目次へ戻る

三菱 ミラージュ 実燃費、評価、価格など詳細情報一覧!

三菱 ミラージュ 実燃費、評価、価格など詳細情報一覧!

三菱ミラージュは1978年に初代が誕生しました。初代のミラージュはFF車として販売され、当時としては日本車離れしたデザインで人気を集めたクルマです。そのミラージュが6代目にしてコンパクトカーとして復活。ミラージュについてまとめました!


三菱ミラージュ概要・走行性能

概要・特徴

三菱ミラージュは2013年9月に米国市場で展開し、1432台の販売台数を記録するなど好調に売れ行きを伸ばしています。「省資源、省エネルギー、省スペース」という基本思想を元に、予防安全技術のe-アシスト機能を搭載するなど、これまでに大きく進化を果たしてきました。

その他にもコーストストップ機能を追加したり、エンジンフリクション低減による燃費性能の向上を果たしたりしています。コンセプトをそのままに進化を重ねてきた三菱ミラージュは、あらゆる面において高水準です。

デザイン・ボディーカラー

三菱ミラージュの気になるデザイン性ですが、エクステリアやインテリアのクオリティも非常に高いものに仕上がっています。

スポーティ感溢れるフロントバンパーや上質なフロントフェイス、アッパーグリルやロワーグリルにはクロームメッキを使用するなど、全体的に高級感のあるイメージになっています。

インテリアに関してもGグレードでは、ステアリングホイールとスポークの一部が、ピアノブラックやメッキを取り入れた本革のステアリングとなっています。エクステリアと調和するデザイン性が魅力的です。

エンジンシステム

ドライバーの様々な運転状況をベストなバルブタイミングでサポートするMIVECエンジンを搭載し、トランスミッションにはギアチェンジの際に生じるショックを極めて少なくするINVECS-Ⅲ CVTが採用されています。

さらに減速エネルギー回生システムは、減速時に生じるエネルギーをバッテリーに集中的に蓄えつつ、その蓄積したエネルギーをアイドリングや走行によって使い切るまでは発電を抑えてくれます。結果的にエンジンにかかる負荷の軽減と、燃費性能の向上に繋がります。

燃費

三菱ミラージュは全車エコカー減税の対象であり、23.8km/L というエコノミーかつエコロジーな燃費性能を備えています。燃料タンク容量も35リットルと余裕があり、安心して走行することが可能です。

優れた燃費性能の秘密は状況変化に応じて自動的にアイドリングを停止させる、「オートストップ&ゴー機能」に集約されています。本格的なAI時代の到来を予感させるような、頭脳的なエンジンや機能がサポートしてくれるため、楽しみながらドライブに集中することができます。

三菱ミラージュ車内空間・収納

搭乗人数・シート

三菱の新型ミラージュは経済性や運転のしやすさを重視して設計されたコンパクトカーです。しかし、コンパクトカーでありながらも乗車定員数は5名となっていて、ファミリーカーとしても十分に期待に答えられるスペックとなっています。

後部座席には6:4分割可倒式シートが搭載されていて、背もたれを前に倒すことで、後部座席後方のスペースと合わせての荷物置き場にアレンジすることが可能です。運転席には運転席ハイトアジャスターが採用されていて、自分の手で運転がしやすいように座席の高さを調節できます。

ラゲッジスペース

三菱新型ミラージュはラゲッジスペース(トランク)にもこだわりを持っています。後部座席は前述したように6:4分割可倒式シートが搭載されていて、背もたれを前に倒すことでラゲッジスペースをより広く使うことが可能です。

さらにラゲッジスペースの床下にはカーゴフロアボックスされており、ここにはいろいろな小物を収納できます。ほかにも運転席インパネアンダートレイやフロントドアポケット、コンソールトレイなど、さまざまな収納スペースが用意されています。

ミラージュは小さな荷物から大きな荷物まで幅広く収納可能なクルマです。

インテリア

新型のミラージュにはグレードが2つあり、装備の充実したMグレードと走る歓びを追い求めた上級グレードのGグレードとがあります。

Gグレードのインテリアには本革巻ステアリングホイールが採用されているのが特長となっていて、これはステアリングホイールと一部のスポークに、高級感あふれる上質なピアノブラックとメッキによる装飾をプラスしたものです。

ほかにも内装はGグレード、Mグレードともに上品に仕上がっており、Gグレードは光沢のあるブラック、Mグレードはブラックとアイボリーの内装で、どちらのグレードも新デザインのシートを採用しています。

快適性能

新型のミラージュは、コンパクトカーの売りである運転の快適さにも当然、力が入っています。サスペンションに使われているスプリングやショックアブゾーバーを最適化し、サスペンションを取り付けている部分の強化部品であるスティフナーを追加したことで、操縦時の安定感が向上。

走行時にふらついたり、ぐらついたりすることが抑えられ、快適な運転を楽しむことが可能です。取り回しにも優れたポテンシャルを秘めています。ミラージュは15インチタイヤを採用しているのですが、それをものともしない最小回転半径の取り回しが可能なクルマです。


狭い道へ入っていく時や、縦列駐車を行う際にも快適に運転できます。

三菱ミラージュ装備・安全性

衝突安全機能

低速走行時や前方車両との衝突の可能性がある時に、警報で注意喚起しながら自動ブレーキで衝突を回避、衝突被害を軽減する機能FCM-City。

それに加え、誤発進抑制機能により、ペダルの踏み間違いによる衝突被害をゆるやかな発進で防いでくれます。


またRISEとよばれる衝突安全強化ボディは衝突エネルギーを吸収するフロントボディ、高張力鋼板によりボディ全体を高強度化しています。どの面からの衝突にも優れた吸収効果を発揮し、運転手以外の人にも安全配慮されています。

安全装備

SRSエアバッグは前面からの衝突に備えて、運転席&助手席に設けられています。さらにメーカーオプションで側面からの衝突に備えたサイド、カーテンタイプも用意しています。衝撃時に身体が浮くことを防ぐ3点式ELR付シートベルトも魅力的。

瞬時にシートベルトが運転手の身体を拘束するとともに、フォースリミッターが作動し胸部圧迫を緩和します。後方からの車両衝突時に首周辺への衝撃を防ぐため、位置やシートバックの変形特性の適正化を行うフロントシートも搭載しており、もしもの時に備えた設備は万全です。

運転支援

運転時にも安全が考えられています。ASCは車両の横滑りや滑りやすい路面でのスリップを感知するとエンジン出力をコントロールします。さらにABS EBD機能で急ブレーキ時のタイヤロック、バランスの悪い車体姿勢を回避し後輪ブレーキのタイヤを微調整。乗員や積載量に応じ働いてくれます。

急ブレーキをかけた際もエマージェンシーストップシグナルシステムにより、後車への危険をハザードランプの高速点滅で知らせます。乗員だけでなく、周りの車にも周知できるところはありがたいですね。

バリエーション・価格

これらの機能を備えた車両はINVECS-Ⅲ CVT(自動無段変速機)を搭載したDとMがあります。Dは走る喜びを追求した最上級グレード。Mはエコドライブアシストやフルオートエアコンなど装備に重点を置いた車です。

Dは約150万円台、Mは約140万円台で、どちらも値段にそこまでの差はありません。ボディカラーもワインレッドやサンライズオレンジといったカラフルなものからブラック、シルバー、パールなど8色の中から男女問わず乗ることのできる色までそろえています。

関連する投稿


【2019上半期】本音で語る!2019年に買うべき新型車 TOP10 5位~1位!

【2019上半期】本音で語る!2019年に買うべき新型車 TOP10 5位~1位!

さて、2019年上半期に発売された新型車の中から、筆者的ベスト10を選ぶ本記事!残すところベスト5のみとなりました。いよいよ話題の新型車が登場します。7月に多くの新型車が登場しますが、それに先行して6月までにも各メーカーの主力級の新型車が登場しているんですよ。1位ははたしてどの車なのでしょうか。まずは5位からです。


三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

恐竜の骨格を思わせるリブボーンフレームの採用による最高の衝突安全性能を誇り、高い居住性とSUV的走破性も併せ持つ、三菱が誇るオールラウンダーミニバンがデリカD:5です。発売から10年以上を経てなお三菱をけん引し続ける人気車種の実像に迫ります。


【2019年最新版】人気!おすすめ現行SUV 12選

【2019年最新版】人気!おすすめ現行SUV 12選

日本でも世界でも人気のSUV!今回は今人気・オススメしたいSUVを12種類紹介します。新車の購入を検討している方や、現行車のSUVを中古で購入したいと考えている方にオススメの内容です。燃費、価格、特徴をまとめたほか、合わせてSUVを選ぶ時のポイントもいくつか紹介します。


【ランエボ】三菱 ランサーエボリューションは復活する?最新情報

【ランエボ】三菱 ランサーエボリューションは復活する?最新情報

復活が待たれる三菱のランサーエボリューション。三菱の人気スポーツセダンです。このランエボが復活する可能性があると言われていますが、今回アップデートされた情報を入手しました。最新CGとともにお知らせいたします


【初公開】三菱のSUV アウトランダースポーツ(RVR)2020年モデル!

【初公開】三菱のSUV アウトランダースポーツ(RVR)2020年モデル!

三菱自動車(Mitsubishi Motors)の米国部門は6月20日、『アウトランダースポーツ』(日本名:『RVR』に相当)の2020年モデルを初公開しました。それによれば、フロントマスクが一新、より力強さを増しています。


最新の投稿


広島県北部の道の駅┃国の特別名勝三段峡やライダーオススメまで!

広島県北部の道の駅┃国の特別名勝三段峡やライダーオススメまで!

広島県もついに北部へとたどり着きました。前回は瀬戸内海側を紹介してまいりましたが、今回は島根県側となる北部地区にある道の駅について紹介します。


ホンダのミニバン ステップワゴン モデューロX┃スペックや他車比較!

ホンダのミニバン ステップワゴン モデューロX┃スペックや他車比較!

ファミリー向けミニバンとして人気のステップワゴン。中でもモデューロXは2018年のマイナーチェンジでガソリン車に加え新しくハイブリッド車を発表しました。さらに2020年にステップワゴンがマイナーチェンジの噂も。今年秋の増税前、ほぼ完成形に近づいたモデューロXを買うなら今です!


高級SUV レクサス LX ┃歴史や特徴、中古価格、スペック等 一覧

高級SUV レクサス LX ┃歴史や特徴、中古価格、スペック等 一覧

レクサスのSUV高級ブランドの「LX」。レクサスは高級車になるので、ブランド名は知っていても車自体はまだまだ身近なブランドではないかもしれません。国内では発売台数が限られているレクサスブランドの「LX」のエンジンに室内空間や走行性能などがランドクルーザーと大きく違う点や、歴史から車体価格・燃費までを詳しく解説していきます。


トヨタの大ヒット車種プリウスの次期モデル┃スペックや燃費、中古車価格等

トヨタの大ヒット車種プリウスの次期モデル┃スペックや燃費、中古車価格等

トヨタの大ヒット車種「プリウス」の時期モデルについて様々な予測がされています。初代モデルから現行のモデルどれも注目されていますが、以前から問題視されていたギアの何が問題なのかも時期モデルと一緒に考えてみます。燃費は世界トップレベルの「プリウス」は今後フルモデルチェンジして登場するのか、販売終了してしまうのかなど推測しまとめてご紹介します。


マツダ ロードスター NBの楽しみ方 ┃性能・スペックや燃費・カスタム等一覧

マツダ ロードスター NBの楽しみ方 ┃性能・スペックや燃費・カスタム等一覧

ロードスターは1989年に登場し、2019年で30周年を迎えています。その間、NAに始まってNB、NC、そしてNDまで4世代の進化をしています。長い間愛され続けているロードスターの性能やカスタム情報を見ていき、その魅力に迫っていきます。今回は、2代目ロードスターNBの楽しみ方を中心に見ていきましょう。