目次へ戻る

ホンダセンシング搭載車が某店舗に入店できないと話題に!

ホンダセンシング搭載車が某店舗に入店できないと話題に!

N-BOX等のホンダ車に搭載されているホンダの安全運転支援システム「ホンダセンシング(Honda SENSING)」。その機能の1つである「標識認識機能」。進入禁止などの標識を認識し、ディスプレイに表示、通知してくれる機能ですが、とあるものを標識と認識しTwitterで話題を呼びました。


ホンダセンシングとは、こういう機能

ホンダ車に搭載されている安全運転支援システム、ホンダセンシング。

至極簡単に説明をすると、ミリ波レーダーと、単眼カメラで状況を確認し衝突を回避するための自動ブレーキや、歩行者、車線などを検知して回避方向にステアリング制御をしてくれたりする安全運転を支援するシステム、機能です。

ホンダ安全技術「ホンダセンシング」高性能な自動ブレーキが魅力|機能一覧

https://matome.response.jp/articles/199

ホンダセンシングの機能の詳細情報などはこちらの記事にてご覧下さい。

標識認識機能が○○を進入禁止と認識!

「標識認識機能」。カメラで路上の標識を捉え、標識の見落とし防止を図る機能

12月4日、Twitterにてホンダセンシングの機能の一つである「標識認識機能」が、とあるものを「進入禁止」の標識として認識してしまったという投稿があり約3日間で14000件を超えるいいね、RTも13000を超え、話題を呼んでいました。

それがこちらです。

Twitterにて投稿された画像

おわかり頂けますでしょうか。画像中央にある某有名ラーメン店の看板です。メーター脇のパネルを見ていただくと、しっかりと進入禁止のマークを通知してくれています。

確かに見えなくも無い、というよりそれにしか見えなくなってしまう程の類似っぷりです。投稿に対する反応中には「自分のクルマも反応した」という返信があり、たまたまでは無かったことが伺えます。

ホンダ的には想定の範囲内。

しかしこの標識認識機能の誤認識は、ホンダとしては想定している事象だということも同Twitterの投稿とホンダの公式サイトにて判明。

ホンダセンシングの機能を説明している公式サイト内に「システムが正常に作動しない場合の誤表示例」が記されており、その中に「色や形の判別がつきにくく、対象の標識が無いのに、標識を表示する」という文章が上記の画像と共に具体例として紹介されているのです。

標識認識機能 | 安全運転支援システム Honda SENSING | Honda(公式サイト)

http://www.honda.co.jp/hondasensing/feature/srf/

安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」の公式サイトです。安全装備や先進機能について、分かりやすくご紹介します。

これは、今回の中華そば店のことを差してるとしか思えませんね。

ちなみに「ラーメン屋 看板」で画像検索をしてみたところ、他に目ぼしい店舗の情報はありませんでした。

最後に…。

最後に投稿者であるCapybarunnerさんは、「決してこの有名ラーメン店に、入ってはいけないという意味合いでツイートしたのではない」という断りも入れています。

当サイトもホンダセンシング(Honda SENSING)の性能は優れていると考えています。

予めご了承下さい。

関連する投稿


株式会社マリカー(現MARIモビリティ開発)の現在と未来

株式会社マリカー(現MARIモビリティ開発)の現在と未来

人気キャラクターに扮したコスプレでカートに乗り込み、公道を疾走する人気のアクティビティ、公道レンタルカートの代名詞ともなっている株式会社”マリカー”(現MARIモビリティ開発)。『マリオカート』の生みの親である任天堂に裁判で敗れた現在の姿と未来を問う。


【絶対こぼすなよ…】車で食べてほしくない食べ物6選&おすすめのテーブル・トレー

【絶対こぼすなよ…】車で食べてほしくない食べ物6選&おすすめのテーブル・トレー

この記事では、ドライブの際に食べてほしくない食べ物とおすすめの食事用グッズを紹介しています。普段気にならない食べ物も、車の中では嫌われてしまうことがあります。あるある!と思いながらお読みくだされば幸いです。


映画ワイルド・スピードに登場している日本国産の名車12台!価格も紹介

映画ワイルド・スピードに登場している日本国産の名車12台!価格も紹介

ワイルド・スピードは、世界中で公開されているアクション映画で、劇中にはたくさんのクルマが登場します。今回は、「そもそもワイルド・スピードとはなにか?」に加え、8作品の中で登場する日本の名車12台を現在の中古車価格と共に掲載します。


【トランスフォーマー映画最新作】バンブルビーはカマロでなくビートルに!(スピンオフ映画)

【トランスフォーマー映画最新作】バンブルビーはカマロでなくビートルに!(スピンオフ映画)

3月22日に日本で公開される映画『トランスフォーマー』のシリーズ最新作『バンブルビー』。1作目以前のエピソードストーリーで1980年代が舞台。シリーズきっての人気キャラクターのバンブルビーが主人公。今回バンブルビーの車種はカマロではなくビートルが採用されています。吹き替えは声優の木村良平さんが担当されます。


【車好きにおすすめしたい】カーライフをより良くするアプリ18選!

【車好きにおすすめしたい】カーライフをより良くするアプリ18選!

カーナビや地図と車に関するアプリは多数存在します。今回はそんな中でも車関連のおすすめできるアプリを「事故・トラブル解決」「運転サポート」「駐車場」「燃費・維持費」「タクシー・カーシェア」「売却・査定」「ゲーム・エンタメ」といった7つのカテゴリに分け、紹介しています。


最新の投稿


アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディのコンパクトSUV『Q3』の派生モデルとして設定が予定されているクーペSUVの開発車両が、ニュルブルクリンクで初の高速テストを開始しました。名称はQ4になる確率が高い?最新情報をまとめています。


映画『マッドマックス』でお馴染み!!世紀末カーのインターセプターとは

映画『マッドマックス』でお馴染み!!世紀末カーのインターセプターとは

映画マッドマックスで有名になったインターセプターのベースとなる車が、【フォード ファルコンXB GTクーペ 1973(V8インターセプター)】です。40代後半から70代のカーマニアを熱狂させた車を紹介し、レプリカと中古車やミニカーのプラモデルにまで、映画の世界観と共にインターセプターを紹介しましょう。


マツダ3 5月24日国内発売!アクセラの後継車・価格やエンジン情報も

マツダ3 5月24日国内発売!アクセラの後継車・価格やエンジン情報も

期待の一台がついに国内発売されます。その名もアクセラという名称を改めた、マツダ3です。マツダ3という名称は国外で使用されていましたが、今回のフルモデルチェンジで日本でも世界統一名となるマツダ3に名称が変更されました。価格は約218万円(ハッチバック)、約247万円(セダン)です。本日5月24日よりガソリン1.5Lとディーゼルモデルが発売されます。


【復活】あのイタリア名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開

【復活】あのイタリア名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開

みなさんは、【復活】あの名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開あの名門ブランド、デトマソをご存知でしょうか。デトマソは1959年に設立したイタリアの名門ブランドです。2004年に惜しまれながらも解散してしまいました。そのため、7月に新型車を発表するという情報はとても喜ばしいものなのではないでしょうか。本記事では改めてデトマソについて見ていきましょう。


【カローラセダンの兄弟車】トヨタの中国部門 レビン新型を発売!

【カローラセダンの兄弟車】トヨタの中国部門 レビン新型を発売!

トヨタ自動車の中国部門は5月21日、新型『レビン』(Toyota Levin)を発売しました。このレビンは、カローラセダンの兄弟車にあたります。