目次へ戻る

【2019年日本市場投入か】ホンダのSUV WR-Vってどんな車?

【2019年日本市場投入か】ホンダのSUV WR-Vってどんな車?

みなさんはホンダから発売されている、WR-Vという車をご存知でしょうか。何、知らない?それもそのはずです。実は、WR-Vは、日本では発売されていない車なんです。しかし、2019年には日本市場に投入されるという噂。そこで今からWR-Vについて知っておきましょう!本記事ではWR-Vをピックアップしています!


【2019年日本市場投入か】ホンダのSUV WR-Vってどんな車?

貴方は、WR-Vを知っているか?

みなさんはホンダから発売されている、WR-Vという車をご存知でしょうか。

何、知らない?それもそのはずです。実は、WR-Vは、日本では発売されていない車なんです。

しかし、2019年には日本市場に投入されるという噂。ここでWR-Vを学んでおけば、他の人と差がつく!?かもしれません!

今からWR-Vについて知っておきましょう!本記事ではコンパクトSUV、WR-Vをまとめています。

ホンダの WR-Vとは

WR-Vは、南米の顧客のニーズに基づき、ホンダR&D ブラジルが開発を担当したSUVです。

タフでありながら都会的なSUVデザインと高いユーティリティ、広い室内空間をコンパクトなボディサイズで実現しています。

2016年に開催されたサンパウロモーターショーにて初公開され、2017年以降南米地方にて発売されています。

名前の由来は「Winsome(愛嬌のある、魅力的な) Runabout(乗用車のボディスタイル) Vehicle」のそれぞれの頭文字をとったもの。

ホンダのコンパクトSUV WR-V 基本スペック(海外仕様)

■基本スペック(海外仕様)
全長×全幅×全高:4,000mm×1,734mm×1,600mm

ホイールベース:2,550mm

エンジン:1.2リットルi-VTEC(ガソリン)
     1.5リットルi-DTEC(ディーゼル)

トランスミッション:5速マニュアル(ガソリン)
          6速マニュアル(ディーゼル)

ホンダのコンパクトSUV WR-V 人気はどうなの?

それでは、ホンダのWR-V、南米市場での人気はどうなのでしょうか。

ホンダのインド現地法人、ホンダカーズインディアリミテッドは10月3日、2017年1~9月のインド新車販売の結果を発表した。総販売台数は14万0060台(輸出を除く)。前年同期比は14.4%増と、2桁増を達成した。

全販売台数の14万0060台の中では、セダンの『シティ』が5万0527台を占め、最量販車に。シティがホンダの全販売台数の、およそ35%を占めた。インドのミッドサイズセダンセグメントにおいて、支持を集める。

また、2017年3月中旬にインド市場に投入された新型コンパクトSUV、『WR-V』が、シティに次ぐ2位。以下、『フィット』、『アメイズ』『BR-V』、『ブリオ』と続く。

ホンダ「シティ」

この数字を見る限り、WR-Vの売れ行きは好調のようですね。

気になる!WR-V、日本での発売はいつになる?

気になるのが、日本での発売時期ですね。

まだホンダからの発表はありませんが、2019年の夏ごろにはWR-Vの発売が見込まれるのではと言われています。

ホンダのSUVにさらなる選択肢が増えますね。引き続き情報を追っていきたいと思います!

関連するキーワード


ホンダ 車種情報 WR-V SUV

関連する投稿


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【12月11日更新】


【オートカラーアウォード2018】今年の受賞はホンダのN-VAN

【オートカラーアウォード2018】今年の受賞はホンダのN-VAN

日本流行色協会(JAFCA)が毎年、最も魅力的な車両のカラーデザインを選ぶ「オートカラーアウォード」。 2018年はホンダ『N-VAN』のカラーリングがグランプリに輝きました。またトヨタ『JPN TAXI』には特別賞が授与されています。


スズキのスペーシアに SUV風のスペーシアギア登場!発売は12月

スズキのスペーシアに SUV風のスペーシアギア登場!発売は12月

人気の軽ハイトワゴン、スズキのスペーシアに、SUV風が登場する!?という情報が飛び込んできました。クロスオーバーSUVな装いの、その名も「スペーシア ギア」。本記事ではスペーシアギアの今明らかになっている最新情報をまとめています。


軽トラもここまでくると欲しくなる!特別仕様車「アクティトラック・スピリットカラースタイル」登場!

軽トラもここまでくると欲しくなる!特別仕様車「アクティトラック・スピリットカラースタイル」登場!

ホンダの軽トラック「アクティ・トラック」に、タイプ「TOWN」をベースにホンダの四輪車の原点となるT360誕生55周年を記念した特別仕様車「スピリットカラースタイル」を11月9日から発売しました。ダイハツがハイゼットトラックに農業女子向けに設定した仕様など、最近の軽トラはオシャレ度が高いのでまとめて紹介していきます。


【ロサンゼルスモーターショー2018】CR-Vの兄貴分!ホンダ パスポート 新型

【ロサンゼルスモーターショー2018】CR-Vの兄貴分!ホンダ パスポート 新型

ホンダの米国部門は、米国で開催したロサンゼルスモーターショー2018のプレビューイベントにおいて、新型『パスポート』(Honda Passport)を初公開しました。このパスポート、CR-Vの兄貴分ともいえるSUVなんです。


最新の投稿


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【12月11日更新】


【まさか復活!?それとも】マツダがMX-6を商標登録 MX-6とは

【まさか復活!?それとも】マツダがMX-6を商標登録 MX-6とは

マツダが『MX-6』の名前を商標登録していたことが判明しました。これは、日本の特許庁の公式サイトから明らかになったものです。このMX-6とは、過去にマツダが発売していたクーぺ。これはいったい…?


大雪時のタイヤチェーン装着義務 13区間(高速7・国道6)で実施|場所はどこ?

大雪時のタイヤチェーン装着義務 13区間(高速7・国道6)で実施|場所はどこ?

2018年11月15日に国土交通省より発表された 「タイヤチェーンを取り付けていない車両通行止め」規制。11月15日~11月28日までの間、パブリックコメントの募集を行い、12月10日に同交通規制が実施される道路を発表しました。実施される道路情報と、規制についての概要、違反時の罰則や実施時期について掲載しています。


トヨタのカローラスポーツ新型 価格・試乗記・スペックほか

トヨタのカローラスポーツ新型 価格・試乗記・スペックほか

6月26日より発売されている、12年ぶりにハッチバックスタイルを復活させた、トヨタの新型車『カローラスポーツ』。本記事ではカローラスポーツの詳細情報をまとめています。価格・試乗記・スペックほか


【ロサンゼルスモーターショー2018】最後のビートルが登場!

【ロサンゼルスモーターショー2018】最後のビートルが登場!

ロサンゼルスモーターショー2018にて、最後のビートルとなる、ザ・ビートル ファイナルエディションが公開されました。長年にわたり、多くの人に愛されてきたビートル。最新情報をまとめています。