トップへ戻る

スバルの新型SUV アセント。日本発売の可能性を示す?3つのポイント

スバルの新型SUV アセント。日本発売の可能性を示す?3つのポイント

2017年11月28日。アメリカで開催されたロサンゼルスモーターショー2017にて、スバルは新型SUVであるアセントを初公開しました。最新情報と合わせ、北米専用車であるアセントの日本国内での販売の可能性を様々な観点から考えます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


スバル 3列シート7人乗り(7~8人)SUV「アセント」初公開!

スバルは、ロサンゼルスモーターショー2017のプレビューイベントにて、3列シート7人乗りの新型SUV「アセント」を初公開しました。

初公開されたアセント

スバル 新型SUV アセント ボディサイズやスペックは?

発表された新型SUV「アセント」の主要スペックは下記となっています。

 
スバル アセント サイズ・主要スペック
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,998 × 1,930 × 1,819 mm(ホイールベース:2,890 mm)
最大乗車定員7名・8名
最低地上高220 mm
エンジン種類FA24型 2.4L水平対向4気筒DOHC 直噴ターボ
出力260 hp / 5600 rpm
トルク277 lb-ft / 2000-4800 rpm
タンク容量 73L
駆動方式シンメトリカルAWD

安全性能では、スバルの運転支援システム、アイサイトを全車に標準装備するなど予防安全性能を追求するほか、新開発の「2.4L 4気筒水平対向直噴ターボエンジン」は、6気筒を凌駕する程の動力・燃費性能を実現しているようです。

発売は「2018年初夏」に販売開始予定となっています。

スバル 新型SUV「アセント」。誕生までの経緯

2017年4月に開催されたニューヨークモーターショー2017にて初公開された「アセントSUVコンセプト」の市販版が今回ロサンゼルスモーターショーで初公開された「アセント」になります。

ニューヨークモーターショー2017で初公開された「アセントSUVコンセプト」

また「アセント」は、2014年1月をもって生産終了となったスバルの北米専用車「トライベッカ」の後継車種。

スバル トライベッカ

2015年に「3列シートSUV生産」を明言

トライベッカが生産終了となった翌年の2015年11月に、米国スバルは「2018年から米国インディアナ工場(SIA)において、3列シートの新型クロスオーバー車を生産する」と発表していました。

2016年9月には、オーストラリアの自動車メディアが「Auto Guide」が、トライベッカ後継車(現アセント)のプロトタイプ車両の映像をキャッチしています。

同プロトタイプが、マツダの北米向け3列シートSUV「CX-9」を引き連れて走行テストをしている模様がスクープされました。

2016年11月に前身モデル「VIZIV-7」が初公開

その2ヶ月後となるロサンゼルスモーターショー2016にて、公開された「VIZIV-7 SUVコンセプト」がトライベッカ後継車としての初のコンセプトモデルとなります。

ロサンゼルスモーターショー2016で公開された「VIZIV-7 SUVコンセプト」

この時にもスバルは、「2018年にスバルが北米市場に導入予定の3列シートのミッドサイズSUVのサイズ感を表現した」とコメントしていました。

「VIZIV-7 SUVコンセプト」のボディサイズは、全長5,200mm、全幅2,030mm、全高1,860mm、ホイールベース2,990mmでした。

2017年4月にアセントSUVコンセプトを発表

そこからおよそ半年後となる2017年4月のニューヨークモーターショー2017にて「アセントSUVコンセプト」を発表。

「アセントSUVコンセプト」のボディサイズは「VIZIV-7」と比較すると小さくなり、全長5,050mm、全幅1,989mm、全高1,838mm、ホイールベースが2,972mmとなっていました。

そして、2017年11月に開催しているロサンゼルスモーターショー2017にて、市販モデルとなる「アセント」が誕生したのです。

スバル新型SUV アセント。3つの事から考える日本発売の可能性。

北米専用車として誕生したスバルの新型7人乗りSUV「アセント」ですが、日本での発売の可能性はあるのでしょうか。

「アセントSUVコンセプト」が発表された際にも、日本での販売計画については一切触れられていませんでした。

アセントSUVコンセプト

ボディサイズから考える日本発売の可能性

大型サイズのSUVで、日本国内での発売は無いだろうというのが大方の予想ですが、アセントが初公開されるまでの間に登場した2つのコンセプトモデルと、アセント。

徐々にそのボディサイズを小さくしていっているのにお気づきでしょうか。

 
ボディサイズ比較 (全長×全幅×全高)
VIZIV-75,200 × 2,030 × 1,860 mm(ホイールベース:2,990 mm)
アセントSUVコンセプト5,050 × 1,989 × 1,838 mm(ホイールベース:2,972 mm)
アセント4,998 × 1,930 × 1,819 mm(ホイールベース:2,890 mm)

トライベッカ後継として初のコンセプトモデルである「VIZIV-7」から考えると、全長は-202mm、全幅は-100mmと当初のサイズよりかなり小さくなり「アセント」が誕生していることが伺えます。

サイズ感を他の車種で比較するとトヨタのランドクルーザーと近しいサイズ感になります。

 
ボディサイズ比較 (全長×全幅×全高)
トヨタ ランドクルーザー4,950 × 1,980 × 1,880 mm
スバル アセント4,998 × 1,930 × 1,819 mm

国土交通省が提示している「駐車場設計・施工指針」においても、日本国内の駐車場のサイズ、駐車ますは、小型乗用車は全長5m、全幅2.3m、普通乗用車は全長6m、全幅2.5mを原則としています。

既に同サイズの日本車が存在していることや、コンセプトモデルからのサイズダウン、そのサイズが日本国内の駐車場事情にフィットしている、ということを考えれば明言こそしていないものの、日本国内での発売、販売を充分視野に入れてのことなのではないか?と予測しています。

スバル車種のラインナップから考える日本発売の可能性

もう1点、アセントが日本で発売されるのではないか?と予想させる、気になる点がスバル車のラインナップから2018年3月以降「7人乗り」車種が消えてしまうという点です。

その車種はミニバンから進化したスバルの7人乗りSUV「エクシーガ クロスオーバー7」です。

大きく報じられては居ないものの、2018年3月末をもって生産終了。それに伴って新規の注文は2017年12月18日までとなっています。

これによりスバル車のラインナップから7人乗りの車種(SUV)が消えてしまうのです。

アセントの発売は2018年初夏予定ですが、その穴を埋める目的での日本市場投入も充分ありえるのでは?と考えます。

3列シート・7人乗りSUVの需要から考える日本発売の可能性

SUVの需要は年々高くなっていますが、過去主要なSUV車種はヴェゼルや、C-HR、XVなど、コンパクトサイズのものが多かったのも事実です。

しかし、今まではミニバンがファミリーカーの代名詞でしたが、マツダのCX-8のように、ファミリーカーとして7人乗りSUVを乗る、という考え方や需要は徐々に高まってきています。

マツダ CX-8

アセントのボディサイズ、エクシーガクロスオーバー7が生産終了になり7人乗り車種がスバルから消えてしまうこと、国内の7人乗りSUVの需要、以上の3点から考えれば充分ありえそうな気がしてしまうのは筆者のみでしょうか。

続報に期待!

以上、スバルの新型SUV「アセント」が日本国内で発売されるか否かをあれこれ考え、述べさせて頂きました。

これだけ書いて「北米専用だから日本では売らないよ」となる可能性ももちろん重々ありえます。

しかし日本国内での発売を期待せずにはいられない、スバルの新型SUV「アセント」。

続報が入り次第、随時追って情報をお届けしていきますので、お楽しみに。

関連する投稿


【2021年版】今買いのファミリーカーはコレ!クラス別おすすめ8選

【2021年版】今買いのファミリーカーはコレ!クラス別おすすめ8選

まだまだ昨年からの混乱の続く2021年、自家用車の存在価値について考え直したという方も多くいらっしゃるのでは。ご家族揃って安心して移動できるファミリーカーは、混乱の現代における強い味方ですよね。そんなファミリーカーの中でも、2021年にこそ選びたい最新おすすめ車を5台ピックアップしてご紹介していきます。普段のお出かけからお子様の送迎まで大活躍間違いなしの車が勢揃いです。


オフロードって何?オフロード車の特徴やおすすめのオフロード車5選!

オフロードって何?オフロード車の特徴やおすすめのオフロード車5選!

車の種類や走行シーンを分類するときに、「オフロード」という言葉を目にしたことがあるでしょう。オフロードとは、舗装されていない道。オフロード車であるなら、アウトドアなどで舗装されていない道でも、難なく走破できます。しかし、オフロード車とはどのような車でしょうか?特徴やおすすめのオフロード車をご紹介します。


クロスオーバーSUV、詳しく説明できる?SUVは全部同じじゃない!

クロスオーバーSUV、詳しく説明できる?SUVは全部同じじゃない!

世界中で大流行中のSUVに、「クロスオーバーSUV」と呼ばれるジャンル分けがあることはご存知ですか。SUV系のラインナップがとても幅広くなってくるにしたがって、クロスオーバーという呼び方も度々聞かれるようになってきました。自動車業界以外でも使われるクロスオーバーという言葉は、分かっているようで詳しく意味を知らないという方もいらっしゃるかも。詳しくご説明していきます。


レクサスのSUVはどれを選べば良いの?違いや価格、特徴まで徹底解説

レクサスのSUVはどれを選べば良いの?違いや価格、特徴まで徹底解説

レクサスのSUVは現行の車種だけでも複数種類あり、2021年には新型クーペSUVのLQが発売される見込みです。レクサスのSUVを検討しているものの、種類が多くどれを選べば良いのか分からないという方もいるのではないでしょうか。現行のレクサスは4種類ありますが、価格やボディサイズなど、それぞれコンセプトが大きく異なります。そこで今回は、レクサスのSUVの歴史や特徴、選び方や車種ごとの違い、基本スペックと新車価格などについて徹底解説します。


マツダのSUVシリーズを徹底比較!自分に合った車はどれ?!

マツダのSUVシリーズを徹底比較!自分に合った車はどれ?!

マツダが力を入れるSUVシリーズは、12月17日のCX-30の商品改良によって、全シリーズの新型が出揃いました。そこで、マツダのどのSUVが自分にピッタリなのか分かるように、様々な角度から比較してみました。


最新の投稿


軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

ボディサイズも大きく、装備も充実した軽自動車が増えてきた現在、普通自動車との境界線が以前ほどははっきりとしなくなってきました。では、軽自動車と普通自動車の違いは何でしょうか。今回は、法律上の定義から、それぞれの特徴やメリットをまとめました。


ポルシェの代名詞カレラ|最新のカレラ情報も解説!

ポルシェの代名詞カレラ|最新のカレラ情報も解説!

ポルシェと言えばカレラと言うほど名前のインパクトは強いですが、カレラは車種名ではなくポルシェの作る車のグレード名です。カレラにはいくつかのモデルが存在しています。今回は、このポルシェ・カレラの各モデルの違いや特徴についてご説明していきましょう。


車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

絶対に起きてほしくはないことではありますが、自動車が車両火災によって黒コゲになってしまったショッキングな映像をニュースなどでも見かけますよね。発生する確率は高くはないものの、高温にさらされる部品が多い上に燃料を積んでいる自動車では、車両火災は起こってしまうと取り返しのつかない結果になってしまうことも。原因を知って、悲しい事故を未然に防いでいきましょう。


レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

子どもの頃、レッカー車の存在感に憧れていた方も多くいらっしゃることと思います。普段はお世話になることはなくても、愛車の調子が悪くなった時にこそ頼れるレッカー車は、大人にとってもありがたい特別な存在ですよね。そんなレッカー車、近くで見る機会もなかなかありませんし、実際利用するとどれくらい費用がかかるのか気になりませんか? 詳しくご紹介していきます。


車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

積雪を紹介するニュース映像などでよく見かける、道路上でスタックしてまった車。これは雪国だけの問題ではなく、近年では普段雪が降らない地域であってもドカ雪が降ってしまうような異常気象も多発しており、車がスタックしてしまう原因や対処法について温暖な地域の方でも知っておきたいところです。起こってほしくはないですが、落ち着いて対処するためにも、この記事で予習しておきましょう。