目次へ戻る

大きな家族にかなりオススメ!日産のデイズルークス

大きな家族にかなりオススメ!日産のデイズルークス

軽自動車なのにインテリアはとても広く、バリアフリーの自動車として高く評価されるほどの日産デイズルークス。子供の面倒を見なくてはならない主婦にとって魅力的な機能や装備が含まれており、大きな家族にもオススメだ。今回はそんなデイズルークスについて詳しくまとめました。


デイズルークスとはどんな車なの?

デイズルークスには様々なバリエーションがある!

デイズルークスのグレードは、大きく分けて4種類ある。スタンダードなグレードなのに、充実装備が自慢のデイズルークスSとXをはじめ、ハイウェイスターやボレロ、ライダーが揃っている。価格はデイズルークスSで130万ほどで、高い機能性やデザイン性を兼ね備えたライダーは、190万前後だ。

また、豊富なカラーバリエーションも魅力の1つだ。単色はもちろん、ツートンカラーの種類も多く取り揃っている。ブラックとホワイトのツートンカラーでスポーティーに、ピンクとホワイトなら優しい雰囲気を演出することができる。

AUTECHによって生まれた二つのデイズルークス!

日産系のカスタムメーカーのAUTECHが手掛けるラインナップが2車種ある。一般的にはスポーティーに特化するが、スタンダードでも上質を極めたデザインもあり幅広い世代をカバーしている。

Boleroはメッキを駆使して高級感を演出している。内装では、本革の採用はもちろんブラウンカラーとラメを施している。

もう片方のRiderでは、大型アルミホイールやシャープなデザインのグリルを採用することでスポーティーさを演出している。内装は、LEDイルミネーションの採用やブラックのインテリアを基調にしている。

搭乗者の安全のためにある充実した装備

デイズルークスは、先進安全装備も充実している。

ハイビームアシストは、カメラで先行車のライトや周囲の明るさを検知し、ハイビームとロービームの切り替えを自動で行ってくれる。夜間の歩行者にいち早く気づくことができるのはもちろん、ロービームへの切り替えを忘れることもない。

アラウンドビューモニターは、駐車する際に4つのビューをルームミラーに表示することが可能なため、狭い場所でもスムーズに駐車することが可能だ。

エマージェンシーブレーキは、前を走行している車との衝突を防いでくれる機能だ。警告灯とブザーの両方でドライバーに危険を教えてくれるだけでなく、緊急ブレーキも作動する。

日産の車にしかない安全装備!SAFETY SHIELD

日産は、SAFETY SHIELDという、より安全性の高い技術の開発に力を入れている。クルマが人を守るためには、ドライバーが快適に運転するための情報提供や、ドライバーの要求に応えられるシステムなどが必要であると考えているからこそ存在する装備だ。

安全装備の1つである踏み間違い衝突防止アシストは、低速走行時に周囲に障害物などがある時にアクセルペダルを間違えて踏んだ場合、警告灯とブザーで警告してくれる。また、自動でエンジンの出力を抑えてくれる働きもあるため、衝突の被害が軽減される。

デイズルークスの快適性はどうなの?

デイズルークスは、室内空間にも嬉しい工夫がたくさんある。子供が立ち上がれるほど天井が高い背高キャビンは、着替えはもちろん乗り降りも楽にできる。

また、助手席シートバックテーブルは、マグにも対応可能なホルダーがついているため、小さいお子さんとのドライブも安心して楽しむことが可能だ。

くつろぎのスタイルや積み込む荷物によって、シートを自由自在に動かせるリヤシートアレンジも、ドライバーや同乗者にとって嬉しい配慮の1つだ。後ろのシートを倒せば、自転車が余裕で入るほどのスペースが確保できるため、アウトドアを楽しむ家庭にもおすすめだ。

デイズルークスはバリアフリーの車だから広い!

また、この車体特有の高さと幅の開口があるため、ゆとりのあるドア開口高さがあり、自動で車内への移動中も圧迫感がなく、リラックスした姿勢で対応できる。車いすもスライドドアにより、後部座席に簡単に収納できる構造があるため、固定した際も安定している。

バリアフリーの車として活用されるように、助手席に特殊な利便性がある。特に車いすからの乗り換えに非常に便利で、助手席スライドアップシートといって座面高まで降りてくるのでゆったりとした空間で乗り降りが実現する。

滅多にない助手席回転シート!

助手席の乗客の状況に応じて、利便性を高めたシート構造がラインナップされている。専用セパレートシートでストラップを引くだけで65度回転するため、乗り降りがしやすい。和服やスカートを着用した場合や高齢者などひざなどに不便を感じている場合などに最適だ。

65度という大きな回転と低い位置が実現していて、足元にステップがあるため安定した姿勢で回転できる。ストラップの力が不要で女性や本人自身でも簡単に操作することができそうだ。

デイズクルーズ の優れた走行性能

リモコンで開けられるオートドア

日産のデイズルークスは、室内高が1400mmと子どもなら真っ直ぐに立つことも出来てしまう。それだけでも様々な使い方が可能だが、デイズルークスには便利な機能が付いている。

リモコンオートスライドドアを採用しているため、両手がふさがっている時にもドアノブのセンサーに触れたりリモコンキーを操作することでドアの開閉を行える。さらに後席ロングスライドを活用することで、後部席周辺に大きな空間が出現し、ベビーカーを畳むことなく乗せてしまったり、子どもに上着を着せるなどの行動がスムーズにできる。

デイズルークスは環境にも財布にも優しい

デイズルークスはエコシステムにも積極的で、停車前アイドリングストップを行うことでより燃費の向上に貢献している。

運転中にどれくらいエコドライブが行えているのかが分かるエコドライブインジケーターを搭載し、楽しみながら環境に優しい運転が楽しめる。

二つのメーターの間にある葉っぱのマークがエコドライブインジケーターだ

さらにバッテリーアシストシステムでは、減速時に電力を発電することで効率的に充電を行い、エンジンによる負荷を軽減することでスムーズな走行が可能になった。ガソリンや電気を有効に使用することで、環境にも負担の少ないエコドライブを実現している。

エコドライブを搭載した優れたエンジン!

エコドライブを優先することで、クルマ本来のキビキビとした走行が失われては本末転倒だ。そこで、デイズルークスではしっかりと3B20インタークーラーターボエンジンを採用することで必要となる動力性能を搭載している。また40km/hから100km/hの範囲で走行中に設定を行えば、アクセルペダルから足を外しても走行可能なクルーズコントロールも用意している。

坂道での後退をなくすことで、ブレーキペダルからアクセルペダルへ慌てることなく踏み換えることができるヒルスタートアシストもあるため、運転中の不安が軽減する。

デイズルークスに乗ってみた感想

デイズルークスに乗車するとその上質感溢れる室内空間に驚くと言います。またハイトワゴンに属しながらも、ターボ仕様でも燃費は24.0kmを達成しています。驚異的な燃費性能と言われるのもうなずけます。特筆するべきは副変速機付きのCVTで、巡行走行になると回転数を最適化することで、最上級の静粛性を実現しているようです。

全高があるだけにサスペンションは踏ん張りのある硬めに設定されていますが、安心感のある乗り味なので、例えば子育て世代やシニア世代などでも幅広く満足してもらえると評判です。

安全装備と実用性が両立しているので高級感のある軽自動車という評判のようです。アイドリングストップは13km/hから適応され、車速が上がっているので燃費向上につながっています。また、CVTによる変速ショックが改善されており、快適な運転環境で燃費にも貢献しているようです。

ほかにも、サンシェードやフックなど日常的な装備があるそうです。安全装備として、豪華なのがアラウンドビューモニターで、駐車の際に安全にあらゆる角度からの画像を提供してくれるので、上手に対応できるそうです。

関連する投稿


100万円以下で購入できる!日産の中古車5選

100万円以下で購入できる!日産の中古車5選

日産といえば「技術の日産」といわれるほど、日本だけではなく世界に誇れるメーカーだったということをご存知でしょうか。今回は、日産とはどんな車メーカーなのかということを通し、100万円以下で購入できる現行の中古日産車の車種をまとめましたので、見ていきましょう。


【2019上半期】本音で語る!2019年に買うべき新型車 TOP10 5位~1位!

【2019上半期】本音で語る!2019年に買うべき新型車 TOP10 5位~1位!

さて、2019年上半期に発売された新型車の中から、筆者的ベスト10を選ぶ本記事!残すところベスト5のみとなりました。いよいよ話題の新型車が登場します。7月に多くの新型車が登場しますが、それに先行して6月までにも各メーカーの主力級の新型車が登場しているんですよ。1位ははたしてどの車なのでしょうか。まずは5位からです。


【2019上半期】本音で語る!2019年に買うべき新型車TOP10  10位~6位

【2019上半期】本音で語る!2019年に買うべき新型車TOP10 10位~6位

2019年も多くの新型車が登場し、自動車市場を刺激しています。そこで、筆者が考える上半期に発表・発売された国産車の普通車、軽自動車のフルモデルチェンジからマイナーチェンジ、そしてお買い得な特別仕様の中から今年買うべき新型車のベスト10をご紹介します。まずは10位から6位!とはいえ、順位はあまり気にせず楽しんでくださいね。


【2019年8月9日発売】ホンダのN-WGN新型!価格・スペック・改良点は?

【2019年8月9日発売】ホンダのN-WGN新型!価格・スペック・改良点は?

ホンダの大人気軽ハイトワゴン、N-WGN(エヌワゴン)N-WGNカスタム、がフルモデルチェンジして発売されます。発売日8月9日。価格はN-WGNが127万4400円から163万1880円、N-WGNカスタムが151万2000円から179万3880円。本記事ではN-WGN新型の最新情報をまとめています。


日産のスカイライン新型 最新情報まとめ 価格・スペック・変更点ほか

日産のスカイライン新型 最新情報まとめ 価格・スペック・変更点ほか

7月16日に新型スカイラインが発表されました。今回はこのビッグマイナーチェンジがなされた新型スカイラインについて、エンジンスペックやその他の各種スペック、グレードラインアップならびに価格、そして話題を担っている先進安全技術について紹介します。


最新の投稿


広島県北部の道の駅┃国の特別名勝三段峡やライダーオススメまで!

広島県北部の道の駅┃国の特別名勝三段峡やライダーオススメまで!

広島県もついに北部へとたどり着きました。前回は瀬戸内海側を紹介してまいりましたが、今回は島根県側となる北部地区にある道の駅について紹介します。


ホンダのミニバン ステップワゴン モデューロX┃スペックや他車比較!

ホンダのミニバン ステップワゴン モデューロX┃スペックや他車比較!

ファミリー向けミニバンとして人気のステップワゴン。中でもモデューロXは2018年のマイナーチェンジでガソリン車に加え新しくハイブリッド車を発表しました。さらに2020年にステップワゴンがマイナーチェンジの噂も。今年秋の増税前、ほぼ完成形に近づいたモデューロXを買うなら今です!


高級SUV レクサス LX ┃歴史や特徴、中古価格、スペック等 一覧

高級SUV レクサス LX ┃歴史や特徴、中古価格、スペック等 一覧

レクサスのSUV高級ブランドの「LX」。レクサスは高級車になるので、ブランド名は知っていても車自体はまだまだ身近なブランドではないかもしれません。国内では発売台数が限られているレクサスブランドの「LX」のエンジンに室内空間や走行性能などがランドクルーザーと大きく違う点や、歴史から車体価格・燃費までを詳しく解説していきます。


トヨタの大ヒット車種プリウスの次期モデル┃スペックや燃費、中古車価格等

トヨタの大ヒット車種プリウスの次期モデル┃スペックや燃費、中古車価格等

トヨタの大ヒット車種「プリウス」の時期モデルについて様々な予測がされています。初代モデルから現行のモデルどれも注目されていますが、以前から問題視されていたギアの何が問題なのかも時期モデルと一緒に考えてみます。燃費は世界トップレベルの「プリウス」は今後フルモデルチェンジして登場するのか、販売終了してしまうのかなど推測しまとめてご紹介します。


マツダ ロードスター NBの楽しみ方 ┃性能・スペックや燃費・カスタム等一覧

マツダ ロードスター NBの楽しみ方 ┃性能・スペックや燃費・カスタム等一覧

ロードスターは1989年に登場し、2019年で30周年を迎えています。その間、NAに始まってNB、NC、そしてNDまで4世代の進化をしています。長い間愛され続けているロードスターの性能やカスタム情報を見ていき、その魅力に迫っていきます。今回は、2代目ロードスターNBの楽しみ方を中心に見ていきましょう。