トップへ戻る

ミニなのに大きい!クラブマンの魅力!燃費・価格・評価を徹底紹介!

ミニなのに大きい!クラブマンの魅力!燃費・価格・評価を徹底紹介!

BMWグループのMINI(ミニ)から登場しているMINI(ミニ) クラブマン。MINI(ミニ)の中でも一番大きいサイズを誇る同車の特徴や、燃費、新車価格、中古車価格、スペックや口コミ・評価などの情報を徹底的に並べました。MINI(ミニ)好きの方もそうでない方にも是非ご覧下さい。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


MINI クラブマンの特徴

現行で販売されているMINIの新型クラブマンは2015年11月に販売開始となっており、2代目のクラブマンとなっています。

最大の特徴としては、先代モデルの個性でもあった2+1ドアから、一般的な4ドアとなり乗降性の面で先代と比べ大幅に利便性が向上したという点と、リアのテールゲートの観音開きドアを、継続して採用し、6枚ドアとなっているという点が最大の特徴といえるでしょう。

左からクラブマン・エステート、先代クラブマンそして新型

現行の新型クラブマンがフルモデルチェンジとなった背景としては、今まで3ドアMINIの購入ユーザーは、若い世代、もしくはシングル(独身)といった層が 13%程で、同サイズセグメントの他社と比較すると、かなり割合が高い傾向にあったようです。

しかし、35歳以上のファミリー層は12%程で、ファミリー層に関しては他社と比較しても低い結果だったそう。

クラブマンはこの35歳以上のファミリー層を獲得を狙い、投入されたモデルのようです。

ボディサイズは、全長4253×全幅1800×全高1441mm、ホイールベース2670mm。

MINI ハッチバック の5ドアと比較すると、全長は270mm、全幅は90mm、ホイールベースは100mm長くなっています。そのおかげで、室内はフル5シーター。荷室は通常状態で360リットルの容量にも。3分割式の後席を倒せば、最大で1250リットルに拡大するようです。

また、日本仕様のMINI クロスオーバー(全長4105×全幅1790×全高1550mm)と比較すると、新型MINIクラブマンは、全長が約150mm、全幅が10mm大きく、現行MINIのラインナップにおいて、最大の大きさを誇る1台となっています。

MINI クラブマンのグレード別新車価格・燃費・スペック・カラー

現在、クラブマンのグレードは「ワン(ONE)」、「クーパー(COOPER)」、「クーパーD(COOPER D)」、「クーパーS(COOPER S)」、「クーパーSD(COOPER SD)」、「クーパーS ALL4(COOPER S ALL4)」、「JCW(JOHN COOPER WORKS)」の、全7グレード展開されています。

各グレード毎の価格(新車価格)と、燃費、スペック、選択可能なボディカラーをならべると、

ミニ ワン クラブマン(MINI ONE CLUBMAN)

価格:2,900,000~
ボディカラー:ペッパー ホワイト ソリッド、ボルカニック オレンジ ソリッド、ミッドナイト ブラック メタリック、ブリティッシュ レーシング グリーン メタリック、ディープ ブルー メタリック、ムーンウォーク グレー メタリック、ブレイジング レッド メタリック、ピュア バーガンディー メタリック、デジタル ブルー メタリック、メルティング シルバー メタリック 
※ペッパー ホワイト ソリッド、ボルカニック オレンジ ソリッドの2色以外はオプション費用として76,000円の費用がかかります。

燃費(JC08モード):17.2km/L
燃料タンク:48L
総排気量:1498cc 最高出力:75kW
最高出力:102PS 最高出力発生回転数:4100RPM
最大トルク:180Nm 最大トルク発生回転数1200~3800RPM
圧縮比:11:1
ホイールサイズ - フロント:7J x 16 タイヤサイズ - フロント:205/55 R16
ホイールサイズ - リア:7J x 16 タイヤサイズ - リア:205/55 R16
225/45 R17

ミニ クーパー クラブマン(MINI COOPER CLUBMAN)

価格:3,444,000~
ボディカラー:ワン(ONE)と同色+ラピス ラグジュアリー ブルー ソリッド
※ラピス ラグジュアリー ブルー ソリッドは116,000円のオプション費用が必要
ルーフカラーの変更、ホイールの変更、ボンネットストライプの有無(別途オプション費用)が選択可能

燃費(JC08モード):17.1km/L
総排気量:1498cc 最高出力:100kW
最高出力:136PS 最高出力発生回転数:4400RPM
最大トルク:220Nm 最大トルク発生回転数1250~4300RPM
圧縮比:11:1
ホイールサイズ - フロント:7.5J x 17 タイヤサイズ - フロント:225/45 R17
ホイールサイズ - リア:7.5J x 17 タイヤサイズ - リア:225/45 R17

ミニ クーパーD クラブマン(MINI COOPER D CLUBMAN)

価格:3,640,000~※クリーンディーゼル
ボディカラー:クーパー(COOPER)と同様
ルーフカラーの変更、ホイールの変更、ボンネットストライプの有無(別途オプション費用がかかるものがあります)が選択可能

燃費(JC08モード):22.2km/L
総排気量:1498cc 最高出力:110kW
最高出力:150PS 最高出力発生回転数:4000RPM
最大トルク:330Nm 最大トルク発生回転数1750~2750RPM
圧縮比:16.5:1
ホイールサイズ - フロント:7.5J x 17 タイヤサイズ - フロント:225/45 R17
ホイールサイズ - リア:7.5J x 17 タイヤサイズ - リア:225/45 R17

ミニ クーパーS クラブマン(MINI COOPER S CLUBMAN)

価格:3,900,000~※8速AT
ボディカラー、ルーフカラー等:クーパーと同様

燃費(JC08モード):16.6km/L
総排気量:1998cc 最高出力:141kW
最高出力:192PS 最高出力発生回転数:5000RPM
最大トルク:280Nm 最大トルク発生回転数1250~4600RPM
圧縮比:11:1
ホイールサイズ - フロント:7.5J x 17 タイヤサイズ - フロント:225/45 R17
ホイールサイズ - リア:7.5J x 17 タイヤサイズ - リア:225/45 R17

MINI クーパーSD クラブマン

ミニ クーパーSD クラブマン(MINI COOPER SD CLUBMAN)

価格:4,100,000~※クリーンディーゼル
ボディカラー、ルーフカラー等:クーパーと同様

燃費(JC08モード):22.7km/L
総排気量:1995cc 最高出力:140kW
最高出力:190PS 最高出力発生回転数:4000RPM
最大トルク:400Nm 最大トルク発生回転数1750~2500RPM
圧縮比:16.5:1
ホイールサイズ - フロント:7.5J x 17 タイヤサイズ - フロント:225/45 R17
ホイールサイズ - リア:7.5J x 17 タイヤサイズ - リア:225/45 R17

MINI クーパーS クラブマン ALL4

ミニ クーパーS クラブマン ALL4(MINI COOPER S CLUBMAN ALL4)

クーパーS ALL4(MINI COOPER S CLUBMAN ALL4)※4WD
価格:4,160,000~
ボディカラー、ルーフカラー等:クーパーと同様

燃費(JC08モード):14.9km/L
総排気量:1998cc 最高出力:141kW
最高出力:192PS 最高出力発生回転数:5000RPM
最大トルク:280Nm 最大トルク発生回転数1250~4600RPM
圧縮比:11:1
ホイールサイズ - フロント:7.5J x 17 タイヤサイズ - フロント:225/45 R17
ホイールサイズ - リア:7.5J x 17 タイヤサイズ - リア:225/45 R17

ジョン クーパー ワークス(JCW)

ミニ ジョン クーパー ワークス クラブマン(JCW)

価格:5,000,000~
ボディカラー:ソリッドカラーはクーパーのボディカラーに加え、チリ レッド ソリッド、レベル グリーン ソリッドが選択可能(116,000円のオプション費用)、メタリックカラーは、ミッドナイト ブラック メタリック、ブリティッシュ レーシング グリーン メタリック、サンダー グレー メタリック、ムーンウォーク グレー メタリック、メルティング シルバー メタリックが選択可能(メタリックカラーは76,000円のオプション費用)
ルーフカラーの変更等可能

燃費(JC08モード):14.2km/L
総排気量:1998cc 最高出力:170kW
最高出力:231PS 最高出力発生回転数:5000RPM
最大トルク:350Nm 最大トルク発生回転数1450~4600RPM
圧縮比:10.2:1
ホイールサイズ - フロント:8J x 19 タイヤサイズ - フロント:225/35 R19
ホイールサイズ - リア:8J x 19 タイヤサイズ - リア:225/35 R19

となっています。

MINI クラブマンのエクステリア・インテリア

新型MINIクラブマンですが、先にあげたように新しい顧客層を呼び込むためのモデルとなっています。そのため内装・外装ともMINIらしさを表現しながらも、新しいデザインに挑戦しているのが注目すべき点となっています。

エクステリア・外装

まずエクステリアでの最大の特徴といえば、先代クラブマンから引き継いでいる、「テールゲートの観音開きドア」(スプリットドア)これがまず最大の特徴と呼べるのではないでしょうか。

テールランプに関しては先代のクラブマンは縦長だったのに対し、リアエンドの造形が大きく変更となったため横長になりました。リアフェンダーのふくよかな膨らみが、そのままリアエンドに回り込む造形となっています。

フロントエンドは楕円形のヘッドランプや六角形のグリルなどで構成されており、3ドアや5ドアに近い印象を受けます。これは、どこから見ても「MINI」だと感じてもらえるよう、MINIとしてのデザインを追求した結果だそうです。

また、ピラーをブラックアウトさせてルーフとボディを分離して見せるグラフィックや、伸びやかなルーフライン、ガラスを切り立たせたテールゲートは、クラブマン特有のディテールといえるでしょう。

そして中央から左右に開く「スプリットドア」も、クラブマンとして継承すべき要素。しかしテールランプは縦長だった先代から一転して横長になった。これはリアエンドの造形が、先代から大きく変更されたことによる処理のようだ。新型ではリアフェンダーのふくよかな膨らみが、そのままリアエンドに回り込む造形となっている。この線や面の流れに従ったグラフィックスを考えると、横長になるのは自然な結論といえる。

「これはエモーショナルでグラマラスな、豊かな曲面でゆとりを感じさせるものです。このリアのデザインが、エクステリアのハイライトと言っても過言ではありません」と岡田マネージャー。

インテリア・内装

インテリアに関しては、クラブマン専用の新デザインが採用され、クロームやハイグロス・ブラック仕上げによって、大人の上質感が演出されています。

またボディサイズの拡大によって、従来のモデルに比べて、リアシートを中心に室内空間が広くなり、快適性も向上している。

ジョン クーパー ワークスの内装はスポーティーな仕様になっている

トランク容量も360リットルを確保されています。さらに、ラッゲージフロアを2段階に調節できるストレージコンパートメントパッケージや40:20:40分割可倒式リアシートを採用することで、様々なニーズにフレキシブルに対応することが可能となっています。

インテリアも新しいデザインが採用されていて、MINIのインテリアといえば、円や楕円を多用したインテリアが特徴ですが、クラブマンではダッシュボードの上面全体を楕円のグラフィックで囲むという新しい表現にチャレンジしています。

さらにインテリア照明のオプション「エキサイトメントパッケージ」を選択すると、ドアトリムで弧を描くフィニッシャーも間接照明となる。表面は金属調シルバーあるいはピアノブラックで、一見するとなんの変哲もない装飾になっています。

しかしLEDバックライトが点灯すると幾何学的な模様が浮かび上がり、夜間でも優雅な曲線を強調する仕掛けになっており、遊び心のある、ユニークなディテールになっています。

関連する投稿


コンパクトSUVの魅力とは?選ばれる理由とおすすめ車種をご紹介

コンパクトSUVの魅力とは?選ばれる理由とおすすめ車種をご紹介

コンパクトSUVは、クルマの性能と価格のバランスがよく、汎用性が高いことから、人気を得ています。今回は、コンパクトSUVの定義、メリット、おすすめ5車種についてまとめました。


MINI クラブマンに乗りたい!性能は?価格は?中古車情報も紹介!

MINI クラブマンに乗りたい!性能は?価格は?中古車情報も紹介!

新型MINIの中でも抜群の実用性を兼ね備えたMINIがクラブマンです。家族での少し遠出の際やレジャーの際にその大きなラゲッジ・ルームが威力を発揮します。今回はこのMINIのクラブマンを見てみましょう。


BMW M5|Mシリーズ並外れたスポーティな車のスペック、価格は?

BMW M5|Mシリーズ並外れたスポーティな車のスペック、価格は?

BMW特有のスポーティセダンの代表格のMシリーズのM5のご紹介です。日常での走行からサーキット走行までこなせるスポーティセダンと言ってよいと思います。その上安全面にも十分な配慮がこなされたM5の紹介をします。


BMWとは?メーカーの概要から人気モデルや最新情報

BMWとは?メーカーの概要から人気モデルや最新情報

車好きが好む輸入車として、BMWを挙げる方もおられるでしょう。魅力あるセダンやSUVがラインナップされているだけでなく、Mシリーズのようにスポーティな走りが楽しめるグレードがあります。ラグジュアリーな車が好きな方から、走りを楽しみたい方まで満足できるモデルが豊富です。日本でも販売台数が多いBMWですが、どのようなブランドで人気の理由は何でしょうか?ブランドの概要から人気モデルまで詳しくご紹介します。


ただの外車じゃつまらない!最新輸入車 個性派3選!

ただの外車じゃつまらない!最新輸入車 個性派3選!

日本は国産車の人気が高く、輸入車はまだまだニッチな存在といえるかも。それでも世界中の様々に魅力的な車たちを国内にいながらにして楽しめるのは、実はかなり幸せなことですよね。そこで今回は、フランス、ドイツ、アメリカの最新輸入車の中でも、個性際立つ独自の魅力にあふれたモデルを紹介していきます。きっと輸入車が気になってくること間違いなしです。


最新の投稿


自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンは、どこで、どのように借りるとお得なのでしょうか?今回は、金利やローン審査、シミュレーションなどについてまとめました。また、低金利を選ぶ際の注意点についても取り上げます。


日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

売れ筋のコンパクトSUVジャンルで、パワートレインはハイブリッド「e-POWER」のみと割り切ったラインナップが特徴的なのが「日産 キックス」。軽快なルックスと爽快な走りで人気を得ています。そんなキックス、普段使いで気になるのはやっぱり燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、キックスの燃費情報を詳しくご紹介していきます。


自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローン(マイカーローン、オートローン)は、自動車を購入するのに、とても便利な方法ですが、いくつかの種類とメリットとデメリットが存在しています。今回は、自動車ローンの基本と、そのメリットとデメリットをまとめました。


トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

人気のSUVジャンルの中でも扱いやすい5ナンバーサイズで人気なのがトヨタ ライズ。2019年の登場から常に好調な販売台数を誇ってきたライズですが、2021年11月の改良によって待望のハイブリッド車が追加されるなど、これまで以上にライズの燃費性能に注目が集まっています。リーズナブルな価格が嬉しいライズだけに、この記事では気になる燃費性能を詳しくご紹介していきます。


2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021年も12月に差し掛かりそろそろ年末が見えてきました。長く続いたコロナ禍もワクチン接種率の拡大とともに収束方向に動いており、今年の年末年始こそは帰省したいと考える方もいらっしゃると思います。そこで今回は緊急事態宣言解除後の帰省に関するアンケートと過去の渋滞実績を元に渋滞予想をまとめました。