目次へ戻る

ホンダ「ステップワゴン/スパーダ・N-BOX+/カスタム」のテールゲート降下で人身事故も発生!59万台を改善対策へ

ホンダ「ステップワゴン/スパーダ・N-BOX+/カスタム」のテールゲート降下で人身事故も発生!59万台を改善対策へ

ホンダは、「ステップワゴンやN-BOX+」など4車種について、テールゲートに不具合があり、突然降下するおそれがあるとして、国土交通省に改善対策を届け出ました。 対象車種は「ステップワゴン」「ステップワゴン スパーダ」「N-BOX+」「N-BOX+カスタム」の4モデル59万3815台になります 詳しく見ていきましょう。


はじめに

ホンダは、「ステップワゴンやN-BOX+」など4車種について、テールゲートに不具合があり、突然降下するおそれがあるとして、国土交通省に改善対策を届け出ました。

対象車種は「ステップワゴン」「ステップワゴン スパーダ」「N-BOX+」「N-BOX+カスタム」の4モデルで、平成21年9月21日~平成30年9月20日に製造された59万3815台になります。

詳しく見ていきましょう。

改善対策概要

不具合発生箇所はテールゲートオープンステーになります。

ステー上部のボールスタッドを取付けるテールゲートヒンジの締結座面穴径および、ボールスタッドの締結座面径の指示が不適切なため、そのままの状態で使用を続けると、ボールスタッドが緩むものがある。

また、上下ボールジョイントの組付け作業が不適切なため、固定用クリップが浮くものがある。
そのため、テールゲート開閉の繰返しにより、ボールジョイントが車体から外れたり、ボールスタッドが折損し、テールゲートが突然降下するおそれがあるそうです。

不具合発生件数と人身事故件数と内容

今回のテールゲート降下の不具合は193件発生、人身事故が2件起きているそうです。

国交省によると、10月8日に千葉県で、ステップワゴンのバックドアを開けて作業をしていた人が閉まるドアに挟まれ、首の骨が折れる大けがをしたのが1件目。

10月7日にも愛知県で同様の事故があり1人が軽いけがをしたそうです。

今回市場からの情報により国土交通省に改善対策を届け出ました。

不具合の部位(部品名)

今回テールゲートの不具合ですが大きく2箇所に別れています。
①は該当車両すべてでプラスで②も該当するモデルもあります。

①車体(テールゲートオープンステー取付用ボールスタッド)

①テールゲートオープンステーにおいて、ボールスタッドを取付けるテールゲートヒンジの締結座面穴径及び、ボールスタッドの締結座面径の指示が不適切なため、テールゲート開閉操作を繰返し行うと締結座面が座屈するものがあります。
そのため、そのままの状態で使用を続けると、ボールスタッドが緩み、最悪の場合、ボールスタッドが折損しテールゲートが突然降下するおそれがあります。

②車体(テールゲートオープンステーボールジョイント)

②テールゲートオープンステーにおいて、下側ボールジョイントと車体側ボールスタッドの取付部構造が不適切、または、上側ボールジョイントと車体側ボールスタッドの組付け作業が不適切なため、ボールジョイントと車体側ボールスタッドを固定するクリップが浮くものがあります。
そのため、そのままの状態で使用を続けると、テールゲート開閉の繰返しにより、ボールジョイントが車体から外れ、テールゲートが突然降下するおそれがあります。

①が593,815台、②も該当するのが186,108台となっています。

改善対策の内容

改善対策の内容も2つにわかれておりそれぞれ対応が異なります。

①全車両、ボールスタッドの締付けトルクを点検し、緩みのあるものは新品のボールスタッドと交換して新たに設定したトルクで締付けます。
緩みのないものは、当該ボールスタッドを新たに設定したトルクで締付けます。
一部の車両においては、緩みのあるものは、新品のボールスタッドに緩み防止剤を塗布し、新たに設定したトルクで締付けます。
緩みのないものは、当該ボールスタッドに緩み防止剤を塗布し、新たに設定したトルクで締付けます。

②全車両、テールゲートオープンステーのボールジョイントに外れ防止カバーを追加します。

自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置

対象者に通知される方法は以下の通りです。

・使用者:ダイレクトメール等で通知します。
・自動車分解整備事業者:日整連発行の機関誌に掲載します。
・改善実施済車には、その旨を点検整備記録簿に記載します。

対象車の車台番号の範囲及び製作期間(モデル、型式)

今回の改善対策該当モデルは合計14型式、6車種になります。

型 式通称名
DBA-RK1ステップワゴン
DBA-RK2
DBA-RK3
DBA-RK4
DBA-RK5ステップワゴン スパーダ
DBA-RK6
DBA-RK7
DBA-RP1ステップワゴン
DBA-RP2
DBA-RP3
DBA-RP4
6AA-RP5
DBA-JF1N BOX+ N BOX+ Custom
DBA-JF2

製作期間の全体の範囲は、平成21年9月21日~平成30年9月20日に製造された車種になります。
※対象範囲の一部には、改修対象ではない車両も含まれています。

合計は593,815台と大規模な改善対策台数ですね。

詳しい車体番号は以下のホンダリリースを参照ください。

ステップワゴンなど6車種の改善対策 | Honda

https://www.honda.co.jp/recall/auto/info/181115_558.html

Hondaご愛用の皆様には大変ご迷惑とご心配をお掛けいたしておりますことを心からお詫び申し上げます。

さいごに


今回台数も59万3815台と多く年末も近づいているので遅くなると時間も掛かるかもしれませんね。

今回はリコールではなく改善対策なので道路運送車両の保安基準に規定はされていなので必須ではありませんが、テールゲートを何度も開け閉めすると、支柱のつなぎ目が外れる恐れがあるということですし、実際大怪我も発生しているので該当のオーナーの方はできるだけ早めにディーラーにて対策、改修してもらうことをおすすめします。

【注意】ステップワゴン、フリード20万台リコール!物損事故2件も発生中

https://matome.response.jp/articles/1712

ホンダは5月31日、「ステップワゴン」「フリード」「フリード+」の計3車種に関して国土交通省にリコールを届け出ました。該当台数は20万台。不具合は142件発生、物損事故が2件起きているとのことです。タカタ製エアバックリコール情報も含めてリコールに関してまとめました。

関連する投稿


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【2月20日更新】


ホンダの高級車ブランド アキュラ|現行モデルを一覧で紹介!日本でも買える?

ホンダの高級車ブランド アキュラ|現行モデルを一覧で紹介!日本でも買える?

ホンダが展開する海外向け高級車ブランド「アキュラ」。当記事では、アキュラから現行販売されている車種を一覧にて紹介すると共に、アキュラブランド立ち上げの背景や、ラインナップ車種の中古車価格などについて合わせて掲載しています。


ホンダの中型SUVパスポート新型 2月より米国発売!

ホンダの中型SUVパスポート新型 2月より米国発売!

ホンダの米国部門は1月29日、新型『パスポート』(Honda Passport)の詳細を発表しました。米国ベース価格は3万1990ドル(約350万円)で、2月に販売を開始する予定です。日本未発売のため、あまり知られていないパスポート。いったいどんなSUVなのでしょうか。


【販売台数ランキング】ホンダN-BOXが2018年ダントツで売れたクルマに!

【販売台数ランキング】ホンダN-BOXが2018年ダントツで売れたクルマに!

全軽自協が2018年(1~12月)の車種別新車販売台数を発表しました。 ホンダ「N-BOX」が過去最高の241,870台で軽自動車では4年連続、登録車を含む新車販売台数においては2年連続となる第1位を獲得しました。 販売台数ランキングやN-BOXの販売台数推移、今後の展望などを見ていきましょう


4WD(四駆)とは?仕組みの説明とハイブリッド・軽などタイプ別おすすめも紹介

4WD(四駆)とは?仕組みの説明とハイブリッド・軽などタイプ別おすすめも紹介

雪道などでスリップしづらい4WDには様々な種類があり、その特徴や仕組みを知っておけば車を買い替えるときなどにも役立ちます。本記事では四駆のお勧めハイブリッド車・軽自動車・スポーツカーをそれぞれ2~3車種ずつ紹介しています。更にそれぞれの車種の特徴やセールスポイント、車種情報、スペック等についても記載しています。


最新の投稿


【ガソリンスタンドでの洗車】洗車機・手洗いどちらがおすすめ?時間・料金は

【ガソリンスタンドでの洗車】洗車機・手洗いどちらがおすすめ?時間・料金は

ガソリンスタンドと言えば、給油で使う人が圧倒的に多いと思います。洗車できるのは知ってるけど、利用したことがない人は意外といるそうです。 今回はガソリンスタンドでの洗車について時間や料金などをまとめてみました。


内張りはがしの使い方・コツは?おすすめ商品10選も紹介

内張りはがしの使い方・コツは?おすすめ商品10選も紹介

愛車のドレスアップやカスタマイズには必須となる定番アイテム、「内張りはがし」。今回は正しい使い方やコツ、選び方、また代用となるものもご紹介していきます。


マッスルカーとは?アメリカンな最強車5選を中古車価格と合わせて紹介

マッスルカーとは?アメリカンな最強車5選を中古車価格と合わせて紹介

アメリカのクラシックカー(旧車)の一部車種を「マッスルカー」と呼びますが、単語は聞いたことがあっても定義や歴史について知っていると言う方はあまり多くないと思います。こちらの記事では、マッスルカーとはどういった車種を指すのか、その特徴と、おすすめのマッスルカー5台の紹介を合わせて掲載しています。


AWDと4WDの違いって何?意味やメリット、各社の技術や代表車種を紹介

AWDと4WDの違いって何?意味やメリット、各社の技術や代表車種を紹介

車の駆動システム「AWD」。そもそもどんなものなのか、4WDとの違いはどこにあるのか?といった疑問をもたれてる方も多いのではないでしょうか。今回はAWDの意味からメリットについて、各社のAWDシステムの紹介や代表車種についての紹介を掲載しています。


【ETCの領収書】発行方法・出し方を解説|レンタカー利用時の説明も

【ETCの領収書】発行方法・出し方を解説|レンタカー利用時の説明も

ETCを利用した際に領収書を出したい時は、どのように発行すればいいのか、今回は領収書の代わりとして使用できるETC利用証明書の発行の仕方を解説していきます。