トップへ戻る

室内広々最新コンパクトSUVをまとめてみた!おすすめ4選、燃費、価格

室内広々最新コンパクトSUVをまとめてみた!おすすめ4選、燃費、価格

SUVとはスポーツ・ユーティリティ・ビークルの略で、「スポーツ用多目的車」などと訳されます。つまり、名前としては、車高が高くて悪路でも安心な車というよりも、多目的に使えてこそSUVというわけですね。SUVラインナップの充実に伴って小型でお求めやすい車種も揃ってきていますが、その中でもユーティリティ性抜群の車種をまとめて見ました。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


SUVなら人も荷物も余裕がなきゃね!室内広々のコンパクトSUV

ホンダ ヴェゼル インテリア

ホンダ ヴェゼル インテリア

古くはクロカン車、RVなどと呼ばれていた本格的なSUVは、角ばったキャビンを持ち、車体全長も長く、人も荷物も満載できる実用派が大多数を占めていました。

しかし、昨今のSUVの流行に伴って、テールをクーペ風に絞り込んでみたり、全長を切り詰めてスポーティさを演出したりなど、これじゃ室内の使い勝手でハッチバック車と変わらないでしょ!と感じるようなSUVも増えてきています。

また、SUVのラインナップが増えてくるに従って、段々と低価格なコンパクトSUVも充実してきており、お値段的にはSUVがお求めやすくなって来ている印象もありますよね。

そこで、コンパクトSUVながら、室内ユーティリティ性に優れた車を4台ご紹介します。SUVらしい余裕のある室内にご注目ください。

【2020年最新】室内広々おすすめSUV 4選!

ホンダ ヴェゼル:安定のユーティリティ王

ホンダ ヴェゼル

ホンダ ヴェゼル

コンパクトにまとまったボディながら室内は想像以上に広い、というのは、ホンダ車の持つ伝統的な美点の一つですよね。もちろん、コンパクトSUVのヴェゼルにも、その特徴はしっかりと活かされています。

ホンダの十八番「センタータンクレイアウト」によって脅威のユーティリティ性を誇るヴェゼルは、後席空間や荷室の広さだけでなく、その使いやすさも重要なポイント。

特に荷室では、開口部がしっかり幅がある上にかなり低い位置まで開くので、重たい荷物でもあまり持ち上げずに済むのが嬉しいところです。

ホンダ ヴェゼル モデューロX 荷室

ホンダ ヴェゼル モデューロX 荷室

その低い開口部からほぼフラットに続く荷室は、床面からの天井までの高さがしっかり取られているのがポイントで、ダイブダウン機構付きのリヤシートを倒せばもはやミニバンかと思うような大空間が出現します。

後席座面を持ち上げて固定ができる「チップアップ機能」も、背の高い荷物を運ぶ際などに重宝しますよね。

まるでクーペのような流麗なラインを描くキャビンの外観からは想像できないユーティリティ性の高さは、ヴェゼルが人気を維持できている理由の一つでしょう。

ホンダ ヴェゼル モデューロX

ホンダ ヴェゼル モデューロX

ホンダ ヴェゼルの室内寸法(長さ/幅/高さ):1,930mm/1,485mm/1,265mm
ホンダ ヴェゼルのVDA方式荷室容量(定員乗車/最大):393L/(データ無し)
ホンダ ヴェゼルの荷室にゴルフバッグは:積める(横置き1本、3人乗車で3本)

ホンダ ヴェゼルのスペック

【ホンダ ヴェゼル ハイブリッドX Honda SENSING FF】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,330mm×1,770mm×1,605mm
ホイールベース2,610mm
最大乗車定員5名
車両重量1,280kg
燃費WLTCモード:21.0km/L
エンジン種類直列4気筒ハイブリッド 1,496cc
エンジン最高出力97kW(132PS)/6,600rpm
エンジン最大トルク156N・m(15.9kgf・m)/4,600rpm
モーター種類交流同期電動機
モーター最高出力22kW(29.5PS)/1,313-2,000rpm
モーター最大トルク160N・m(16.3kgf・m)/0-1,313rpm
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッション7速DCT
新車価格2,350,926円(消費税抜き)
(2020年10月現在 ホンダ公式サイトより)

日産 キックス:見た目以上の余裕!

日産 キックス

日産 キックス

日産久しぶりの新型車ということや、e-POWER専用車種第一弾ということもあってか、登場から大反響を巻き起こしているキックス。

切れ長のヘッドライトなどのディテールだけでなく、なかなかの角度で絞り込まれているリヤガラスなどのフォルムも十分にスポーティなもので、室内ユーティリティは大丈夫なの?と心配になってしまいますが、テールゲートを開けばその不安はすぐに消えてしまうことでしょう。

なんとコンパクトSUVクラストップとなる荷室容量を誇るキックスは、確かに一目でわかる荷室の広さが印象的ですよね。

トノボードより上は、前述の絞り込みの効いたリヤガラスによってあまり空間がないようですが、トノボードから荷室床面までの高さは特筆ものです。

日産 キックス 荷室

日産 キックス 荷室

また後席空間としても、ヴェゼルには劣るもののかなりの余裕があり、背の高い方をお乗せしても全く問題なさそう。運転席と助手席のシートバック形状が足元空間に最適化されていることや、リヤドアの窓がかなり大きめなこともあり、開放感のある空間が広がっています。

これらのユーティリティ性の高さは、実質上の先代となるジュークでは弱みだった部分ですので、キックスのSUVらしい使い勝手の良さは嬉しいところですね。

残念ながら後席を可倒しても荷室床とはフラットにならないのですが、それでも後席格納時の空間の広さはかなりのもの。大きめの家具などかさばる荷物でも、キックスにならそのまま載せられそうですね。

日産 キックス

日産 キックス

日産 キックスの室内寸法(長さ/幅/高さ):1,920mm/1,420mm/1,250mm
日産 キックスのVDA方式荷室容量(定員乗車/最大):423L/(データ無し)
日産 キックスの荷室にゴルフバッグは:積める(横置き3本)

日産 キックスのスペック

【日産 キックス X】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,290mm×1,760mm×1,610mm
ホイールベース2,620mm
最大乗車定員5名
車両重量1,350kg
燃費WLTCモード:21.6km/L
エンジン種類直列3気筒ハイブリッド 1,198cc
エンジン最高出力60kW(82PS)/6,000rpm
エンジン最大トルク103N・m(10.5kgf・m)/3,600-5,200rpm
モーター種類交流同期電動機
モーター最高出力95kW(129PS)/4,000-8,992rpm
モーター最大トルク260N・m(26.5kgf・m)/500-3,008rpm
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッション
新車価格2,509,000円(消費税抜き)
(2020年10月現在 日産公式サイトより)

スバル XV:背は低めでも室内ゆったり

スバル XV

スバル XV

先にご紹介したヴェゼル、キックスよりも明確に全高が低めに設定されているため、XVの室内の広さはイメージしにくいかもしれません。

しかし、ボディサイズを見比べると、コンパクトSUVクラスでは長め・広めのボディを有しており、価格的には競合するもののもはやワンクラス上?と思えるほどの室内の余裕があることは、XVの隠れた魅力なのです。

もちろん、ルーフ高が1,550mmに抑えられているので、立体駐車場には入るものの室内頭上空間ではやや劣ってしまいます。しかし、それを補ってあまりある後席の膝前空間は非常に魅力的ですし、そんな空間を有しつつ荷室も床面長がしっかり確保されており、スクエアで使いやすそうですよね。

スバル XV(2019年型) 荷室

スバル XV(2019年型) 荷室

なんと、タイヤ直径が700mm程度の一般的な自転車であっても、後席さえ格納してしまえば、前後のホイールを外すことなく荷室に載せることができる余裕は、コンパクトに凝縮されて見えるXVのスタイリングからは想像がつきにくいのではないでしょうか。

これらのXVの特徴は、軽量・高剛性だけでなく、より広い室内空間の確保まで見込まれた新プラットフォーム「スバル グローバルプラットフォーム」を採用していることにも関係することでしょう。低く構えたエレガントさもありつつ、SUVらしい使い勝手が実現されていることは、XV独自の魅力となっています。

ヴェゼルやキックスよりボディサイズが大きいといっても、近年どのセグメントでも拡大の一途となっている全幅はまだ1.8m、全長も約4.5mと、狭い道や駐車場でも扱いやすいサイズを維持しており、普段の使い勝手が犠牲になっていない点はポイントが高いですね。

スバル XV

スバル XV

スバル XVの室内寸法(長さ/幅/高さ):2,085mm/1,520mm/1,200mm
スバル XVのVDA方式荷室容量(定員乗車/最大):385L(1.6L車)/(データ無し)
スバル XVの荷室にゴルフバッグは:積める(横置き2本、天井まで積んで横置き3本)

スバル XVのスペック

【スバル XV 2.0e-L EyeSight】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,485mm×1,800mm×1,550mm
ホイールベース2,670mm
最大乗車定員5名
車両重量1,530kg
燃費WLTCモード:19.2km/L
エンジン種類水平対向4気筒ハイブリッド 1,995cc
エンジン最高出力107kW(145PS)/6,000rpm
エンジン最大トルク188N・m(19.2kgf・m)/4,000rpm
モーター種類交流同期電動機
モーター最高出力10kW(13.6PS)
モーター最大トルク65N・m(6.6kgf・m)
駆動方式全輪駆動(AWD)
トランスミッションCVT
新車価格2,410,000円(消費税抜き)
(2020年10月現在 スバル公式サイトより)

三菱 eKクロス スペース:軽と侮るなかれ

三菱 eKクロス スペース

三菱 eKクロス スペース

やや変化球ではありますが、室内の広さという点では普通車に負けないスーパーハイトワゴンの軽自動車からも、SUV風味の三菱 eKクロス スペースをおすすめしたいところです。

同社の大型ミニバンであるデリカD:5を思わせるような「ダイナミックシールド」を採用したフロントフェイスは存在感がありますし、スキッドガード風のパーツやルーフレールなどで、SUV感がうまく演出できていますよね。

とかく事務的に仕上がりがちなスーパーハイトワゴンにおいて、有償色とはなりますがポップなツートーン塗装なども相まって、かなりアクティブな印象に仕上がっているのが好印象です。

そして、軽規格の限られたボディサイズをユーティリティ性に全振りした角形のボディの利点は、圧倒的な後席空間や荷室空間に現れています。

三菱 eKクロス スペース 荷室

三菱 eKクロス スペース 荷室

スーパーハイトワゴンの後席の、もはやリムジン級と思うほどの膝前空間と、頭上遥か上の天井がもたらす開放感は、一度味わってしまうと病みつきになってしまいますよね。

eKクロス スペースで特徴的なのは、その後席の前後スライド幅がクラス最大という点でしょう。荷室の広さと後席の余裕をシーンごとに調整できるほか、後席に取り付けたチャイルドシートに乗ったお子さんの世話が運転席に座ったままでも可能になるなど、新たな便利さも提供してくれます。

また、シート生地が撥水タイプとなっていたり、オプション設定にはなりますが後席シートバックと荷室床面を防汚タイプのPVCや樹脂製のものが用意されているなど、SUVらしい使い勝手も実現されています。

軽と侮れない実力の持ち主ですので、新車価格や維持費がお安いことは、むしろ嬉しい誤算といったところでしょうか。

三菱 eKクロス スペース

三菱 eKクロス スペース

三菱 eKクロス スペースの室内寸法(長さ/幅/高さ):2,200mm/1,335mm/1,400mm
三菱 eKクロス スペースのVDA方式荷室容量(定員乗車/最大):118L/630L
三菱 eKクロス スペースの荷室にゴルフバッグは:(データ無し)

三菱 eKクロス スペースのスペック

【三菱 eKクロス スペース T 2WD】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,780mm
ホイールベース2,495mm
最大乗車定員4名
車両重量970kg
燃費WLTCモード:18.8km/L
エンジン種類直列3気筒ハイブリッド 659cc
エンジン最高出力47kW(64PS)/5,600rpm
エンジン最大トルク100N・m(10.2kgf・m)/2,400-4,000rpm
モーター種類交流同期電動機
モーター最高出力2kW(2.7PS)/1,200rpm
モーター最大トルク40N・m(4.1kgf・m)/100rpm
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッションCVT
新車価格1,690,000円(消費税抜き)
(2020年10月現在 三菱公式サイトより)

まとめ

スバル XV 荷室

スバル XV 荷室

コンパクトでも広々室内をガッツリ使えるSUVをご紹介してきました。

SUVのアクティブな外観は、この車でどこに行こうと考えさせる魅力がありますが、何を積んでどう楽しもうと考えた時に、「あれは積めないな…」と諦めなければならなかったとしたら非常に残念ですよね。

ご紹介した車種では室内の広さはバッチリですので、あれもこれも積み込んで、ご家族やご友人と一緒にお出かけできそうですね。

関連する投稿


トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

とどまるところを知らないSUVブームの中でも、特に人気が高く各メーカーがしのぎを削っているのはコンパクトSUVクラス。コンパクトSUVだけで3車種も用意するトヨタのラインナップの中でも、登場が最も新しく人気を牽引しているのが「ヤリスクロス」です。国産車だけでなく輸入車とも比較されるような完成度の高さが話題のヤリスクロス、登場から1年が経つ今も「買い」なのか調査しました。


マツダ CX-5のグレードを解説、ベストチョイスはこれだ!

マツダ CX-5のグレードを解説、ベストチョイスはこれだ!

欲しい車種が決まったら次はグレード選びです。そこで、まず車種のグレードの内容と特長を把握して自分に必要なグレードを判断することが重要になります。今回はマツダの人気SUVであるCX-5のグレードについて解説し、CX-5を検討する人のお役に立ちたいと思います。


ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-Vは、とくに北米・欧州でその実力を評価され、2019年の世界販売台数では、第4位になりました。5代目となった現行モデルでは、7人乗りが新たに登場しています。今回は、CR-Vの歴史と、現行モデルの実力をまとめています。


7人乗りが8人乗りと比べて人気な理由は?7人乗りのおすすめ車種もご紹介!

7人乗りが8人乗りと比べて人気な理由は?7人乗りのおすすめ車種もご紹介!

大人数が乗車できるクルマは、なにかと重宝します。しかし、購入しようと思う場合に悩むのは「7人乗りにするか」、「8人乗りにするか」ということかもしれません。今回は、そんなときの参考になる記事です。


コンパクトSUVの魅力とは?選ばれる理由とおすすめ車種をご紹介

コンパクトSUVの魅力とは?選ばれる理由とおすすめ車種をご紹介

コンパクトSUVは、クルマの性能と価格のバランスがよく、汎用性が高いことから、人気を得ています。今回は、コンパクトSUVの定義、メリット、おすすめ5車種についてまとめました。


最新の投稿


【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

世界的に需要の高い状態が続いているSUVジャンル。国産車の中でもズバ抜けた高級感と走行性能で高いステータス性を誇る高級車ブランド「レクサス」でも、バリエーション豊富にSUVをラインナップしています。2021年には人気のミドルクラスSUV「NX」の新型モデルも登場予定で、これからさらに盛り上がること間違いなしの、レクサスの最新SUV情報をまとめてみました。


原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

新車販売台数の陰りが囁かれる二輪車の世界でも、ここ最近密かにブームなのが「原付二種」ジャンル。通勤通学からお買い物まで普段使いにぴったりな原付二種は、性能と価格のバランスが取れており、ラインナップ拡大中の今こそ選びたい旬のバイクです。これから原付二種デビューしたい方のために、原付二種を運転するには必要な免許、その取得費用や期間はどれくらいかまで、詳しくまとめてみました。


【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

原付とは段違いの安定感と余裕のパワー、大型二輪よりも格段に扱いやすい車格とリーズナブルな価格で、人気の中型バイク。ひと昔前と比べるとバイク需要の縮小も囁かれますが、最新の中型バイクなら、乗用車さながらの高級装備も多数揃っているモデルも多く、満足度も満点です。毎日の生活にちょうどよい刺激をもたらしてくれるバイクデビューを、この記事でご紹介する中型バイクでしてみてはいかがでしょう。


【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

近年さらに人気が高まり続けている激戦の軽自動車業界で、軽自動車メーカーとして二大巨頭のスズキとダイハツに負けることなく、普通車思考の上質感を備えた魅力的な軽自動車の数々で大いにヒットを飛ばしているのがホンダです。初代N~BOXの登場から風向きの変わったホンダの軽自動車、人気の秘訣はどんなところにあるのでしょうか?ラインナップ全体をまとめましたので、ぜひ確認してみてください。


【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

日々のカーライフで便利に使えるスライドドア。ファミリーだけでなくビジネス向けの車でも人気の装備となっており、その便利さはお墨付きです。ホンダのスライドドア車は、乗り降りのしやすさや荷物の積み下ろしのしやすさはもちろんながら、ホンダらしい細やかな工夫もたくさん詰まっています。魅力的なホンダの現行スライドドア車を一堂にまとめてみましたので、ぜひ車選びの参考にしてみてください。