目次へ戻る

デザインが魅力のコンパクトSUV 日産ジューク!評判 中古価格 スペックは?

デザインが魅力のコンパクトSUV 日産ジューク!評判 中古価格 スペックは?

今大人気のSUV。最近ではコンパクトなSUVが特に人気ですね。新しく2017年から発売されたコンパクトなクロスオーバーSUV、C-HRの売れ行きが好調なことからも明らかです。今回はC-HRと同じくコンパクトサイズのSUV、日産が誇るジュークについてご紹介します。


日産ジュークとは?

ジュークとは、2010年より日産自動車が発売しているクロスオーバーSUVです。
ライバルはトヨタのC-HRや、ホンダのヴェゼル、マツダのCX-3など。

ジュークの特徴は、パーソナライゼーションという、パーツを自分の好みのカラーにカスタマイズできる自由性や、街中で出会ったら思わず目を留めてしまう、高いデザイン性にあります。

日産 ジューク サイズ

ジュークのサイズはどれくらいなのでしょうか。
他のSUVと比較してみました。

■ジューク:全長4,135(mm)×全幅1,765(mm)×全高1,565(mm)

■ヴェゼル:全長4.295(HYBRID RS・Honda SENSING、RS・Honda SENSINGは4.305)(mm)×全幅1.770(HYBRID RS・Honda SENSING、RS・Honda SENSINGは1.790)(mm)×全高1,605(mm)

■C-HR:全長4,360(mm)×全幅1,795(mm)×全高1,550(ハイブリッド2WDは1,550 ガソリン4WDは1,565)(mm)

この数字を見ると、同じコンパクトSUVに比べて、ジュークはよりコンパクトだということがわかりますね。

お子さんが3人以上いるなど、家族が多い家庭は、ヴェゼルくらいの大きさが欲しいかもしれませんね。

日産 ジューク グレード別価格

ジュークの価格はいったいどれくらいなのでしょうか。
グレード別の価格をまとめてみました。

≪2WD≫
■ジューク 15RX  1,975,320 円
■ジューク 16GT 2,426,760 円
■ジューク 15RX V Urban Selection 2,204,280 円
■ジューク 16GT パーソナライゼーション 2,496,960 円
■ジューク 15RX V Urban Selection パーソナライゼーション 2,274,480 円
■ジューク 16GT ドレスアップ 2,528,280 円
■ジューク 15RX V Selection 2,020,680 円
■ジューク 15RX V Selection パーソナライゼーション 2,090,880 円
■ジューク 15RX V Selection ドレスアップ 2,130,840 円

≪4WD≫
■ジューク 16GT FOUR 2,700,000 円
■ジューク 16GT FOUR パーソナライゼーション 2,770,200 円
■ジューク NISMO RS 3,468,960 円
■ジューク 16GT FOUR ドレスアップ 2,801,520 円
■ジューク NISMO 2,971,080 円

日産 ジューク 中古車価格

日産ジュークの中古車価格ですが、初代ジューク(2010年~)は、走行距離が2~3万km程度の車両でもグレードが「15RX」であれば60万円前後から、購入できるようです。

現行(2014年マイナーチェンジ以降)の場合、は110万円前後から。仕様向上後の2016年式以降の場合は150万円前後~で探すことができます。同年式でのグレード「16GT」は190万円前後となっています。

高グレードのジュークが欲しいけど、費用は抑えたい方にとっても中古車での購入はおすすめの手段といえるでしょう。

日産 ジューク 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/NI/S166/

日産 ジュークの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

日産 ジュークの中古車情報詳細はこちらからご覧下さい。

日産 ジューク 燃費

気になるジュークの燃費ですが、JC08モードで、18.0km/Lです。

マツダのCX-3 が21.0~25.0km/L、ホンダのヴェゼルが19.0~20.6km/Lということを考えると
燃費だけで見れば、他社のSUVに軍配が上がります。

日産 ジューク 評判 口コミ

現在2年間で15600㌔乗ってます。
燃費は最高で18.71㌔/ℓ(高速8割と田舎道)、平均14.17㌔/ℓ、それなりにストレスなく飛ばしつつエコも意識して運転してます。運転が楽しい車で、デザインも個性的で納得ですね。ノーマル1500ccですからパワーないですけれど不満は
ありません。

日産のBプラットフォームとは思えない強靭な車体に驚きました。アーバンセレクションは車高ダウンに加え、ダンパーに手が入れられているので、ノーマルより更に運転が楽しくなっています。曲がるのが楽しみです。四つ角などで速度が落ちると副変速機のロー変速側に移行するため、再加速時にロー側⇒ハイ側への変速でもたつくことがあります。ここが唯一の玉に瑕ポイントですね。

最近の特に軽四はどれも同じ形が多くて差別化出来ず、でもジュークはその点見た目は割りと気に入っています。デザイン自体は好き嫌いが別れると思いますが…
ただ、1500ccだからなのか?解りませんが、出足が今一なのと、燃費が思った程良くないのが残念です。

試乗車は「15RXパーソナライゼーション」で、カタログの表紙と同じ新色の“サンライトイエローP”にホワイトパーツを組み付けたクルマ。パーツは外観ではドアミラー、ドアハンドル始め、ディーラーオプションのヘッドランプフィニッシャー、フロントバンパーフィニッシャー、ホイールステッカーなど。内装ではセンターコンソールやシフトノブ、ドアトリムとパワーウインドスイッチフィニッシャー、ステアリングのステッチなどの“挿し色”が専用。90パターンという選択肢があるのだそうで、その中からチョイスして、自分好みに仕立てられる。試乗車はその一例という訳だ。

以前にボディストライプの入った仕様があったが、さすがにあれは大胆…という気もした。なので、少々シャイなオーナーでも、アクセント的にドアミラーの色を選んで楽しむ、という程度ならアリだと思えるに違いない。17インチタイヤを履き、まだ下ろしたばかりの個体だったせいか、足回りがこなれるのはこれからか…の印象も持った。

日産 ジュークにとっても似ている!?ライバル!?韓国ヒュンダイの「コナ」

例の「コナ」がこちら

世界的人気を博しているBセグメント市場に、ヒュンダイが新型モデルを投入することがわかった。

Bセグメントと言えば、日産「ジューク」、マツダ「CX-3」など人気国産モデルがひしめき合っているが、満を持して登場することになりそうだ。

マスキングされているが、関係者の話からフロントエンドは、日産「ジューク」のようなエキゾチックでファンキーなデザインが採用されるという。

対して室内は、ラウンドしたデザインが細部に採用され、コンパクトSUVらしく仕上がっている。

名称は現段階で不明だが、パワートレインは1.2リットル直列4気筒エンジン他がラインナップされる可能性が高いようだ。

ワールドプレミアは2017年内と予想されている。

そしてついに販売!ジュークにちょっと似ているヒュンダイのSUV「コナ」

韓国ヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)は6月14日、新型SUVの『コナ』を発表しました。

この、コナ、何が有名って、「日産『ジューク』にかなり似ている」と話題になっていたんです。

車名のコナ(KONA)は、米国ハワイ州のハワイ島西部の地名に由来。

ヒュンダイのグローバルBセグメントSUVで、まずは6月下旬、韓国で発売。

その後、北米や欧州など、グローバル市場に展開しています。

コナのボディサイズは、全長4165mm、全幅1800mm、全高1550mm、ホイールベース2600mm。日産ジューク(全長4135mm、全幅1765mm、全高1565mm、ホイールベース2530mm)と比較すると、30mm長く、35mmワイド、15mm背が低くなっています。

また、ホイールベースは70mm長いです。

2010年から発売され、7年目の日産ジューク。

SUVは欲しいがどれも決め手にかける、個性を持った車が欲しい…と悩んでいるそこの貴方!ユニークかつおしゃれなジュークがおすすめです!

コンパクトSUVが気になる!という方はこちらの記事もご覧下さい。

【2017年最新】国産&外車でおすすめのコンパクトSUV10選を一挙比較!

http://matome.response.jp/articles/708

近年、急激に販売台数を伸ばしているコンパクトSUV。続々と新型が発売され、多くの方が車選びの際の選択肢のひとつにあげられるのではないでしょうか。今や大人気のコンパクトSUV、どんな車種がおすすめなのか、国産SUV、外車SUV(輸入車)とそれぞれ5台ずつの価格、燃費、スペック、評価などを比較できるようご紹介していきます。

上記の記事では今人気の高い「コンパクトSUV」を国産、外車と分け紹介しています。

2017年上半期 最も売れた国産SUVは?オススメ・人気ランキング TOP10

http://matome.response.jp/articles/722

今国内でとても人気のSUVですが、2017年の上半期(1月~6月)に最も売れたSUV車種は何だったのか!?全軽自協のデータ及び自動車産業ポータルMarkLinesのデータを元に国産SUVのみをランキング形式でお届けしています。他、7人乗りSUVやコンパクトSUVのおすすめ車種の紹介もしています。

上記の記事は2017年1月~6月までのSUVの販売台数を元に作成した人気・売上ランキングです。人気モデル、売れ筋のモデルを知りたい!という方はぜひご覧下さい。

関連する投稿


【2019年春頃日本登場】トヨタ RAV4新型 最新情報まとめ

【2019年春頃日本登場】トヨタ RAV4新型 最新情報まとめ

2019年春頃に日本発売が予想されている、トヨタのSUV、RAV4(ラヴフォー)。このRAV4の最新情報をまとめてご紹介します。


トヨタ 新型RAV4が2019年春日本復活!デザインや価格、仕様はどうなる!?

トヨタ 新型RAV4が2019年春日本復活!デザインや価格、仕様はどうなる!?

トヨタの世界戦略車の一つ、クロスオーバーSUVのRAV4が2019年春に日本復活すると公式サイトより発表がありました。新型RAV4の予想されるデザインや、スペック、価格などについて掲載しています。【11月21日更新】


三菱のSUV RVR(アールブイアール)詳細情報 評価・燃費・価格・中古価格ほか

三菱のSUV RVR(アールブイアール)詳細情報 評価・燃費・価格・中古価格ほか

三菱のRVRとは2010年から発売されているSUVです。初代RVRは1991年~2002年まで発売されていたトールワゴンでした。2010年には、クロスオーバーSUVとして現在に至るまで発売されています。RVRとはいったいどんなSUVなのか?改めてその魅力に迫ります。評価・燃費・価格・中古価格ほか。


フェラーリ初のSUV プロサングエ最新情報!デザイン大予想

フェラーリ初のSUV プロサングエ最新情報!デザイン大予想

フェラーリが現在開発を進めていると噂される、同ブランド初のクロスオーバーSUV、『Purosangue』(プロサングエ)のテスト車両が目撃されています。それに伴って、兄弟サイトのSpyder7では予想CGを入手しました。本記事では発売が待たれるプロサングエの最新情報をお届けいたします。


【今こそ乗りたい】日本の現行クーペをメーカー別にまとめてみた

【今こそ乗りたい】日本の現行クーペをメーカー別にまとめてみた

クーペ。それは心をときめかせる車。スタイリッシュで、走りそうで、とってもカッコイイ!とはいえ、大人数を乗せるにはミニバンが便利だし、イマドキのトレンドはSUV、金銭的に軽ワゴンかなあ…。待って!!それはもったいない。今こそいろんな人に日本のクーペを知っていただきたい!本記事はそんな気持ちを込めて国産クーペをご紹介!


最新の投稿


今の20代は知らない?キャブレターとは|仕組み、セッティングについて

今の20代は知らない?キャブレターとは|仕組み、セッティングについて

バイク用語では見聞きすることのあるキャブレターという言葉も、20代の方にとってはなかなか親しみづらい言葉なのではないでしょうか。今回は、実は今もなお熱烈な支持者に愛され続けているキャブレターの仕組みから、調整やセッティング、オーバーホールの方法を解説していきます。これを読めばキャブレターの知識に関しては完璧です。


LEDヘッドライト おすすめ商品10選!価格・明るさを比較&取り付け方

LEDヘッドライト おすすめ商品10選!価格・明るさを比較&取り付け方

愛車のヘッドライト、もっと明るいヘッドライトに変えたいと思ったことはありませんか?こちらの記事では、LEDヘッドライトとハロゲンライト、HID等との違いから、明るさの基準と選び方、車検への影響の有無と、人気・おすすめのLEDヘッドライトの紹介、ヘッドライトの交換方法、取付け方についてを説明しています。


ホンダ「ステップワゴン/スパーダ・N-BOX+/カスタム」のテールゲート降下で人身事故も発生!59万台を改善対策へ

ホンダ「ステップワゴン/スパーダ・N-BOX+/カスタム」のテールゲート降下で人身事故も発生!59万台を改善対策へ

ホンダは、「ステップワゴンやN-BOX+」など4車種について、テールゲートに不具合があり、突然降下するおそれがあるとして、国土交通省に改善対策を届け出ました。 対象車種は「ステップワゴン」「ステップワゴン スパーダ」「N-BOX+」「N-BOX+カスタム」の4モデル59万3815台になります 詳しく見ていきましょう。


【2019年春頃日本登場】トヨタ RAV4新型 最新情報まとめ

【2019年春頃日本登場】トヨタ RAV4新型 最新情報まとめ

2019年春頃に日本発売が予想されている、トヨタのSUV、RAV4(ラヴフォー)。このRAV4の最新情報をまとめてご紹介します。


トヨタ 新型RAV4が2019年春日本復活!デザインや価格、仕様はどうなる!?

トヨタ 新型RAV4が2019年春日本復活!デザインや価格、仕様はどうなる!?

トヨタの世界戦略車の一つ、クロスオーバーSUVのRAV4が2019年春に日本復活すると公式サイトより発表がありました。新型RAV4の予想されるデザインや、スペック、価格などについて掲載しています。【11月21日更新】