目次へ戻る

トヨタのコンパクトカー アイゴ改良新型が欧州発売!そもそもアイゴって?

トヨタのコンパクトカー アイゴ改良新型が欧州発売!そもそもアイゴって?

トヨタ自動車の欧州法人、トヨタモーターヨーロッパは6月4日、改良新型『アイゴ』を発売しました。初代アイゴは2004年に発売され、現行モデルは2代目。今回の改良は現行型の初の本格改良となります。日本で発売されていないため、アイゴをあまり知らない!という方のために改めてアイゴについてもまとめています。


トヨタのコンパクトカー アイゴ改良新型が欧州発売

トヨタ自動車の欧州法人、トヨタモーターヨーロッパは6月4日、改良新型『アイゴ』を発売しました。

現行アイゴは2014年3月、ジュネーブモーターショー2014で発表されました。

アイゴは欧州Aセグメントに属し、トヨタの欧州における入門モデルの役割を担うコンパクトカーという位置づけです。

トヨタとPSAグループが共同開発し、プジョー版は『108』、シトロエン版は『C1』を名乗っています。

改良新型アイゴは、現行型がデビュー4年が経過して、初の本格改良を受けたモデル。

外観は現行アイゴの特徴であるフロントの「X」を、さらに立体的なデザインに変更し、アイゴの個性を強調しています。

トヨタの欧州入門モデルコンパクト! アイゴとは

みなさんは、アイゴを知っていますか。日本では未発売のため、あまり聞いたことがない…。という方も多いかもしれません。

アイゴ(Aygo)はトヨタが欧州で発売しているAセグメント乗用車です。

車名の由来は、英語の「I go」に由来しています。欧州市場拡大を図ろうとしたトヨタが、PSA・プジョーシトロエンと合弁会社であるTPCAを設立し、2001年からフランス政府の要請から新型車を共同開発する運びとなりました。

初代モデルは2005年に発売され、2代目の現行モデルは2014年から発売されています。4人乗りのハッチバックタイプで、駆動方式は前輪駆動です。

改良新型アイゴに迫る!

改良新型アイゴ エクステリア画像

トヨタ・アイゴ改良新型

トヨタ・アイゴ改良新型

トヨタ・アイゴ改良新型

トヨタ・アイゴ改良新型

改良新型アイゴ インテリア画像

トヨタ・アイゴ改良新型

改良新型アイゴのココがスゴイ!トヨタセーフティセンスP標準装備

トヨタ・アイゴ改良新型

衝突回避支援パッケージの「トヨタセーフティセンスP」を標準装備。車速が10~80km/hの範囲で、衝突の危険を察知した場合に、「PCS(プリ・クラッシュ・システム)」が作動。

ドライバーに警告を発し、ドライバーが回避行動を取らない時には、自動でブレーキをかけます。

また、「LDA(車線逸脱警告)」は、高速道路などにおいて、自車の走行車線をモニター。

ウインカーなしで車線を逸脱した場合、ドライバーに音やサインで警告を発します。

改良新型アイゴのココがスゴイ!NVH性能を向上

また、改良新型モデルでは、NVH性能を向上させ、快適性を追求しました。

1.0リットルの直列3気筒ガソリンエンジンは、環境性能を向上しています。

最大出力は72hp、最大トルクは9.5kgmを発生。0~100km/h加速13.8秒、最高速160km/hの性能を発揮します。

改良新型アイゴのココがスゴイ!エコグレードでの燃費は26.3km/L

そして、「エコ」グレードでは、通常モデルに対して、燃費性能を引き上げる変更を行いました。

その内容は、低転がり抵抗タイヤやアイドリングストップの採用、エアロダイナミクス性能の向上など。

MTの4速と5速ギアは、専用レシオ化されました。

これらの変更によって、欧州複合モード燃費26.3km/リットル、CO2排出量86g/kmの優れた環境性能を達成しています。

最後に

本記事では、トヨタが欧州で発売しているアイゴの改良新型に関する最新情報をお届けいたしました。

もし、欧州に行く機会がありましたら、ぜひ探してみてくださいね。

関連する投稿


【カローラセダンの兄弟車】トヨタの中国部門 レビン新型を発売!

【カローラセダンの兄弟車】トヨタの中国部門 レビン新型を発売!

トヨタ自動車の中国部門は5月21日、新型『レビン』(Toyota Levin)を発売しました。このレビンは、カローラセダンの兄弟車にあたります。


【復活】トヨタのグランビアの名前が復活!17年ぶり

【復活】トヨタのグランビアの名前が復活!17年ぶり

トヨタは5月21日、新型『グランビア』(Toyota Granvia)をオーストラリアで発表しました。このグランビアという名前が復活するのは実に17年ぶり。期待が高まりますね。


根強い人気があるトヨタの高級セダン クラウン┃中古価格やスペック等 一覧

根強い人気があるトヨタの高級セダン クラウン┃中古価格やスペック等 一覧

クラウンの歴史は古く、60年以上の歴史を持つトヨタの人気車種です。トヨタのクラウンは時を超えて常に、時代とともに挑戦し続けています。初めて発売が開始された1955年から現行のモデル全ての特徴や車のスペックに中古車価格などを分かりやすくまとめました。これからトヨタの「クラウン」を検討している方は、是非参考にしてみてください。


トヨタ ヴィッツ┃中古価格やスペック等 一覧

トヨタ ヴィッツ┃中古価格やスペック等 一覧

トヨタの人気コンパクトカー「ヴィッツ」の歴史や歴代モデルの紹介。性能から、燃費や中古価格などをまとめていきます。もう1台増やしたいとお考えの方は是非参考にしてください。


トヨタの高級セダン クラウンマジェスタ┃中古価格やスペック等

トヨタの高級セダン クラウンマジェスタ┃中古価格やスペック等

一度は乗ってみたいと思う、トヨタブランドの高級セダンの「クラウン・マジェスタ」を歴史から、特徴や燃費、実際の評価などをご紹介します。これから購入を考えている方は是非参考人してみてください。


最新の投稿


アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディのコンパクトSUV『Q3』の派生モデルとして設定が予定されているクーペSUVの開発車両が、ニュルブルクリンクで初の高速テストを開始しました。名称はQ4になる確率が高い?最新情報をまとめています。


映画『マッドマックス』でお馴染み!!世紀末カーのインターセプターとは

映画『マッドマックス』でお馴染み!!世紀末カーのインターセプターとは

映画マッドマックスで有名になったインターセプターのベースとなる車が、【フォード ファルコンXB GTクーペ 1973(V8インターセプター)】です。40代後半から70代のカーマニアを熱狂させた車を紹介し、レプリカと中古車やミニカーのプラモデルにまで、映画の世界観と共にインターセプターを紹介しましょう。


マツダ3 5月24日国内発売!アクセラの後継車・価格やエンジン情報も

マツダ3 5月24日国内発売!アクセラの後継車・価格やエンジン情報も

期待の一台がついに国内発売されます。その名もアクセラという名称を改めた、マツダ3です。マツダ3という名称は国外で使用されていましたが、今回のフルモデルチェンジで日本でも世界統一名となるマツダ3に名称が変更されました。価格は約218万円(ハッチバック)、約247万円(セダン)です。本日5月24日よりガソリン1.5Lとディーゼルモデルが発売されます。


【復活】あのイタリア名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開

【復活】あのイタリア名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開

みなさんは、【復活】あの名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開あの名門ブランド、デトマソをご存知でしょうか。デトマソは1959年に設立したイタリアの名門ブランドです。2004年に惜しまれながらも解散してしまいました。そのため、7月に新型車を発表するという情報はとても喜ばしいものなのではないでしょうか。本記事では改めてデトマソについて見ていきましょう。


【カローラセダンの兄弟車】トヨタの中国部門 レビン新型を発売!

【カローラセダンの兄弟車】トヨタの中国部門 レビン新型を発売!

トヨタ自動車の中国部門は5月21日、新型『レビン』(Toyota Levin)を発売しました。このレビンは、カローラセダンの兄弟車にあたります。