トップへ戻る

BMW MINI新型「エースマン」発表!MINI史上初の電気自動車シティ・クロスオーバー

BMW MINI新型「エースマン」発表!MINI史上初の電気自動車シティ・クロスオーバー

2024年6月6日、ビー・エム・ダブリュー株式会社は、全く新しい電気自動車専用のクロスオーバー・モデル「ミニ・エースマン(MINI ACEMAN)」を発表。全国のMINI正規ディーラーにおいて、同日より販売を開始しました。実際の納車は、2024年第四四半期以降を予定しているといいます。

[PR]本ページはプロモーションが含まれています
⏳この記事は約3~4分で読めます。


MINIの小さなSUV新型「エースマン」誕生

《画像提供:Response》〈photo by MINI〉MINI エースマン

英国のプレミアム・ブランドである「MINI」。“ゴーカートフィーリング”と呼ばれる機敏なドライビングフィールやその特徴的でレトロなスタイリングが、人気を博しています。

そんなMINIから2024年6月6日、全く新しい電気自動車専用のクロスオーバー・モデルである新型「ミニ・エースマン」が誕生しました。

新型ミニ・エースマンは、「ミニ・カントリーマン」「ミニ・クーパー」に続く新世代MINIモデルの第三弾。プレミアム・スモール・コンパクト・セグメントに位置付けられ、現代のいきいきとしたシティ・ライフにマッチする、洗練されたデザインに包まれたボディー、最大1,005リッターまで拡張可能な荷室、5名乗車を可能とした広い車内空間を実現するなどした、MINI史上初となる電気自動車のシティ・クロスオーバーです。

《画像提供:Response》〈photo by MINI〉MINI エースマン

エクステリアは、MINIのDNAを継承しつつ、新世代モデルであることを象徴するミニマルな新しいデザインを採用。新らたにデザインされたLEDヘッドランプ、複雑な八角形の輪郭をもつフロント・グリル、重要なものだけを残したクリーンなサーフェスが特徴的。

ボンネット・スクープ、サイド・スカットル、ロッド・アンテナ等を廃止し、フラッシュ・ドア・ハンドルおよびフィン・アンテナを採用しており、表面に無駄な凹凸がありません。

さらに、3種類からカスタマイズ可能なLEDシグニチャー・ライトやWelcome/Good-byeライトの採用など、新世代に相応しいMINIらしいギミックを新たに導入しています。

《画像提供:Response》〈photo by MINI〉MINI エースマン

インテリアでは、デジタル化が施されており、ステアリング・ホイールの背後に配置されていたメーターパネルが廃止され、運転に必要な情報は、前方のヘッドアップ・ディスプレイおよび円形有機ELセンター・ディスプレイに映し出されるなど、様々なものを削ぎ落とし、巧みにデザインされたコンポーネントによって、広々とした室内空間を実現しています。

《画像提供:Response》〈photo by MINI〉MINI エースマン

グレード展開は「E」と「SE」の2種類。

パワートレインは、「E」では、最高出力135kw、最大トルク260N・mを発揮する電気モーターを前輪に装備。これに組み合わされるバッテリーは42.5kWhの容量を持ち、一充電での最大走行可能距離は310km、0−100km/h加速は7.9秒となっています。

「SE」では、最高出力160kW、最大トルク330N・mを発揮する電気モーターを前輪に搭載。これに組み合わされるバッテリーは54.2kWhの容量を持ち、一充電での最大走行可能距離は406km、0−100km/h加速は7.1秒となっています。

先進安全装備では、高性能カメラ、レーダー、および、高性能プロセッサーによる高い解析能力によって、より精度と正確性が向上した、レーン・チェンジ・ウォーニング(車線変更警告システム)、レーン・ディパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告システム)、衝突回避・被害軽減ブレーキ(事故回避ステアリング付)、レーン・キーピング・アシスト、クロス・トラフィック・ウォーニング(リア)機能を含む最先端の先進安全機能ドライビング・アシストを標準装備しました。

価格は「E」が491万円から、「SE」が556万円から。発表と同日より販売がスタートしており、実際の納車は、2024年第四四半期以降を予定しています。

新車購入前には試乗がおすすめ!ネットでいつでも試乗予約

気になる車を見つけたら「楽天Car試乗」。複数の国産・輸入車メーカーから希望の車種を選び、ネットでいつでも試乗予約できます。

事前予約なので、待ち時間なく試乗でき、試乗後にはそのまま販売店で購入相談も可能!さらに成約後には楽天ポイントも貯まります。

試乗できる車をチェック

関連するキーワード


BMW MINI エースマン

関連する投稿


BMW新型「4シリーズ」発表! スポーティな「クーペ/カブリオレ」内外装仕様変更を実施

BMW新型「4シリーズ」発表! スポーティな「クーペ/カブリオレ」内外装仕様変更を実施

2024年6月27日、ビー・エム・ダブリューは、「BMW 4シリーズ クーペ」および「BMW 4シリーズ カブリオレ」の新型モデル(一部改良)を発表。全国のBMW正規ディーラーにおいて、同日より販売を開始しました。


BMW 新型「X1」発表! プレミアムなコンパクトSUVに新モデル登場

BMW 新型「X1」発表! プレミアムなコンパクトSUVに新モデル登場

2024年5月29日、ビー・エム・ダブリューは、プレミアム・スモール・コンパクト・セグメントのSUV、BMW「X1(エックスワン)」の新たなラインアップ「X1 sDrive18i(エスドライブイチハチアイ)」および「iX1 eDrive20(アイエックスワン・イードライブニーマル)」を発表しました。


ミニ新型「カントリーマン」発表!人気のコンパクトSUVにBEVモデルも追加

ミニ新型「カントリーマン」発表!人気のコンパクトSUVにBEVモデルも追加

2024年3月1日、ビー・エム・ダブリュー株式会社は、プレミアム・コンパクトSUV「MINI Countryman(ミニ・カントリーマン)」のラインアップに、BEV(バッテリーEV)モデルとなる「MINI Countryman E(カントリーマン・イー)」および「MINI Countryman SE ALL4(エスイー・オールフォー)」を追加すると発表。全国のMINI正規ディーラーで、同日より販売を開始しました。納車は、2024年第2四半期以降を予定しているといいます。


全面刷新した新型「ミニ Cooper 3 Door」発表!ガソリンに加えEVモデルも

全面刷新した新型「ミニ Cooper 3 Door」発表!ガソリンに加えEVモデルも

ビー・エム・ダブリュー株式会社は、プレミアム・スモール・コンパクト・セグメント「MINI Cooper 3 Door(ミニ・クーパー・スリー・ドア)」の全面改良を遂げた新型モデルを2024年3月1日に発表。同日より販売を開始しました。実際の納車は、2024年第二四半期以降を予定しているといいます。


なぜミニクーパーはやめとけと言われるのか?その理由と中古車選びのポイントまで解説!

なぜミニクーパーはやめとけと言われるのか?その理由と中古車選びのポイントまで解説!

「外国メーカー車モデル別新車登録台数順位の推移(日本自動車輸入組合)」によると、BMWミニは2022年度トップとなり、7年連続のトップを記録しています。一方、インターネットでミニクーパーを検索すると、「ミニクーパーはやめとけ!」といった意見も散見されます。なぜミニクーパーはやめとけと言われるのでしょうか。今回はその理由と、中古のミニクーパーを選ぶ際のポイントをまとめました。


最新の投稿


マツダ新型「CX-30」発表!丁度いいサイズのクロスオーバーSUV…安全機能など強化

マツダ新型「CX-30」発表!丁度いいサイズのクロスオーバーSUV…安全機能など強化

マツダは2024年7月18日、クロスオーバーSUV「MAZDA CX-30 (マツダ シーエックスサーティ)」の一部改良モデルを発表しました。発表同日より、販売が開始されています。


安全性能強化した日産のコンパクトミニバン/商用バン 新型「NV200バネット」発表!

安全性能強化した日産のコンパクトミニバン/商用バン 新型「NV200バネット」発表!

日産は2024年7月19日、商用バン/ワゴンの「NV200バネット」の一部改良モデルを発表。5〜7人乗りを用意する乗用仕様のワゴンは同日より、4ナンバーの商用仕様のバンは8月上旬より発売する予定です。


ホンダ新型「CR-V」発表!2年ぶり復活の「6代目」が遂に日本導入

ホンダ新型「CR-V」発表!2年ぶり復活の「6代目」が遂に日本導入

2024年7月18日、ホンダは新型燃料電池車「CR-V e:FCEV(シーアールブイ イーエフシーイーブイ)」を正式発表。翌日19日より、販売を開始しました。


【2024年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

【2024年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

近年さらに人気が高まり続けている激戦の軽自動車業界で、軽自動車メーカーとして二大巨頭のスズキとダイハツに負けることなく、普通車思考の上質感を備えた魅力的な軽自動車の数々で大いにヒットを飛ばしているのがホンダです。初代N~BOXの登場から風向きの変わったホンダの軽自動車、人気の秘訣はどんなところにあるのでしょうか?ラインアップ全体をまとめましたので、ぜひ確認してみてください。


「人とくるまのテクノロジー展 2024 NAGOYA」の開催概要と、展示が予定されている注目技術

「人とくるまのテクノロジー展 2024 NAGOYA」の開催概要と、展示が予定されている注目技術

自動車技術をメインとした展示会である「人とくるまのテクノロジー展」。2024年は横浜と名古屋で開催されます。今回は名古屋開催について、開催概要や展示が予定されている注目技術をピックアップしました。


ブログ 始め方 | 新車情報 | カーリース おすすめ | 原付 おすすめ | ブログ 始め方 | 副業 | 光回線 おすすめ |
ポケットWi-Fi おすすめ | WiMAX おすすめ | VPN おすすめ | オンライン英会話 おすすめ |
オンライン英会話 安い | オンライン英会話 初心者 | 英会話アプリ | 格安SIM | フリーランスエージェント |
ファクタリング 即日 | ファクタリング 非対面 | 年賀状 安い | お盆 渋滞予測 2024