目次へ戻る

マツダCX-8はミニバンユーザーを引き付けることが出来るのか?

マツダCX-8はミニバンユーザーを引き付けることが出来るのか?

2017年9月14日に発表され、12月14日に発売された新型「CX-8」は、6人または7人乗りで、CX-5などと共通ながらも、改良を加えてパワーと燃費性能を高めた2.2LのディーゼルエンジンSKYACTIV-D 2.2を搭載し、これまで逃していたユーザーの獲得も図っていく車種です。


月間販売計画台数の約6倍の受注台数を達成する人気

顧客ターゲットはとくに設定していないというものの、「プレマシー」と「ビアンテ」というミニバンをモデルチェンジさせることなく、販売を終了することを決定しているマツダにとって「CX-8」の背負うものはかなり大きいはず。

国内ではサイズが大きすぎる、価格が高すぎるといわれた「CX-8」ですが、正式発売前に月間販売計画台数の約6倍という受注台数を達成していることからも、国内でも十分需要があることを証明してみせました。

絶妙なサイズ感のCX-8

CX-9

CX-8

3列シートのSUVでは、マツダには北米向けに「CX-9」がありますが、サイズ的に大きく、国内への導入は中々難しい。

そこで、全長4900mm、全幅1840mm、全高1730mm、ホイールベース2930mmという国内でもすでに受け入れられている「CX-5」より、全長だけ長いサイズで、日本の道路・駐車場事情を意識した寸法に収めた「CX-8」が登場したわけなのです。

それでは、この3列シートSUVが国内で受け入れられるとすれば、どのような利用方法で、どのようなユーザーが利用するのでしょうか。「3列目を含むすべての乗員が楽しめる快適性と静粛性」を特長としているとはいえ、3列目シートのミニバンほどのスペースはなく、スライドドアもないために乗降性も比較になりません。

しかも、2.2Lのディーゼルエンジン専用車ということもあり、319万円台から419万円台というCX-5よりさらに高額な価格設定も、ミニバン代わりというには高く感じます。

ターゲット層はどこにあるのか?

しかし、人気のSUVスタイルであることから、常に多人数乗車する機会がないユーザーであれば2列目までが快適に座れればいい。

3列目は折り畳み、CX-5以上に広い荷室があるのでレジャーにも使える。

また、CX-5より長いルーフにより、非常にスマートなスタイリングになり、単純に「カッコイイ」という利点もあります。まさに、魂動デザインをまとって洗練されたSUVスタイルと、多人数乗車・ユーティリティの両立という点に共感を持つユーザーに向けた車種と言えます。

価格帯も含めて考えれば、5ナンバークラスのミニバンユーザーに向けた商品というよりも、エスティマやオデッセイといったプレミアムミニバンユーザー、もしくはCX-5などのSUVが手狭に思うアクティブユーザー向けと思うのが正解でしょう。

意外と多い国産3列シートSUV

CX-8 インテリア

日産エクストレイル

国内には、日産エクストレイル、三菱アウトランダー、そしてまもなく販売が終了するスバルのエクシーガクロスオーバー7、それにランドクルーザーなどの大型SUVを含めると、3列シートのSUVは意外と多く存在しています。

しかし、大型SUVとエクシーガクロスオーバー7以外は、基本的に2列シート車で、3列目は補助席的な扱いですが、CX-8は伸長180cmクラスの人でもゆとりがある設計となっています。

海外でも、3列シートSUVの人気は広まりつつあり、その勢いはより小型車へと広がっています。マツダの戦略は、国内専用のミニバンというガラパゴス車種よりも、海外でも受け入れられるSUVであるほうが効率がいい車種であることも、ミニバンを諦め、CX-8にかけた要因であるはずです。

まとめ

スバル アセント

月間販売計画台数1,200台という控えめな目標のCX-8ですが、予約受注台数が、発売前の約3か月で、販売計画台数の約6倍の7,362台となったことを発表しました。したがって、メーカーの予想を上回り、大化けする可能性も否定できない人気です。

そうなれば、今のところ国内導入の予定がないスバルの「アセント」も、エクシーガクロスオーバー7の後継車種として国内販売の可能性もゼロとは言い切れません。

つまりCX-8は、日本に3列シートSUVが根付き、ミニバンに代わる人気ジャンルになることができるかという重要な責任もが背負っているのです。

関連するキーワード


マツダ 車種情報 SUV CX-8

関連する投稿


トヨタの超人気SUV C-HR(CHR)!スペック~ユーザー評価等 完全網羅!

トヨタの超人気SUV C-HR(CHR)!スペック~ユーザー評価等 完全網羅!

C-HRが気になっていたものの購入を迷っている方、もう少しC-HRを知りたい、そんな方々向けに、改めてC-HRの情報(中古車価格・燃費・グレード別価格他)魅力をまとめてみました。【12月12日更新】


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【12月11日更新】


【まさか復活!?それとも】マツダがMX-6を商標登録 MX-6とは

【まさか復活!?それとも】マツダがMX-6を商標登録 MX-6とは

マツダが『MX-6』の名前を商標登録していたことが判明しました。これは、日本の特許庁の公式サイトから明らかになったものです。このMX-6とは、過去にマツダが発売していたクーぺ。これはいったい…?


スズキのスペーシアに SUV風のスペーシアギア登場!発売は12月

スズキのスペーシアに SUV風のスペーシアギア登場!発売は12月

人気の軽ハイトワゴン、スズキのスペーシアに、SUV風が登場する!?という情報が飛び込んできました。クロスオーバーSUVな装いの、その名も「スペーシア ギア」。本記事ではスペーシアギアの今明らかになっている最新情報をまとめています。


【ロサンゼルスモーターショー2018】マツダ3/アクセラ セダン&ハッチバック初公開

【ロサンゼルスモーターショー2018】マツダ3/アクセラ セダン&ハッチバック初公開

マツダは、ロサンゼルスモーターショー2018で新型『マツダ3』(日本名『アクセラ』)を世界初公開しました。北米モデルのボディタイプはハッチバックとセダンの2種類を用意しています。新型エンジン「SKYACTIV-X」の採用もあって、今大注目のアクセラ新型に迫りました。


最新の投稿


今でも惜しまれる事故死「音速の貴公子」アイルトン・セナを振返る

今でも惜しまれる事故死「音速の貴公子」アイルトン・セナを振返る

生涯をレースに捧げ「音速の貴公子」と呼ばれた天才レーサー「アイルトン・セナ」。1994年 レース中の事故によって亡くなり、今でもファンからの悲しむ声が絶えません。そんなアイルトン・セナの幼少期からレーサー時代の経歴、そして、悲劇の事故について。また、彼の残した逸話や名言の数々を紹介いたします。


タントの特別仕様車が登場!タントの新車価格・スペックほか

タントの特別仕様車が登場!タントの新車価格・スペックほか

ダイハツは、軽乗用車『タント』に特別仕様車「VSシリーズ」を設定し、 12月3日から発売しています。今回のタント特別仕様車「VSシリーズ」は、「X “VS SAIII”」、「カスタムX “トップエディション VS SAIII”」、「カスタムRS “トップエディションVS SAIII”」の3種類から選べます。


トヨタの超人気SUV C-HR(CHR)!スペック~ユーザー評価等 完全網羅!

トヨタの超人気SUV C-HR(CHR)!スペック~ユーザー評価等 完全網羅!

C-HRが気になっていたものの購入を迷っている方、もう少しC-HRを知りたい、そんな方々向けに、改めてC-HRの情報(中古車価格・燃費・グレード別価格他)魅力をまとめてみました。【12月12日更新】


【3年ぶりの復活】ランドローバー ディフェンダー 2019年以降登場か

【3年ぶりの復活】ランドローバー ディフェンダー 2019年以降登場か

復活が噂されていた、ランドローバーディフェンダー。ついにその次期型プロトタイプを激写しました。復活すれば約3年ぶりのこととなります。次世代プラットフォーム「MLA」を採用した他、EVの設定も噂されています。


BMWの1シリーズ次期型プロトタイプ激写 1シリーズってどんな車?

BMWの1シリーズ次期型プロトタイプ激写 1シリーズってどんな車?

BMWの1シリーズ次期型のプロトタイプを激写しました。今回の次期型で、最大の特長と言えば「UKL」プラットフォームに別れを告げ、同ブランド初となるフロントホイール・ドライブ用「FAAR」を採用することです。ワールドプレミアは2019年初頭なのではと言われている1シリーズ新型について追いました。