トップへ戻る

トヨタのコンパクトカーをけん引してきたヴィッツの特徴は?

トヨタのコンパクトカーをけん引してきたヴィッツの特徴は?

ヴィッツは欧州基準でBセグメントに属するハッチバックモデルで、トヨタのコンパクトカーを長らくけん引してきた人気の車種です。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


トヨタ、ヴィッツの概要・特徴

ヴィッツは欧州基準でBセグメントに属するハッチバックモデルで、トヨタのコンパクトカーを長らくけん引してきた人気の車種です。

2017年にハイブリッドモデルが満を持して登場。1.5Lエンジンのものがベースですが、エンジンはさらに燃焼効率を向上させ低フリクション化が施されたほか、

パワーコントロールユニット(PCU)は充電源制御による損失低減が図られ、JC08モード燃費34.4km/リットルを実現しました。

この燃費は同じ型の車の中でもトップの低燃費です。

トヨタ、ヴィッツのデザイン・ボディーカラー

トヨタ ヴィッツ ハイブリッド(HYBRID U Sporty パッケージ)
マイナーチェンジしたトヨタヴィッツ

デザインも2017年にマイナーチェンジし、今までは国内向けと欧州向けとは違った顔でしたが個性の強い欧州に対して勝負を挑むため、ヨーロッパでデザインを行ったとのことです。

特にフロントロアグリルをより大きくハの字型に開きそれにより低重心に感じられる作りとなりました。
ボディーカラーは全部で17色とかなり豊富なのでご自身に合ったスタイルがきっと見つかるでしょう。

トヨタ、ヴィッツのハイブリッドは

ハイブリッド車の走行性能はかなり高くなっているところも今回のヴィッツの魅力でもあります。
モーターとエンジンの長所を最大限活かしながら最適な効率で制御し、状況によって充電もされ低負荷時はモーターのみでの走行も可能です。

例えば、加速の際はエンジンとバッテリーからパワーを供給し駆動力がアップします。反対に減速時には車輪がモーターを駆動し発電しバッテリーに効率よく充電します。

さらにアイドリングストップ機能により、信号待ちなどの停車時ではガソリンを消費しません。ただしエンジン停止中でもエアコン(冷房)は利用可能です。

また、静寂性についても通常でもかなり静かではありますが、EVドライブモードにすればモーターのみで静かに走行するのでさらに静寂性は高まります。

トヨタ、ヴィッツの燃費は

燃費に関してはハイブリッドシステム、ガソリンエンジンともにかなり高い水準を示しています。
特にハイブリッドの方では34.4km/Lという数字で他の同型車種の中でもトップクラスとなっています。

ただ、ガソリンエンジンも負けてはいません。
トヨタのハイブリッド車の技術をガソリン車に注入し省エネエンジンを開発。これにより25.0km/Lという数字を出すことが可能となりました。

尚、エコカー減税の対象車でもあるので初期費用も抑えられますし、燃費も良いのでランニングコストも抑えられます。

トヨタ、ヴィッツのラゲッジスペース

ラゲッジスペースの荷室容量はかなり多く、たくさんの荷物にもしっかり対応できるようになっています。

長さがある荷物を積む際にも後部座席を倒したりするなどアレンジが可能なので非常に便利です。
また、アジャスタブルデッキボードがあるため、用途によって高さを変えられるため荷物の高さに応じた使い方が出来ます。

大きな開口幅で荷物を出し入れしやすいのも非常に便利です。

リヤシート肩口にあるロック解除ノブを引くと、シートを素早く簡単に前倒し出来るので
わざわざ座席のところまで倒しに行く必要がなくスムーズに出し入れが可能です。

トヨタ、ヴィッツ搭乗人数・シート

ヴィッツはコンパクトながらもゆとりのある室内空間が特徴です。搭乗人数は最大5名ですが5名乗っても膝回りもゆとりのある設計なので充分ゆったりくつろげます。

シートアレンジも簡単に出来るので、大きな荷物や多い時、乗車される人数に応じてその形の変更が可能です。

コンパクトだからこそ車全体を最大限に利用した利便性をしっかりと堪能できるのではないでしょうか。

トヨタ、ヴィッツの快適性能

室内装備には快適に過ごすための工夫がいくつもなされています。

例えばUVカット機能付きウインドシールドグリーンガラスを搭載し紫外線を約99%カットし車内での日焼けを防いでくれます。

また、エアコンのファンを作動させてナノイースイッチを入れるとナノイーを放出し車内の空気環境を爽やかにしてくれます。

また、快適温熱シートが運転席に設置可能で、寒い季節負担のかかりやすい腰や肩、脚部を快適に温めてくれる機能などもあります。

トヨタ、ヴィッツの内装・オプション

ディスプレイ・メーターには「マルチインフォメーションディスプレイ」を搭載。

4.2インチのカラー液晶で運転情報だけでなく、エネルギーモニターなどエコ運転をサポートする情報を表示します。

これにより楽しみながらエコ運転ができ、自然と身についていくのではないでしょうか。
インテリアにも使い勝手が良いものが設置されています。

コインホルダーやカードホルダーなど運転しながらもすぐに取り出せる位置にあり、とても便利です。
カーナビは7インチモデルと9インチモデルがあります。

高精細HDの9インチ大画面は迫力の映像と見やすさ使いやすさを求めた最新鋭のものになっています。
DVDやオーディオなども見られますし、ナビを使用しない場合でも同乗者などが楽しめる空間が演出出来ます。

安全装備(Toyota Safety Sense C)

ヴィッツはJNCAP予防安全性能評価でも高評価を得ています。

Toyota Safety Sense Cを採用し、その中でも特にプリクラッシュセーフティシステムは進路上の先行車をレーザーレーダーと単眼カメラで検出し、衝突が予測される場合には警報を発して回避操作を促したりブレーキのアシストをしてくれます。

仮に急なブレーキが踏めなかった場合には自動ブレーキが作動し衝突被害の軽減に努めます。

また、信号待ちや渋滞時など先行車が発進した際に気付かず止まっていた場合、ブザーとディスプレイ表示で知らせてくれる先行車発進告知機能があり
後続車への配慮もしっかりされています。

トヨタ、ヴィッツの安全装備(予防安全・衝突安全)

予防安全として、シフト操作時における急発進・急加速を抑制してくれるドライブスタートコントロールを搭載。

衝突後、慌ててシフトの入れ間違いで発進しようしてしまった場合には表示で注意を促し、二次被害が起きないようサポートしてくれます。

さらに、外の明るさに合わせてライトを自動で点灯・消灯をする機能やハイビーム・ロービームを自動で切り替える機能など様々あります。

また、万が一衝突が起きてしまった場合の衝突安全の対策としてエアバッグ・サイドエアバッグを搭載し被害を最小限に抑えます。

車のボディには歩行者傷害軽減ボディを採用しているので歩行者にもしっかりと配慮がされています。

トヨタ、ヴィッツのバリエーション・価格

各モデルの標準価格は、ガソリンエンジンモデルで120万円~180万円、ハイブリッド車で180万円~230万円前後となっています。

同クラスのハイブリッド車やガソリンエンジン車と比較しても高い金額ではなく、燃費の良さから長く乗ることを考えると他車を圧倒しているかもしれません。

トヨタ、ヴィッツの試乗記

ヴィッツに試乗してみた方々の感想をお聞きしました。

「お薦めは間違いなく燃費性能でも突出する1.3リットルモデル、それも14インチタイヤ装着車(青山氏)」
「コーナリングはもちろん、まっすぐの道を走っていても安定する(岩貞氏)」
上記のように、燃費についてはもちろん、運転の性能についてかなり高評価を得ているようです。

コンパクトカーだとどうしてもたまに安定感が失われてしまう事もありますが
感想を聞いている限りそんな事はなく、むしろ安定した走りが満喫できるようです。

ラインアップの中で唯一、新エンジンではない1.5リットルのRSはまさにボーイズレーサーを思わせるルックスと16インチタイヤによる重厚な乗り味&スポーティーなフットワークがらしさである。中低速域ではかなり硬めに感じる乗り心地は速度を高めるほどサスがよく動き、しなやかになる設定だ。

が、新型ヴィッツの真打ち、お薦めは間違いなく燃費性能でも突出する1.3リットルモデル、それも14インチタイヤ装着車だろう。

スポット溶接だけで、そんなに乗り心地が変わるのかと言われそうだが、答えは「変わる」である。後ろ足が安定して、コーナリングはもちろん、まっすぐの道を走っていても安定するし、街中でゆっくり流しているときもばたばた感がない。結果、安心&疲れないのである。

関連する投稿


トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

シャープなデザインと優れた走行性能をひっさげて、ヴィッツに代わる新たな名前で登場した「トヨタ ヤリス」は、2020年のデビューから国内市場だけでなく世界的な人気を獲得しています。そんなヤリス、ハイブリッド車では世界トップレベルの低燃費を実現しているなど、その高効率性がハンパないことはご存知でしたか? 話題のハイブリッド車だけでなく、力強さのガソリン車まで含めて、ヤリスの燃費を分析していきます。


【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

今、トヨタのアルファードが人気沸騰中です。何と、発売から6年を経過したにもかかわらず、過去最高の販売実績を記録しているのです。そんなアルファードの人気の理由はどこにあるのでしょうか?そこで、今回はアルファードの魅力を徹底的に検証し、その人気の理由をご紹介します。


【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

ご家族が乗り込むことも多いファミリーカーに備わっているとうれしい装備といえば、後席用のスライドドアではないでしょうか。乗り降りがしやすく、荷物を載せるのにもうれしいスライドドアは、軽自動車から大型のミニバンまで選択肢も広くなっていますよ。この記事では、2021年8月現在のトヨタ車ラインナップのうち、スライドドアを持つ車をまとめてみましたので、次の愛車選びに役立ててみてください。


トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

2020年2月に発売されて以降、国産コンパクトカーの人気を牽引する立場を維持し続けているトヨタ ヤリス。お求めやすい価格帯ながら充実の機能と優れたデザインが印象的ですが、車の魅力は写真やカタログの数値では測り切れない部分もあるものですよね。そこで、実ユーザーや自動車評論家がヤリスに乗ってどのように感じたのかを、実燃費とともにチェックすることで、ヤリスの具体的な評価を確認していきましょう。


販売絶好調!ヤリスファミリーのどこが魅力?ライバルは?

販売絶好調!ヤリスファミリーのどこが魅力?ライバルは?

2020年2月発売のヤリスを皮切りに、GRヤリス、ヤリスクロスと、「ヤリスファミリー」が広がっています。3台それぞれが各セグメントで確固たる人気を獲得していることもあって、2021年に入ってからも登録者国内販売台数の首位を堅持し続けている「ヤリスファミリー」の魅力は一体どこなのか、ライバルと比べてどうなのか、詳しく探っていきましょう。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。