トップへ戻る

日産の高級ミニバンエルグランド!燃費・車内空間・新車価格・試乗評価

日産の高級ミニバンエルグランド!燃費・車内空間・新車価格・試乗評価

エルグランドは日産を代表するミニバンです。トヨタのアルファード・ヴェルファイアに対抗できる数少ない車と言えます。2018年には特別仕様車が発売されました。本記事では基本情報・新車価格・スペック・試乗評価などをまとめています。そして気になるフルモデルチェンジはいつ???改めてエルグランドに迫ります。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


日産の高級ミニバン エルグランド

日産が誇る高級ミニバン。それがエルグランドです。

高級と謳うだけあり、シートの座り心地の良さ。そしてもちろんしなやかかつ快適な走りも魅力的ですね。

エルグランドは1997年より発売されました。

2010年より販売されている3代目エルグランドから、駆動方式がFRからDプラットフォームを用いたFFと4WD(オールモード4X4)になり、低床化と全高の抑制が図られ、車内が広くなり、乗り心地も向上しました。

2018年1月には特別仕様車「ハイウェイスター ジェットブラックアーバンクロム」が発表され、2月26日より販売開始予定です。

日産 エルグランド 基本情報

日産 エルグランド 基本スペック・燃費・車内空間・ボディサイズ他

特別仕様車

 
【日産 エルグランド(250Highway STAR S/7人乗り/2WD)】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,945×1,850×1,815mm(ホイールベース:3,000mm)
室内長×室内幅×室内高3,025×1,580×1,300mm
最大乗車定員7名
車両重量1,930kg
燃費JC08モード:10.8km/L
エンジン種類DOHC・直列4気筒
最高出力(kW(PS)/rpm)125kW (170PS) /5,600rpm
最大トルク(N・m/rpm)245N·m (25.0kgf·m) /3,900rpm
タンク容量 73L
駆動方式2WD
トランスミッションエクストロニックCVT-M6 〈6速マニュアルモード付無段変速機〉

日産 エルグランド 燃費もいい

エルグランドのミッションは6速であり、エクストロニックCVT-M6を採用。

そしてマニュアルモードを搭載しています。広いギアチェンジと低速域からのロックアップを可能にしたことで優れた燃費性能を実現しています。

日産 エルグランド 2月26日より特別仕様車が発売

日産自動車は、上級ミニバン『エルグランド』に特別仕様車「ハイウェイスター ジェットブラックアーバンクロム」を設定し、2月26日より発売します。

ハイウェイスター ジェットブラックアーバンクロムは、漆黒フロントグリル、漆黒フォグランプフィニッシャー、ダークグラファイトフィニッシュ18インチアルミホイールを専用装備し、よりダイナミックで高級感のあるスタイリングを実現。インテリアでは、プレミアムタンレザーシートを採用するとともに、ドアトリムや本革巻・木目調コンビステアリング、シフトノブに、タン色のステッチ加飾を施し、よりプレミアム感あふれる空間とした。

また「350ハイウェイスタージェットアーバンクロム」グレードでは、高速道路などでの長距離ドライブ時にドライバーの運転負荷を低減する「インテリジェントクルーズコントロール」や、アクセルとブレーキの踏み間違いによる衝突防止を支援する「踏み間違い衝突防止アシスト(駐車枠機能付)」、上空から見下ろしているような映像でスムーズな駐車をサポートする「インテリジェント アラウンドビューモニター」などを特別装備し、安全性や利便性を向上させた。

日産 エルグランド 新車価格

エルグランド、気になる新車価格はどうなのでしょうか。

4WD3500は約440万円~580万円。
4WD2500は約350万円~463万円。
2WD2500は約320万円~430万円。
2WD3500は約412万円~554万円。
エルグランドライダーは、約380万円~600万円。
エルグランドVIPは、約616万円~800万円です。

そして、2月26日より新しく発売される特別仕様車「ハイウェイスター ジェットブラックアーバンクロム」は415万8000円から565万0560円です。

また、参考までにですが、トヨタのミニバン、アルファード・ヴェルファイアは約335万円~750万円という価格帯です。

日産 エルグランド 試乗評価・レビュー・評判

エルグランドは乗ってて快適な車!

ヤッパリFRのミニバンは最高ですよ‼後期は室内の豪華さも充分満足できますし、なにより現行型やアルヴェルより走りがいいので運転する楽しみがありますよっ‼

目線が高く、長距離運転しても、疲れません。快適な車だと思っています。燃費は、長距離でも10L以下ですが、通勤に使わないので、問題なし。

エルグランドだが、予想以上と言ったら失礼かもしれないが、これがなかなかの物である。サスペンション形式は前述した通りだが、足の動きがよくわかるのはこちらだ。フロントは元々軽量化したアルミ製リンク、リアには日産車ではおなじみとなったリバウンドスプリングを内蔵したショックアブソーバーを装着している。

元々2.5リットル車ということもありフロントは非常に軽い。コーナリング時のフロントの入り方などはかなりセダン感覚で狙ったラインをトレースしやすい。また、なるほどと思ったのが高速道路でのレーンチェンジ時のクルマの揺れの少なさだ。重心が低くロー&ワイドの恩恵はこのような部分で感じることができる。切り始めからスムーズにノーズが動き、その後リアがブレることなくピタッと収束する感じはこの分野でもスポーティさを忘れない日産の味付けの旨さが光る瞬間だ。

シートがとても気持ちいい!

エルグランドだが、まず助手席側のオットマンが全グレードに標準装備、そして7人乗り仕様のセカンドシートにはコンフォータブルキャプテンシートが装備される。

このシート、何が凄いかと言うと前述した助手席同様、シート一体型のオットマンを搭載。ロングシートスライドを使うことで助手席とセカンドシートで同時にゆったりとした姿勢で座れる「トリプルオットマン」を採用した点。そして何よりもこのシートには「シートバック中折れ機能」が搭載されているのだ。この機構はリクライニングをした状態でシート上部が手前に折れることで肩と首をリラックスした状態で支持。これに3層構造パッドを組み合わせることで血流を妨げずにゆったりと座ることができるというものだ。

理屈はさておき、座ってみると正直「気持がいい」。

エルグランドを購入したら、運転席はもちろんですが、ぜひ一度2列目シートに座ってみたいものです。

【気になる】エルグランドNEXTフルモデルチェンジはいつ??

そして、気になるフルモデルチェンジは…?というと、実はこのエルグランド、最後にフルモデルチェンジを行ったのはなんと2010年。8年前なんです。

ライバル車となるトヨタのミニバン、アルファードとヴェルファイアのビッグマイナーチェンジが2018年の1月に行われたこともあって、エルグランドのフルモデルチェンジが期待されますね。

アルファード

ヴェルファイア

最後に

いかがでしたでしょうか。

本記事では、日産の高級ミニバン・エルグランドについて見ていきました。フルモデルチェンジの情報にも期待したいですね。引き続きエルグランドについて追っていきたいと思います!

関連する投稿


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


トヨタ ウィッシュ|いまお手頃価格な低床・低重心ミニバン

トヨタ ウィッシュ|いまお手頃価格な低床・低重心ミニバン

背が低く、低床・低重心なミニバンの代表格だったトヨタ ウィッシュ。生産・販売が終了して、まもなく4年が経ちますが、いま中古車市場ではお手頃価格です。そこで、改めてトヨタ ウィッシュの魅力と、どうして「買い」といえるのかをまとめました。


トヨタ ヴェルファイア|クールな情熱を持つミニバンを徹底解説!

トヨタ ヴェルファイア|クールな情熱を持つミニバンを徹底解説!

 アルファードが人気沸騰で過去最高の販売台数を記録する中、急速に販売台数をおとした姉妹車のヴェルファイア。ついには特別仕様車一機種のみの設定となってしまいました。しかし、これまでの人気をけん引してきたヴェルファイアが魅力をなくしたわけではありません。そこで、改めてヴェルファイアの魅力をご紹介したいとおもいます。


ミニバンは何故ミニがつく?燃費性能や乗り心地を解説

ミニバンは何故ミニがつく?燃費性能や乗り心地を解説

国内でもファミリー層に人気なミニバンですが、家族が乗れるほど大きいのに何故ミニが付くのでしょうか。よく聞くバンとの違いはあるのか気になる方も多いと思います。そこで今回はミニバンの大きさに関してから人気車種まで徹底解説します。


日産GT-R|日産の名車を紐解く!

日産GT-R|日産の名車を紐解く!

日産のGT-Rは名車と名高い一台です。最新のGT-Rはスカイラインの名前が外れ日産GT-Rとなり、よりサーキットを意識した車へと進化し続けています。今回はこの日産 GT-Rについて見ていきましょう。


最新の投稿


2019年の「ながら運転」厳罰化|その効果と取り締まり基準を解説!

2019年の「ながら運転」厳罰化|その効果と取り締まり基準を解説!

2019年に罰則が強化された「ながら運転」。この改正で、罰則はどのように変わったのでしょうか?また、その効果はありましたか?今回は、どんな行為が「ながら運転」に該当するのか、具体例を取り上げながら、まとめました。


トヨタ ルーミーの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

トヨタ ルーミーの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

近年大人気の「トールワゴン」タイプであるトヨタ ルーミーは、2021年上半期の販売台数ランキングで単独車種として普通車トップクラスの販売台数を記録するなど、国民車的な人気を誇るモデル。毎日使える実用性が特徴的なルーミーだけに、燃費情報は気にしておきたいところですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費、ライバルとの比較など、ルーミーに関する燃費情報をくまなくご紹介していきます。


トヨタ ハイエースの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

トヨタ ハイエースの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

商用バンながら、ビジネス用途だけでなくアウトドア系マルチギアとしても活用されるなど、長年様々なユーザーに愛され続けてきたトヨタ ハイエース。近年ではキャンプブームなどもあって人気が高まっています。そんなハイエース、存在は知っていても、燃費性能がどの程度なのか気になっている方も少なくないはず。この記事で、カタログ燃費や実燃費、ライバル車種との比較を通して、ハイエースの燃費情報に詳しくなりましょう。


スズキ アルトラパンの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

スズキ アルトラパンの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

まんまるなヘッドライトがキュートなアルトラパンといえば、かわいい軽自動車の筆頭格として長期間にわたって人気を維持しているモデルです。デザインばかりが取り上げられがちなラパンですが、日々使う車だからこそ気にしておきたいのは燃費性能。この記事では、カタログ燃費や実燃費、ライバル車種との比較まで、ラパンに関する燃費情報をくまなく網羅していますので、ぜひチェックしてみてください。


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。