目次へ戻る

【お世話になってます】車のインジェクターの役割と構造とは?

【お世話になってます】車のインジェクターの役割と構造とは?

40年ほど前の車ではキャブレターによる燃調セッティングはよく見る光景であったと思いますが、最近の車ではそういうものを見かけなくなりました。それはインジェクターの普及によるものが大きいです。そこで今回はインジェクターの役割と構造について紹介します。


知ってる?インジェクターの役割・構造とは

インジェクターの役割

インジェクターとは燃料の噴射を行う部品です。フューエルインジェクターという名称が一般的で、それを略したのがインジェクターになります。ご存じのとおり車が動く動力を生み出しているのはエンジンで、エンジン内部の燃焼室内における燃料と空気から構成される混合気がスパークプラグの着火によるものです。この混合気燃料を送り出す役割を果たすのがインジェクターとなっています。

インジェクター先端のバルブ部分から燃料が噴出されるようになっています、これはインジェクター内部の燃料に対して圧力が掛けられており(この圧力は燃圧と呼ばれています)、バルブが開閉を繰り返すことが燃料を噴出することができるようになっているのです。このインジェクター先端のバルブ部分は電子信号に反応して開閉するようになっています。

エンジン毎に使用されるインジェクターの本数ですが、ポート噴射式と呼ばれるものでは1気筒につきインジェクターが1本使われ、デュアルインジェクターと呼ばれるものでは1気筒につき2本のインジェクターが使用されます。ちなみに、シリンダー内に直接燃料を噴射する直噴式も1気筒に付き1本のインジェクターが使われる設計です。

インジェクターの種類・構造

燃料を噴出することがインジェクターの主な役割ですが、インジェクターにも種類があり、ソレノイドフューエルインジェクターとピエゾフューエルインジェクターの2種類に分けられます(以下ではフューエルを省略)。

ソレノイドインジェクター

ソレノイドインジェクターはバルブの開閉に電磁石を利用することで燃料を噴射する構造となっているインジェクターです。ソレノイドコイルと呼ばれるインジェクター内のコイルが通電されて磁化するとプランジャーコアがコイルに引き寄せられる形となります。

これによってバルブボディ先端を閉じていたプランジャー先端にあるニードルがプランジャーと共に引き寄せられ、ニードルが埋めていた隙間から燃料が噴射されるという仕組みです。ソレノイドインジェクターはガソリンエンジンで多く使われています。

ピエゾインジェクター

ピエゾインジェクターはピエゾ素子を用いて燃料噴射を行うインジェクターになります。ピエゾインジェクターにおけるピエゾ素子の役割は増幅モジュールにあるコントロールバルブの開閉作業です。

ニードルがインジェクターの先端にあることはソレイドインジェクターと同じですが、ピエゾインジェクターの場合にはニードル先端と後端の燃圧の違いを利用してバルブを開閉しています(後端の燃圧が下がるとバルブが開く)。

ディーゼルエンジンでの採用事例が多いです。ソレノイドインジェクターよりも精度が高く作られています。

インジェクターの価格

2万円がひとつの目安

インジェクターの価格は、1本あたり2万円はかかると言われることが多いです。車種によって違いはあると思いますが、目安としてはそれくらいを考えておくと良いでしょう。例えばモノタロウの検索システムを使って調べてみると、品番JF02-13-250のマツダ純正インジェクター(新品)が1本で税別15,400円となっています。

ヤフオクのようなインターネットオークションでは中古品の販売もされています。事例を1つ紹介しますと、RB26DETTエンジン(スカイラインGTR BNR32 BCNR33 BNR34に搭載されたエンジン)向けのNISMOインジェクターが6本セットで税抜29,980円です。

購入の際には品番を確認しよう

インジェクターの交換を自身でされている方や自身でやってみたいという方の場合、まずは交換したい車に使われているインジェクターの品番を調べてください。ディーラーでそのまま注文する手段もありますが、場合によってはオークションサイトやモノタロウのようなネット販売でも同じ製品が安い価格で販売されている可能性があります。例え業者に依頼する場合でも交換部品の相場を知っておくことは、整備費用の正当性を確認するためにも把握しておくべきです。

インジェクターの交換時期

ぱくたそ

インジェクターには交換時期は定められていません。そのため問題が無ければ交換する必要なありません。エンジン出力やトルクの低下、エンジンストールといったトラブルが発生した場合には、インジェクターに問題が発生している可能性も考えられます。車を運転しているときにそのような現象が発生した場合には、インジェクターの可能性もあると覚えておきましょう。

まとめ

今回はインジェクターについて、その役割や構造及びその価格などについて紹介しました。最近の車はほとんどがインジェクターを使用しています。ですので、基本的な仕組みについて理解しておくと、いつかキャブレターについて学ぶ際にも違いがよくわかることでしょう。

普段から目にすることはほとんどありませんが、壊れると高くつきますので、その点も覚えておいてください。

関連するキーワード


テクノロジー 豆知識

関連する投稿


【意外と知らない】エンジン警告灯の点滅の原因と対処法を徹底解説

【意外と知らない】エンジン警告灯の点滅の原因と対処法を徹底解説

車を運転している際に突如点灯するエンジン警告灯。そもそもエンジン警告灯とはなにか、正しい対処法としてどうすべきかを知っておく必要があります。エンジン警告灯が点滅している際の原因と対処法をしっかりと把握して焦ることなく対処出来るようにしておきましょう。


軽自動車の定員は?┃4人乗りだけじゃない!シートベルトやチャイルドシートの装着等紹介

軽自動車の定員は?┃4人乗りだけじゃない!シートベルトやチャイルドシートの装着等紹介

皆さん、軽自動車の最大定員は何人かご存じですか?「そんなの知っているよ!」という答えが聞こえて来そうですが、今回は、乗車人数の正しい数え方と、違反してしまったときの罰則などを詳しくお伝えしていきます。


【新世代】ZF、新世代8速AT発表!

【新世代】ZF、新世代8速AT発表!

ZFは、ドイツで開催した「グローバル・テクノロジー・デイ2019」において、ハイブリッド、マイルドハイブリッド、PHV(プラグインハイブリッド)に対応する新世代の8速ATを初公開しました。


【運転免許】小型特殊自動車免許 完全ガイド|取得方法や費用、税金など

【運転免許】小型特殊自動車免許 完全ガイド|取得方法や費用、税金など

小型特殊自動車と聞くと、聞きなれないという人も多いかもしれません。この免許は主に農耕用の車両などで必要となる免許です。今回は、小型特殊自動車免許の取得方法や費用、原付、税金などを解説していきます。


【クランクシャフト】エンジンの重要パーツ クランクシャフトを解説!

【クランクシャフト】エンジンの重要パーツ クランクシャフトを解説!

「クランクシャフト」は、車を動かすために重要なパーツです。 エンジン内のピストン運動は、このクランクシャフトを通し回転エネルギーに変換され、車は推進力を得る事ができます。 この記事では、クランクシャフトに関する構造や担っている役割、起こりうるトラブルなどを説明しています。


最新の投稿


アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティンは、開発中の新型ハイパーカー『ヴァルキリー』(Aston Martin Valkyrie)の最新プロトタイプ車を、英国で発表しました。


解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

メルセデス・ベンツSLKは、1996年の初代より2016年の三代目まで生産がなされました。メルセデス・ベンツの2シーターのライトウェイトスポーツカーの位置づけで生産され、発売初年度は生産が追い付かないという人気を誇りました。R170・R171・R172の変遷も見てみましょう。


スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドは静かなモーター走行とダイナミックに走るV6エンジンが特徴のハイブリッドカーです。その優れた走行性能は走り出した時から感じることができるでしょう。それではスカイライン ハイブリッドについて見ていきます。


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

恐竜の骨格を思わせるリブボーンフレームの採用による最高の衝突安全性能を誇り、高い居住性とSUV的走破性も併せ持つ、三菱が誇るオールラウンダーミニバンがデリカD:5です。発売から10年以上を経てなお三菱をけん引し続ける人気車種の実像に迫ります。