トップへ戻る

「インプレッサ」「SUBARU XV」改良モデル発売!!待望のオートビークルホールド機能を追加

「インプレッサ」「SUBARU XV」改良モデル発売!!待望のオートビークルホールド機能を追加

スバルは「インプレッサ」と「SUBARU XV」改良モデルを発表しました。インプレッサ、XVに待望のオートビークルホールド機能を追加し、XVは更に「e-BOXER」を搭載したグレード「Advance」を追加してきました。改良モデル2台についてアップデート内容について詳しく見ていきましょう。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


はじめに

スバルは「インプレッサ」「SUBARU XV」それぞれの改良モデルを2018年10月11日に発表し、インプレッサは、11月2日、XVは10月19日にそれぞれ発売します。

両車種とも今回の改良で、ブレーキペダルから足を離しても自動的に車両の停止を保持する、待望のオートビークルホールド機能を追加してきました。

XVは更に「e-BOXER」を搭載した魅力的なグレード「Advance」を追加してきました。
その他安全機能も追加されています。

改良モデル2台についてオートビークルホールド機能やそれぞれのアップデート内容について詳しく見ていきましょう

オートビークルホールド機能とは

オートビークルホールド機能(AVH)とは、他社ではオートブレーキホールド機能と呼ばれているもので、
長い信号待ちや一般道での渋滞など、通常はブレーキペダルを踏み続けなければならないようなシーンで、ブレーキペダルから足を離しても自動的に車両の停止を保持してくれる機能です。

再始動はもう一度アクセルを踏むだけなので非常に楽でドライバーの疲労を軽減し、運転の快適性がかなりアップする機能です。

スバルでは、レヴォーグや新型フォレスターに搭載済みです。

輸入車や高級車の一部モデルについている機能で筆者もBMW5シリーズ所有時搭載されていましたが、
非常に快適で、ロングドライブ時はとても楽チンで足の疲労度がオートブレーキホールド機能ありなしで全然違うと感じました。

今は手動式サイドブレーキ車種なのでついていなくて慣れましたが、乗り換え当初はオートブレーキホールドになれてしまっていたのでちょと不便に感じました

AVHは最近は国産車にも搭載がすすんできていますね。
基本は機能的にコストがかかる電子ボタン式パーキングブレーキとセットでないと実現が難しいので
軽自動車やコンパクトカーにはなかなか搭載は難しいとは思います。

個人的には少し高くても軽自動車にも搭載したら差別化要因になるし面白いのではと感じます。

「インプレッサ」改良モデル

「インプレッサ」改良モデルですが、主な改良内容はオートビークルホールド追加のみですが、
1.6i-L EyeSightにスポーティなエクステリア装備と充実したインテリア装備を加え、お買い得価格の、
SUBARU60周年記念特別仕様車「1.6i-L EyeSight S-style」を継続販売するとのことです。


「インプレッサ」の現行モデルはワンクラス上の質感や静寂性、走りを実現してかなり完成度が高いと感じていますので、
今回の改良はオートビークルホールド機能のみですが引き続き同セグメントではお買い得な一台だと思います。

「SUBARU XV」改良モデル

続いて「SUBARU XV」の改良モデルですが、こちらはスバル独自の、2.0リッター直噴NA水平対向エンジン+電動化技術=「e-BOXER」を搭載したグレード「Advance」を追加してきました。

「e-BOXER」は新型フォレスターに初めて追加されて今回XVにも拡大してきました。

「Advance」専用の装備として、内外装には先進性や特別感のあるブルー内装や、瑞々しく透明感のあるブルーを表現したボディカラー「ラグーンブルー・パール」が採用されました。
更にAdvanceには空力性能を高める機能として「アクティブグリルシャッター」を採用してきました。
アクティブグリルシャッターは車両の状態に応じてフロントバンパー内のシャッターを自動的に開閉し、空気抵抗を減らすとともにエンジンの暖気/冷却を効率的に行い、さらなる低燃費を実現してくれる最新機能です。

また1.6i EyeSightを除いて全車に後退時自動ブレーキシステムを標準装備とし、アイサイトセイフティプラス(視角拡張)にサイドビューモニター機能を追加と安全性能もアップグレードしてきました。
これは魅力的ですね。

XV「Advance」の主な装備内容は以下の通りです。

■ 外装
・ Advance用LEDハイ&ロービームランプ[光輝プロジェクターリング]
・ LEDフロントフォグランプ
・ Advance用フロントフォグランプカバー[シルバー金属調]
・ フロントグリル[クロムメッキ+シルバー金属調]
・ フロントバンパーガード[シルバー塗装]
・ Advance用サイドクラッディング[シルバー塗装]
・ e-BOXERオーナメント[サイド、リヤ、エンジンカバー]
・ ローマウントタイプルーフレール[ブラック塗装]

■ 内装
・ マルチインフォメーションディスプレイ付メーター[Advance用]

■ 「Advance」ブルー内装
・ Advance(ブルー内装)用シート[トリコット/トリコット+合成皮革(ブルーステッチ)]
・ 本革シート[ネイビー / ライトグレー(ブルーステッチ)](フロントシートヒーター付)
・ インパネ加飾パネル[マットブルー金属調]
・ インパネアッパートリム[ブルーステッチ]
・ 表皮巻センタートレイ加飾[ブルーステッチ]
・ フロアコンソールリッド[ソフトパッドタイプ、ネイビー表皮巻、ブルーステッチ]
・ フロント&リヤドアアームレスト[ソフトパッドタイプ、ネイビー表皮巻、ブルーステッチ]
・ 加飾パネル付インナードアハンドル[マットブルー金属調+カーボン調加飾パネル(クリア)]
・ 本革巻ステアリングホイール[ブルーステッチ]
・ 本革巻シフトレバー[シフトブーツ(ブルーステッチ)、ピアノブラック調加飾パネル付]

これだけ特別装備が追加され、2,829,600円(税込み)とトップグレードの2.0i-S EyeSightの10万円高に抑えているのでお買い得な一台と言えると思います。

ブルー内装は明るくスポーティーで若々しくフレッシュなイメージのXVと非常にマッチしますね

さいごに

筆者的にはオートビークルホールド機能追加だけでも非常に魅力を感じる改良かと思いますが、「e-BOXER」を搭載したグレード「Advance」を追加してきたXVに比べるとインプレッサの方は少し地味な改良ではありますが、スバルは年次改良で足回りや乗り味などサイレント改良してくるので見えない部分の走りでも進化を感じられるのではいかと思います。

ちなみにインプレッサとXVの月間販売計画は月2,200台です。
日本自動車販売協会連合会(自販連)の乗用車車名別販売台数では、インプレッサとXVは合わせての表示なので割合はわかりませんが、8月は3,405台と堅調に推移していますが前年比でかなり落ち込んでいたので今回の改良でまた販売台数を盛り返せるかもしれませんね。

燃費の面でスバルは他社に比べて少し遅れをとっているイメージなので燃費の面でも優れている「e-BOXER」をインプレッサ含め他モデルにもどんどん投入していければ面白いのでは無いかと思います。

関連する投稿


スバル 新型レヴォーグ!おすすめグレードは?燃費は悪い?

スバル 新型レヴォーグ!おすすめグレードは?燃費は悪い?

自動車ニッポンイチを決めるカー・オブ・ザ・イヤーをゲットしたスバルの新型レヴォーグ。日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞出来た理由は何なのか、レヴォーグの何がスゴイのか、一緒に見ていきましょう!


スバル レガシィ アウトバックの魅力をご紹介!性能と価格、中古車相場も!

スバル レガシィ アウトバックの魅力をご紹介!性能と価格、中古車相場も!

ついに生産終了となったスバルが誇るクロスオーバーSUV「レガシィ アウトバック」。SUVブームの中で異彩を放った名車を改めて見直すとともに、新型情報と中古車相場もご紹介します。急げばまだ購入するチャンスがあるかもしれませんよ!


新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい!という方。今回は国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたに必見の記事ですよ!


オフロードって何?オフロード車の特徴やおすすめのオフロード車5選!

オフロードって何?オフロード車の特徴やおすすめのオフロード車5選!

車の種類や走行シーンを分類するときに、「オフロード」という言葉を目にしたことがあるでしょう。オフロードとは、舗装されていない道。オフロード車であるなら、アウトドアなどで舗装されていない道でも、難なく走破できます。しかし、オフロード車とはどのような車でしょうか?特徴やおすすめのオフロード車をご紹介します。


日本カー・オブ・ザ・イヤーから選ぶ、2020年「買い」の車 5選!

日本カー・オブ・ザ・イヤーから選ぶ、2020年「買い」の車 5選!

今年も様々な車が発売されましたが、一体、どの車を買えばいいのでしょう? 先ごろ発表された、2020-2021 日本カー・オブ・ザ・イヤーの結果を振り返りながら考えてみましょう。


最新の投稿


【カーリースと中古車、どっちがおトク?】支払い額近し!メリット・デメリットで見極めよう

【カーリースと中古車、どっちがおトク?】支払い額近し!メリット・デメリットで見極めよう

近年人気上昇中のカーリースですが、メリットばかり宣伝で見るけど何か裏があるんじゃないの?と気になっている方も多いのでは。新車は手が届かないけど、カーリースならなんとかなるかも!とお思いの方でも、中古車もきっと一度は検討してみたはず。カーリースと中古車、どちらがどんなカーライフにぴったりなのか、メリットとデメリットを分析することでしっかり見極めていきましょう。


【カーリース会社を比較】おトクなのはどのカーリース?人気会社を調査

【カーリース会社を比較】おトクなのはどのカーリース?人気会社を調査

近年急速に広がりを見せている車の持ち方が「カーリース」です。あらゆる分野で所有しない使用というスタイルが人気を得る中、車に対する出費を月々定額の支払いでまとめることのできるカーリースもお手軽感が人気の様子。そこで、人気のカーリース会社の特徴をまとめて比較してみました。ご自分に合ったカーリース会社はどれなのか、きっとぴったりのサービスが見つかるはずです。


世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

マツダの世界戦略車として開発され、国内のみでなく欧米諸国でも高い人気を誇るマツダのアクセラ(現マツダ3)の特徴や魅力をご紹介します。セダンやハッチバックなどモデルラインナップも多いので、それぞれの特徴、そして新車価格・中古車価格などについても解説していきます。


広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

スズキのエブリイワゴンは広々としたインテリアが特徴で、車中泊もできるアウトドアにぴったりの一台です。価格も比較的安価に購入できるので、高いコストパフォーマンスも魅力のひとつです。そこで今回は、エブリイワゴンの魅力を詳しく紹介します。


国内で人気のコンパクトカーの魅力は?室内は広い?徹底解説

国内で人気のコンパクトカーの魅力は?室内は広い?徹底解説

日本の入り組んだ道でも運転しやすく、人気の高いコンパクトカー。最近では、燃費性能の高い車種もたくさん販売されていて、メーカーがこぞって力を入れる車種となっています。今回はそんなコンパクトカーについて魅力を解説していきます。