目次へ戻る

【お世話になってます】車のインジェクターの役割と構造とは?

【お世話になってます】車のインジェクターの役割と構造とは?

40年ほど前の車ではキャブレターによる燃調セッティングはよく見る光景であったと思いますが、最近の車ではそういうものを見かけなくなりました。それはインジェクターの普及によるものが大きいです。そこで今回はインジェクターの役割と構造について紹介します。


知ってる?インジェクターの役割・構造とは

インジェクターの役割

インジェクターとは燃料の噴射を行う部品です。フューエルインジェクターという名称が一般的で、それを略したのがインジェクターになります。ご存じのとおり車が動く動力を生み出しているのはエンジンで、エンジン内部の燃焼室内における燃料と空気から構成される混合気がスパークプラグの着火によるものです。この混合気燃料を送り出す役割を果たすのがインジェクターとなっています。

インジェクター先端のバルブ部分から燃料が噴出されるようになっています、これはインジェクター内部の燃料に対して圧力が掛けられており(この圧力は燃圧と呼ばれています)、バルブが開閉を繰り返すことが燃料を噴出することができるようになっているのです。このインジェクター先端のバルブ部分は電子信号に反応して開閉するようになっています。

エンジン毎に使用されるインジェクターの本数ですが、ポート噴射式と呼ばれるものでは1気筒につきインジェクターが1本使われ、デュアルインジェクターと呼ばれるものでは1気筒につき2本のインジェクターが使用されます。ちなみに、シリンダー内に直接燃料を噴射する直噴式も1気筒に付き1本のインジェクターが使われる設計です。

インジェクターの種類・構造

燃料を噴出することがインジェクターの主な役割ですが、インジェクターにも種類があり、ソレノイドフューエルインジェクターとピエゾフューエルインジェクターの2種類に分けられます(以下ではフューエルを省略)。

ソレノイドインジェクター

ソレノイドインジェクターはバルブの開閉に電磁石を利用することで燃料を噴射する構造となっているインジェクターです。ソレノイドコイルと呼ばれるインジェクター内のコイルが通電されて磁化するとプランジャーコアがコイルに引き寄せられる形となります。

これによってバルブボディ先端を閉じていたプランジャー先端にあるニードルがプランジャーと共に引き寄せられ、ニードルが埋めていた隙間から燃料が噴射されるという仕組みです。ソレノイドインジェクターはガソリンエンジンで多く使われています。

ピエゾインジェクター

ピエゾインジェクターはピエゾ素子を用いて燃料噴射を行うインジェクターになります。ピエゾインジェクターにおけるピエゾ素子の役割は増幅モジュールにあるコントロールバルブの開閉作業です。

ニードルがインジェクターの先端にあることはソレイドインジェクターと同じですが、ピエゾインジェクターの場合にはニードル先端と後端の燃圧の違いを利用してバルブを開閉しています(後端の燃圧が下がるとバルブが開く)。

ディーゼルエンジンでの採用事例が多いです。ソレノイドインジェクターよりも精度が高く作られています。

インジェクターの価格

2万円がひとつの目安

インジェクターの価格は、1本あたり2万円はかかると言われることが多いです。車種によって違いはあると思いますが、目安としてはそれくらいを考えておくと良いでしょう。例えばモノタロウの検索システムを使って調べてみると、品番JF02-13-250のマツダ純正インジェクター(新品)が1本で税別15,400円となっています。

ヤフオクのようなインターネットオークションでは中古品の販売もされています。事例を1つ紹介しますと、RB26DETTエンジン(スカイラインGTR BNR32 BCNR33 BNR34に搭載されたエンジン)向けのNISMOインジェクターが6本セットで税抜29,980円です。

購入の際には品番を確認しよう

インジェクターの交換を自身でされている方や自身でやってみたいという方の場合、まずは交換したい車に使われているインジェクターの品番を調べてください。ディーラーでそのまま注文する手段もありますが、場合によってはオークションサイトやモノタロウのようなネット販売でも同じ製品が安い価格で販売されている可能性があります。例え業者に依頼する場合でも交換部品の相場を知っておくことは、整備費用の正当性を確認するためにも把握しておくべきです。

インジェクターの交換時期

ぱくたそ

インジェクターには交換時期は定められていません。そのため問題が無ければ交換する必要なありません。エンジン出力やトルクの低下、エンジンストールといったトラブルが発生した場合には、インジェクターに問題が発生している可能性も考えられます。車を運転しているときにそのような現象が発生した場合には、インジェクターの可能性もあると覚えておきましょう。

まとめ

今回はインジェクターについて、その役割や構造及びその価格などについて紹介しました。最近の車はほとんどがインジェクターを使用しています。ですので、基本的な仕組みについて理解しておくと、いつかキャブレターについて学ぶ際にも違いがよくわかることでしょう。

普段から目にすることはほとんどありませんが、壊れると高くつきますので、その点も覚えておいてください。

関連するキーワード


テクノロジー 豆知識

関連する投稿


【冠水・浸水】困った!車が冠水 浸水したら?対処法とその危険性

【冠水・浸水】困った!車が冠水 浸水したら?対処法とその危険性

車を所有している方であれば誰でも冠水・浸水被害に遭う可能性があります。対策を施すことも大切ですが、今回はもしもそのような水害に遭ってしまった場合の対処方法、ならびに冠水・浸水被害の危険性を考えてみましょう。


台風中の運転!自分と愛車を守るために気を付けたいポイント

台風中の運転!自分と愛車を守るために気を付けたいポイント

台風の影響で、道路が冠水したり、河川が氾濫したりという危険を伴いますので、出歩く際は十分な注意が必要です。それは愛車も同じ。台風接近中、車を守るには、そして運転中に台風に遭遇したら、どういった点に気を付けておけばいいのでしょうか。気になる点をまとめています。【10月12日更新】


ヘッドレストとは?役割やモニターの取り付け方など紹介

ヘッドレストとは?役割やモニターの取り付け方など紹介

皆さんは車に乗っているとき、ヘッドレストは何のためにあるの?と疑問に思ったことはないでしょうか。この記事ではヘッドレストの意味やその役割、カスタマイズ方法だけでなく、外してしまうとどうなるのかなどの疑問を解説します。これを読めば、ヘッドレストがどれだけ重要なものなのかを知ることができますよ。


【おすすめ10選】車の雨ジミ対策グッズまとめ

【おすすめ10選】車の雨ジミ対策グッズまとめ

雨の恩恵は計り知れませんが、逆に困ることも尽きません。今回は、雨によって発生する染みの対策をまとめました。様々な商品が紹介されているので、参考にしてください。


【今さら聞けない】3ナンバーと5ナンバー車の違いとは?基準・税金など

【今さら聞けない】3ナンバーと5ナンバー車の違いとは?基準・税金など

乗用車のナンバーの違いは色々ありますが、結局何が違うの?と疑問に思ったことはありませんか?例えば、『あの車は5ナンバーだから税金が安い』や『あの車は3ナンバーだから維持費が高い』などなど。今さら聞けない「3ナンバー」と「5ナンバー」の違いについて分かりやすくご紹介したいと思います。(2019年8月現在)


最新の投稿


随時更新【東京モーターショー2019】出展車一覧・開催概要など最新情報

随時更新【東京モーターショー2019】出展車一覧・開催概要など最新情報

東京モーターショー2019が10月24日より東京ビッグサイトにて開催されます。本記事では、トヨタやホンダといった出展車予想情報に始まり、新型車・アクセス情報・駐車場・開催日程・チケット価格などについてまとめています。ほぼ毎日更新していきます!【10月23日更新】


【解説】京都銀行のマイカーローン┃金利や審査、申し込み方法等まとめ

【解説】京都銀行のマイカーローン┃金利や審査、申し込み方法等まとめ

銀行の役割は、お金を預かって安全に保管することだけではありません。必要な時に必要としている人へ貸し出すことも銀行の重要な役割の一つです。大きな出費である、マイカー購入の際にも、銀行に相談するのが良いかもしれません。今回は京都銀行についてご案内致します。


関西在住者向け!大阪のオススメドライブスポット〜日帰り旅行地まとめ〜

関西在住者向け!大阪のオススメドライブスポット〜日帰り旅行地まとめ〜

関西在住の方向けに、ドライブで日帰りに行くことができる大阪の温泉を今回は紹介していきます。これから寒い季節になっていくので体をリフレッシュするのに是非行ってみてください。


関東在住者向け!山梨のオススメドライブスポット〜日帰り旅行地まとめ〜

関東在住者向け!山梨のオススメドライブスポット〜日帰り旅行地まとめ〜

今回は関東から日帰りで行ける山梨県の温泉をまとめていきます。 山梨県の自然と美味しいものを堪能しながら温泉でゆっくりしてリフレッシュできる一日を過ごしてみてください。


都道府県別道の駅まとめ┃山梨県

都道府県別道の駅まとめ┃山梨県

山梨県は富士山の麓で、自然に溢れており、毎年数多くの観光客が訪れます。車移動であれば必ず通るであろう中央道周辺は、四季折々の顔を見せるので、運転者も同乗者も楽しめるとあって人気です。今回はそんな山梨県を訪れる際に是非立ち寄って欲しい道の駅をご紹介します。