目次へ戻る

「インプレッサ」「SUBARU XV」改良モデル発売!!待望のオートビークルホールド機能を追加

「インプレッサ」「SUBARU XV」改良モデル発売!!待望のオートビークルホールド機能を追加

スバルは「インプレッサ」と「SUBARU XV」改良モデルを発表しました。インプレッサ、XVに待望のオートビークルホールド機能を追加し、XVは更に「e-BOXER」を搭載したグレード「Advance」を追加してきました。改良モデル2台についてアップデート内容について詳しく見ていきましょう。


はじめに

スバルは「インプレッサ」「SUBARU XV」それぞれの改良モデルを2018年10月11日に発表し、インプレッサは、11月2日、XVは10月19日にそれぞれ発売します。

両車種とも今回の改良で、ブレーキペダルから足を離しても自動的に車両の停止を保持する、待望のオートビークルホールド機能を追加してきました。

XVは更に「e-BOXER」を搭載した魅力的なグレード「Advance」を追加してきました。
その他安全機能も追加されています。

改良モデル2台についてオートビークルホールド機能やそれぞれのアップデート内容について詳しく見ていきましょう

オートビークルホールド機能とは

オートビークルホールド機能(AVH)とは、他社ではオートブレーキホールド機能と呼ばれているもので、
長い信号待ちや一般道での渋滞など、通常はブレーキペダルを踏み続けなければならないようなシーンで、ブレーキペダルから足を離しても自動的に車両の停止を保持してくれる機能です。

再始動はもう一度アクセルを踏むだけなので非常に楽でドライバーの疲労を軽減し、運転の快適性がかなりアップする機能です。

スバルでは、レヴォーグや新型フォレスターに搭載済みです。

輸入車や高級車の一部モデルについている機能で筆者もBMW5シリーズ所有時搭載されていましたが、
非常に快適で、ロングドライブ時はとても楽チンで足の疲労度がオートブレーキホールド機能ありなしで全然違うと感じました。

今は手動式サイドブレーキ車種なのでついていなくて慣れましたが、乗り換え当初はオートブレーキホールドになれてしまっていたのでちょと不便に感じました

AVHは最近は国産車にも搭載がすすんできていますね。
基本は機能的にコストがかかる電子ボタン式パーキングブレーキとセットでないと実現が難しいので
軽自動車やコンパクトカーにはなかなか搭載は難しいとは思います。

個人的には少し高くても軽自動車にも搭載したら差別化要因になるし面白いのではと感じます。

「インプレッサ」改良モデル

「インプレッサ」改良モデルですが、主な改良内容はオートビークルホールド追加のみですが、
1.6i-L EyeSightにスポーティなエクステリア装備と充実したインテリア装備を加え、お買い得価格の、
SUBARU60周年記念特別仕様車「1.6i-L EyeSight S-style」を継続販売するとのことです。


「インプレッサ」の現行モデルはワンクラス上の質感や静寂性、走りを実現してかなり完成度が高いと感じていますので、
今回の改良はオートビークルホールド機能のみですが引き続き同セグメントではお買い得な一台だと思います。

「SUBARU XV」改良モデル

続いて「SUBARU XV」の改良モデルですが、こちらはスバル独自の、2.0リッター直噴NA水平対向エンジン+電動化技術=「e-BOXER」を搭載したグレード「Advance」を追加してきました。

「e-BOXER」は新型フォレスターに初めて追加されて今回XVにも拡大してきました。

「Advance」専用の装備として、内外装には先進性や特別感のあるブルー内装や、瑞々しく透明感のあるブルーを表現したボディカラー「ラグーンブルー・パール」が採用されました。
更にAdvanceには空力性能を高める機能として「アクティブグリルシャッター」を採用してきました。
アクティブグリルシャッターは車両の状態に応じてフロントバンパー内のシャッターを自動的に開閉し、空気抵抗を減らすとともにエンジンの暖気/冷却を効率的に行い、さらなる低燃費を実現してくれる最新機能です。

また1.6i EyeSightを除いて全車に後退時自動ブレーキシステムを標準装備とし、アイサイトセイフティプラス(視角拡張)にサイドビューモニター機能を追加と安全性能もアップグレードしてきました。
これは魅力的ですね。

XV「Advance」の主な装備内容は以下の通りです。

■ 外装
・ Advance用LEDハイ&ロービームランプ[光輝プロジェクターリング]
・ LEDフロントフォグランプ
・ Advance用フロントフォグランプカバー[シルバー金属調]
・ フロントグリル[クロムメッキ+シルバー金属調]
・ フロントバンパーガード[シルバー塗装]
・ Advance用サイドクラッディング[シルバー塗装]
・ e-BOXERオーナメント[サイド、リヤ、エンジンカバー]
・ ローマウントタイプルーフレール[ブラック塗装]

■ 内装
・ マルチインフォメーションディスプレイ付メーター[Advance用]

■ 「Advance」ブルー内装
・ Advance(ブルー内装)用シート[トリコット/トリコット+合成皮革(ブルーステッチ)]
・ 本革シート[ネイビー / ライトグレー(ブルーステッチ)](フロントシートヒーター付)
・ インパネ加飾パネル[マットブルー金属調]
・ インパネアッパートリム[ブルーステッチ]
・ 表皮巻センタートレイ加飾[ブルーステッチ]
・ フロアコンソールリッド[ソフトパッドタイプ、ネイビー表皮巻、ブルーステッチ]
・ フロント&リヤドアアームレスト[ソフトパッドタイプ、ネイビー表皮巻、ブルーステッチ]
・ 加飾パネル付インナードアハンドル[マットブルー金属調+カーボン調加飾パネル(クリア)]
・ 本革巻ステアリングホイール[ブルーステッチ]
・ 本革巻シフトレバー[シフトブーツ(ブルーステッチ)、ピアノブラック調加飾パネル付]

これだけ特別装備が追加され、2,829,600円(税込み)とトップグレードの2.0i-S EyeSightの10万円高に抑えているのでお買い得な一台と言えると思います。

ブルー内装は明るくスポーティーで若々しくフレッシュなイメージのXVと非常にマッチしますね

さいごに

筆者的にはオートビークルホールド機能追加だけでも非常に魅力を感じる改良かと思いますが、「e-BOXER」を搭載したグレード「Advance」を追加してきたXVに比べるとインプレッサの方は少し地味な改良ではありますが、スバルは年次改良で足回りや乗り味などサイレント改良してくるので見えない部分の走りでも進化を感じられるのではいかと思います。

ちなみにインプレッサとXVの月間販売計画は月2,200台です。
日本自動車販売協会連合会(自販連)の乗用車車名別販売台数では、インプレッサとXVは合わせての表示なので割合はわかりませんが、8月は3,405台と堅調に推移していますが前年比でかなり落ち込んでいたので今回の改良でまた販売台数を盛り返せるかもしれませんね。

燃費の面でスバルは他社に比べて少し遅れをとっているイメージなので燃費の面でも優れている「e-BOXER」をインプレッサ含め他モデルにもどんどん投入していければ面白いのでは無いかと思います。

関連する投稿


【東京モーターショー2019】10月24日開幕!開催概要・出展車など最新情報まとめ

【東京モーターショー2019】10月24日開幕!開催概要・出展車など最新情報まとめ

東京モーターショー2019が、10月24日から11月4日までの12日間、東京ビッグサイトにて開催されます。本記事では、トヨタやホンダといった出展車予想情報に始まり、新型車・ワールドプレミア・アクセス情報・駐車場・開催日程・チケット価格などについてまとめています。【9月10日更新】


【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい、という方のために今回は2019年8月現在購入できる国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたにおすすめです。※ほとんどの車種を網羅していますが、一部商用車などは省いています。


【2019年最新版】今人気のおすすめSUV!選ぶならどれ?

【2019年最新版】今人気のおすすめSUV!選ぶならどれ?

大人気のSUV。しかしSUVと一言で言っても、クロスオーバーSUVを始めとしたコンパクトSUVから、サイズの大きい3列シート・7人乗りのSUVまで様々です。当記事では国産・外車の7人乗りSUV・コンパクトSUV、また燃費の観点でオススメのSUV等人気車種を紹介、比較しています。SUVが気になる方はぜひ本記事をご覧ください。【8月更新】


東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

【11/17情報更新】2017年10月28日~11月5日の10日間で開催された東京モーターショー2017。本記事では東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両)、来場者数等の振返りをまとめて掲載しています。東京ビッグサイトに足を運んだ方も、残念ながら行けなかった方も是非ご覧下さい。


100万円以下で購入できる!スバルの中古車 5選

100万円以下で購入できる!スバルの中古車 5選

スバルは国内だけではなく、海外でも人気があります。今回はスバルの歴史とともに100万円以下で購入できるスバルの中古車情報についてみていきましょう。


最新の投稿


リアスポイラー|役割・効果やリアウィングとの違い、取付費用などまとめ

リアスポイラー|役割・効果やリアウィングとの違い、取付費用などまとめ

リアスポイラー。自作等で取り付けすると車検が通るのか気になりますし、取付工賃や自分で塗装をする方法も知りたいところ。 そもそもリアスポイラーにはどのようなメリット、デメリットがあるのでしょう。今回はそんなリアスポイラーについて、わかりやすく紹介していきます。


【おすすめ10選】愛車の鍵のために!キーケースまとめ

【おすすめ10選】愛車の鍵のために!キーケースまとめ

鍵はいつも身に付けるものなので、ケースもこだわりたいところ。様々なタイプのキーケースがある中で、オススメのものを10選まとめています。


【おすすめ10選】愛車を綺麗に!洗車スポンジまとめ

【おすすめ10選】愛車を綺麗に!洗車スポンジまとめ

車が汚れてきたなと感じたら、何をしていますか?ガソリンスタンドで洗車サービスがあるので利用する人も多いと思いますが、自分でも自宅で洗車が可能です。今回は、自宅で洗車する際に大活躍のスポンジをご紹介します。


【おすすめ10選】車を綺麗に!カーワックスまとめ

【おすすめ10選】車を綺麗に!カーワックスまとめ

愛車を綺麗にお手入れしたい方にオススメのカーワックスをまとめました。コーティングよりもお手軽にできるワックスで、ピカピカの車を目指しませんか?


トヨタのハッチバック オーリス中古車価格まとめ

トヨタのハッチバック オーリス中古車価格まとめ

2006年にデビューしたトヨタ オーリスといえば、ハッチバックタイプのコンパクトカーであり、日本だけではなく世界的に人気のある車です。ヨーロッパではプリウスよりも売れているというから驚きですね。今回は、トヨタ オーリスの中古価格をまとめましたので一緒に見ていきましょう。