目次へ戻る

【プリウス?】盗難の多い自動車ランキング【ハイエース?】

【プリウス?】盗難の多い自動車ランキング【ハイエース?】

日本損害保険協会は3月29日、第18回自動車盗難事故実態調査の結果を発表しました。自動車盗難事故実態調査は、自動車盗難の防止対策の一環として、損害保険会社が2016年11月に保険金を支払った事案(車両本体盗難300件、車上ねらい・部品盗難455件)を対象に実施している調査です。


第18回自動車盗難事故実態調査

日本損害保険協会は3月29日、第18回自動車盗難事故実態調査の結果を発表しました。

この調査は、自動車盗難の防止対策の一環として、損害保険会社が2016年11月に保険金を支払った事案(車両本体盗難300件、車上ねらい・部品盗難455件)を対象に実施しています。同調査は2000年から実施しており、今回が18回目となります。

盗難の多いワーストランキング

盗難の多いワーストランキングは、
1位:プリウス
2位:ハイエース
3位:ランドクルーザー
4位:アクア
の順で、この順位は3年連続で変動はなく、なんとワースト4車種で全体の52.3%を占めているそうです。

盗難被害の内容

今回の調査によると、自動車盗難認知件数は減少傾向にあり、前回調査(2015年11月)と比較すると、車両本体盗難が12件、車上ねらい・部品盗難が35件減少していることがわかりました。

車上ねらいや部品盗難では、外装部品(バンパー・ドアミラー等)の割合が増加傾向にあり、それ以外はバッグ類やタイヤ・ホイールが増加、カーナビは減少傾向にあるようです。

しかし、1件あたりの盗難被害額は増加傾向にある。また、初度登録から車両本体盗難までの期間が5年未満の車両が増加しており、防盗性能の高い車両でも被害にあうことが伺えます。

防犯対策は

日本損害保険協会では、イモビライザーやバー式ハンドルロックなどの活用、防犯設備が充実した駐車場の利用、貴重品等を車内放置しないなど、防犯対策を呼びかけています。

ちなみに、警察庁や日本損害保険協会などで構成する「自動車盗難等の防止に関する官民合同プロジェクトチーム」は、2015年10月7日~20日の期間、「第15次自動車盗難防止キャンペーン」を実施しています。

このキャンペーンは、自動車ユーザーに対し、自動車盗難への注意喚起を行って盗難防止対策ポイントを理解してもらい、「まず取り組む」という姿勢の必要性を訴求していく事を目的としYouTubeで柳沢慎吾氏の「自動車盗難、あばよ!!」動画を配信しました。
(※2017年4月現在では削除済み)

現在は、ワールドフールニュースとのコラボ映像の配信が行われています。

また、このキャンペーンでは官民合同プロジェクトチームに参加の各機関、各都道府県自動車盗難等防止協議会ほか、警察署、自動車ディーラー、整備工場、自動車教習所、駐車場などにキャンペーンポスター約6万枚を掲出するとともに、啓発チラシ約92万枚を配布しています。

このほか、オートバックスグループの協力を得て、全国の店舗で盗難防止を啓発するチラシを配布しました。

関連する投稿


トヨタのハイエースワゴンの新車・中古車価格 スペック 燃費 ユーザー評価は

トヨタのハイエースワゴンの新車・中古車価格 スペック 燃費 ユーザー評価は

トヨタのハイエースワゴンは、1967年代から発売されているキャブオーバータイプのワゴンです。人気も高く2019年には海外向けに新型車が発売されました。本記事ではそんなトヨタのハイエースワゴンについえ改めて見ていきましょう。


トヨタのハイエース 海外向け新シリーズ!最新情報&最新画像

トヨタのハイエース 海外向け新シリーズ!最新情報&最新画像

トヨタの人気車・ハイエース。このハイエースに海外向け新シリーズが登場します。残念ながら日本への導入はありませんが、気になるその姿を激写した最新画像と最新情報をまとめてお届けします。


【初フルモデルチェンジ】トヨタのアクア新型2019年12月デビューか

【初フルモデルチェンジ】トヨタのアクア新型2019年12月デビューか

トヨタの人気ハイブリッド・コンパクト『アクア』。このアクア新型に関する情報を入手しました。人気車であることはもとより、初のフルモデルチェンジということも相まって注目のアクア。アクア新型の変更点・発売日・スペックなど…。気になる最新情報をまとめています。


イモビライザーとは?仕組みや解除方法を解説|合鍵・スペアキー作成についても

イモビライザーとは?仕組みや解除方法を解説|合鍵・スペアキー作成についても

こちらの記事ではイモビライザーについてイモビライザーとは何かといった基本的なことから始まり、その仕組みや解除方法、後付けできるのかといった情報についてまとめて掲載しています。


【初披露】トヨタのハイエース 世界向けの新シリーズを発表!

【初披露】トヨタのハイエース 世界向けの新シリーズを発表!

トヨタ自動車は2月18日、『ハイエース』の海外向け新シリーズをフィリピンで世界初公開しました。 自動車市場が拡大し続ける新興国・地域では、物流に加えて、観光用ミニバス、乗合バス等の乗客輸送の需要が拡大。ハイエースの新シリーズは、このような多様なニーズに柔軟に対応するために開発されています。


最新の投稿


1ナンバーに関係するお金の話:任意保険は?維持費は?

1ナンバーに関係するお金の話:任意保険は?維持費は?

1ナンバーとは、何なのか?1ナンバーで気になる税金の事について、どの費用がいくら位かかるのかを4ナンバーの比較を交えて、任意保険や維持費などを紹介します。車にかかる費用は他にも色々あります。細かい部分まで掘り下げて疑問をスッキリさせてみましょう。


【タイミングチェーンとは】交換時期や費用、ベルトとの違いや異音の説明も

【タイミングチェーンとは】交換時期や費用、ベルトとの違いや異音の説明も

車検を受ける際はさまざまなパーツを換える必要がありますが、タイミングチェーンというパーツもよく換える場合があります。 タイミングチェーンを換える場合は車検費用が高くなるでしょう。 ここでは、タイミングチェーンについて、その交換時期や費用、タイミングベルトとの違いや異音の原因と対処法まで一挙ご紹介します。


【スクールゾーンの規制】標識や時間帯、違反時の罰則と許可証の申請について

【スクールゾーンの規制】標識や時間帯、違反時の罰則と許可証の申請について

スクールゾーンの法的根拠や、具体的にどのような規制があるか、その表示方法などと、車の通行ができない場合の許可についてわかりやすく解説しています。違反した場合には罰則もあるので、標識などで確認することが大事です。


ローダウンはかっこいい?やり方は?車検は通る?

ローダウンはかっこいい?やり方は?車検は通る?

ローダウンは車好きが乗るイメージが強いです。合法化されてからは、街中でも見かけるようになりましたね。ローダウンの仕組みやジャッキの使いかたは気になりますね。ローダウンの乗り心地や、車検に通るのかまで一気に詳しく紹介していきます。


マットブラックは大変?塗装は自分でできる?コーディング方法も紹介

マットブラックは大変?塗装は自分でできる?コーディング方法も紹介

あなたはマットブラックに塗装された車を見たことはありますか?独特の存在感がありますよね。深みのある色合いが車ファンを魅了しています。今回はマットブラックに塗装することのメリット・デメリット、コーティングなどによるお手入れの方法も紹介していきます。