トップへ戻る

2017年夏、カムリが新たに生まれ変わる! 今こそ知りたいカムリ

2017年夏、カムリが新たに生まれ変わる! 今こそ知りたいカムリ

トヨタ自動車が1月9日、米国で開幕したデトロイトモーターショー2017で初公開した新型『カムリ』。同車の日本市場での発売時期が、2017年夏ごろに決定した。今こそ注目したいカムリ。カムリについてまとめてみました!!

⏳この記事は約3~4分で読めます。


カムリ快適性能・車内空間

気になる!カムリの新型

トヨタ自動車は2017年の1月9日、米国で開幕したデトロイトモーターショー2017で初公開した新型『カムリ』。同車の日本市場での発売時期が、2017年夏ごろに決定したことを発表しました。

8代目となる新型カムリには、トヨタの新たなクルマ作り、「TNGA」(Toyota New Global Architecture)を全面的に採用しています。
また、プラットフォームも、TNGAに基づき刷新されます。「GA-K」と呼ばれるプラットフォームは、低重心化、ボディとフロア剛性の強化、エンジンのマウント位置見直しのほか、リアに新サスペンションを採用したそうです。

今から待ち遠しいカムリ。そんなカムリについてまとめています。

デザイン・ボディーカラー

カムリのデザインは高級感かつ重厚なイメージがあります。
ワイド&ローの重厚なフロントフェイス。ディテールには、エレガントな造形美を感じます。

カラーは全部で8色。ホワイトパールクリスタルシャイン、シルバーメタリック、グレーマイカメタリック、ダークスチールマイカ、アティチュードブラックマイカ、レッドマイカメタリック、トゥルーブルーマイカメタリック、ダークブルーマイカメタリックです。

内装色はブラックとフラクセンの2色があります。

静粛性・シート

カムリ燃費・走行性能

ハイブリッド、燃費

カムリは、2.5L 2AR-FXEエンジンを採用しています。アトキンソンサイクル、クールドEGR(排出ガス再循環)システムなどの採用により高い燃焼効率を実現しました。また電動式ウォーターポンプの採用により駆動ベルトを廃止し摩擦損失を低減に成功しています。低燃費、低排出ガスに大きく貢献しています。

また、トランスミッションはエンジンからの動力を車輪とジェネレーター(発電機)に分割して伝達する「動力分割機構」、モーターのトルクを増幅する「リダクションギヤ」、「モーター」、「ジェネレーター」。これらが組み合わさることで伝達効率を高めて低燃費化を図っています。

結果、燃費は23.4km/L、ハイブリット16インチアルミホイール(メーカーオプション)装着車では、25.4km/Lの燃料消費率です!

これらの成果が認められ、平成17年基準排出ガス75%低減レベルの認定を国土交通省から受けているほど!国土交通省も太鼓判をおす、安心のエコカーですね。

走行性能

ドアミラー付け根部、リヤコンビネーションランプサイド部に、エアロスタビライジングフィンを採用しました。
このエアロスタビライジングフィンが気流に小さな渦を発生させて車体を左右から押さえつけ、操縦安定性を確保してくれます。

また、床下のフラット化を追求することで空気抵抗を低減し、走行性能や燃費の向上をはかっています。

実際に走ってみると、走りは実になめらか。身にしみこむ乗り味は上級セダンの王道をいくもので、乗るほどにその良さがわかります。

さらに静粛性の高さはすばらしく、車外ノイズの室内への侵入が相当に遮断されていることがわかります。

カムリ、試乗した感想

では実際に乗ってみた感想はどうなのでしょうか。

北米を始め、海外に軸足を置くトヨタの世界戦略車である『カムリ』は、どちらかといえば、トヨタ車のヒエラルキーにとらわれない、独自のポジションにあるセダンで、それは今も変わりません。

けれども、ハイブリッド専用車として、日本市場でも訴求力のあるスペックを合わせ持っています。

実際にエンジンは燃焼効率の高いアトキンソンサイクルの2.5リットルの4気筒だが、ハイブリッドにより205psのシステム出力と23.4km/リットル(16インチアルミホイール車は25.4km/リットル)のJC08モード燃費を打ち出すのだそうです。

そして忘れてはいけないのが広々とした室内は歴代モデルの伝統。

全幅は1825mmだが、セダンの基本のような奇をてらわないスタイルは、取り回しがしやすく、サイドミラーでの側方~後方の確認もしやすい点が素敵ですね。

カムリ装備・安全性

衝突回避

カムリは、7つのSRSエアバッグを全車に標準装備しているため衝突の衝撃を和らげてくれます。
また、WILコンセプトシート(むち打ち傷害軽減フロントシート)が採用されています。このシートは、シート骨格の剛性確保、シート形状・特性などの最適化により、後面衝突事故時に背中をシートに深く沈み込ませることによって頭と背中を同時に支え、頸部への衝撃を緩和するというすばらしい効果を発揮するシートです。むち打ち傷害軽減を図っています。

また、カムリは、歩行者傷害軽減ボディを採用。このボディは、万が一歩行者と衝突してしまった際に、歩行者の頭部や脚部への衝撃を緩和するため、エンジンフード、フェンダー、カウル部などに衝撃吸収緩和構造を採用しています。

もともと、カムリは2013年10月米国の有力消費者誌、『コンシューマーリポート』に、「衝突安全テストの結果が悪い」として、消費者への推奨リストから外されたことがあります。

外された理由としては、IIHS(道路安全保険協会)のスモールオーバーラップテストで、カムリがいずれも4段階評価で最低の「POOR」(不可)という判定だったこと。IIHSはトヨタの3車がスモールオーバーラップテスト時、ドアヒンジピラーやインパネが室内側へ大きく入り込み、ドライバーに残された空間が少ない点を問題視した。その後、トヨタは最新生産分のカムリから、改良を実施しました。そして再び、IIHSのスモールオーバーラップテストを受けたところ、IIHSから4段階評価で上から2番目の「ACCEPTABLE」(良)評価を得た。

これを受けて、『コンシューマーリポート』誌では、カムリに対する評価を見直し、2か月ぶりに推奨リストに復帰を決定しました。
こんな過去があったので、よりカムリは安全性に力を入れているのかもしれませんね。

トヨタ カムリ、衝突安全性向上で推奨リストに復帰…米有力消費者誌 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/article/2013/12/27/213913.html

米国の有力消費者誌、『コンシューマーリポート』は12月19日、トヨタ『カムリ』を2か月ぶりに、消費者への推奨リストに復帰させると発表した。

予防安全機能

カムリは、プリクラッシュセーフティシステム(ミリ波レーダー方式)を採用しています。
これは、進路上に、障害物などがないか、ミリ波レーダーで検出し、衝突する可能性が高いと判断した場合、警報やブレーキの制御により衝突回避を支援するというもの。

万が一、先行車と衝突する場面に遭遇した場合には、警報の後、ドライバーがブレーキを踏むと、プリクラッシュブレーキアシストがブレーキ力を強力にアシストし、先行車20km/h、自車80km/hの場合では最大60km/h程度減速します。

また仮にドライバーがブレーキを踏めなかった場合でも、プリクラッシュブレーキが作動。先行車20km/h、自車50km/hの場合では最大30km/h程度減速し、衝突を回避あるいは衝突の被害を軽減してくれます。

バリエーション・価格

だんぜん特別仕様車でしょ!!

ハイブリッド“レザーパッケージ”、ハイブリッド“Gパッケージ”、ハイブリッドの3グレードがあります。
気になる価格ですが、一番高いものがハイブリッド“レザーパッケージ”で、4,028,400円と少しお高めです。
でも大丈夫、ハイブリッドは、3,221,345円となっています。
カムリには特別仕様車も用意されています。
ハイブリッド“Gパッケージ・PREMIUM BLACK”。この価格は3,591,491円です。特別仕様車ならではの特別感を味わいたいなら、ぜひ特別仕様車を検討してもいいかもしれません。

新しいカムリが待てない人はぜひ、今のカムリをマイカーの候補に挙げてみてはいかがでしょう。

トヨタ カムリ に特別仕様車、LEDヘッドライトなど装備 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/article/2015/05/12/251000.html

トヨタ自動車は、『カムリ』を一部改良するとともに、特別仕様車「ハイブリッド Gパッケージ・プレミアム ブラック」を設定し、5月12日より販売を開始した。

関連する投稿


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。


アルヴェルの人気の理由は?!トヨタ アルファード・ヴェルファイア徹底解説

アルヴェルの人気の理由は?!トヨタ アルファード・ヴェルファイア徹底解説

今や人気の面でも販売台数でも高級ミニバンの王者として君臨しているトヨタの「アルファード・ヴェルファイア」。なぜこれ程の人気があるのか?その人気について解説していきます。


最新の投稿


蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

フランスのアルピーヌ・A110が蘇り再生産されていますが、やはりA110と言えば1963年から製造のアルピーヌA110を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?今回は新旧アルピーヌA110について見ていきます。


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。