目次へ戻る

【さらに過激】新型ヴェルファイア スペック・価格・評価・燃費完全網羅

【さらに過激】新型ヴェルファイア スペック・価格・評価・燃費完全網羅

2018年1月8日よりビッグマイナーチェンジを経て発売されたトヨタのアルファードとヴェルファイア。ミニバンの中で圧倒的な存在感とラグジュアリー性を誇ります。そんなアルヴェルがマイチェンでさらに過激に!?迫力満載!?そんなヴェルファイア新型について、スペック・燃費・価格・中古価格他詳細について見ていきたいと思います。


トヨタの大型ミニバン!ヴェルファイア

ヴェルファイアとは?

ヴェルファイアは、トヨタが製造・販売する大型ミニバンです。アルファード(2代目以降)は兄弟車。

ヴェルファイアの名前の由来は、英語で「物静かな」という意味を表す「Velvet」と、「炎」を意味する「Fire」を組み合わせた造語です。クールな情熱を持つクルマという意味が込められています。

2018年1月8日には、ビッグマイナーチェンジを経て、新型ヴェルファイアと新型アルファードが発売されました。

マイナーチェンジを経て、更に迫力のある車へと進化したヴェルファイアについて見ていきたいと思います。

トヨタ 新型ヴェルファイア アルファードどっちを買えばいいの?

左はヴェルファイア、右はアルファード

兄弟車って簡単に言うけど、アルファードとヴェルファイアは何が違うの?

アルヴェルはどっちがオススメ?

と疑問に思う方も多いかもしれませんが、アルファードとヴェルファイアは兄弟車ですので、基本的な性能はほぼ同じです。一方で、もちろん違いもあります。

上品さや洗練さを謳うアルファードに対し、ヴェルファイアは力強さや先進性を謳っています。このモチーフの違いは随所で見られます。

例えば、ヴェルファイアはフロントマスクに、特徴的な上下2分割のヘッドライトを採用するなど、全体を通してアルファードよりアグレッシヴなデザインとなっていますね。

また、ヴェルファイアは「ちょい悪」「カッコイイ」「押し出し感」といったキーワードで紹介されることが多いです。一方アルファードは「上品」「高級感」など。(とはいえ2018年のマイナーチェンジで、アルファードもなかなかの迫力を持った車になりましたが…)

悩まれる方は、外観や、第一印象で気になった車の試乗をしてみることをオススメします。可能であれば乗り比べてみるのもいいですね。

トヨタ 新型ヴェルファイア どこが変わった?変更点まとめ

●安全性能の進化
●一部の意匠変更(ヘッドランプ、フロントグリル、フロントバンパー、バックドアガーニッシュ、リヤコンビネーションランプ)
●LEDシーケンシャルターンランプ(流れるウィンカー)採用
●インテリアの向上(メーター加飾やシート表皮、木目の色変更)
●最上級グレード「エクスクルーシブ ラウンジZ」を設定
●「Executive Lounge(新設定「Executive Lounge Z」を含む)」のガソリンモデル及び「VL」、「ZG」は搭載エンジンが2GR-FKS型に、ATは8速仕様の「Direct Shift-8AT」に変更

トヨタ 新型ヴェルファイア 新CMはこれ!

なんともヴェルファイアらしい、クールでアグレッシブ、力強さがありますね。

トヨタ 新型ヴェルファイア 詳細情報

トヨタ 新型ヴェルファイア エクステリア

マイナーチェンジを経て、さらに、「押し出し感」が強まったと言われるヴェルファイア。

ヘッドランプ、フロントグリル、フロントバンパー、バックドアガーニッシュ、リヤコンビネーションランプを意匠変更。

また、最近多く採用されているLEDシーケンシャルターンランプ(流れるウィンカー)を採用しました。

フロントビューを中心に進化を遂げたエクステリアは、ヘッドランプの大型化に加え、エアロボディはダンベル形状をテーマとしたデザインでよりダイナミックに仕上がっています。

スタンダードボディは、ひとつの金属の塊のように見えるグリルでクールかつモダンなテイストを加えました。

トヨタ 新型ヴェルファイア インテリア

新型ヴェルファイア、インテリアはどうなのでしょうか。

新型ヴェルファイアは、メーター加飾やシート表皮、木目の色を変更し、高級感が高まりました。

また、エアロ仕様として、ゆとりのセカンドシートを備える最上級グレード「エグゼクティブ ラウンジZ」も設定しています。

専用インテリアとして「ブラック&ホワイト」の内装色を採用し、シルバー木目調の専用加飾や、防汚処理加工を施したホワイト色のプレミアムナッパ本革シートを採用してモダンな空間を演出しています。

トヨタ 新型ヴェルファイア スペック/燃費/ボディサイズ/エンジン他

 
【トヨタ ヴェルファイア(ExecutiveLounge Z)】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,935×1,850×1,935mm(ホイールベース:3,000mm)
室内高×室内幅×室内高 3,210×1,590×1,400mm
最大乗車定員7名
車両重量2,150kg
燃費JC08モード:10.6km/L
エンジン種類V型6気筒
最高出力(kW(PS)/rpm)221kW (301PS) /6,600rpm
最大トルク(N・m/rpm)361N·m (36.8kgf·m) /4,600~4,700rpm
タンク容量 75L
駆動方式2WD/4WD
トランスミッション8速オートマチック(Direct Shift-8AT)

パワーユニットは2.5リットル4気筒エンジンベースのガソリン車およびハイブリッドモデルに加え、よりダイレクトな走りと高い燃費性能を実現するV6 3.5リットルエンジン(最高出力301ps・2GR-FKS)&ダイレクトシフト-8AT採用モデルを追加。

また、構造用接着剤の適応範囲拡大や高剛性ガラス接着剤の使用などによりボディ剛性を高め、優れた操縦安定性と乗り心地を実現しています。

トヨタ 新型ヴェルファイア 安全性能

トヨタセーフティセンス第2世代版

新型ヴェルファイアは、安全性能もパワーアップしています。

まず、第2世代に進化した予防安全パッケージ「トヨタ セーフティ センス」を全車標準装備しました。

「プリクラッシュセーフティ」や、レーダークルーズコントロール使用時に、同一車線内中央を走行できるよう、ドライバーのステアリング操作をアシストする新機能「レーントレーシングアシスト」を搭載しました。

さらに、後退時の死角を検知して注意喚起してくれる「リヤクロストラフィックアラート」や「ブラインドスポットモニター」を新設定しています。

トヨタ 新型ヴェルファイア グレード別新車価格

価格は、標準ボディが335万4480円から735万8040円です。
一方、エアロボディは369万2520円から750万8160円です。


標準ボディのエントリーグレードはXで、一番高級なグレードは新しく設定された「HYBRID Executive Lounge」モデルになります。

エアロボディのエントリーグレードはZで、一番高級なグレードはHYBRID Executive Lounge Zです。

※エアロボディ…さらにダイナミックさを増したエクステリアを持ったヴェルファイアのこと。
エアロタイプにふさわしい、重厚感のあるブラックの内装色。ボディカラーには、力強さを表現したレッド系の専用色を新規設定しました。

トヨタ 新型ヴェルファイア 中古価格

気になるのは、ヴェルファイア新型の中古価格ですよね。

調べてみたところ、エントリーモデルであるZは約380万円~400万円。Gエディションは約461万円~480万円と新車価格とほぼ同じ価格帯でした。

1月8日に発売されたため、さすがに値下がりはしていません。

また、それなら前期型のヴェルファイアは安くなったのでは?と思いこちらも調べてみましたが、未だに約450万円以上はする価格帯ですので、中古車だからお得、新型が出たから旧型は安くなっている、とは言えないようです。

今ヴェルファイア新型が欲しい、という方は素直に新車で買った方がよさそうです。

トヨタ 新型ヴェルファイア 評価・評判・レビュー

それでは、ヴェルファイア新型、実際に乗った感想はどうなのでしょうか。

試乗記を見ていきたいと思います!

のんびり寛げるクルマ、ヴェルファイア

のんびりと寛げるという点において、今のところこのクルマの右に出るものはないかもしれない。怒涛の加速感は完全にドライバーの自己満足にのみはけ口を求め、2列目の住人はそのエンジンが3.5リットルV6だろうがハイブリッドだろうが、どうでもいい話…である。それにしても周囲も一目置き、快適かつ高性能で、しかも売ってある意味特をするクルマと来れば、誰もが欲しがるのは当たり前のような気がする。近年は中国や東南アジアでもこのクルマの人気ものすごいことになっているようだ。

リセールバリューが異様に高い

それはリセールバリューが異様に高いから。つまり、乗っていて売却しても損はしないクルマだからという側面も大きいと思う。多少無理をして買っても、リセールがいいから次に繋がるというわけだ。そのリセールバリュー、3年乗った兄弟車の『アルファード』は楽々と残価率80%を超えて、90%に近い。つまり、まあ走行距離にもよるのだろうが、3年乗って750万円のクルマを600万円以上で下取ってもらえるというわけだ。

トヨタ 新型ヴェルファイア 発売日

新型ヴェルファイアは、2018年1月8日よりアルファードと共に発売中です。

最後に

いかがでしたでしょうか。

本記事では、ビッグマイナーチェンジを経たトヨタの大人気ミニバン・ヴェルファイア新型についてお届けしました。

ヴェルファイアが気になっている貴方、そして現在ヴェルファイアオーナーで新型ヴェルファイアが気になっている貴方も、新型ヴェルファイア、どうでしょうか?

関連する投稿


トヨタのライトエースバン・トラックの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧

トヨタのライトエースバン・トラックの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧

トヨタライトエースは、街中でも商用車として走行されることが多いワンボックスタイプのキャブオーバー型のバン・トラックです。本記事ではそんなライトエースバン・トラックに焦点を当てて見ていきたいと思います。


トヨタのマークXの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価は

トヨタのマークXの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価は

マークXはトヨタ自動車がマークⅡの実質の後継車として、2004年より製造販売しているセダンです。 スタイリッシュな外観とスポーティな走りを得意としており、普通のまじめなセダンとは一線を画します。本記事ではそんなマークXについてまとめています。


トヨタ プリウス4WDの実力、そして気になる評価は?

トヨタ プリウス4WDの実力、そして気になる評価は?

大幅マイナーチェンジでどう変わった? 2015年12月9日に発売されたトヨタ プリウス4WDをトヨタ自動車は2018年12月17日に大規模マイナーチェンジしました。発売から丸三年を経過したプリウス4WDはどう変わったのか、一緒に見て行きましょう!


トヨタの代表的な車種「プリウス」のモデルチェンジの特徴や歴史、中古車価格ほか

トヨタの代表的な車種「プリウス」のモデルチェンジの特徴や歴史、中古車価格ほか

トヨタのヒット車種「プリウス」は、幾度となく進化を遂げてきました。最近のモデルでは、個性的なフロントフェイスが採用されユーザーからの指示離れも目立ってきており、ライバル車が次々に進化していくこともあり売り上げや人気は低迷してます。今回の記事では、燃費性能や走行性能に優れている「プリウス」の特徴や歴史を各モデルごとに詳しく解説していきます。


オデッセイ・ハイブリッド|燃費・実燃費から評価は?中古価格も紹介

オデッセイ・ハイブリッド|燃費・実燃費から評価は?中古価格も紹介

1994年から発売されている、ホンダのオデッセイは発売当初から今もとても人気があるミニバンです。初代モデルから現行モデルまで、デザインが変更されてきましたが、どのモデルも根強い人気があります。こちらの記事では、オデッセイ ハイブリッドモデルの燃費と実燃費に、ユーザーやジャーナリストによる評価の紹介や中古車価格などについて合わせて掲載しています。


最新の投稿


1ナンバーに関係するお金の話:任意保険は?維持費は?

1ナンバーに関係するお金の話:任意保険は?維持費は?

1ナンバーとは、何なのか?1ナンバーで気になる税金の事について、どの費用がいくら位かかるのかを4ナンバーの比較を交えて、任意保険や維持費などを紹介します。車にかかる費用は他にも色々あります。細かい部分まで掘り下げて疑問をスッキリさせてみましょう。


【タイミングチェーンとは】交換時期や費用、ベルトとの違いや異音の説明も

【タイミングチェーンとは】交換時期や費用、ベルトとの違いや異音の説明も

車検を受ける際はさまざまなパーツを換える必要がありますが、タイミングチェーンというパーツもよく換える場合があります。 タイミングチェーンを換える場合は車検費用が高くなるでしょう。 ここでは、タイミングチェーンについて、その交換時期や費用、タイミングベルトとの違いや異音の原因と対処法まで一挙ご紹介します。


【スクールゾーンの規制】標識や時間帯、違反時の罰則と許可証の申請について

【スクールゾーンの規制】標識や時間帯、違反時の罰則と許可証の申請について

スクールゾーンの法的根拠や、具体的にどのような規制があるか、その表示方法などと、車の通行ができない場合の許可についてわかりやすく解説しています。違反した場合には罰則もあるので、標識などで確認することが大事です。


ローダウンはかっこいい?やり方は?車検は通る?

ローダウンはかっこいい?やり方は?車検は通る?

ローダウンは車好きが乗るイメージが強いです。合法化されてからは、街中でも見かけるようになりましたね。ローダウンの仕組みやジャッキの使いかたは気になりますね。ローダウンの乗り心地や、車検に通るのかまで一気に詳しく紹介していきます。


マットブラックは大変?塗装は自分でできる?コーディング方法も紹介

マットブラックは大変?塗装は自分でできる?コーディング方法も紹介

あなたはマットブラックに塗装された車を見たことはありますか?独特の存在感がありますよね。深みのある色合いが車ファンを魅了しています。今回はマットブラックに塗装することのメリット・デメリット、コーティングなどによるお手入れの方法も紹介していきます。