつ手元に置きたくなるクールさです。

モンキー・50周年スペシャル 気になる価格は?

モンキー・50周年スペシャル。気になるお値段ですがズバリ、43万2000円です。

モンキー・50周年アニバーサリーの価格が35万2080円、モンキー・くまモン バージョンの価格が33万6960円であったことを考えると、やはり最終モデルらしく少しお高めの価格となっています。

しかし、50周年アニバーサリー、くまモン バージョンの注文状況を見るに、今回のモンキー・50周年スペシャルも500台以上の注文が来ることが予想されます。

【7/21(金)10時~開始!】オーダーは7月21日~8月21日まで!!

最終モデルの「モンキー・50周年スペシャル(クロームメッキタイプ)」。
購入を考えている方は、くれぐれもオーダーエントリーを忘れずに。

迷われている方も、後悔だけはしないようにして下さい!
(もちろんご自分のお財布・家族の方と相談は必須です!!)

↓↓↓↓オーダーはこちらから↓↓↓↓※7月21日の10時より開始予定です。

Monkey 50th special オーダーエントリーフォーム

8/21 23:59まで!!まだの方は是非!

オーダーエントリーについては、8月21日(月)の23:59までが受付期限となっています。購入を考えていて、まだ登録していないという方は是非オーダーエントリーフォームよりご登録下さい。

また、2017年8月26日14:00~から公開抽選会が開催されるようです。モンキー発売50周年を祝して「日光さる軍団」によるスペシャルステージやトークショーも合わせて開催されるとのこと。(日光さる軍団のステージは11:00~、13:00の2回)ご興味のある方はこちらも合わせてご覧になってみては如何でしょうか。

公開抽選会のお知らせ
多くのお客様よりお申込みを頂き、オーダーエントリー数が販売計画台数を超えたため
公開抽選会を実施することになりました。
また、「モンキー」の発売50周年を記念して、 スペシャル・トークショーを開催いたします。
日時:2017年8月26日 14:00~
場所:Honda ウエルカムプラザ青山 東京都港区南青山2-1-1 Honda青山ビル1階
※入場無料(お席に限りがございますので予め、ご了承ください)

最終モデル、且つ500台限定なので販売・生産終了後はプレミアがつく可能性も考えられます。抽選になること間違い無しかと思いますが、この機会に是非申し込んでみては如何でしょうか。

関連するキーワード


バイク ホンダ・バイク

関連する投稿


空飛ぶバイクが登場!?2020年にもお目見えか?

空飛ぶバイクが登場!?2020年にもお目見えか?

空飛ぶ車がくれば、次は空飛ぶバイクだ?そんな気になる記事が飛び込んできました。バイクだってもう空を飛ぶ!2020年にはそんな姿が見られるかもしれませんよ。本記事ではA.L.I.テクノロジーズ(本社・東京都港区)の空飛ぶホバーバイク『Speeder(スピーダー)』についてまとめています。


バイクについているキルスイッチとは?仕組みや役割を解説

バイクについているキルスイッチとは?仕組みや役割を解説

バイクや車についている「キルスイッチ」をご存知ですか?意味や役割、取り付け方を解説していきます。


【見参】スズキのKATANA(カタナ)新型 ついに日本初登場!

【見参】スズキのKATANA(カタナ)新型 ついに日本初登場!

スズキは、インターモトで発表した新型『KATANA』(カタナ)を大阪モーターサイクルショー2019(3月15~17日:インテックス大阪)および、東京モーターサイクルショー2019(3月22~24日:東京ビッグサイト)で日本初公開します。日本初見参のカタナ。気になる方はぜひとも足を運んでみてください!


【バイクの免許 種類別完全ガイド】取得期間&費用一覧と最短取得方法

【バイクの免許 種類別完全ガイド】取得期間&費用一覧と最短取得方法

バイク(二輪)の免許を取りたいけれど、400ccのバイクに乗るために必要な免許は?125ccの場合は?また、それぞれの取得可能年齢は何歳からか?等の情報を種類毎に一覧で掲載しています。合宿や教習所での免許取得に掛かる費用や期間、最短で取得できる日数も種類毎に掲載しています。バイクの免許を取得する際の目安にして頂ければ幸いです。


スズキのカタナにブラック登場!カタナの最新情報まとめ

スズキのカタナにブラック登場!カタナの最新情報まとめ

スズキの海外向け大型二輪、カタナ。このカタナに精悍なブラックが仲間入りしました。本記事ではカタナについて改めてまとめています。そもそもカタナって?スペックは?また試乗した感想は?気になる方はぜひ本記事を。


最新の投稿


アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティンは、開発中の新型ハイパーカー『ヴァルキリー』(Aston Martin Valkyrie)の最新プロトタイプ車を、英国で発表しました。


解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

メルセデス・ベンツSLKは、1996年の初代より2016年の三代目まで生産がなされました。メルセデス・ベンツの2シーターのライトウェイトスポーツカーの位置づけで生産され、発売初年度は生産が追い付かないという人気を誇りました。R170・R171・R172の変遷も見てみましょう。


スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドは静かなモーター走行とダイナミックに走るV6エンジンが特徴のハイブリッドカーです。その優れた走行性能は走り出した時から感じることができるでしょう。それではスカイライン ハイブリッドについて見ていきます。


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

恐竜の骨格を思わせるリブボーンフレームの採用による最高の衝突安全性能を誇り、高い居住性とSUV的走破性も併せ持つ、三菱が誇るオールラウンダーミニバンがデリカD:5です。発売から10年以上を経てなお三菱をけん引し続ける人気車種の実像に迫ります。