目次へ戻る

ケルヒャーから電源も水道もいらないバッテリー式家庭用洗浄機が発売!

ケルヒャーから電源も水道もいらないバッテリー式家庭用洗浄機が発売!

ケルヒャーといえば高圧洗浄機と言われるようにドイツの世界的企業で、クリーニング技術のマーケットリーダーです。ケルヒャーから電源も水源もいらないバッテリー式家庭用洗浄機が発売されたので詳細をご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


はじめに

高圧洗浄機といえばケルヒャーを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?
ケルヒャーはドイツの世界的企業で、クリーニング技術のマーケットリーダー企業です。

自宅でのマイカー洗車にとても重宝されるの高圧洗浄機ですが、今回ケルヒャーから電源も水源もいらないコンパクトで持ち運び可能なバッテリー式家庭用洗浄機「マルチクリーナー OC 3」が発売されました。

今回はこのマルチクリーナーだけでなく、ケルヒャー及びケルヒャーの高圧洗浄機のラインナップについて見ていきたいと思います

ケルヒャーの歴史

ケルヒャーは、発明家のアルフレート・ケルヒャーによって1935年に設立されたドイツのヴィンネンデンに本拠をおく、清掃システム機器を販売製造する会社です。

ケルヒャーはブランド名としても有名ですね。

ケルヒャーといえば高圧洗浄機の製品の黄色い製品カラーを想像するかたも多いのではないでしょうか。

ケルヒャー社の日本法人は「ケルヒャー ジャパン」として1988年に設立されました。
日本では高圧洗浄機やスチームクリーナーが有名です。TVの通販番組などで紹介されているのをご覧になられた方も多いのではないでしょうか。

ちなみに家庭用品の市場シェアは65%と業界トップのリーダー企業です。

KARCHER(ケルヒャー) マルチクリーナー OC 3 1.680-009.0

ケルヒャーの高圧洗浄機ラインアップ

ケルヒャーの高圧洗浄機はグレードによってベースモデルのK2からK3、K4、最高スペックのK5まででわかれています。

Kの後の数値が大きくなるほど高性能、高価格になっていき主に、最大許容圧力、最大吐出水量に違いがあります。

ちなみにマルチクリーナー「OC3」のスペックは最大吐出圧力 0.5MPa 、吐出水量 (l/min)は最大 2となっています。

K2とK3の違いはパワーより、静音性を重視するかどうかとなります。

近所の目が気になるのという方は、K3サイレントモデルをチョイスすれば静音モデルだけあって音は特に気になりません。

価格的には約1万円刻みとなっていて、K3サイレントは2万円ほどで購入可能となっています。

K3サイレントは水冷式静音タイプの高圧洗浄機で、世界初の水冷式モーターを採用して体感音は従来モデルの約半分ということで住宅街でも近所に気兼ねなく高圧洗浄ができ、メーカー保証も3年の長期保証と安心です。

ケルヒャー以外の高圧洗浄機は日本ではアイリスオーヤマやリョービなどもでてきていますが、売れ筋はケルヒャーに部があります。

Karcher(ケルヒャー) 【軽量&コンパクト】高圧洗浄機 K2クラシックプラスカーキット K2CPC

KARCHER(ケルヒャー) ケルヒャー 高圧洗浄機 サイレント (50Hz東日本地区用) 1.601-448.0 K3SLB/5

ケルヒャー(KARCHER) 高圧洗浄機 K 4 サイレント ホームキット(60Hz)

ケルヒャー(KARCHER) 高圧洗浄機 K 5 サイレント カー&ホームキット(50Hz)

実際につかってみての感想

実際のケルヒャーK3サイレントの使い心地ですが、とても満足度が高いです。

マイカーはボディもホイールもコーティング施工してあるのでケルヒャーによる高圧洗浄機の水洗いだけで十分きれいになります。

雪の汚れや花粉、ホコリ・チリ等の汚れが面白いように落ちます。ホイールコーティングしてあるのでホイールの汚れも、こびりつく前であれば余裕で落とせます。

逆に水圧が強いため、塗装面が心配になる程です。

ケルヒャーを購入する前は、毎回コイン洗車場のホース型の高圧洗浄機で500円を投入し洗車をするのが恒例でしたが、ケルヒャーを手に入れてからは自宅前で手軽に洗車ができるので、洗車回数も増えました。

電源や水源がいらない洗浄機家庭用マルチクリーナー「OC 3」

さて本題の電源や水源がいらないケルヒャー初の洗浄機家庭用マルチクリーナー「OC 3」が3月1日発売になりました!

この新製品は、ケルヒャー初の給水タンク一体型のバッテリー式家庭用洗浄機です
バッテリーと給水タンク一体型を採用して電源や水道がない場所でも使用できるというメリットは非常に大きいです。

水道の約2倍の圧力の水流で手軽且つ迅速に汚れを落とすことができます。

K2やK3などの高圧洗浄機と比べると水圧はあまり強くないため、高圧洗浄機というよりマルチクリーナーという名称がぴったりです。

電源のないところでも使用可能なので、キャンプ場やビーチなど電源のない外出先などでもサッと使用ができるのは嬉しいですね。

また給水タンク(4L)に水を入れておけば水道がない場所でも使用できるので水源のない場所でも利用できるのも大きな特徴です。

1回の充電時間は3時間で約15分の連続使用できますが、4Lタンクの水は約2分間で使いきってしまうので2分以上使うなら新たに水を汲む必要があります。

本体は
寸法(長さ×幅×高さ) (mm) 277 x 234 x 201
とコンパクトで重さも2.2kgと軽量なのでクルマのトランクに常備しておいても良いでしょう。

さいごに

今回、洗浄機家庭用マルチクリーナー「OC 3」を紹介しましたが、コンパクトで持ち運び可能な、バッテリータイプの洗浄機ということで、今までのケルヒャーとは違うシーンでも利用が可能な、中々魅力的な製品となっています。

ケルヒャーがおすすめする清掃対象や場所としては、自転車・オートバイ、アウトドア用品、ガーデニング用品、ベビーカー、ペットなどが挙げられています。

例えば、ペットの犬の汚れを落としたり、泥をパット洗い流したり、自転車の汚れをさっと綺麗にしたりなどいろんなシーンで活躍してくれそうですね。

水圧高圧洗浄機K2やK3の替わりにはなりませんが、最初のケルヒャーとしても、追加の1台としてもなかなか有用なアイテムだなという印象ですね。

これが市場に受け入れられるか注目したいですね!

KARCHER(ケルヒャー) マルチクリーナー OC 3 1.680-009.0

電源・水源いらず!家庭用洗浄機を発売へ…ケルヒャー | CAR CARE PLUS

https://carcareplus.jp/article/2018/02/03/3549.html

ケルヒャー ジャパンは、同社初となる電源・水源いらずの洗浄機家庭用マルチクリーナー『OC 3』を3月1日より発売する。

関連する投稿


エンジンオイルの交換|オイル交換費用の相場・交換時期はいつ?

エンジンオイルの交換|オイル交換費用の相場・交換時期はいつ?

エンジンオイル交換をどこで行うかで悩む方も多いと思います。ディーラーやオートバックスなどのカー用品店・専門店、ガソリンスタンドと様々な場所がありますが今回は料金や時間などからおすすめの場所を解説していきます。そして交換時期・目安も。


【ジャンプスターター】 人気・おすすめ厳選6選!

【ジャンプスターター】 人気・おすすめ厳選6選!

あまり聞き慣れない「ジャンプスターター」。ジャンプスターターとは車のバッテリーが上がってしまった時に直せるアイテムです。本記事では使い方や選び方、おすすめ商品まで紹介いたします!バッテリートラブルの解消に役立つこと請け合いです!


プレクサスとは?洗車やバイク、ヘッドライトへの効果から使い方まで解説!

プレクサスとは?洗車やバイク、ヘッドライトへの効果から使い方まで解説!

プレクサスはヘッドライトやプラスチック製品全般に効果的です。当記事ではプレクサスの効果や使い方、使ってはいけない箇所、注意点についてを徹底解説していきます。


ETCの取り付け方法&店舗での取り付けにかかる工賃・時間も比較!

ETCの取り付け方法&店舗での取り付けにかかる工賃・時間も比較!

ETCの取り付けをどこですれば良い?そもそも自分で取り付けることは可能?ETCの取り付け方やカー用品点等で取付ける場合の料金・費用は?取り付けにかかる時間は?その他、自分でETCを取付ける際の注意点などを説明しています。


オイルキャッチタンク 効果と取り付け方紹介 仕組みと車検時の注意も解説

オイルキャッチタンク 効果と取り付け方紹介 仕組みと車検時の注意も解説

ブローバイガスによるエンジン及び燃焼に関係する部品の性能低下を防ぐために取り付けられるのがオイルキャッチタンクと呼ばれる部品です。レースなどでは安全性の面からも装着義務が定められていますが、今回はオイルキャッチタンクについて、どのようなものか、その効果や取り付け方法、及び車検に通す際の注意点などを紹介します。


最新の投稿


【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

ホンダをホンダたらしめるものとは、一体何でしょう? 人によって答えは異なると思いますが、誰もが認める80〜90年代の素晴らしいホンダらしさを最も色濃く備えていた車の1台こそ、歴代のCR-Xではないでしょうか。軽量FFボディと高回転までガンガン回るスポーツエンジンの組み合わせに、ホンダらしい独自発想の問題解決法の数々。詳しく見ていきましょう。


日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

現在ではあまり見られない鼻先がしっかり長いトールコンパクトが日産 キューブです。惜しまれつつも2019年末で生産中止となり、3代続いた歴史は途絶えてしまっていますが、人気車だっただけに中古車も選びやすいです。読んだ後は中古車市場でキューブを探したくなること間違いなし、歴代キューブの魅力をご紹介していきます。


トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

若い方には馴染みがないかもしれませんが、一定以上の年齢の方は「ソアラ」という車名にはえも言われぬ上級感を感じられる方も多いのでは。トヨタ随一のラグジュアリークーペであるソアラは、先進装備を満載し、すでに兆しの見えていた国産自動車の飛躍を先回りして実現した名車でした。詳しく振り返っていきましょう。


【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

トヨタ セルシオ/レクサス LSは、レクサスブランドを世界レベルまで押し上げた張本人であり、欧米で確立されたブランド力を持つ高級車メーカーを震撼させたと言います。今回は、世界が驚いた日本の高級車、セルシオについて見ていきましょう。


日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

トヨタのヤリスクロス投入などで現在も人気が爆発しているコンパクトSUVクラスに、日産からはジュークが参戦していました。その独特なスタイリングとSUVながら重視された操縦安定性をはじめとする運動性能は高い人気を得ていたのに、なぜ初代だけでブランド終了となってしまったのでしょうか? ジュークの魅力をご紹介しつつ、真相に迫りたいと思います。