目次へ戻る

ホンダセンシング搭載車が某店舗に入店できないと話題に!

ホンダセンシング搭載車が某店舗に入店できないと話題に!

N-BOX等のホンダ車に搭載されているホンダの安全運転支援システム「ホンダセンシング(Honda SENSING)」。その機能の1つである「標識認識機能」。進入禁止などの標識を認識し、ディスプレイに表示、通知してくれる機能ですが、とあるものを標識と認識しTwitterで話題を呼びました。


ホンダセンシングとは、こういう機能

ホンダ車に搭載されている安全運転支援システム、ホンダセンシング。

至極簡単に説明をすると、ミリ波レーダーと、単眼カメラで状況を確認し衝突を回避するための自動ブレーキや、歩行者、車線などを検知して回避方向にステアリング制御をしてくれたりする安全運転を支援するシステム、機能です。

ホンダ安全技術「ホンダセンシング」高性能な自動ブレーキが魅力|機能一覧

https://matome.response.jp/articles/199

ホンダセンシングの機能の詳細情報などはこちらの記事にてご覧下さい。

標識認識機能が○○を進入禁止と認識!

「標識認識機能」。カメラで路上の標識を捉え、標識の見落とし防止を図る機能

12月4日、Twitterにてホンダセンシングの機能の一つである「標識認識機能」が、とあるものを「進入禁止」の標識として認識してしまったという投稿があり約3日間で14000件を超えるいいね、RTも13000を超え、話題を呼んでいました。

それがこちらです。

Twitterにて投稿された画像

おわかり頂けますでしょうか。画像中央にある某有名ラーメン店の看板です。メーター脇のパネルを見ていただくと、しっかりと進入禁止のマークを通知してくれています。

確かに見えなくも無い、というよりそれにしか見えなくなってしまう程の類似っぷりです。投稿に対する反応中には「自分のクルマも反応した」という返信があり、たまたまでは無かったことが伺えます。

ホンダ的には想定の範囲内。

しかしこの標識認識機能の誤認識は、ホンダとしては想定している事象だということも同Twitterの投稿とホンダの公式サイトにて判明。

ホンダセンシングの機能を説明している公式サイト内に「システムが正常に作動しない場合の誤表示例」が記されており、その中に「色や形の判別がつきにくく、対象の標識が無いのに、標識を表示する」という文章が上記の画像と共に具体例として紹介されているのです。

標識認識機能 | 安全運転支援システム Honda SENSING | Honda(公式サイト)

http://www.honda.co.jp/hondasensing/feature/srf/

安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」の公式サイトです。安全装備や先進機能について、分かりやすくご紹介します。

これは、今回の中華そば店のことを差してるとしか思えませんね。

ちなみに「ラーメン屋 看板」で画像検索をしてみたところ、他に目ぼしい店舗の情報はありませんでした。

最後に…。

最後に投稿者であるCapybarunnerさんは、「決してこの有名ラーメン店に、入ってはいけないという意味合いでツイートしたのではない」という断りも入れています。

当サイトもホンダセンシング(Honda SENSING)の性能は優れていると考えています。

予めご了承下さい。

関連する投稿


【祝!50周年】人生ゲームが出前一丁やB'z、auとコラボ!

【祝!50周年】人生ゲームが出前一丁やB'z、auとコラボ!

自動車に乗るボードゲームといえば皆さんは何を思い浮かべますか?そう「人生ゲーム」ですね。国民的人気ボードゲームである「人生ゲーム」は、2018年に50周年を迎えるそうです。こちらの記事では、50周年を記念した様々なコラボレーション人生ゲームを紹介しています。


【アンケート】観覧車。1人で乗るのはアリ?ナシ?

【アンケート】観覧車。1人で乗るのはアリ?ナシ?

読者の皆様が「遊園地 × 車」から連想される乗り物は何ですか?ゴーカート?それともジェットコースターでしょうか?こちらの記事はニュースカフェで過去に行われた、観覧車に1人で乗るのはアリかナシか?というアンケート結果と、1人観覧車にオススメの情報を掲載しています。


新型ステップワゴンのベストチョイスを考えてみたら意外にも・・・

新型ステップワゴンのベストチョイスを考えてみたら意外にも・・・

マイナーチェンジされた新型ステップワゴンは、スパーダに待望のハイブリッド車が設定されたり、「ホンダセンシング」が全車標準装備になったりと、話題満載の改良になりました。となると、ステップワゴンを選ぶとしたら、ベストチョイスは話題のスパーダハイブリッドでしょうか?それとも・・・


略称は「サポカー」国が定めるセーフティ・サポートカーとは?

略称は「サポカー」国が定めるセーフティ・サポートカーとは?

【9/6 更新】日本自動車会議所は、自動ブレーキなどの先進安全技術を活用した一定の運転支援機能を備えた車「安全運転サポート車」の愛称を「セーフティ・サポートカー(略称=サポカー)」に決定したと発表ししました。この「サポカー」はどのように分類されているのか、どんな車種が該当しているのかをまとめました。


乗り物に関連する、少し変わった会社名 3選!

乗り物に関連する、少し変わった会社名 3選!

世の中には「どういう由来でその名前を!?」と思ってしまうような、少し変わった名前の企業があるのをご存知でしょうか?この記事ではそんな少し変わった名前の乗り物に関連する企業をいくつかご紹介したいと思います!あなたの知っている会社名はありますか?


最新の投稿


還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

2017年4月24日、日産のスカイラインが誕生から60周年となり人間で言う「 還暦」を迎えました。過去の初代から13代目スカイラインまでのモデルの振り返りと共に、歴史やその年の出来事、流行したファッションについてと、60周年を記念して開催されていたイベントを一部紹介しています。


後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

皆様は車の運転の際、シートベルトをきちんと着用していますか?運転席や助手席だけでなく安全な運転のために、後部座席もシートベルト着用の義務があります。今回はシートベルトの着用率を都道府県別に見ていきましょう。果たしてシートベルト着用率の高い1番安全な都道府県はどこなのでしょうか?


うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

雪が降り始めると車の事故やトラブルも増えますね。特に、暴風雪による多重衝突事故や道路での立ち往生…などの被害は大きいです。降雪が多い時は車での外出は避けた方が無難ですが、そうも言ってられませんよね。もし立ち往生してしまった時備えておけば心強い。そんなグッズをご紹介します。備えあれば憂いなしですよ!!


【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

2017年の冬も厳しい寒さ&降雪が予想されています。つまりそれはウィンタースポーツ、スキーやスノボーが楽しめるということでもですね!ここで心配なのが雪道での車のスリップ!貴方の車は大丈夫ですか?貴方と貴方の大切な人を守ってくれる、雪道に強いオススメの車最新情報をお届けいたします!この車たちで冬を熱く楽しみましょう!


【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

痛車・痛バイクオーナーの皆さんに朗報です。2018年2月25日(日)、中古車買取のカープライスが川崎大師にて、痛車・痛バイク100台規模の交通安全祈願イベント『川崎大師 痛車・痛バイク 交通安全祈願2018』を開催します。先着100台は参加費が無料、イベントの内容を紹介します。