目次へ戻る

アルファード/ヴェルファイア改良新型発売!新V6搭載!押し出し感も満載!?

アルファード/ヴェルファイア改良新型発売!新V6搭載!押し出し感も満載!?

トヨタのミニバン、アルファードとヴェルファイアがマイナーチェンジされ、1月8日に発売されました。アルファードとヴェルファイアはどう変わったのか?改めて見ていきたいと思います。


トヨタの人気ミニバン・アルファードとヴェルファイアが改良され1月8日より発売中

アルファード

ヴェルファイア

トヨタのミニバン、アルファードとヴェルファイアが改良され、1月8日より販売開始しています。本記事では多数の写真と共に、新しくなったアルファードとヴェルファイアについて見ていきたいと思います。

ミニバンにあふれる高級感!トヨタの新型アルファード

アルファードはマイナーチェンジで…

まず、アルファードについて見ていきましょう。

今回のマイナーチェンジで、アルファードは第2世代に進化した予防安全パッケージ「トヨタ セーフティ センス」を全車標準装備(ヴェルファイアと共通)となりました。

自転車運転者や夜間歩行者も検知できる「プリクラッシュセーフティ」、レーダークルーズコントロール使用時に、同一車線内中央を走行できるよう、ドライバーのステアリング操作をアシストする新機能「レーントレーシングアシスト」を搭載し、さらには後退時の死角を検知して注意喚起する「リヤクロストラフィックアラート」や「ブラインドスポットモニター」を新設定。

安全性能の強化が図られています。

トヨタの新型アルファード 気になるエクステリア紹介

エクステリアはヘッドランプ、フロントグリル、フロントバンパー、バックドアガーニッシュ、リヤコンビネーションランプを意匠変更し、LEDシーケンシャルターンランプ(流れるウィンカー)の採用など、それぞれの個性を際立たせたことが特徴です。

トヨタの新型アルファード インテリアはより高級感を

また、新型アルファードのインテリアではメーター加飾やシート表皮、木目の色を変更し、高級感を高めました。

またエアロ仕様として、ゆとりのセカンドシートを備える最上級グレード「エクスクルーシブ ラウンジS」を設定したほか、専用インテリアとして「ブラック&ホワイト」の内装色を採用し、シルバー木目調の専用加飾や、防汚処理加工を施したホワイト色のプレミアムナッパ本革シートとともに、先進的でモダンな室内空間を演出しています。

さらに、ハイブリッドのエアロ仕様にエントリーグレードの「S」が設定されています。

トヨタの新型アルファード V6 3.5リットルエンジンを搭載

パワートユニットは2.5リットル4気筒エンジンベースのガソリン車およびハイブリッドモデルに加え、よりダイレクトな走りと高い燃費性能を実現するV6 3.5リットルエンジン(最高出力301ps・2GR-FKS)&ダイレクトシフト-8AT採用モデルを追加しました。

また、よりボディ剛性を高めたことによって、優れた操縦安定性と乗り心地を実現させています。

トヨタの新型アルファード 価格は約335万円から

価格は335万4480円から750万8160円です。

押し出し感がよりパワーアップ!トヨタの新型ヴェルファイア

ヴェルファイアも、安全性能が進化

基本的に、安全性能部分はアルファードと同じです。

第2世代に進化した予防安全パッケージ「トヨタ セーフティ センス」を全車標準装備し、「プリクラッシュセーフティ」や、レーダークルーズコントロール使用時に、同一車線内中央を走行できるよう、ドライバーのステアリング操作をアシストする新機能「レーントレーシングアシスト」を搭載しました。

さらに、後退時の死角を検知して注意喚起する「リヤクロストラフィックアラート」や「ブラインドスポットモニター」を新設定しています。

トヨタの新型ヴェルファイア 押し出し感MAXのエクステリアとは

さらに、「押し出し感」が強まったヴェルファイア。ヘッドランプ、フロントグリル、フロントバンパー、バックドアガーニッシュ、リヤコンビネーションランプを意匠変更し、また、最近多く採用されているLEDシーケンシャルターンランプ(流れるウィンカー)も採用されています。

トヨタの新型ヴェルファイア インテリアも豪華に

ヴェルファイアも、アルファードと同様にインテリアではメーター加飾やシート表皮、木目の色を変更し、高級感を高めています。

また、エアロ仕様として、ゆとりのセカンドシートを備える最上級グレード「エクスクルーシブ ラウンジZ」を設定。

専用インテリアとして「ブラック&ホワイト」の内装色を採用し、シルバー木目調の専用加飾や、防汚処理加工を施したホワイト色のプレミアムナッパ本革シートを採用してモダンな空間に。

さらに、ハイブリッドのエアロ仕様にエントリーグレードの「Z」も設定しました。

トヨタの新型ヴェルファイア 最高出力301ps!!

パワーユニットは2.5リットル4気筒エンジンベースのガソリン車およびハイブリッドモデルに加え、よりダイレクトな走りと高い燃費性能を実現するV6 3.5リットルエンジン(最高出力301ps・2GR-FKS)&ダイレクトシフト-8AT採用モデルを追加。

また、構造用接着剤の適応範囲拡大や高剛性ガラス接着剤の使用などによりボディ剛性を高め、優れた操縦安定性と乗り心地を実現しています。

トヨタの新型ヴェルファイア 価格はアルファードと同じ、335万円から

もちろん、価格もアルファードと同じで、335万4480円から750万8160円です。

最後に

1月8日より販売開始された、トヨタの新型アルファード、新型ヴェルファイアについて改めてまとめました。

アルファードとヴェルファイア、どちらも人気のミニバンでしたが、進化して更に性能も向上、内装も一層オシャレに仕上がっています。

新年明け、今までミニバンが気になっていた人にはオススメしたい一台です!

関連する投稿


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【10月22日更新】


【最新版】2019年以降発売が予測されるトヨタの新型車&モデルチェンジ情報

【最新版】2019年以降発売が予測されるトヨタの新型車&モデルチェンジ情報

2019年以降に発売されると予測・期待されているトヨタの新型車&新車&モデルチェンジ情報をまとめています。スープラ、RAV4……。あなたの気になるトヨタ車はあるでしょうか。トヨタ車が好きな方、必見です!


カローラツーリングスポーツ新型 最新情報 パワートレイン 日本発売日ほか

カローラツーリングスポーツ新型 最新情報 パワートレイン 日本発売日ほか

カローラシリーズのワゴンタイプ、カローラツーリングスポーツ。パリモーターショー2018にて、欧州市場に向けての発売が発表されましたね。トヨタは欧州市場において使用していた「オーリス」の名前を廃止し、グローバルネームの「カローラ」に統一する方針を示しています。ますます動向の気になるカローラツーリングスポーツの最新情報です


トヨタ 新型RAV4が2019年春日本復活!デザインや価格、仕様はどうなる!?

トヨタ 新型RAV4が2019年春日本復活!デザインや価格、仕様はどうなる!?

トヨタの世界戦略車の一つ、クロスオーバーSUVのRAV4が2019年春に日本復活すると公式サイトより発表がありました。新型RAV4の予想されるデザインや、スペック、価格などについて掲載しています。【10月15日更新】


【復活!?】スープラの次はMR2復活か?!改めて知りたいトヨタのMR2

【復活!?】スープラの次はMR2復活か?!改めて知りたいトヨタのMR2

トヨタのスープラ復活の次は、MR2が復活するのでは!?という情報が飛び込んできました。本記事では、そんなトヨタの初のミッドシップ車、MR2について改めてまとめてみました。


最新の投稿


【続々登場】カッコイイ!プレミアムな最先端EVカーまとめ 発売日・価格ほか

【続々登場】カッコイイ!プレミアムな最先端EVカーまとめ 発売日・価格ほか

EVはデザインがいまいち!?いえいえそれはもう過去のお話です。各メーカーが、続々とカッコイイ・プレミアムなEVカーを発表・発売しています。本記事ではそんな最新のプレミアムなEVカーをまとめました。価格は?日本発売日は?スペックは?


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【10月22日更新】


【F1】第18戦 アメリカGP フェラーリのライコネンが5年ぶりの優勝!

【F1】第18戦 アメリカGP フェラーリのライコネンが5年ぶりの優勝!

F1アメリカGPの決勝レースが21日、テキサス州のサーキット・オブ・ジ・アメリカズで行われました。結果は、キミ・ライコネン(フェラーリ)が2013年の開幕戦以来5年ぶりの優勝を飾ることになりました。


【東京オートサロン2019】開催は1月11日~13日!【先取り】

【東京オートサロン2019】開催は1月11日~13日!【先取り】

カスタムトレンドをけん引している東京オートサロン。東京オートサロン2019が1月11日~13日、幕張メッセにて開催されます。2019年のオートサロンはどんな内容になるのでしょうか。オートサロンを先取りです。


助手席にチャイルドシートを乗せるのは違反ではない?注意点と取付け方

助手席にチャイルドシートを乗せるのは違反ではない?注意点と取付け方

法律でも決まっているチャイルドシートの着用ですが、自分の目の届く場所にいて欲しいという思いから助手席にチャイルドシートの設置を検討している親御さんも少なくないと思います。本記事では、助手席にチャイルドシートを乗せる危険性と助手席にチャイルドシートを載せる場合の取り付け方や注意点をまとめてご紹介していきます。