目次へ戻る

運転のしやすさで女性に大人気!?初心者でも扱える日産デイズ

運転のしやすさで女性に大人気!?初心者でも扱える日産デイズ

日産のノウハウを注いだ自信作と称されている日産デイズ。先進技術の搭載による軽自動車ならではの走行性能と快適性能によって特に女性から圧倒的な支持を得ている車種だ。今回はそんなデイズのデザイン、走行性能、安全装備について詳しくまとめた。


デイズのデザインとエンジンシステム

デイズの主な特徴

日産デイズは、女性でも初心者でも運転しやすい軽自動車として高い人気を維持している。快適な走行モードを追究して停車前アイドリングストップとバッテリーアシストシステムを備えているため、ガソリンの消費量の軽減が可能だ。

その他、前方検知カメラが周辺の状況を感知し、ビームの強度が自動で切り替わるハイビームアシストを搭載しており、ハイビームのまま走行して前方の車両に迷惑を掛けることが無くなった。走行車が少ない夜道でも、歩行者の存在に瞬時に気付ける。

自由自在に選べられるカラーバリエーション!

女性人気が高い日産デイズは、自分の好みに合わせてボディカラーを選べる14色の車として注目を集めている。但し、グレードによっては選択できないカラーもあり、ホワイトパールとプレミアムパープルが特に人気だ。

シート地、内装色にはアイボリー系若しくはエボニー系のスエード調クロスを採用していて、ボディに4コートメタリック(4M)を施しているため、ボディ全体がメタリックの艶を纏い、美しいボディシェイプが引き立っている。グレードの高い発色も大きな魅力の一つだ。

デイズのエンジンシステム

日産デイズの数あるグレードの中でも「ハイウェイスターGターボがいい」という声は少なくない。ハイウェイスターGターボは2種類がラインナップされている。エコカー減税対象となっている2WDは燃費消費率はJC08モードで23.2キロメートル/1リットルであり、寒冷地に居住している方々に好まれている4WDの燃費消費率は21.8キロメートル/1リットルだ。

いずれのタイプも低燃費を実現させており、地球にもお財布にも優しいクルマだ。また、アラウンドビューモニターが搭載され、バックでの駐車をスムーズに行える点も人気に一因している。

搭乗者だけでなく環境も守るデイズ

日産は人・車・自然の共存を合言葉に環境保護を目的とするプロジェクト・ニッサングリーンプログラムに取り組んでいる。日産デイズはCo2削減を図る措置が講じられており、平成17年基準排出ガス75パーセント低減レベルを達成している低排出ガス車だ。

可変バブルタイミングや電動パワーステアリングなどの装備によって一部のグレードを除く2WD車が平成32年度の燃費基準を達成していることから、環境に配慮した車を好む方に人気だ。リサイクル法に基づいて再利用しやすい材料や再生資源を可能な限り用い、限りある資源の有効活用に力を注いでいる。

使いやすさを重視したインテリア

シートアレンジはどうなのか?

リヤシートアレンジは、通常時のシート状態の他、リヤシートスライド状態やフルフラット、分割リクライニングといった、4つのパターンで楽しむことができる。生活の場に合わせて、フレキシブルにくつろぎのスペースを確保することが可能だ。また、ラゲッジスペースには十分な収納性があるので、シートアレンジによって、さらに有効的に活用することができる。

ストラップを引くだけで操作可能な、助手席回転シート機能も搭載されており、和服や、女性がおしゃれなスカートを着用している時でも、スムーズに乗り降りができるように工夫が施されているのだ。シートは、高いホールド性も確保されているので、大きな安心感があることが特徴の1つだ。

タッチ操作で使いやすくなったエアコン

タッチパネルで操作することができるオートエアコン機能も、軽自動車では、「デイズ」に初めて搭載されたものだ。音声は運転を妨げることのない、聞きごこちのよいものとなっており、アンサーバック音は高音、低音の2種類から選択可能だ。

パネル位置は、手が届きやすい位置に配置されており、使い勝手のよいものとなっている。表示部分はモノトーンで統一されており、運転中にも見やすいデザインとなっていることが特徴の1つだ。また、深みのある、凹凸がない滑らかなピアノ調のデザインで、車内空間を上質なインテリアに仕ている。スイッチにほこりがたまるといった心配もなく、掃除もたった一拭きで終了させることが可能なのだ。

デイズについてくるインテリジェントキーとは

スイッチを押すだけでロックの開閉ができる、インテリジェントキーが搭載されている。運転席・助手席両方には、サンバイザーの裏側にバニティミラーが採用されており、信号待ちの間のちょっとした身だしなみのチェックにも便利だ。

リモコンキー以外でドアを開けようとした場合には、アラームが鳴って周囲に警告される、カーアラーム機能も完備されているため、セキュリティ対策も万全だ。プッシュエンジンスターター機能によって、燃費の節約をすることも可能となっている。

操作方法も、ブレーキを踏んでエンジンスイッチを押すだけといった、簡単なものだ。その他にも、乗り降りに便利なグリップ、盗難防止機能といったさまざまな装備が施されている。

安心と安全を約束する装備が豊富!

新技術を含んだ運転支援

デイズには、2つの先進的なエコシステムが搭載されている。アイドリングストップとバッテリーアシストシステムが組み合わさり、今までにない快適性を実現している。アクセルOFF時には減速エネルギーを使いバッテリーを充電、さらに自動的に燃料噴射までカットし、その他にも様々な場面で発動し、安全性と燃費の良さを両立している。

アラウンドビューモニターも搭載しているため、駐車が苦手な方も安心だ。まるで空から見ているような視点で、車の周囲を確認できる。目視では確認できない部分まで捉えてくれるため、見えにくい障害物も察知可能だ。

メーターにもエコシステムをサポートする工夫がされている

運転をガラリと変える安全装備

ハイビームアシストと言われる、ハイビームとロービームを自動で切り替えてくれるシステムが搭載されている。前方検知用のカメラが搭載され、対向車のライトや道路の明るさを検知し、ハイビームを最適な状態に切り替えてくれる。運転のしやすさをサポートすると共に、歩行者の早期発見にも役立つようになっているのだ。

赤外線レーザーレーダーで、衝突の危険性を察知するエマージェンシーブレーキも搭載。衝突の可能性を判断し、危険があれば警告灯とブザーで知らせるとともに、自動的に緊急ブレーキが作動する。
アクセルペダルとブレーキペダルの踏み間違いを防ぐ、踏み間違い衝突防止アシストも搭載されている。

実際に試乗した感想

"デイズのターボ車を試乗した方の意見を見てみると、コントロールのしやすさに驚いている方が多いようです。加速性能が高い車ですが、一般的なターボ車とは違い、自然な加速がコントロールのしやすさを実現しているとの事です。また空間の広さも売りにしている車という事もあり、荷物の積みやすさ、乗り降りのしやすさを実感している方も多くいるようです。
また先進的な安全装備の充実、バッテリーアシスト機能による燃費の良さ、そういった部分を試乗した方々が感じている事が伺えます。"

デイズのバリエーションと価格

デイズには、搭載されている装備が違う、様々なグレードが用意されている。各グレードごとの価格は、「J」タイプがメーカー希望小売価格1,140,480円、「X」タイプが1,289,520円、「ハイウェイスターG」が1,418,040円となっている。

人気グレードがどれか気になる所だが、一番人気はメーカー希望小売価格1,332,720円の「VXセレクション」だ。次いで「ハイウェイスターX」、「ハイウエイスターGターボ」と中堅クラスのグレードが人気となっている。

画像はバリエーションの一種であるデイズルークス

関連する投稿


日産 GT-R 2020年モデル発表!価格は約1063万円から

日産 GT-R 2020年モデル発表!価格は約1063万円から

日産は4月17日、6月発売予定の『NISSAN GT-R』2020年モデルを発表しました。あわせて、『NISSAN GT-R NISMO』2020年モデルと限定モデル『NISSAN GT-R 50thアニバーサリー』、『フェアレディZ 50thアニバーサリー』を公開しています。


電気自動車が欲しい方におすすめ!「ノート C-Gear」

電気自動車が欲しい方におすすめ!「ノート C-Gear」

日産から発売された電気自動車「ノートC-Gear」。この記事ではまず電気自動車について説明し、NOTEの車をいくつか説明し、C-Gearについて触れます。またどんな方にC-Gearをおすすめなのか触れ、日産について説明します。さらに普通車と違いどんなメリットがあるのかを説明します。


日産 エクストレイル| ハイブリッドの燃費や口コミ・評価、中古価格は?

日産 エクストレイル| ハイブリッドの燃費や口コミ・評価、中古価格は?

人気の高い日産「エクストレイル ハイブリッド」ですが、ガソリン仕様に比べ車体の価格が少々割高になっています。街乗りやアウトドアなど、色々なシチュエーションで使うことができるので根強い人気があるエクストレイルハイブリッド。今回の記事では、エクストレイル ハイブリッドの性能や燃費だけではなく、評価や口コミ等もまとめていきます。購入を検討されている方は、是非参考にしてください。


ダイハツの軽 エッセ|スペック・燃費から中古価格までご紹介

ダイハツの軽 エッセ|スペック・燃費から中古価格までご紹介

発売が終了している、ダイハツのエッセは街乗りに丁度いい仕様で作られています。エッセの中古車には、燃費性のに走行性能など様々な点で期待することができます。今回の記事では、ダイハツの軽自動車「エッセ」」の性能や燃費に、中古車価格などをまとめてご紹介していきます。


日産 ティーダの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧

日産 ティーダの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧

日産が過去に発売していたティーダ。このティーダはハッチバックスタイルの車で、実質的にはサニーの後継車だ、ともいわれています。2004年に発売され、日本では2012年に発売を終了しましたが、海外では今もなお発売されています。そんなティーダについて本記事では改めてまとめています。


最新の投稿


1ナンバーに関係するお金の話:任意保険は?維持費は?

1ナンバーに関係するお金の話:任意保険は?維持費は?

1ナンバーとは、何なのか?1ナンバーで気になる税金の事について、どの費用がいくら位かかるのかを4ナンバーの比較を交えて、任意保険や維持費などを紹介します。車にかかる費用は他にも色々あります。細かい部分まで掘り下げて疑問をスッキリさせてみましょう。


【タイミングチェーンとは】交換時期や費用、ベルトとの違いや異音の説明も

【タイミングチェーンとは】交換時期や費用、ベルトとの違いや異音の説明も

車検を受ける際はさまざまなパーツを換える必要がありますが、タイミングチェーンというパーツもよく換える場合があります。 タイミングチェーンを換える場合は車検費用が高くなるでしょう。 ここでは、タイミングチェーンについて、その交換時期や費用、タイミングベルトとの違いや異音の原因と対処法まで一挙ご紹介します。


【スクールゾーンの規制】標識や時間帯、違反時の罰則と許可証の申請について

【スクールゾーンの規制】標識や時間帯、違反時の罰則と許可証の申請について

スクールゾーンの法的根拠や、具体的にどのような規制があるか、その表示方法などと、車の通行ができない場合の許可についてわかりやすく解説しています。違反した場合には罰則もあるので、標識などで確認することが大事です。


ローダウンはかっこいい?やり方は?車検は通る?

ローダウンはかっこいい?やり方は?車検は通る?

ローダウンは車好きが乗るイメージが強いです。合法化されてからは、街中でも見かけるようになりましたね。ローダウンの仕組みやジャッキの使いかたは気になりますね。ローダウンの乗り心地や、車検に通るのかまで一気に詳しく紹介していきます。


マットブラックは大変?塗装は自分でできる?コーディング方法も紹介

マットブラックは大変?塗装は自分でできる?コーディング方法も紹介

あなたはマットブラックに塗装された車を見たことはありますか?独特の存在感がありますよね。深みのある色合いが車ファンを魅了しています。今回はマットブラックに塗装することのメリット・デメリット、コーティングなどによるお手入れの方法も紹介していきます。