目次へ戻る

【新世代】ZF、新世代8速AT発表!

【新世代】ZF、新世代8速AT発表!

ZFは、ドイツで開催した「グローバル・テクノロジー・デイ2019」において、ハイブリッド、マイルドハイブリッド、PHV(プラグインハイブリッド)に対応する新世代の8速ATを初公開しました。


ZFが新世代8速AT発表!

驚き!新世代の8速ATはPHV、HV、マイルドHVに対応

新世代の8速ATは、モジュール設計によって、マイルドハイブリッド、フルハイブリッド、PHVに対応します。

また、出力も33hpから218hpまでが選択できるとのこと。パワーエレクトロニクスは外付けでなくハウジング内に収められているため、トランスミッションユニットのサイズを小型化することに成功しています。

EVモードでも!迅速な追い越しを可能にするZFの新世代8速AT

ZFは、2030年に販売される新車の少なくとも70%は、内燃機関搭載車と予測しています。

そのような中、PHV化が、エンジンのCO2排出量を大幅に削減できる可能性を持っていると見込んでいます。

そのためには、航続とパワー両面において、日々の走行がバッテリーだけで可能なレベルに達することが必要。

ZFはこの課題に対するソリューションとして、新世代の8速ATを開発しました。

モーターは最大出力218hp、連続出力109hpを発生します。

エンジンを始動することなく、モーターだけで45.9kgmのトルクを発生するため、EVモードでも迅速な追い越しを可能にしているとのことです。

マイルドハイブリッドも

マイルドハイブリッドも、今後数十年にわたって大きな役割を担います。

48Vを使用するこのシステムは、エネルギー回生でCO2排出量の削減に尽力しています。

さらに、エンジンが比較的多く汚染物質を排出する発進および加速時にサポートを行うことで、汚染物質の排出量低減にも役立つ。48Vドライブは駆動系のいくつかの場所に装着が可能に。

エンジンアウトプット側のクランクシャフトとインプットシャフトがとくに効率的とのことですが、ZFの新世代ユニットは、どちらのタイプにも対応します。

また、モーターは最大出力34hpを発生、実際にエンジンのあらゆる作動状況を最適にサポートするとのことです。

早く新世代8速AT搭載の車を走らせてみたいものですね。

関連するキーワード


テクノロジー

関連する投稿


スバルのe-BOXER(イーボクサー)とは?特徴や搭載車を紹介

スバルのe-BOXER(イーボクサー)とは?特徴や搭載車を紹介

一部のスバル車にはe-BOXERが搭載されています。e-BOXERについて知らない方や、名前は知っているけど詳細はわからない、そのような方のために今回はe-BOXERとはどういうものか、特徴や搭載車両をご紹介しています。


【自己負担は約3000円~9000円】東京都 急発進防止装置の購入費用の9割を補助へ

【自己負担は約3000円~9000円】東京都 急発進防止装置の購入費用の9割を補助へ

小池都知事は6月11日、高齢者などのアクセルとブレーキの踏み間違いの防止を推進すべく、こうした急発進防止装置の取り付けについて「9割程度費用を補助する」方針を都議会で表明しました。それにより自己負担額は3000~9000円程度になるとのことです。


【お世話になってます】車のインジェクターの役割と構造とは?

【お世話になってます】車のインジェクターの役割と構造とは?

40年ほど前の車ではキャブレターによる燃調セッティングはよく見る光景であったと思いますが、最近の車ではそういうものを見かけなくなりました。それはインジェクターの普及によるものが大きいです。そこで今回はインジェクターの役割と構造について紹介します。


【超期待】日産 プロパイロット2.0!高速の車線変更だってお手の物

【超期待】日産 プロパイロット2.0!高速の車線変更だってお手の物

痛ましい交通事故のニュースが続く昨今。そんな中、日産が新たに開発してくれました!ついにプロパイロット2.0が登場します。 プロパイロット2.0ではなんと高速道路の車線変更だってできてしまう?とか…?プロパイロット2.0はスカイライン改良新型に搭載される予定とのこと。最新情報をまとめています。


マツダの新テクノロジー、スカイアクティブの全てを徹底解説

マツダの新テクノロジー、スカイアクティブの全てを徹底解説

マツダの代名詞とも言えるスカイアクティブは次世代技術の結晶です。 そのスカイアクティブの歴史から各部品の魅力、他者の次世代技術についてご紹介していきます。


最新の投稿


アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティンは、開発中の新型ハイパーカー『ヴァルキリー』(Aston Martin Valkyrie)の最新プロトタイプ車を、英国で発表しました。


解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

メルセデス・ベンツSLKは、1996年の初代より2016年の三代目まで生産がなされました。メルセデス・ベンツの2シーターのライトウェイトスポーツカーの位置づけで生産され、発売初年度は生産が追い付かないという人気を誇りました。R170・R171・R172の変遷も見てみましょう。


スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドは静かなモーター走行とダイナミックに走るV6エンジンが特徴のハイブリッドカーです。その優れた走行性能は走り出した時から感じることができるでしょう。それではスカイライン ハイブリッドについて見ていきます。


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

恐竜の骨格を思わせるリブボーンフレームの採用による最高の衝突安全性能を誇り、高い居住性とSUV的走破性も併せ持つ、三菱が誇るオールラウンダーミニバンがデリカD:5です。発売から10年以上を経てなお三菱をけん引し続ける人気車種の実像に迫ります。