目次へ戻る

三菱ekスペース 走行性能、安全性能、全てを詳しく説明!!

三菱ekスペース 走行性能、安全性能、全てを詳しく説明!!

eKスペースはNMKVが開発し三菱自動車が製造と販売を行なっているトールワゴン型の軽自動車で、コンパクトながらハイトな設計となっていて、軽自動車でありながらも狭さを感じさせない車だ。今回はそんなeKスペースの概要や走行性能についてまとめた。


三菱eKスペースはどんな車?

主な特徴

eKスペースのグレード展開は、標準モデルカスタムモデルの両者とも機能装備を充実させている。後席の空気を循環させるリアサーキュレータに、「ナノイー」機能を追加させることで、快適性を大幅に向上させている。マルチアラウンドモニターを搭載することで、自分の車を上から見た画像を得ることができ車庫入れの時などに役立ちそうだ。

クルーズコントロールシステムを搭載してアクセルペダルを踏み続けることなく、一定速度を保ちドライバーの疲労軽減に貢献してくれている。坂道発進時には自動でブレーキを2秒間キープするヒルスタートアシスト機能があるため坂道発進での車の後退を防いでくれる。

ニューフェイスが採用されたエクステリア

eKスペースのデザインで最も特徴的なのはフロント部で、三菱の新デザインコンセプトである「ダイナミックシールド」を採用して、大胆で存在感のあるデザインに一新されている。特に改良されたのがフロントグリルで軽自動車とは思えないような、ワイド感を醸し出している。

今回新しく開発されたLEDヘッドライトは多眼タイプとなっていて、クリスタルのような質感を再現していて、上級者並みのクオリティーを実現しているのだ。eKスペースでは、新たにライトニングブルーマイカ/ブラックなどのツートンカラーが追加され、計9色のカラーバリエーションになっている。

ターボエンジンの3B20MIVEC

eKスペースではターボエンジン搭載車が追加され、3B20 MIVECエンジンはバルブタイミングを運転状況に合わせて制御を行い、優れた動力性能と環境性能を実現している。また、トランスミッションとして、INVECS-Ⅲ CVTを搭載しているため、変速ショックのない、優れた加速性能が得られるのだ。このCVTは副変速機構付きですので変速比幅が広くなっていて滑らかな走りが可能になっている。VCU方式のフルタイム4WDを採用しているため、滑りやすい路面では自動的に4WDに切り替わりどんな状況でも安定した走りを実現可能なのだ。

ECOドライブによる燃費の良さ!!

eKスペースには、減速している時に発生する回生エネルギーを電気エネルギーに変換しアシストバッテリーにチャージするよう設計されている。アシストバッテリーに蓄えられた電力は、エアコンなどの電装品に使用するため、発電のためのエンジン負荷を低減しガソリンの無駄な消費を抑える。

オートストップ&ゴー機能が搭載されているため、信号待ちなどで停止する際は、減速中の時速約13km以下の時点でエンジンをストップするため燃費の向上につながるのだ。この機能はブレーキペダルを離せばエンジンが自動的に再始動しますのでスムーズな運転ができる。メーター内にはECOドライブアシストというインジケータが表示されエコドライブの目安を知ることが可能だ。

三菱eKスペースの車内空間

汚れに強いシート

三菱eKスペースの搭乗人数は4名。シート全席の柄付部には撥水シート生地を使用しているので、雨の日に濡れた傘で汚しても拭き取りやすく、車内を清潔に保てる。またシート座面には消臭シート生地を採用。車内でタバコを吸ったり、飲食してもニオイを瞬時に吸着して分解してくれる。

持続性にも優れた消臭性を発揮するので、いつまでも嫌なニオイが車内に残留しないのだ。さらに、ドライバーの座面には運転席シートヒーターを設置し冬場の寒い季節にもストレスなく、快適なドライビングが可能だ。

インテリアは広くて快適さ抜群!!


三菱eKスペースには機能性に優れた快適なインテリアがある。ナノイー機能搭載のリヤサーキュレーターによって、車内にクリーンな空気を循環させることが可能、さらに弱酸性の水に包まれた微粒子イオンナノイーが含まれているので、髪や肌にも優しい車内環境が実現できる。

三菱eKスペースはドライバーが運転しやすいように、細いAピラーとワイドなフロントクォーターガラスを採用している。これによって広く見やすい視界を確保し、また室内高1400mmのゆとりのある車内スペースは、圧迫感のない快適な乗り心地を与えてくれる。

シートアレンジでラゲッジスペースが広くなる!

三菱eKスペースの特徴の1つに、収納性に優れたラゲッジスペースが挙げられる。スライド量260mmでアレンジの自由度が高いリヤシートを採用しているので、荷物の大きさや量によってラゲッジエリアをフレキシブルに可変することができる。

またリヤシートは単に前後スライドするだけではなく、左右独立フラット格納機構になっているため、例えばゴルフバッグのような長尺モノや、オフロード自転車のような大容量の荷物であっても、スムーズ快適に収納することができる優れものだ。

その他の快適性を生む機能も充実

三菱eKスペースの車内には、乗る方を快適にする優しい機能や性能が充実している。日射しを遮る高い遮光性能を誇るロールサンシェードは、ダイレクトかつスピーディに引き下ろしできるので、夏場の暑い季節には重宝するだろう。また、車内の空気の衛生環境に配慮しているのも三菱eKスペースの特徴の1つだ。

ナノイー機能搭載のリヤサーキュレーターが後席に風を送って空気を循環し、これに加えてクリーンエアフィルタープラスが花粉や粉じん、ホコリなどの微細な粒子をスクリーニングして空気をろ過してくれる。車内に清潔な空気を送り続けてクリーンな状態を維持できるのだ。

三菱eKスペースの安全性能はどうなのか

FCM-City搭載!

安全性を重視した三菱eKスペースには、クオリティの高い衝突安全機能が充実している。低車速域衝突被害軽減ブレーキシステムであるFCM-Cityは、通常の走行中に前方車両との衝突の危険を予め察知し、アラーム音と共に自動ブレーキが作動して衝突を回避するよう助けてくれる。

また、ABS EBDによって急ブレーキによるタイヤロックの横滑りを防止して、車体姿勢の安定性を確保できる。そのうえEBDが乗員や積載量を計算し、後輪ブレーキを理想的な制動力にコントロールするのだ。また、誤発進抑制機能も搭載しており、お年寄りなどのによるアクセル・ブレーキの踏み間違いリスクも軽減可能。

エマージェンシーストップシグナルシステム

エマージェンシーストップシグナルシステムは三菱eKスペースの特徴的な安全装置の1つだ。急ブレーキなどによるABSの作動時に、ハザードランプが自動的に高速点滅して後続車に注意喚起し、玉突き衝突などを回避する。

またテールには消費電力を低減する、LEDリヤコンビランプを採用しているのだ。三菱eKスペースでは全席パワーウィンドウを採用。指や首の挟み込みを自動的に感知して、ウィンドウが自動的に下降・停止するセーフティ機構付なので、小さいお子様のいるご家庭でも安心だ。

運転支援もすごい!

三菱eKスペースは、ドライバーが安心して運転し続けるための支援システムも豊富だ。突発的な車両の横滑りに対してはASC機能があり、横滑りをコントロールしつつ車両を安定化させるのだ。また後方にバックする際には、リバース連動リヤオートワイパーによって自動的にリヤワイパーが作動。

寒暖差の激しい季節の曇りガラスや、雨の日のガラスの水滴から、ドライバーの運転をサポートする。さらにフロントウインドシールドとフロントドア、フロントクォーターにIRカット/UVカットガラスを採用することで、夏場の暑さ対策やお肌のケアについてサポートをしてくれるのだ。

ekスペースのバリエーション

便利で快適な装備が満載の三菱eKスペースは、カラーやフォルム、機能、価格など豊富なバリエーションを取り揃えている。T(Safety Package) は、その名の通り充実した安全性能が特徴。低車速域衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM-City]や、誤発進抑制機能がe-Assistとしてパッケージ化されている。

さらに1ランク上のG/G(Safety Package) は、同じくe-Assistを標準装備していることに加え、女性に優しい機能が豊富。外観や内装の高級感も忘れていない。M/M(e-Assist)はシンプルな装備でありながらも、燃費性能は抜群。リーズナブルな価格でお求めできる。

関連する投稿


【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい、という方のために今回は2019年8月現在購入できる国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたにおすすめです。※ほとんどの車種を網羅していますが、一部商用車などは省いています。


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【8月更新】


【2019年下半期】新型車・フルモデルチェンジ・発売日予想情報まとめ

【2019年下半期】新型車・フルモデルチェンジ・発売日予想情報まとめ

2019年ももう下半期。7月~12月にかけて、新型車・新車ラッシュ・フルモデルチェンジが控えています。本記事では2019年下半期に行われると予測される新型デビュー・モデルチェンジを、月ごとにまとめています。国産車・外車(輸入車)はもちろん、価格や注目ポイントも網羅。10月には来る東京モーターショーも控えている2019年下半期の新型車情報を見ていきます!【8月6日更新】


30万円以下で購入できる!三菱軽自動車の中古車5選

30万円以下で購入できる!三菱軽自動車の中古車5選

三菱の軽自動車は世界初の量産軽電気自動車を輩出するなど独自のジャンルを築いてるユニークさがあります。最近では軽ハイトワゴンの新型車も公開されています。今回は、30万円以下で購入できる三菱の軽自動車の中古車を5選し紹介します。


【2019上半期】本音で語る!2019年に買うべき新型車 TOP10 5位~1位!

【2019上半期】本音で語る!2019年に買うべき新型車 TOP10 5位~1位!

さて、2019年上半期に発売された新型車の中から、筆者的ベスト10を選ぶ本記事!残すところベスト5のみとなりました。いよいよ話題の新型車が登場します。7月に多くの新型車が登場しますが、それに先行して6月までにも各メーカーの主力級の新型車が登場しているんですよ。1位ははたしてどの車なのでしょうか。まずは5位からです。


最新の投稿


東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

【11/17情報更新】2017年10月28日~11月5日の10日間で開催された東京モーターショー2017。本記事では東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両)、来場者数等の振返りをまとめて掲載しています。東京ビッグサイトに足を運んだ方も、残念ながら行けなかった方も是非ご覧下さい。


フォルクスワーゲン ゴルフⅦ総まとめ!マイチェン後の7.5も┃スペック、燃費・中古価格

フォルクスワーゲン ゴルフⅦ総まとめ!マイチェン後の7.5も┃スペック、燃費・中古価格

「フォルクスワーゲン・ゴルフVII」とは、ゴルフの7代目にあたります。ゴルフの歴史からマイチェンのゴルフ7.5の特徴、性能や燃費、中古車価格などをまとめてみました。ゴルフⅦに乗ってみたい方は参考にしてみてはいかがでしょうか。


200万円以下で購入できる!中古のジャガー5選

200万円以下で購入できる!中古のジャガー5選

ジャガーは錦織圭がアンバサダーを務めている輸入車です。ジャガーはイギリスの高級車メーカーであり、現在はランドローバーと同様にインドのタタ・モーターズ傘下となっています。自動車メーカーの中で、歴史が古いメーカーの1つでもあります。今回は、ジャガーの歴史や中古車についてまとめています。


200万円以下で購入できる!MINIの中古車 4選

200万円以下で購入できる!MINIの中古車 4選

今も変わらず「ミニ」は大人気の車です。これからミニの購入を考えて気になっている方も多くいる事でしょう。今回は、車の購入がはじめてという方でも分かりやすくミニ選びができるよう、ミニとはどのような車なのか解説し、200万円以下で買えるミニの中古車を4選紹介します。


【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

日本国内で発売されていない国産メーカーの車種の中には、非常に魅力的なモデルは多数存在します。その中でもマツダの北米専用車種である「CX-9」は大変興味深い車種といえます。このネーミングだけでも、3列シートSUVとして話題を集めた「CX-8」より大型のクロスオーバーSUVであることが想像できます。では、なぜ北米専用車種なのか?そして日本国内に導入される可能性はあるのか?そもそもどんな車種なのかを解説します。