目次へ戻る

トヨタ、タンクの兄弟車!ルーミーのすべて

トヨタ、タンクの兄弟車!ルーミーのすべて

トヨタのルーミーは、ダイハツの小型トールワゴンの技術を活かした ダイハツ トールのOEM、トヨタ タンクと兄弟機種として開発されました。


トヨタ、ルーミーの概要・特徴

トヨタのルーミーは、ダイハツの小型トールワゴンの技術を活かした
ダイハツ トールのOEM、トヨタ タンクと兄弟機種として開発されました。

広々とした空間“Living”と余裕の走り“Driving”を掛け合わせた「1LD-CAR(ワン・エル・ディー・カーがコンセプトで、燃費、小回りの利く走行性能、乗り心地と非常にバランスの取れた使い勝手の良いコンパクトカーとなっています。

また、パワースライドドアを採用しリヤシートはスライド可能なので、ラゲッジスペースを大きく取れたりペットと一緒に乗る際も幅が広く取れるので、ペットにもストレスを与えることなく移動が可能で、幅広い層に人気の一台です。

トヨタ、ルーミーのデザイン・ボディーカラー

デザインついてですが、兄弟車種のタンクは切れ長のヘッドランプと大開口アンダーグリルで躍動感や品格・艶やかさを協調したのに対し、ルーミーが厚みのあるヘッドランプと面を強調したグリルで重厚感のある力強さを表現し、シャープで先進的な顔つきのデザインとなっています。

また、ツートンカラー含めボディーカラー14色は、カラーによってカッコよく見えたりポップでオシャレになったりと様々な表情を見せてくれます。

その人の個性やスタイルに合わせて選ぶことが可能なので、性別や年齢など関係なくどんな方でも楽しめます。

デザイン、カラーとも洗練され現代に合わせた楽しみ方が出来るコンパクトカーとして活躍が期待されます。

トヨタ、ルーミーのエンジンシステム

1.0Lの1KR-VET VVT-iターボエンジンを搭載し1.5Lクラス相当のトルクを幅広い回転域で発揮してくれ、低燃費と走行性能を両立しています。

坂道でもスムーズに登っていけるほどの馬力があるので、街中での発進や加速にも自信のある車です。

アクセルを踏んだぶんだけ気持ち良く加速が出来るので、高速道路の運転にも充分穏やかで必要な加速性能を発揮してくれます。

経済的にも良く小回りも利くので街乗りにとても最適で普段使いにはもってこいの一台です。

トヨタ、ルーミーの燃費(JC08モード)

ルーミーに搭載しているガソリンエンジンは燃費性能も抜群。

JC08モードで最大24.6km/Lと新開発の直列3気筒1.0リットルターボエンジンとCVTの組み合わせにより低燃費を実現しました。

これだけの低燃費を実現しているので、エコカー減税ももちろん適用されます。

低燃費と高い質の運転性能を兼ね備えたルーミーはファーストカーとして選んでも十分な役割を果たしてくれるでしょう。

トヨタ、ルーミーのラゲッジスペース

ラゲッジスペースは幅広いバックドア開口部と低い荷室フロア高で、まさに収納庫のような広さと使いやすさを感じられます。

コンパクトカーですが、リアシートのアレンジが出来て自転車などもそのまま積めるほどなので荷室容量は決して低くありません。

むしろこのサイズではゆとりのある方と言えるので、荷物を運ぶ際もあまり困ることはないでしょう。
車内のスペースを無駄なく使え、人も荷物もストレスなく運べる事がこの車の魅力のひとつといえます。

トヨタ、ルーミー搭乗人数・シート

搭乗人数や荷物の量などに応じてシートアレンジが出来るのもルーミーの特徴です。

後部座席はかなりゆとりがあり、最大365mmに広げられるので足を組んだりして余裕をもって過ごせます。

また、シートはフラットにすることも可能なので、車内泊をする際はゆったりとくつろぐ事が出来ます。

コンパクトカーでありながら広々とした居住空間も生み出す事が出来るので、どんな場面でも必要に応じて
ご自身の思うままに「遊ぶ」ことが出来ちゃいます。

トヨタ、ルーミーの快適性能は?

ルーミーの快適さはエンジンや運転性能だけでなく、室内装備も快適さを高めてくれます。

まず、電動スライドドア。両側ともワンタッチ式のパワースライドドアを搭載しているので荷物やお子様を抱えたままの乗り降りも楽に出来ます。

そして電子カードキーをけいたいしていれば、バッグからキーを取り出さずにドアに付いているリクエストスイッチを押すだけで
ドアの解錠・施錠が楽に出来ます。解錠・施錠だけでなく、エンジンの始動もブレーキを踏みながらスイッチを押すだけで簡単に出来ます。

その他、運転席、助手席、後部座席には、あったらいいなという装備が充実しており、快適な車内空間を演出してくれています。

トヨタ、ルーミーの内装・オプション

運転席のディスプレイ・メーターにはTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイを採用。
4.2インチTFTの高性能な液晶に、メンテナンスやウォーニングなどいろいろな運転情報を表示し、さらにエコキャラモードなどがあり楽しくエコ運転が出来ます。

後部座席には日差しのまぶしさを軽減してくれる格納式リヤドアサンシェードを標準装備。後部座席でゆっくりしたい時に
日差しのまぶしさを軽減してくれます。尚、使わない時はトリム内に格納しておけます。

そしてフロントガラスにUVカット・IRカット機能付ウインドシールドグリーンガラスを採用しUVを99%カットしてくれるので運転中の車内での日焼け対策もしてくれます。

カーナビはオプションにてフルセグ、DVD、映像・音楽メディアや通信も楽しめるT-Connectナビを装着可能です。

9インチモデルと7インチモデルがあり、どちらも見やすく使いやすいが、やはり9インチモデルの方が高精細で見やすさは圧倒的です。

トヨタ、ルーミーの安全性は?

ルーミーは運転手や同乗者の方にも安心て乗車出来るよういくつかの機能が搭載されています。

・衝突回避支援システム(スマートアシストⅡ)
先行車との衝突の危険性が高まった場合、緊急ブレーキで減速し衝突回避と被害軽減をサポートしてくれます。

・衝突警報機能(対車両・対歩行者)
走行中に前方の車両や歩行者を認識し衝突の危険性があると判断した場合にはブザーと警告灯でお知らせしてくれます。
夜間や悪天候の際の運転に非常に役立ちます。

・車線逸脱警報機能
道路上の車線を認識後、車線から逸脱しそうになると、ドライバーへ警報し逸脱回避操作を促します。
これにより隣接車線の車との接触を未然に防ぐよう配慮してくれます。

これ以外にも安全性能はいくつも備わっているので、運転が苦手と感じている方もスムーズな運転が出来ることでしょう。

トヨタ、ルーミーの安全装備(予防安全・衝突安全)

予防安全のための装備についても充実しています。

LEDヘッドランプを採用することによって、先行車や対向車へ配慮したり悪天候時の視界確保をサポートしてくれます。

さらに、車外の明るさによって自動でヘッドランプなどを点灯や消灯してくれ点灯忘れなどを防止します。
また、急ブレーキをかけた際には自動的にハザードランプが点灯し後続車へ伝え追突事故を防ぎます。
万が一衝突してしまったときの衝突安全にも配慮。

エアバッグは6つ用意し後部座席に乗っている人にも衝突の被害を最小限に抑えてくれます。

また、あらゆる方向から衝突実験をし衝撃を吸収・分散する衝突安全ボディを搭載することにより、
衝突した際の衝撃を軽減してくれるような対策がなされています。

ルーミーのバリエーション・価格

ルーミーの各モデルの標準価格は140万円台~190万円台とグレードによって多少幅があります。
搭載するエンジンや標準で装備されているものの違いはありますが、運転のしやすさや快適さには大きな差はありません。

必要なもの不要なものなどそれぞれ各個人のスタイルに合わせて選んでいけばどのグレードでも楽しめると思います。

トヨタ、ルーミーの試乗記

さて、実際の乗り心地等はどうなのでしょうか。試乗した方の感想を聞いてみるとこんな感想をいただきました。
「やさしい走り出し(岩貞氏)」
コンパクトカーにありがちな、発進の時にガコンと急発進のようになってしまうようなことはなく、スムーズな走りが楽しめるようです。

また、
「後席ダイブインアレンジでラゲッジをフラットに拡大することもできるアイデアは秀逸(青山氏)」
と、この車の特徴でもありますラゲッジスペースについてかなり好印象を持てたようです。

特に休日にアクティブに過ごす方には荷物など多くなりがちなところを気にせずお出かけが出来ますね。
ルーミーは街を走っても荷物を運ぶのもストレスなくおこなえる使い勝手の良い車です。

運転席では、ハンドルがもう少し手前にできるといいのになという、コンパクトカーにありがちないつもの私の愚痴はさておき、走り出しの一瞬で、ぎょっとする。やわらかい。乗り心地がなめらかでソフトなのである。タイヤがふわりと路面をつかみ、するするころころと転がっていく。なんだ、このやさしい走り出しは。

「1LD-CAR!」らしく、前後席フルフラットシートアレンジも可能で、後席ダイブインアレンジでラゲッジをフラットに拡大することもできるアイデアは秀逸。

関連する投稿


2019夏!軽トールワゴン買うならどれ? デイズ VS ムーヴ VS ワゴンR そして新型N-WGN

2019夏!軽トールワゴン買うならどれ? デイズ VS ムーヴ VS ワゴンR そして新型N-WGN

軽自動車のジャンルでは、現在ではN-BOXを始めとするより背が高くてスライドドアを装備するハイトワゴンがブームとなっています。しかし、日産が新型デイズを発表したこと、またホンダがこの夏に発売する新型N-WGNの情報を公開したことで、今、にわかにトールワゴンに注目が集まっています。そこで、今回は新型デイズを中心に、日産、ダイハツ、スズキの軽トールワゴンの「良いとこ」をご紹介します。新型N-WGNの情報もありますよ!


2019年7月発売!ダイハツ新型タント 人気の軽トールワゴンタント新型の最新情報

2019年7月発売!ダイハツ新型タント 人気の軽トールワゴンタント新型の最新情報

「タント」はダイハツの大人気軽トールワゴンです。そんなタントがフルモデルチェンジして2019年7月ごろ登場します。発売は?価格は?新旧で何が変わるの?他タント新型の最新情報をまとめています。また、新型タントの最新画像も多数掲載!購入検討している方、予約検討している方はぜひ本記事をどうぞ!【6月17日更新】


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【3月27日更新】


スポーツカーのようなコンパクトカー、トヨタ スターレット┃歴代モデルを徹底解説

スポーツカーのようなコンパクトカー、トヨタ スターレット┃歴代モデルを徹底解説

今からさかのぼること46年前にトヨタが初代スターレットを販売しました。1999年に販売終了となるまでには5代のスターレットを世に出しています。今回は爆発的人気があった日本の名車、歴代スターレットの歴史を見ていきましょう。


ダイハツムーヴの派生モデル ムーヴコンテ┃歴史やムーヴとの比較も解説!

ダイハツムーヴの派生モデル ムーヴコンテ┃歴史やムーヴとの比較も解説!

「軽自動車が欲しいんだけどムーヴコンテって実際どうなの?」 「コンパクトでかわいいけど機能性も重視した車が良いけどムーヴコンテの機能性が気になる」 このようにムーヴコンテを購入しようかどうか迷っているけど詳細が良く分からずお悩みではないですか? ムーヴコンテ、実は、「カクカク・シカジカ」でお馴染みダイハツムーヴの派生モデルとして誕生した車なんです!この記事では、ムーヴコンテがそもそもどんな車なのか、維持費や購入方法なども含めて詳しく解説しています。 是非、記事の内容をご覧いただきムーヴコンテを購入する前に参考にしてください!


最新の投稿


アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティンは、開発中の新型ハイパーカー『ヴァルキリー』(Aston Martin Valkyrie)の最新プロトタイプ車を、英国で発表しました。


解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

メルセデス・ベンツSLKは、1996年の初代より2016年の三代目まで生産がなされました。メルセデス・ベンツの2シーターのライトウェイトスポーツカーの位置づけで生産され、発売初年度は生産が追い付かないという人気を誇りました。R170・R171・R172の変遷も見てみましょう。


スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドは静かなモーター走行とダイナミックに走るV6エンジンが特徴のハイブリッドカーです。その優れた走行性能は走り出した時から感じることができるでしょう。それではスカイライン ハイブリッドについて見ていきます。


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

恐竜の骨格を思わせるリブボーンフレームの採用による最高の衝突安全性能を誇り、高い居住性とSUV的走破性も併せ持つ、三菱が誇るオールラウンダーミニバンがデリカD:5です。発売から10年以上を経てなお三菱をけん引し続ける人気車種の実像に迫ります。