目次へ戻る

ジェイド苦戦 ウィッシュ販売終了でスポーティミニバン市場の行く末は?

ジェイド苦戦 ウィッシュ販売終了でスポーティミニバン市場の行く末は?

過去ホンダ「ストリーム」、トヨタ「ウィッシュ」などスタイリッシュでスポーティなミニバンが人気があった時代がありましたが、近年はトヨタ「ウィッシュ」は販売終了、ストリーム後継のホンダ「ジェイド」も販売台数が月間100台を切る状況で販売台数は大苦戦中です。この3列スポーティミニバン市場がどうなっていくのか分析してみます。


はじめに

過去ホンダ「ストリーム」、トヨタ「ウィッシュ」などのスタイリッシュでスポーティなミニバンが人気の時代がありました。

しかし、近年ではトヨタ「ウィッシュ」は販売終了に、ストリーム後継のホンダ「ジェイド」も販売台数は低迷し、月間100台を切る状況で大苦戦となっています。

ジェイドは5月のマイナーチェンジで3列シートをあきらめ「ジェイドRS」を2列5人乗り仕様へ変更してきました。

今回はこの3列スポーティコンパクトミニバン市場について分析してみました

ホンダ ジェイド、トヨタ ウィッシュの直近の月間販売台数は?

まずは気になる最近の販売台数の情報です。

日本自動車販売協会連合会が発表している月次の乗用車通称名別台数(メーカー別)によると、
ホンダ ジェイドが2017年1月が77台、2月が50台の登録台数。

2017年10月にひっそりと販売終了となったトヨタ ウィッシュが、1月69台、2月55台と在庫車両とはいえ寂しい登録台数になっています。

ジェイドは2018年5月にマイナーチェンジを控えていますが、3月4月は更に販売台数が減りそうです。

月間100台も売れない問い状況で、決して人気があるとは言えない状況に。

ジェイドの2015年の月販目標台数は3,000台と発表されていますが、かなりの未達状態となっています。

年間販売台数も、
2015年合計 約12,000台
2016年合計 約6500台
2017年合計 約2,000台

と、尻すぼみな状態が続きます。

トヨタ ウィッシュに間しては、プリウスαに役目を引き継ぎ同ジャンルでの販売台数の確保は可能ですが、現行車種でこの販売台数のホンダ ジェイドは危機的状況と感じざるを得ない状況です。

ジェイドは2018年5月のマイナーチェンジでかなりのテコ入れをしてきたので期待したい所です。

なぜこのカテゴリーのクルマが売れなくなったのか?

スポーティで車高が低いミニバンの先駆者といえば、ホンダ オデッセイではないでしょうか。

販売当時からしばらくかなりの人気車でした。

オデッセイよりコンパクト且つ3列シートで、車高も低く走りも楽しめるミニバンということで2000年に誕生したホンダ ストリームも、お手頃サイズのミニバンとして大人気となったモデルでした。

ストリームは2006年にフルモデルチェンジで2代目となりましたが、トヨタ ウィッシュが後出しの強みで販売台数を伸ばし、ミニバンの競争も激しく2014年5月に販売終了となりました。

初代ストリームからの累計販売台数は約50万台でした。

マツダからは、このカテゴリーではMPVを販売しており「スポーツカーの発想で、ミニバンを変える」としていましたが、CX-8発表の際にミニバン自体の開発販売を終了する旨を発表しています。

元祖スポーティミニバンであるオデッセイも、スポーティ路線だけでは厳しくなり最新モデルではスライドドアや、燃費の良いハイブリットモデルを用意したり、車内の利便性や広さにもかなり気を使っています。

近年は、N-BOXに代表されるように車内の広さもかなり重視されるようになり、スポーティ路線だけでミニバン市場を生き残るのは厳しいのかもしれません。

また、SUV人気にも押されミニバンユーザーであった層が様々なカテゴリーに流れている気がします。

さいごに

若干ニッチと言えるコンパクトスポーティミニバン市場ですが、ホンダらしく走りを妥協しないスポーティなコンパクトミニバンということでジェイドには是非頑張って欲しいですね。

5月のマイナーチェンジでは2列5人乗り仕様や、スポーツハイブリッドを搭載したモデルも用意、安全運転支援システム「ホンダ センシング」を全タイプに標準装備と、かなり力の入ったマイナーチェンジとなっています。

2列5人乗り仕様がでミニバンと呼べるかどうかは微妙な線引きではあるものの、RS専用色「プレミアムクリスタルオレンジ メタリック」でブラックルーフ仕様のチョイスはデザイン的にも惹かれます。

マイナーチェンジで息を吹き替えしたステップワゴンのように、ジェイドにも頑張ってもらい、このスポーティコンパクトミニバン市場の火を消さないで欲しいと願います。

関連する投稿


【2月15日発売】三菱のデリカD:5新型 価格・スペック・燃費・変わった点は?

【2月15日発売】三菱のデリカD:5新型 価格・スペック・燃費・変わった点は?

2月15日、ついに三菱のオールラウンドミニバン・デリカD:5が発売されました。新型デリカD:5は、フロントデザインコンセプトのダイナミックシールドを取り入れ、装いも新たに生まれ変わりました。いったいどのような姿に進化したのか?最新情報をお届けします。


ホンダの高級車ブランド アキュラ|現行モデルを一覧で紹介!日本でも買える?

ホンダの高級車ブランド アキュラ|現行モデルを一覧で紹介!日本でも買える?

ホンダが展開する海外向け高級車ブランド「アキュラ」。当記事では、アキュラから現行販売されている車種を一覧にて紹介すると共に、アキュラブランド立ち上げの背景や、ラインナップ車種の中古車価格などについて合わせて掲載しています。


ホンダの中型SUVパスポート新型 2月より米国発売!

ホンダの中型SUVパスポート新型 2月より米国発売!

ホンダの米国部門は1月29日、新型『パスポート』(Honda Passport)の詳細を発表しました。米国ベース価格は3万1990ドル(約350万円)で、2月に販売を開始する予定です。日本未発売のため、あまり知られていないパスポート。いったいどんなSUVなのでしょうか。


【販売台数ランキング】ホンダN-BOXが2018年ダントツで売れたクルマに!

【販売台数ランキング】ホンダN-BOXが2018年ダントツで売れたクルマに!

全軽自協が2018年(1~12月)の車種別新車販売台数を発表しました。 ホンダ「N-BOX」が過去最高の241,870台で軽自動車では4年連続、登録車を含む新車販売台数においては2年連続となる第1位を獲得しました。 販売台数ランキングやN-BOXの販売台数推移、今後の展望などを見ていきましょう


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【1月9日更新】


最新の投稿


クルマのインジェクションとは。仕組み・役割からキャブ車との違いを説明

クルマのインジェクションとは。仕組み・役割からキャブ車との違いを説明

世の中には、インジェクション攻撃、インジェクション成形、インジェクションステーキなど、インジェクションと名の付くものはたくさんありますが、ここで取り上げるインジェクションとはフューエルインジェクション(Fuel Injection System)。ガソリンエンジンの燃料噴射装置です。その仕組みと役割、歴史について説明しています。


【2月15日発売】三菱のデリカD:5新型 価格・スペック・燃費・変わった点は?

【2月15日発売】三菱のデリカD:5新型 価格・スペック・燃費・変わった点は?

2月15日、ついに三菱のオールラウンドミニバン・デリカD:5が発売されました。新型デリカD:5は、フロントデザインコンセプトのダイナミックシールドを取り入れ、装いも新たに生まれ変わりました。いったいどのような姿に進化したのか?最新情報をお届けします。


車のターボタイマーとは?必要性や取り付けに掛かる費用、使い方まで徹底解説

車のターボタイマーとは?必要性や取り付けに掛かる費用、使い方まで徹底解説

ターボ車に取り付けるターボタイマー。ターボ車に長く乗ってある人であれば役割や必要性について理解していると思いますが、これから初めてターボ車に乗る方やNA車(非ターボ車)に乗っている方にとっては、どのような役割なのかご存知でない方も多いもではないでしょうか?今回はターボタイマーの必要性から取り付け方や費用、使い方について紹介していきます。


ベントレーのSUV ベンテイガ! 試乗記・新車価格は?

ベントレーのSUV ベンテイガ! 試乗記・新車価格は?

ベントレー初のSUV、それが『ベンテイガ』です。ベンテイガは2016年から発売されています。2000万円以上もする高級SUVのため、なかなか見る機会は少ないかもしれないこの一台。本記事ではベンテイガについてまとめています。


トヨタ カローラ新型欧州仕様発表!3ボディが揃い踏み!

トヨタ カローラ新型欧州仕様発表!3ボディが揃い踏み!

トヨタ自動車の欧州部門、トヨタモーターヨーロッパは2月13日に、新型『カローラ』(Toyota Corolla)シリーズの詳細を発表しました。日本で発売されたハッチバック(日本名:『カローラスポーツ』)だけでなく、ワゴン、4ドアセダンと、3種類のボディタイプが欧州では設定されるとのことです。