目次へ戻る

アルファード/ヴェルファイア改良新型発売!新V6搭載!押し出し感も満載!?

アルファード/ヴェルファイア改良新型発売!新V6搭載!押し出し感も満載!?

トヨタのミニバン、アルファードとヴェルファイアがマイナーチェンジされ、1月8日に発売されました。アルファードとヴェルファイアはどう変わったのか?改めて見ていきたいと思います。


トヨタの人気ミニバン・アルファードとヴェルファイアが改良され1月8日より発売中

アルファード

ヴェルファイア

トヨタのミニバン、アルファードとヴェルファイアが改良され、1月8日より販売開始しています。本記事では多数の写真と共に、新しくなったアルファードとヴェルファイアについて見ていきたいと思います。

ミニバンにあふれる高級感!トヨタの新型アルファード

アルファードはマイナーチェンジで…

まず、アルファードについて見ていきましょう。

今回のマイナーチェンジで、アルファードは第2世代に進化した予防安全パッケージ「トヨタ セーフティ センス」を全車標準装備(ヴェルファイアと共通)となりました。

自転車運転者や夜間歩行者も検知できる「プリクラッシュセーフティ」、レーダークルーズコントロール使用時に、同一車線内中央を走行できるよう、ドライバーのステアリング操作をアシストする新機能「レーントレーシングアシスト」を搭載し、さらには後退時の死角を検知して注意喚起する「リヤクロストラフィックアラート」や「ブラインドスポットモニター」を新設定。

安全性能の強化が図られています。

トヨタの新型アルファード 気になるエクステリア紹介

エクステリアはヘッドランプ、フロントグリル、フロントバンパー、バックドアガーニッシュ、リヤコンビネーションランプを意匠変更し、LEDシーケンシャルターンランプ(流れるウィンカー)の採用など、それぞれの個性を際立たせたことが特徴です。

トヨタの新型アルファード インテリアはより高級感を

また、新型アルファードのインテリアではメーター加飾やシート表皮、木目の色を変更し、高級感を高めました。

またエアロ仕様として、ゆとりのセカンドシートを備える最上級グレード「エクスクルーシブ ラウンジS」を設定したほか、専用インテリアとして「ブラック&ホワイト」の内装色を採用し、シルバー木目調の専用加飾や、防汚処理加工を施したホワイト色のプレミアムナッパ本革シートとともに、先進的でモダンな室内空間を演出しています。

さらに、ハイブリッドのエアロ仕様にエントリーグレードの「S」が設定されています。

トヨタの新型アルファード V6 3.5リットルエンジンを搭載

パワートユニットは2.5リットル4気筒エンジンベースのガソリン車およびハイブリッドモデルに加え、よりダイレクトな走りと高い燃費性能を実現するV6 3.5リットルエンジン(最高出力301ps・2GR-FKS)&ダイレクトシフト-8AT採用モデルを追加しました。

また、よりボディ剛性を高めたことによって、優れた操縦安定性と乗り心地を実現させています。

トヨタの新型アルファード 価格は約335万円から

価格は335万4480円から750万8160円です。

押し出し感がよりパワーアップ!トヨタの新型ヴェルファイア

ヴェルファイアも、安全性能が進化

基本的に、安全性能部分はアルファードと同じです。

第2世代に進化した予防安全パッケージ「トヨタ セーフティ センス」を全車標準装備し、「プリクラッシュセーフティ」や、レーダークルーズコントロール使用時に、同一車線内中央を走行できるよう、ドライバーのステアリング操作をアシストする新機能「レーントレーシングアシスト」を搭載しました。

さらに、後退時の死角を検知して注意喚起する「リヤクロストラフィックアラート」や「ブラインドスポットモニター」を新設定しています。

トヨタの新型ヴェルファイア 押し出し感MAXのエクステリアとは

さらに、「押し出し感」が強まったヴェルファイア。ヘッドランプ、フロントグリル、フロントバンパー、バックドアガーニッシュ、リヤコンビネーションランプを意匠変更し、また、最近多く採用されているLEDシーケンシャルターンランプ(流れるウィンカー)も採用されています。

トヨタの新型ヴェルファイア インテリアも豪華に

ヴェルファイアも、アルファードと同様にインテリアではメーター加飾やシート表皮、木目の色を変更し、高級感を高めています。

また、エアロ仕様として、ゆとりのセカンドシートを備える最上級グレード「エクスクルーシブ ラウンジZ」を設定。

専用インテリアとして「ブラック&ホワイト」の内装色を採用し、シルバー木目調の専用加飾や、防汚処理加工を施したホワイト色のプレミアムナッパ本革シートを採用してモダンな空間に。

さらに、ハイブリッドのエアロ仕様にエントリーグレードの「Z」も設定しました。

トヨタの新型ヴェルファイア 最高出力301ps!!

パワーユニットは2.5リットル4気筒エンジンベースのガソリン車およびハイブリッドモデルに加え、よりダイレクトな走りと高い燃費性能を実現するV6 3.5リットルエンジン(最高出力301ps・2GR-FKS)&ダイレクトシフト-8AT採用モデルを追加。

また、構造用接着剤の適応範囲拡大や高剛性ガラス接着剤の使用などによりボディ剛性を高め、優れた操縦安定性と乗り心地を実現しています。

トヨタの新型ヴェルファイア 価格はアルファードと同じ、335万円から

もちろん、価格もアルファードと同じで、335万4480円から750万8160円です。

最後に

1月8日より販売開始された、トヨタの新型アルファード、新型ヴェルファイアについて改めてまとめました。

アルファードとヴェルファイア、どちらも人気のミニバンでしたが、進化して更に性能も向上、内装も一層オシャレに仕上がっています。

新年明け、今までミニバンが気になっていた人にはオススメしたい一台です!

関連する投稿


トヨタ プリウスPHV モデル別中古車価格まとめ

トヨタ プリウスPHV モデル別中古車価格まとめ

トヨタのプリウスPHVをモデル別にご紹介します。中古車の価格と合わせて見ていきます。


30万以下で購入できる!トヨタ軽自動車の中古車 5選

30万以下で購入できる!トヨタ軽自動車の中古車 5選

トヨタは80年以上もの長い歴史を持つ自動車メーカーです。今回はそのトヨタの歴史について中古車情報と一緒に見ていきましょう。


トヨタ セダンのハイブリッド車 SAI 中古車価格まとめ

トヨタ セダンのハイブリッド車 SAI 中古車価格まとめ

トヨタ SAIといえば、プリウスに次いで2車種目のハイブリッド専用の車です。現在は生産を終了していますが、高級車としての乗り心地や静寂性、ボディ剛性は高く今でも人気がある車といえます。今回は、トヨタ SAIの中古価格をまとめましたので一緒に見ていきましょう。


トヨタ ヴィッツ 中古車価格まとめ

トヨタ ヴィッツ 中古車価格まとめ

トヨタ ヴィッツといえば、日本を代表するコンパクトカーの1つです。小型車市場においては、日本だけではなく世界的に大きな影響を与えた車がヴィッツなのです。今回は、トヨタ ヴィッツの特徴や、中古価格をまとめましたので一緒に見て行きましょう。


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【8月更新】


最新の投稿


岡山県北部地区の道の駅一覧|粟倉温泉をたずねて

岡山県北部地区の道の駅一覧|粟倉温泉をたずねて

岡山県も残すは中国山脈側を残すのみとなりました。前回は瀬戸内海側(南部)を紹介してまいりましたが、今回は北部側の道の駅を紹介しましょう。


トヨタ プリウスPHV モデル別中古車価格まとめ

トヨタ プリウスPHV モデル別中古車価格まとめ

トヨタのプリウスPHVをモデル別にご紹介します。中古車の価格と合わせて見ていきます。


ヨガやダンスも出来る「道の駅 いちかわ」の見どころを解説!

ヨガやダンスも出来る「道の駅 いちかわ」の見どころを解説!

都心にほど近い千葉県の道の駅である「道の駅 いちかわ」。 スタイリッシュな建物の中には、ショップ、レストラン、カフェだけでなく、ラウンジ、カルチャースペース、スタジオ等の様々な施設がそろっています。今回は、そんな道の駅 いちかわの見どころを紹介していきます。


デコトラ制作の老舗 アートフレンド|歴史やその特徴に迫ります!

デコトラ制作の老舗 アートフレンド|歴史やその特徴に迫ります!

アートトラック、カスタム、デコトラの制作を手掛けて20年以上の歴史を誇るアートフレンド。事業全体では自動車産業以外にも幅広く活躍する企業へと発展したアートフレンドグループの概要をご紹介します。


30万以下で購入できる!トヨタ軽自動車の中古車 5選

30万以下で購入できる!トヨタ軽自動車の中古車 5選

トヨタは80年以上もの長い歴史を持つ自動車メーカーです。今回はそのトヨタの歴史について中古車情報と一緒に見ていきましょう。