目次へ戻る

スバルの新型SUV アセント。日本発売の可能性を示す?3つのポイント

スバルの新型SUV アセント。日本発売の可能性を示す?3つのポイント

2017年11月28日。アメリカで開催されたロサンゼルスモーターショー2017にて、スバルは新型SUVであるアセントを初公開しました。最新情報と合わせ、北米専用車であるアセントの日本国内での販売の可能性を様々な観点から考えます。


スバル 3列シート7人乗り(7~8人)SUV「アセント」初公開!

スバルは、ロサンゼルスモーターショー2017のプレビューイベントにて、3列シート7人乗りの新型SUV「アセント」を初公開しました。

初公開されたアセント

スバル 新型SUV アセント ボディサイズやスペックは?

発表された新型SUV「アセント」の主要スペックは下記となっています。

 
スバル アセント サイズ・主要スペック
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,998 × 1,930 × 1,819 mm(ホイールベース:2,890 mm)
最大乗車定員7名・8名
最低地上高220 mm
エンジン種類FA24型 2.4L水平対向4気筒DOHC 直噴ターボ
出力260 hp / 5600 rpm
トルク277 lb-ft / 2000-4800 rpm
タンク容量 73L
駆動方式シンメトリカルAWD

安全性能では、スバルの運転支援システム、アイサイトを全車に標準装備するなど予防安全性能を追求するほか、新開発の「2.4L 4気筒水平対向直噴ターボエンジン」は、6気筒を凌駕する程の動力・燃費性能を実現しているようです。

発売は「2018年初夏」に販売開始予定となっています。

スバル 新型SUV「アセント」。誕生までの経緯

2017年4月に開催されたニューヨークモーターショー2017にて初公開された「アセントSUVコンセプト」の市販版が今回ロサンゼルスモーターショーで初公開された「アセント」になります。

ニューヨークモーターショー2017で初公開された「アセントSUVコンセプト」

また「アセント」は、2014年1月をもって生産終了となったスバルの北米専用車「トライベッカ」の後継車種。

スバル トライベッカ

2015年に「3列シートSUV生産」を明言

トライベッカが生産終了となった翌年の2015年11月に、米国スバルは「2018年から米国インディアナ工場(SIA)において、3列シートの新型クロスオーバー車を生産する」と発表していました。

2016年9月には、オーストラリアの自動車メディアが「Auto Guide」が、トライベッカ後継車(現アセント)のプロトタイプ車両の映像をキャッチしています。

同プロトタイプが、マツダの北米向け3列シートSUV「CX-9」を引き連れて走行テストをしている模様がスクープされました。

2016年11月に前身モデル「VIZIV-7」が初公開

その2ヶ月後となるロサンゼルスモーターショー2016にて、公開された「VIZIV-7 SUVコンセプト」がトライベッカ後継車としての初のコンセプトモデルとなります。

ロサンゼルスモーターショー2016で公開された「VIZIV-7 SUVコンセプト」

この時にもスバルは、「2018年にスバルが北米市場に導入予定の3列シートのミッドサイズSUVのサイズ感を表現した」とコメントしていました。

「VIZIV-7 SUVコンセプト」のボディサイズは、全長5,200mm、全幅2,030mm、全高1,860mm、ホイールベース2,990mmでした。

2017年4月にアセントSUVコンセプトを発表

そこからおよそ半年後となる2017年4月のニューヨークモーターショー2017にて「アセントSUVコンセプト」を発表。

「アセントSUVコンセプト」のボディサイズは「VIZIV-7」と比較すると小さくなり、全長5,050mm、全幅1,989mm、全高1,838mm、ホイールベースが2,972mmとなっていました。

そして、2017年11月に開催しているロサンゼルスモーターショー2017にて、市販モデルとなる「アセント」が誕生したのです。

スバル新型SUV アセント。3つの事から考える日本発売の可能性。

北米専用車として誕生したスバルの新型7人乗りSUV「アセント」ですが、日本での発売の可能性はあるのでしょうか。

「アセントSUVコンセプト」が発表された際にも、日本での販売計画については一切触れられていませんでした。

アセントSUVコンセプト

ボディサイズから考える日本発売の可能性

大型サイズのSUVで、日本国内での発売は無いだろうというのが大方の予想ですが、アセントが初公開されるまでの間に登場した2つのコンセプトモデルと、アセント。

徐々にそのボディサイズを小さくしていっているのにお気づきでしょうか。

 
ボディサイズ比較 (全長×全幅×全高)
VIZIV-75,200 × 2,030 × 1,860 mm(ホイールベース:2,990 mm)
アセントSUVコンセプト5,050 × 1,989 × 1,838 mm(ホイールベース:2,972 mm)
アセント4,998 × 1,930 × 1,819 mm(ホイールベース:2,890 mm)

トライベッカ後継として初のコンセプトモデルである「VIZIV-7」から考えると、全長は-202mm、全幅は-100mmと当初のサイズよりかなり小さくなり「アセント」が誕生していることが伺えます。

サイズ感を他の車種で比較するとトヨタのランドクルーザーと近しいサイズ感になります。

 
ボディサイズ比較 (全長×全幅×全高)
トヨタ ランドクルーザー4,950 × 1,980 × 1,880 mm
スバル アセント4,998 × 1,930 × 1,819 mm

国土交通省が提示している「駐車場設計・施工指針」においても、日本国内の駐車場のサイズ、駐車ますは、小型乗用車は全長5m、全幅2.3m、普通乗用車は全長6m、全幅2.5mを原則としています。

既に同サイズの日本車が存在していることや、コンセプトモデルからのサイズダウン、そのサイズが日本国内の駐車場事情にフィットしている、ということを考えれば明言こそしていないものの、日本国内での発売、販売を充分視野に入れてのことなのではないか?と予測しています。

スバル車種のラインナップから考える日本発売の可能性

もう1点、アセントが日本で発売されるのではないか?と予想させる、気になる点がスバル車のラインナップから2018年3月以降「7人乗り」車種が消えてしまうという点です。

その車種はミニバンから進化したスバルの7人乗りSUV「エクシーガ クロスオーバー7」です。

大きく報じられては居ないものの、2018年3月末をもって生産終了。それに伴って新規の注文は2017年12月18日までとなっています。

これによりスバル車のラインナップから7人乗りの車種(SUV)が消えてしまうのです。

アセントの発売は2018年初夏予定ですが、その穴を埋める目的での日本市場投入も充分ありえるのでは?と考えます。

3列シート・7人乗りSUVの需要から考える日本発売の可能性

SUVの需要は年々高くなっていますが、過去主要なSUV車種はヴェゼルや、C-HR、XVなど、コンパクトサイズのものが多かったのも事実です。

しかし、今まではミニバンがファミリーカーの代名詞でしたが、マツダのCX-8のように、ファミリーカーとして7人乗りSUVを乗る、という考え方や需要は徐々に高まってきています。

マツダ CX-8

アセントのボディサイズ、エクシーガクロスオーバー7が生産終了になり7人乗り車種がスバルから消えてしまうこと、国内の7人乗りSUVの需要、以上の3点から考えれば充分ありえそうな気がしてしまうのは筆者のみでしょうか。

続報に期待!

以上、スバルの新型SUV「アセント」が日本国内で発売されるか否かをあれこれ考え、述べさせて頂きました。

これだけ書いて「北米専用だから日本では売らないよ」となる可能性ももちろん重々ありえます。

しかし日本国内での発売を期待せずにはいられない、スバルの新型SUV「アセント」。

続報が入り次第、随時追って情報をお届けしていきますので、お楽しみに。

関連する投稿


随時更新【東京モーターショー2019】出展車一覧・開催概要など最新情報

随時更新【東京モーターショー2019】出展車一覧・開催概要など最新情報

東京モーターショー2019が10月24日より東京ビッグサイトにて開催されます。本記事では、トヨタやホンダといった出展車予想情報に始まり、新型車・アクセス情報・駐車場・開催日程・チケット価格などについてまとめています。ほぼ毎日更新していきます!


トヨタの軽! ピクシスジョイ 中古価格と3タイプの魅力まとめ

トヨタの軽! ピクシスジョイ 中古価格と3タイプの魅力まとめ

トヨタ ピクシスジョイはピクシスシリーズの軽トール・および軽SUVテイストの車です。本記事ではそんなピクシスジョイの中古車情報をまとめています。(※情報は2019年9月現在のもの)


トヨタの超人気SUV C-HR(CHR)!スペック~ユーザー評価等 完全網羅!

トヨタの超人気SUV C-HR(CHR)!スペック~ユーザー評価等 完全網羅!

【10月19日更新】トヨタのSUV、C-HR(シーエイチアール)が気になっていたものの購入を迷っている方、もう少しC-HRを知りたい、そんな方々向けに、改めてC-HRの情報(中古車価格・燃費・グレード別価格・ユーザー評価・魅力)をまとめてみました。購入の後押しをできれば幸いです!


【最新版】2020年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2020年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

2020年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるの?本記事では2020年に発売が予測される国産車をピックアップ!トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2020年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【10月16日更新】


三菱のオールラウンドミニバン デリカD:5(ディーファイブ)解説!

三菱のオールラウンドミニバン デリカD:5(ディーファイブ)解説!

SUV型ミニバンの三菱「デリカD:5」は、使い勝手が良く様々なシーンで活躍してくれます。あまり知られていない「D5」の由来から、新車価格・中古価格なども網羅!デリカD:5を検討している人は、是非参考にしてみてください。(※情報は2019年4月現在のもの)


最新の投稿


関東在住者向け!山梨のオススメドライブスポット〜日帰り旅行地まとめ〜

関東在住者向け!山梨のオススメドライブスポット〜日帰り旅行地まとめ〜

今回は関東から日帰りで行ける山梨県の温泉をまとめていきます。 山梨県の自然と美味しいものを堪能しながら温泉でゆっくりしてリフレッシュできる一日を過ごしてみてください。


随時更新【東京モーターショー2019】出展車一覧・開催概要など最新情報

随時更新【東京モーターショー2019】出展車一覧・開催概要など最新情報

東京モーターショー2019が10月24日より東京ビッグサイトにて開催されます。本記事では、トヨタやホンダといった出展車予想情報に始まり、新型車・アクセス情報・駐車場・開催日程・チケット価格などについてまとめています。ほぼ毎日更新していきます!


都道府県別道の駅まとめ┃山梨県

都道府県別道の駅まとめ┃山梨県

山梨県は富士山の麓で、自然に溢れており、毎年数多くの観光客が訪れます。車移動であれば必ず通るであろう中央道周辺は、四季折々の顔を見せるので、運転者も同乗者も楽しめるとあって人気です。今回はそんな山梨県を訪れる際に是非立ち寄って欲しい道の駅をご紹介します。


【全41地域デザイン掲載】地方版図柄入りナンバーの全デザインと申込み方法!

【全41地域デザイン掲載】地方版図柄入りナンバーの全デザインと申込み方法!

地方版図柄入りナンバープレートの全41地域の最終デザイン案が決定し、2018年10月1日から交付が開始されます。本記事では全41地域の最終デザインと、その申込み方法をご紹介します。【2019年10月更新】


トヨタの小型ピックアップ!ハイラックス 中古車価格まとめ

トヨタの小型ピックアップ!ハイラックス 中古車価格まとめ

トヨタのハイラックスは、トヨタの小型ピックアップトラックです。その歴史は長く、1968年から発売されています。日本、世界で人気の高いハイラックス。本記事ではハイラックスが気になっている方のために中古車情報をお届けいたします。(※情報は2019年8月現在のものです)