目次へ戻る

【トヨタ アイシス】まるでリムジン...パノラマオープンドア【詳細情報一覧】

【トヨタ アイシス】まるでリムジン...パノラマオープンドア【詳細情報一覧】

トヨタの激戦区5ナンバーサイズ市場にまた、トヨタが魅力的な新型車を投入してきました。その名もアイシス。最大の特徴は助手席側のスライドドア。「パノラマオープンドア」と名づけられたそのドアは、センターピラーをドアに内蔵することによって、助手席ドアとスライドドアとの境にある柱を取り払われています。


概要・走行性能

概要・特徴

アイシスは5ナンバーサイズのミドルサイズミニバンで、絶版となったガイアの後継車にあたるモデルです。この車の一番の特徴と言えばパノラマオープンドアではないでしょうか。助手席側のセンターピラーがドアごと開くので、リヤドアと同時に開くと超ワイドな乗降スペースが出現し、開放感いっぱいです。

快適な移動だけでなく高いユーティリティー性を求めた開発者の想いがここに乗せられています。また、3列目のシートは床下格納機能を持っているので、必要な時に出したり閉まったり出来るのが便利です。

4人家族の場合、基本的には格納して荷台を広げておけて友人など多くの人を乗せるときだけ3列目を出すということが出来ちゃいます。尚、シャシーはフロント部分をウィッシュ、リヤはノア・ヴォクシーのものを改良して使っています。

デザイン・ボディーカラー

デザインはアルファードやウィッシュなどのスポーティ路線のスタイリングが特徴で、ウィッシュがルーフが低くスタイリッシュなのに対しアイシスは居住性を重視したスタイルになっています。カラーは全部で8色。

メタリックな色合いが特徴的でどれもアイシスのボディデザインにマッチしそうです。発売されたから10年以上経ちますが一度もフルモデルチェンジをせずここまで来たのは、飽きの来ない洗練されたデザインだからではないでしょうか。

エンジンシステム

エンジンシステムには、1.8L 2ZR-FAEエンジンと2.0L 3ZR-FAEエンジンの2種類が用意されています。いずれもガソリンエンジンタイプで低燃費と高い走行性能を実現し、また「平成27年度燃費基準」をクリアし、国内最高水準の「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」の認定を国土交通省より取得するなど、環境性能にも磨きをかけています。

また、4輪駆動での走行中、発進・加速時や滑りやすい路面、コーナリング時などの車両状態に合わせて最適な駆動力を後輪へ配分します。通常走行時は前輪駆動に近い状態で走行し、燃費の向上を手助けしてくれます。

燃費(JC08モード)

アイシスのガソリンエンジン燃費は、1.8Lエンジン2WD車が15.4km/L、4WD車が13.6km/L、2.0Lエンジンの2WD車で14.4km/Lです。もちろん環境性能・エコカー減税の部分においても燃費基準をクリアするなど磨きをかけているので対象となります。低燃費を確保しつつ環境にも配慮され、気持ちの良い走りが体現出来るのがアイシスの魅力のひとつです。

車内空間

搭乗人数・室内空間

室内空間はとにかく広く快適です。そしてオプションで選べるシートの色もダークグレーとグレージュの2種類で選ぶ色によって雰囲気ががらりと変わります。アレンジが可能なシートは搭乗人数によって変えたり、荷物の量や大きさによって簡単に変えることが出来ます。

また、車に乗っているすべての座席の人が快適に過ごせるような装備品が備わっており、長い時間の移動でも楽しく過ごせます。ここにも開発者が求めたユーティリティー性が溢れるように備わっています。

シート

アイシスはアイデア次第で広がるシートアレンジが豊富に備わっています。リラックスモードでは運転席をフラットにしリヤシートとつなげば、ソファのようになり休憩の際に最適です。もっとゆっくりしたい場合は、リヤシートをすべて倒してベッドモードにすれば車内泊もでき充分ゆっくり過ごせます。

なにより折りたためる助手席がポイントです。ワンタッチのレバー操作で簡単にアレンジができ、リクライニングテーブルにしたり、折りたたんでセンターキャビンを作ったりと様々な形で活躍し非常に便利です。

快適性能

この車の最大の特徴と言えるパノラマオープンドア。助手席のドアとパワースライドドアを同時に開けるとそこは開放感に満ち溢れており、乗り降りも快適に出来ます。そのパワースライドドアはスマートキーのスライドドアスイッチを1秒ほど押すと自動的に開閉するので、買い物の後の荷物を持っている時などにかなり便利な機能です。

ちなみにインストルメントパネルのスイッチやアウトサイドハンドル、インサイドハンドルでも操作は可能です。また、左右のサンバイザーの間には後席確認ミラーが装備されており、運転席や助手席から振り返らずに後部座席に座っている方の乗り降りの様子がうかがえて、車内でのコミュニケーションもばっちり取れます。

ラゲッジスペース

ラゲッジスペースについてですが、こちらも荷物の運搬が楽に出来るような装備・機能が備わっています。。パワーバックドアはスイッチひとつでバックドアを開閉できる機能で、荷物を抱えたときなどストレスなく開閉が出来ちゃいます。

また、通常でも荷物を載せるのに充分なスペースがありますが、後方床下格納機構付サードシートを格納することによりラゲッジスペースが広がりさらに多くそして大きな荷物を載せることが出来ます。床下収納までついているので細かいものなどはこちらへ整理していれておけます。これだけのスペースがあればもう荷物の事での悩みが解消されることでしょう。

運転支援・安全性・装備

安全装備

事故を未然に防ぐ予防安全として、さまざまなことを想定してサポートをしてくれます。走行状況に応じてブレーキを制御してくれるEBD付ABSや雨や雪など滑りやすい路面などで横滑りが発生してしまったときにブレーキとエンジン出力を自動的にコントロールし車両の安定性を確保してくれるVSC&TRCを搭載。

そのほかにもLEDヘッドランプで歩行者や他の車へ自身の存在を表し事故を未然に防ぐサポートをしてくれます。衝突安全については、SRSエアバッグシステムを搭載し、後部座席までしっかり衝撃を最小限に抑えてくれます。

歩行者の安全にも配慮し、歩行者障害軽減ボディ構造によって少しでも歩行者に与える障害を軽減します。さまざまな状況を想定し、いろいろな角度から安全に配慮されています。

バリエーション・価格

各パッケージとグレードの価格は約200万円~250万円です。7人乗りの2.0Lエンジンが250万円以内で購入出来るので、非常にお買い得だと思います。運転性能、快適さ、燃費などどれをとっても他車と比べて引けを取らない車ですのでお求めやすい金額なのではないでしょうか。

特別仕様車

アイシスは特別仕様車ウェルキャブシリーズを発売し全部で4つのタイプがあります。

■サイドリフトアップシート車(パノラマタイプ)・Aタイプリモコン操作によって電動でセカンドシートを回転させ、車外へスライドダウンさせることができます。助手席に折りたたみ式シートを採用することで、広々とした足元スペースを実現しました。

オットマンを使用すれば、ひざを伸ばしたラクな姿勢で乗り降りできます。・BタイプAタイプに加え、手動車いす用収納装置(電動式)を標準装備し30kgまでの手動車いすを吊り上げ、楽に積み下ろしが可能です。

■助手席リフトアップシート車(パノラマタイプ)・Aタイプリモコン操作によって電動で助手席を回転させ、車外へとせり出しながら地面近くまで下降させることができます。パノラマオープンドアにより、ワイドな開口部を確保します。

フロントドアのみを開放した状態でも操作が可能です。・BタイプAタイプに加え、手動車いす用収納装置(電動式)を標準装備し30kgまでの手動車いすを吊り上げ、楽に積み下ろしが可能です。いずれも両側電動スライドドアです。

オプション・アクセサリー

アイシスにはオプションで装備可能なものが豊富です。カーナビやオーディオは最新式のものを装備可能で、駐車が苦手な方にはセーフティーモニターを装備することでバックガイドモニターで後方を確認しながら駐車が出来るので安心して運転が出来るようになります。

関連するキーワード


アイシス トヨタ 車種情報

関連する投稿


【復活】トヨタのグランビアの名前が復活!17年ぶり

【復活】トヨタのグランビアの名前が復活!17年ぶり

トヨタは5月21日、新型『グランビア』(Toyota Granvia)をオーストラリアで発表しました。このグランビアという名前が復活するのは実に17年ぶり。期待が高まりますね。【6月12日更新】


【2019年4月10日 日本発売】トヨタ RAV4新型 最新情報まとめ

【2019年4月10日 日本発売】トヨタ RAV4新型 最新情報まとめ

2019年4月10日より発売されたトヨタのSUV、RAV4(ラヴフォー)。このRAV4新型に関する最新情報をまとめてご紹介します。日本での発売日はいつ?デザインはどうなる?価格はいくらくらい?エンジンは?RAV4新型の情報を渇望している貴方にこの記事を贈ります!


【新車で買える】マニュアル車(MT車)一覧!

【新車で買える】マニュアル車(MT車)一覧!

オートマ車(AT車)が増えた中でも、やはりマニュアル車(MT車)に乗りたい!という人が車好きの中には多いのではないでしょうか。本記事では、2018年3月現在、新車で買えるマニュアル車(MT車)をまとめています。【8月7日更新】


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【3月27日更新】


車中泊もできる!トヨタ グランドハイエース┃特徴等を解説!

車中泊もできる!トヨタ グランドハイエース┃特徴等を解説!

グランドハイエースを購入しようかどうか迷っているけど詳細が良く分からずお悩みではないですか? 実は、グランドハイエースは大人数を乗せる事を検討している家族連れや旅行好きの人にはぴったりの車なんです! この記事では、グランドハイエースがそもそもどんな車なのか、維持費や購入方法なども含めて詳しく解説しています。


最新の投稿


上野動物園周辺のおすすめ駐車場15選!安いところは?予約はできるの?

上野動物園周辺のおすすめ駐車場15選!安いところは?予約はできるの?

都内で有名な動物園である上野動物園は土日は家族や恋人同士で混雑することも多いです。そんな時困る一つが駐車場が満車の場合です。 今回はそんな上野動物園周辺の駐車場事情をご紹介していきます。


ジムニーシエラ 新型!燃費・走行性能・価格・評価・中古価格は?

ジムニーシエラ 新型!燃費・走行性能・価格・評価・中古価格は?

スズキのジムニーフルモデルチェンジの期待が高まる中、ジムニーシエラも同じタイミングで発売が発表され話題となっています。新型のスペックも気になりますが、改めてジムニーのワイド版・ジムニーシエラについての基本情報・スペック・燃費・評価・新車価格を見ていきたいと思います。


そり遊び、 BBQ、デイキャンプまでできる 道の駅 パティオにいがた

そり遊び、 BBQ、デイキャンプまでできる 道の駅 パティオにいがた

道の駅 パティオにいがたは地元の味が楽しめ、特産品が買えるコーナーはもちろん、デイキャンプ場や地域に親しめるスポットが揃っています。 ドライブのついでや、家族のレジャースポットとして訪れたい道の駅です。


スバルのレオーネとはどういう車だったのか?現在の中古車価格相場も紹介!

スバルのレオーネとはどういう車だったのか?現在の中古車価格相場も紹介!

平成生まれの人だったとしてもレオーネという車の名前を聞いたことがあるかもしれません。今でもそのいぶし銀のような存在感を見せるスバルのレオーネとは、どういう車だったのかについて誕生の経緯やモデルを取り上げて紹介します。また、レオーネの中古車の価格相場もチェックしてみましょう。


【コスモスポーツからRX-8まで】ロータリーエンジンを搭載していた車10選

【コスモスポーツからRX-8まで】ロータリーエンジンを搭載していた車10選

みなさんはロータリーエンジンを知っていますか?ロータリーエンジンが搭載されていた車とは?本記事ではロータリーエンジンの仕組みとそのメリットデメリット、またロータリーエンジンを搭載していた車をご紹介します。車選びの参考にしてみてくださいね。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング