目次へ戻る

無限パーツで改良新型「ジェイド」は旧オデッセイを彷彿させるデザインに!

無限パーツで改良新型「ジェイド」は旧オデッセイを彷彿させるデザインに!

5月18日よりホンダ・ジェイドの改良新型が発売されました。同時に無限は、改良新型用の各種パーツを発売しました。無限らしい先進的なデザインに、機能とデザインを両立した様々なパーツが設定され、装着モデルは旧オデッセイを彷彿させるデザインとなります。当記事にて詳しく紹介していきます。


はじめに

5月18日よりホンダ・ジェイドの改良新型が発売されました!

同時に無限も、改良新型用の各種パーツを発売しました。

「Advanced & Sporty」をコンセプトとして無限らしい先進的なデザインに、機能とデザインを両立した様々なパーツが設定され、装着モデルは旧オデッセイを彷彿させるデザインとなっています。

それぞれのパーツを詳しく見ていきましょう!

無限フロントアンダースポイラー

改良新型ジェイドに新しく設定されたブラックルーフにあう、カラード仕上げ(設定4色)と艶消しブラック塗装仕上げの2トーン仕様のフロントアンダースポイラーです。

装着は標準装備バンパーの一部をカットして装着となり、真空成型のPPE製です。
無限エンブレム付属でカラード仕上げが¥88,560
未塗装で¥83,160となっています。

フロントアンダースポイラーのオプション品のエアロイルミネーションを組あわせて装着することでさらに迫力あるデザインになります。
エアロイルミネーションは高輝度LEDを採用したバータイプでイグニッションオンに連動して常時点灯します。
照射光はシャープなホワイトです。
価格は¥37,800です。

バックミラーに映ったら思わず道を譲ってしまいそうですね。

無限サイドスポイラー

サイドスポイラーはボディカラーとツヤ消しブラック塗装の2トーン仕様が用意されています。

標準装備のサイドシルガーニッシュを取り外して装着します。
真空成型のPPE製。左右セット。
こちらもカラード仕上げ(設定4色)×ツヤ消しブラック塗装仕上げが用意されています。

カラード仕上げ¥68,040、未塗装が¥62,640の価格設定です。

サイドスポイラーはサイドデザインを引き締めますし、乗り込むたびに目に入りますから満足度は高いですね。

無限リアアンダースポイラー

リアアンダースポイラーは無限デュアルサイレンサー用と標準装備マフラー用がそれぞれ専用開発され用意されました。

ボディカラーとツヤ消しブラック塗装の2トーンを基調とし、無限デュアルサイレンサー同時装着タイプにはフィニッシャー部に専用のガーニッシュが付属されます。
装着はバンパー下部に被せて装着で、真空成型のPPE製です。

価格はカラード仕上げが¥77,760、未塗装が¥72,360となっています。

デュアルサイレンサーは高い排気効率と消音性能を両立した専用品です。
無限リアアンダースポイラーと同時装着で一体感のあるデザインを実現しています。

保安基準適合の交換用マフラー事前認証制度認定品ということで、車検やディーラーでの点検も問題ありませんね!

ちなみにリアアンダースポイラー(デュアルサイレンサー同時装着タイプ)装着車のみ装着可能となっています。

価格は、¥140,400です。

予算次第ですが、無限デュアルサイレンサーを同時装着して迫力あるリアにしたいところですね!

アルミホイール 「MDJ」18インチ

ジェイド専用に開発された18インチアルミホイール「MDJ」には、ブラッククリアミラーフェイスが追加設定されています。

ホイールは5本スポークを基調として、カラーはクリア塗装を施した切削面とダークガンメタリックの2トーンとしたダークガンメタリックミラーフェイスと、全面にブラッククリア塗装を施したブラッククリアミラーフェイスの2タイプが用意されています。

リムにスピニング加工を施すことで、薄くしながらも高い剛性を確保し、軽量化にも大きく貢献しているとのことです。
サイズは18×71/2Jインセット45となっています。

流石専用設計のホイールだけあってデザイン、フィット感もバッチリで、スポーティでかなりカッコいいです!

1本45,360円となっていますが、エアロとホイールの無限パッケージとしてお得なエアロホイールセットで一緒に買ったほうが良いと思います。

お得なエアロホイールセット

エアロとホイールの無限パッケージとしてお得なエアロホイールセット

スタイリングセットとアルミホイール「MDJ」4本をセットにしてお得な価格としたエアロホイールセットが用意されています。

フロントアンダースポイラー / サイドスポイラー / リアアンダースポイラー(デュアルサイレンサー同時装着タイプ)の3点エアロとアルミホイール「MDJ」4本をセットで価格は¥374,220となっています。

単品価格での合計は ¥415,800なので4万円くらいお得になっています。

無限スポーツサスペンション

更にスポーティな走りやハンドリングを追求したい方には乗り心地とスポーツ性を両立した無限チューニングのスポーツサスペンションも用意されています。

ノーマルに対して減衰力をアップすることで、ステアリング操作に対するフロントのレスポンスの良さとリアの安定性を向上させます。
ダンパーとスプリングのアッセンブリで、車高は約-20mm下がるので見た目にも走り的にも魅力ある装備ですね♪

価格は¥194,400です。

LED内蔵の親水性広角ブルーミラー

その他、標準装備ドアミラーと交換タイプの親水性広角ブルーミラーが用意されています。

多層膜コーティングを施したブルー色鏡面で防眩効果を高め、親水コートで雨天時の視界を確保してくれるすぐれものです。

曲率をR側L側共に1000Rとなってるのでかなり視野角がアップするので、後方視界がかなり見やすくなりますね。

さらウインカー使用時は鏡面に内蔵したLEDがウインカーに連動して発光してくれます。
無限ロゴまで入ってテンションもアップしますね!

価格はドアミラー交換タイプなので24,840円と少しお高いですが満足度は高そうです。

ドライカーボン素材を採用した球形状のセレクトノブ

またスポーティな演出といえばシフトノブですね。

アルミニウム素材にドライカーボンを積層させた球形状のセレクトノブが用意されています。

φ50という適度なサイズとすることで操作性を向上させ、スポーティなシフトチェンジをアシストします。

上部に無限ロゴを配したアッパーロゴタイプと、サイドに無限ロゴをレイアウトしたサイドロゴタイプが用意されています。
筆者的にはアッパーロゴタイプが好みですね。
価格は¥19,440円です。

さいごに

無限パーツかなりカッコいいものが多くお財布と相談だとは思いますが、悩みながらチョイスして自分好みの車を作るのも楽しいですよね!

この無限パーツを搭載したジェイドをみてイメージしたのが旧型オデッセイです。

低ルーフで迫力あるデザインと走行性能を実現したミニバンで筆者的にかなり好みのミニバンでした。

今回のマイナーチェンジでジェイドRSは走行面で、高回転域の加速フィーリング向上を図る「全開加速アップシフト制御」と、制動時にエンジンの回転数を上げる「ブレーキ時ステップダウンシフト制御」を採用し、走りの部分でもパワーアップされています。

無限パーツのデザインとマイナーチェンジで走りも更に向上したジェイドは走れるミニバンとしてかなり魅力的なクルマになったのではないでしょうか!
ホンダの売りである安全運転支援システム「Honda SENSING」を全グレードに標準装備して安全面の配慮もバッチリです。

スポーティグレードのRSに2列5人掛けを用意したことで、ミニバンからスポーツワゴンのカテゴリにも属するようになり、スバル・レヴォーグ一人勝ちの日本のステーションワゴンのカテゴリーの顧客も取り込もうという意識も感じられます。

ホンダ・ストリームの後継として発売されたジェイドですが、マイナーチェンジ前の低調な販売台数を打破してストリームのように販売終了にならないように少しでも販売台数を伸ばして欲しいですね!

筆者的にもマイナーチェンジされたジェイド一度機会あれば試乗してみたいと思います

関連する投稿


ホンダ新型軽バン「N-VAN(エヌバン)」の販売台数情報!売れてる?売れてない?

ホンダ新型軽バン「N-VAN(エヌバン)」の販売台数情報!売れてる?売れてない?

7月13日に発売されたホンダ新型軽バン「N-VAN(エヌバン)」ですが、はたらくクルマに革命を起こせるか注目の一台ですが、実際に受注状況はどうなのでしょうか?全国軽自動車協会連合会が発表した2018年7月 軽四輪車 通称名別 新車販売確報からN-VANと他のライバル車の受注状況を分析します。


売れに売れてる「N-VAN」は本当に買うべきクルマなのか?

売れに売れてる「N-VAN」は本当に買うべきクルマなのか?

新しもの好きもオッチョコチョイも、愛すべきクルマ好きであることは確かであり、メーカーもこれらの人たちのおかげで商売ができているのは否定できない。でも、行き過ぎた幻想を与えすぎてはいけないとの思いから、せっかくのフィーバーに水をかけてみたいと思う。まずは、ホンダの新型軽バン「N-VAN」から。


ホンダ HR-V(日本名:ヴェゼルに相当)欧州仕様に1.5ターボ搭載!

ホンダ HR-V(日本名:ヴェゼルに相当)欧州仕様に1.5ターボ搭載!

ホンダの欧州部門、ホンダモーターヨーロッパは8月13日、『HR-V』(日本名:『ヴェゼル』に相当)の2019年モデルを発表しました。


新型CR-V!ホンダのミッドサイズSUVが2018年8月に日本復活!ハイブリッド導入

新型CR-V!ホンダのミッドサイズSUVが2018年8月に日本復活!ハイブリッド導入

2018年に、ホンダのミッドサイズSUV・CR-Vが復活すると噂されています。2016年に日本では販売終了となったCR-Vですが、昨今のSUV人気・市場拡大を受けてホンダのCR-Vも再始動スタートです!!また、今回のCR-Vには、日産のe-powerに似た性能を持つハイブリッドモデルも搭載されるとか!?【8月13日更新


【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2018年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるのでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報をまとめています!これを読めば日本の2018年発売が予測される新車情報を一気に先取りです!


最新の投稿


「クルマといっしょに旅しよう」!カートラジャパン2018開催!詳細情報

「クルマといっしょに旅しよう」!カートラジャパン2018開催!詳細情報

アイデアとツール次第でカートラベルはもっと自由になる。クルマといっしょなら、旅の楽しみ方は無限大。をコンセプトにした、クルマ×トラベルのイベント、「カートラジャパン2018」が9月28日~30日まで幕張メッセにて開催されます。日常でもっとクルマを楽しみたい方、クルマでの旅が好きな方必見です。開催日程・アクセス・チケット


【圧倒的スペック】トヨタ「GRスーパースポーツ」市販型 気になる値段は億超え!?

【圧倒的スペック】トヨタ「GRスーパースポーツ」市販型 気になる値段は億超え!?

トヨタが2018年1月の東京オートサロンで発表した、『GRスーパースポーツ コンセプト』市販型に関する新たな情報を入手しました。それによると量産モデルでは、何もかもがトヨタ史上最高レベルとなることが予想されるとのこと。そして気になるのがその価格。なんとなんと1億超えとの噂!?


【一部改良】ダイハツ ムーヴキャンバス スマアシⅢ搭載で9月3日発売

【一部改良】ダイハツ ムーヴキャンバス スマアシⅢ搭載で9月3日発売

ダイハツは軽自動車『ムーヴキャンバス』のグレード体系を変更し、全グレードで衝突回避支援システム「スマートアシストIII」を標準装備します。発売は9月3日予定です。いったいどこが変更になったのか?最新情報をまとめました。


BMW「3シリーズ ツーリング」がスクープ!発売時期は?

BMW「3シリーズ ツーリング」がスクープ!発売時期は?

BMWの主力商品で、欧州市場においてはメルセデス・ベンツCクラスと人気を2分する存在であるBMW 3シリーズ。そんなBMW「3シリーズ」の「3シリーズ ツーリング」のプロトタイプのインテリア・エクステリアスクープされました。本記事ではBMW「3シリーズ ツーリング」の最新情報をご紹介します。


ホンダ新型軽バン「N-VAN(エヌバン)」の販売台数情報!売れてる?売れてない?

ホンダ新型軽バン「N-VAN(エヌバン)」の販売台数情報!売れてる?売れてない?

7月13日に発売されたホンダ新型軽バン「N-VAN(エヌバン)」ですが、はたらくクルマに革命を起こせるか注目の一台ですが、実際に受注状況はどうなのでしょうか?全国軽自動車協会連合会が発表した2018年7月 軽四輪車 通称名別 新車販売確報からN-VANと他のライバル車の受注状況を分析します。