目次へ戻る

スバルの新型SUV アセント。日本発売の可能性を示す?3つのポイント

スバルの新型SUV アセント。日本発売の可能性を示す?3つのポイント

2017年11月28日。アメリカで開催されたロサンゼルスモーターショー2017にて、スバルは新型SUVであるアセントを初公開しました。最新情報と合わせ、北米専用車であるアセントの日本国内での販売の可能性を様々な観点から考えます。


スバル 3列シート7人乗り(7~8人)SUV「アセント」初公開!

スバルは、ロサンゼルスモーターショー2017のプレビューイベントにて、3列シート7人乗りの新型SUV「アセント」を初公開しました。

初公開されたアセント

スバル 新型SUV アセント ボディサイズやスペックは?

発表された新型SUV「アセント」の主要スペックは下記となっています。

 
スバル アセント サイズ・主要スペック
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,998 × 1,930 × 1,819 mm(ホイールベース:2,890 mm)
最大乗車定員7名・8名
最低地上高220 mm
エンジン種類FA24型 2.4L水平対向4気筒DOHC 直噴ターボ
出力260 hp / 5600 rpm
トルク277 lb-ft / 2000-4800 rpm
タンク容量 73L
駆動方式シンメトリカルAWD

安全性能では、スバルの運転支援システム、アイサイトを全車に標準装備するなど予防安全性能を追求するほか、新開発の「2.4L 4気筒水平対向直噴ターボエンジン」は、6気筒を凌駕する程の動力・燃費性能を実現しているようです。

発売は「2018年初夏」に販売開始予定となっています。

スバル 新型SUV「アセント」。誕生までの経緯

2017年4月に開催されたニューヨークモーターショー2017にて初公開された「アセントSUVコンセプト」の市販版が今回ロサンゼルスモーターショーで初公開された「アセント」になります。

ニューヨークモーターショー2017で初公開された「アセントSUVコンセプト」

また「アセント」は、2014年1月をもって生産終了となったスバルの北米専用車「トライベッカ」の後継車種。

スバル トライベッカ

2015年に「3列シートSUV生産」を明言

トライベッカが生産終了となった翌年の2015年11月に、米国スバルは「2018年から米国インディアナ工場(SIA)において、3列シートの新型クロスオーバー車を生産する」と発表していました。

2016年9月には、オーストラリアの自動車メディアが「Auto Guide」が、トライベッカ後継車(現アセント)のプロトタイプ車両の映像をキャッチしています。

同プロトタイプが、マツダの北米向け3列シートSUV「CX-9」を引き連れて走行テストをしている模様がスクープされました。

2016年11月に前身モデル「VIZIV-7」が初公開

その2ヶ月後となるロサンゼルスモーターショー2016にて、公開された「VIZIV-7 SUVコンセプト」がトライベッカ後継車としての初のコンセプトモデルとなります。

ロサンゼルスモーターショー2016で公開された「VIZIV-7 SUVコンセプト」

この時にもスバルは、「2018年にスバルが北米市場に導入予定の3列シートのミッドサイズSUVのサイズ感を表現した」とコメントしていました。

「VIZIV-7 SUVコンセプト」のボディサイズは、全長5,200mm、全幅2,030mm、全高1,860mm、ホイールベース2,990mmでした。

2017年4月にアセントSUVコンセプトを発表

そこからおよそ半年後となる2017年4月のニューヨークモーターショー2017にて「アセントSUVコンセプト」を発表。

「アセントSUVコンセプト」のボディサイズは「VIZIV-7」と比較すると小さくなり、全長5,050mm、全幅1,989mm、全高1,838mm、ホイールベースが2,972mmとなっていました。

そして、2017年11月に開催しているロサンゼルスモーターショー2017にて、市販モデルとなる「アセント」が誕生したのです。

スバル新型SUV アセント。3つの事から考える日本発売の可能性。

北米専用車として誕生したスバルの新型7人乗りSUV「アセント」ですが、日本での発売の可能性はあるのでしょうか。

「アセントSUVコンセプト」が発表された際にも、日本での販売計画については一切触れられていませんでした。

アセントSUVコンセプト

ボディサイズから考える日本発売の可能性

大型サイズのSUVで、日本国内での発売は無いだろうというのが大方の予想ですが、アセントが初公開されるまでの間に登場した2つのコンセプトモデルと、アセント。

徐々にそのボディサイズを小さくしていっているのにお気づきでしょうか。

 
ボディサイズ比較 (全長×全幅×全高)
VIZIV-75,200 × 2,030 × 1,860 mm(ホイールベース:2,990 mm)
アセントSUVコンセプト5,050 × 1,989 × 1,838 mm(ホイールベース:2,972 mm)
アセント4,998 × 1,930 × 1,819 mm(ホイールベース:2,890 mm)

トライベッカ後継として初のコンセプトモデルである「VIZIV-7」から考えると、全長は-202mm、全幅は-100mmと当初のサイズよりかなり小さくなり「アセント」が誕生していることが伺えます。

サイズ感を他の車種で比較するとトヨタのランドクルーザーと近しいサイズ感になります。

 
ボディサイズ比較 (全長×全幅×全高)
トヨタ ランドクルーザー4,950 × 1,980 × 1,880 mm
スバル アセント4,998 × 1,930 × 1,819 mm

国土交通省が提示している「駐車場設計・施工指針」においても、日本国内の駐車場のサイズ、駐車ますは、小型乗用車は全長5m、全幅2.3m、普通乗用車は全長6m、全幅2.5mを原則としています。

既に同サイズの日本車が存在していることや、コンセプトモデルからのサイズダウン、そのサイズが日本国内の駐車場事情にフィットしている、ということを考えれば明言こそしていないものの、日本国内での発売、販売を充分視野に入れてのことなのではないか?と予測しています。

スバル車種のラインナップから考える日本発売の可能性

もう1点、アセントが日本で発売されるのではないか?と予想させる、気になる点がスバル車のラインナップから2018年3月以降「7人乗り」車種が消えてしまうという点です。

その車種はミニバンから進化したスバルの7人乗りSUV「エクシーガ クロスオーバー7」です。

大きく報じられては居ないものの、2018年3月末をもって生産終了。それに伴って新規の注文は2017年12月18日までとなっています。

これによりスバル車のラインナップから7人乗りの車種(SUV)が消えてしまうのです。

アセントの発売は2018年初夏予定ですが、その穴を埋める目的での日本市場投入も充分ありえるのでは?と考えます。

3列シート・7人乗りSUVの需要から考える日本発売の可能性

SUVの需要は年々高くなっていますが、過去主要なSUV車種はヴェゼルや、C-HR、XVなど、コンパクトサイズのものが多かったのも事実です。

しかし、今まではミニバンがファミリーカーの代名詞でしたが、マツダのCX-8のように、ファミリーカーとして7人乗りSUVを乗る、という考え方や需要は徐々に高まってきています。

マツダ CX-8

アセントのボディサイズ、エクシーガクロスオーバー7が生産終了になり7人乗り車種がスバルから消えてしまうこと、国内の7人乗りSUVの需要、以上の3点から考えれば充分ありえそうな気がしてしまうのは筆者のみでしょうか。

続報に期待!

以上、スバルの新型SUV「アセント」が日本国内で発売されるか否かをあれこれ考え、述べさせて頂きました。

これだけ書いて「北米専用だから日本では売らないよ」となる可能性ももちろん重々ありえます。

しかし日本国内での発売を期待せずにはいられない、スバルの新型SUV「アセント」。

続報が入り次第、随時追って情報をお届けしていきますので、お楽しみに。

関連する投稿


スバルのe-BOXER(イーボクサー)とは?特徴や搭載車を紹介

スバルのe-BOXER(イーボクサー)とは?特徴や搭載車を紹介

一部のスバル車にはe-BOXERが搭載されています。e-BOXERについて知らない方や、名前は知っているけど詳細はわからない、そのような方のために今回はe-BOXERとはどういうものか、特徴や搭載車両をご紹介しています。


【7年ぶりの復活か】三菱の軽クロカン!パジェロミニ新型 はSUVになる?

【7年ぶりの復活か】三菱の軽クロカン!パジェロミニ新型 はSUVになる?

気になるニュースが飛び込んできました。なんと三菱の軽クロカンパジェロミニが復活するかもしれないとのこと。三菱を代表する車のひとつ、パジェロの国内生産終了が決まって、悲しんでいる人も多い中、これは嬉しいニュースですね。本記事では三菱の軽クロカン・パジェロミニ復活の最新情報はもちろんのこと、パジェロミニとはどういう車であったのか、について触れています。


スバルのレオーネとはどういう車だったのか?現在の中古車価格相場も紹介!

スバルのレオーネとはどういう車だったのか?現在の中古車価格相場も紹介!

平成生まれの人だったとしてもレオーネという車の名前を聞いたことがあるかもしれません。今でもそのいぶし銀のような存在感を見せるスバルのレオーネとは、どういう車だったのかについて誕生の経緯やモデルを取り上げて紹介します。また、レオーネの中古車の価格相場もチェックしてみましょう。


【世界初公開】レクサス RX新型 8月日本国内発売

【世界初公開】レクサス RX新型 8月日本国内発売

レクサスは5月30日、マイナーチェンジしたミドルサイズSUV『RX』を世界初公開、8月下旬(予定)に国内での販売を開始すると発表しました。


【2019年4月10日 日本発売】トヨタ RAV4新型 最新情報まとめ

【2019年4月10日 日本発売】トヨタ RAV4新型 最新情報まとめ

2019年4月10日より発売されたトヨタのSUV、RAV4(ラヴフォー)。このRAV4新型に関する最新情報をまとめてご紹介します。日本での発売日はいつ?デザインはどうなる?価格はいくらくらい?エンジンは?RAV4新型の情報を渇望している貴方にこの記事を贈ります!


最新の投稿


ホンダのモビリオ スパイク 中古車情報、スペック、燃費、評価など

ホンダのモビリオ スパイク 中古車情報、スペック、燃費、評価など

みなさんはホンダのモビリオスパイクをご存知でしょうか。モビリオスパイクは小型のトールワゴンです。2002年から2008年まで発売されていました。本記事ではモビリオスパイクの中古車価格をはじめ、スペック、燃費、評価についてもまとめています。


スズキのハッチバック バレーノってどんな車?中古車価格、スペック、燃費、評価ほか

スズキのハッチバック バレーノってどんな車?中古車価格、スペック、燃費、評価ほか

スズキから発売されているバレーノは、ハッチバック型の乗用車です。インドで生産され、世界に発売されています。2019年春ごろよりインド市場のトヨタへOEM供給される予定です。そんなスズキのバレーノについてご紹介していきましょう。


日産のミッドサイズSUV デュアリスの中古車価格、スペック、燃費、評価一覧

日産のミッドサイズSUV デュアリスの中古車価格、スペック、燃費、評価一覧

デュアリスとは、日産のミドルサイズのSUVです。日本では販売終了してしまいましたが、各国では名前を変えて発売されています。「キャシュカイ(QASHQAI)」もしくは「ローグ スポーツ(ROGUE SPORT)」など、一度は車名を聞いたことがあるのではないでしょうか。これが元デュアリスなんです。本記事では改めて日産のSUV、デュアリスについてまとめています。


【カーメイト調べ】半数以上が今後360度録画可能ドラレコが欲しいと回答!

【カーメイト調べ】半数以上が今後360度録画可能ドラレコが欲しいと回答!

カーメイトは、同社製品ユーザーを対象とした交通トラブル実態調査を実施。その結果、ドライブレコーダーの映像が最も活用されたのは「側面衝突」だったことが明らかになりました。また、今後購入するなら360度録画可能のドラレコという意見も上がっています。


【7月ワールドプレミア】フェラーリのワンオフモデル登場!P80/C

【7月ワールドプレミア】フェラーリのワンオフモデル登場!P80/C

フェラーリは6月17日、ワンオフモデルの『P80/C』(Ferrari P80/C)を、7月に英国で開催される「グッドウッドフェスティバルオブスピード2019」において、ワールドプレミアすると発表しています。