トップへ戻る

三菱 ミラージュ 実燃費、評価、価格など詳細情報一覧!

三菱 ミラージュ 実燃費、評価、価格など詳細情報一覧!

三菱ミラージュは1978年に初代が誕生しました。初代のミラージュはFF車として販売され、当時としては日本車離れしたデザインで人気を集めたクルマです。そのミラージュが6代目にしてコンパクトカーとして復活。ミラージュについてまとめました!

⏳この記事は約3~4分で読めます。


三菱ミラージュ概要・走行性能

概要・特徴

三菱ミラージュは2013年9月に米国市場で展開し、1432台の販売台数を記録するなど好調に売れ行きを伸ばしています。「省資源、省エネルギー、省スペース」という基本思想を元に、予防安全技術のe-アシスト機能を搭載するなど、これまでに大きく進化を果たしてきました。

その他にもコーストストップ機能を追加したり、エンジンフリクション低減による燃費性能の向上を果たしたりしています。コンセプトをそのままに進化を重ねてきた三菱ミラージュは、あらゆる面において高水準です。

デザイン・ボディーカラー

三菱ミラージュの気になるデザイン性ですが、エクステリアやインテリアのクオリティも非常に高いものに仕上がっています。

スポーティ感溢れるフロントバンパーや上質なフロントフェイス、アッパーグリルやロワーグリルにはクロームメッキを使用するなど、全体的に高級感のあるイメージになっています。

インテリアに関してもGグレードでは、ステアリングホイールとスポークの一部が、ピアノブラックやメッキを取り入れた本革のステアリングとなっています。エクステリアと調和するデザイン性が魅力的です。

エンジンシステム

ドライバーの様々な運転状況をベストなバルブタイミングでサポートするMIVECエンジンを搭載し、トランスミッションにはギアチェンジの際に生じるショックを極めて少なくするINVECS-Ⅲ CVTが採用されています。

さらに減速エネルギー回生システムは、減速時に生じるエネルギーをバッテリーに集中的に蓄えつつ、その蓄積したエネルギーをアイドリングや走行によって使い切るまでは発電を抑えてくれます。結果的にエンジンにかかる負荷の軽減と、燃費性能の向上に繋がります。

燃費

三菱ミラージュは全車エコカー減税の対象であり、23.8km/L というエコノミーかつエコロジーな燃費性能を備えています。燃料タンク容量も35リットルと余裕があり、安心して走行することが可能です。

優れた燃費性能の秘密は状況変化に応じて自動的にアイドリングを停止させる、「オートストップ&ゴー機能」に集約されています。本格的なAI時代の到来を予感させるような、頭脳的なエンジンや機能がサポートしてくれるため、楽しみながらドライブに集中することができます。

三菱ミラージュ車内空間・収納

搭乗人数・シート

三菱の新型ミラージュは経済性や運転のしやすさを重視して設計されたコンパクトカーです。しかし、コンパクトカーでありながらも乗車定員数は5名となっていて、ファミリーカーとしても十分に期待に答えられるスペックとなっています。

後部座席には6:4分割可倒式シートが搭載されていて、背もたれを前に倒すことで、後部座席後方のスペースと合わせての荷物置き場にアレンジすることが可能です。運転席には運転席ハイトアジャスターが採用されていて、自分の手で運転がしやすいように座席の高さを調節できます。

ラゲッジスペース

三菱新型ミラージュはラゲッジスペース(トランク)にもこだわりを持っています。後部座席は前述したように6:4分割可倒式シートが搭載されていて、背もたれを前に倒すことでラゲッジスペースをより広く使うことが可能です。

さらにラゲッジスペースの床下にはカーゴフロアボックスされており、ここにはいろいろな小物を収納できます。ほかにも運転席インパネアンダートレイやフロントドアポケット、コンソールトレイなど、さまざまな収納スペースが用意されています。

ミラージュは小さな荷物から大きな荷物まで幅広く収納可能なクルマです。

インテリア

新型のミラージュにはグレードが2つあり、装備の充実したMグレードと走る歓びを追い求めた上級グレードのGグレードとがあります。

Gグレードのインテリアには本革巻ステアリングホイールが採用されているのが特長となっていて、これはステアリングホイールと一部のスポークに、高級感あふれる上質なピアノブラックとメッキによる装飾をプラスしたものです。

ほかにも内装はGグレード、Mグレードともに上品に仕上がっており、Gグレードは光沢のあるブラック、Mグレードはブラックとアイボリーの内装で、どちらのグレードも新デザインのシートを採用しています。

快適性能

新型のミラージュは、コンパクトカーの売りである運転の快適さにも当然、力が入っています。サスペンションに使われているスプリングやショックアブゾーバーを最適化し、サスペンションを取り付けている部分の強化部品であるスティフナーを追加したことで、操縦時の安定感が向上。

走行時にふらついたり、ぐらついたりすることが抑えられ、快適な運転を楽しむことが可能です。取り回しにも優れたポテンシャルを秘めています。ミラージュは15インチタイヤを採用しているのですが、それをものともしない最小回転半径の取り回しが可能なクルマです。


狭い道へ入っていく時や、縦列駐車を行う際にも快適に運転できます。

三菱ミラージュ装備・安全性

衝突安全機能

低速走行時や前方車両との衝突の可能性がある時に、警報で注意喚起しながら自動ブレーキで衝突を回避、衝突被害を軽減する機能FCM-City。

それに加え、誤発進抑制機能により、ペダルの踏み間違いによる衝突被害をゆるやかな発進で防いでくれます。


またRISEとよばれる衝突安全強化ボディは衝突エネルギーを吸収するフロントボディ、高張力鋼板によりボディ全体を高強度化しています。どの面からの衝突にも優れた吸収効果を発揮し、運転手以外の人にも安全配慮されています。

安全装備

SRSエアバッグは前面からの衝突に備えて、運転席&助手席に設けられています。さらにメーカーオプションで側面からの衝突に備えたサイド、カーテンタイプも用意しています。衝撃時に身体が浮くことを防ぐ3点式ELR付シートベルトも魅力的。

瞬時にシートベルトが運転手の身体を拘束するとともに、フォースリミッターが作動し胸部圧迫を緩和します。後方からの車両衝突時に首周辺への衝撃を防ぐため、位置やシートバックの変形特性の適正化を行うフロントシートも搭載しており、もしもの時に備えた設備は万全です。

運転支援

運転時にも安全が考えられています。ASCは車両の横滑りや滑りやすい路面でのスリップを感知するとエンジン出力をコントロールします。さらにABS EBD機能で急ブレーキ時のタイヤロック、バランスの悪い車体姿勢を回避し後輪ブレーキのタイヤを微調整。乗員や積載量に応じ働いてくれます。

急ブレーキをかけた際もエマージェンシーストップシグナルシステムにより、後車への危険をハザードランプの高速点滅で知らせます。乗員だけでなく、周りの車にも周知できるところはありがたいですね。

バリエーション・価格

これらの機能を備えた車両はINVECS-Ⅲ CVT(自動無段変速機)を搭載したDとMがあります。Dは走る喜びを追求した最上級グレード。Mはエコドライブアシストやフルオートエアコンなど装備に重点を置いた車です。

Dは約150万円台、Mは約140万円台で、どちらも値段にそこまでの差はありません。ボディカラーもワインレッドやサンライズオレンジといったカラフルなものからブラック、シルバー、パールなど8色の中から男女問わず乗ることのできる色までそろえています。

関連する投稿


【2021年版】今買いのファミリーカーはコレ!クラス別おすすめ8選

【2021年版】今買いのファミリーカーはコレ!クラス別おすすめ8選

まだまだ昨年からの混乱の続く2021年、自家用車の存在価値について考え直したという方も多くいらっしゃるのでは。ご家族揃って安心して移動できるファミリーカーは、混乱の現代における強い味方ですよね。そんなファミリーカーの中でも、2021年にこそ選びたい最新おすすめ車を5台ピックアップしてご紹介していきます。普段のお出かけからお子様の送迎まで大活躍間違いなしの車が勢揃いです。


コンパクトカーのおすすめランキング!人気車種を徹底解説

コンパクトカーのおすすめランキング!人気車種を徹底解説

多々ある車の中でも、コンパクトカーが大人気です。道を見れば必ず目にしますよね。そこで今回は、コンパクトカーの魅力や選び方、さらにオススメランキングトップ10をご紹介します。


三菱GTO|その魅力と生産終了の理由は?

三菱GTO|その魅力と生産終了の理由は?

GTOと聞いてすぐに三菱GTOを思い浮かべる方はかなりの車好きの方に間違いないのではないでしょうか。そこで今回は三菱GTOと言う車について振り返ってみます。


2021年に注目すべき新型車をドドンと大胆予想8選!話題のあの車も

2021年に注目すべき新型車をドドンと大胆予想8選!話題のあの車も

2021年もまだまだコロナの影響は色濃く、ニューノーマルを模索する1年となりそうな予感がしますが、気晴らしに発表が予想される新型車に思いを馳せてみるのはいかがでしょう。大混乱だった2020年の間も着々と開発を進めることに成功した新型車たちは、自動車の未来がどんな風に変わっていくのかを教えてくれる重要な一台となること間違いなし。詳しく見ていきましょう。


【今が買い】人気の中古軽自動車 最新狙い目5選を徹底調査!

【今が買い】人気の中古軽自動車 最新狙い目5選を徹底調査!

自動車の価格は業界全体で上昇し続けており、装備テンコ盛りのハイト系に人気が集中していることもあってか、最近は軽自動車でもコミコミ200万円突破!というケースも少なくない現代。そこでおすすめなのが、いわゆる「不人気車」の中古車です。種類豊富な軽自動車だけに、魅力があるのに流れに乗れなかった、値落ち率がかなり高いコスパ最強の中古軽自動車をまとめてみました。


最新の投稿


軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

ボディサイズも大きく、装備も充実した軽自動車が増えてきた現在、普通自動車との境界線が以前ほどははっきりとしなくなってきました。では、軽自動車と普通自動車の違いは何でしょうか。今回は、法律上の定義から、それぞれの特徴やメリットをまとめました。


ポルシェの代名詞カレラ|最新のカレラ情報も解説!

ポルシェの代名詞カレラ|最新のカレラ情報も解説!

ポルシェと言えばカレラと言うほど名前のインパクトは強いですが、カレラは車種名ではなくポルシェの作る車のグレード名です。カレラにはいくつかのモデルが存在しています。今回は、このポルシェ・カレラの各モデルの違いや特徴についてご説明していきましょう。


車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

絶対に起きてほしくはないことではありますが、自動車が車両火災によって黒コゲになってしまったショッキングな映像をニュースなどでも見かけますよね。発生する確率は高くはないものの、高温にさらされる部品が多い上に燃料を積んでいる自動車では、車両火災は起こってしまうと取り返しのつかない結果になってしまうことも。原因を知って、悲しい事故を未然に防いでいきましょう。


レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

子どもの頃、レッカー車の存在感に憧れていた方も多くいらっしゃることと思います。普段はお世話になることはなくても、愛車の調子が悪くなった時にこそ頼れるレッカー車は、大人にとってもありがたい特別な存在ですよね。そんなレッカー車、近くで見る機会もなかなかありませんし、実際利用するとどれくらい費用がかかるのか気になりませんか? 詳しくご紹介していきます。


車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

積雪を紹介するニュース映像などでよく見かける、道路上でスタックしてまった車。これは雪国だけの問題ではなく、近年では普段雪が降らない地域であってもドカ雪が降ってしまうような異常気象も多発しており、車がスタックしてしまう原因や対処法について温暖な地域の方でも知っておきたいところです。起こってほしくはないですが、落ち着いて対処するためにも、この記事で予習しておきましょう。