【お知らせ】プッシュ通知機能の解除方法につきまして

EV・電気自動車に関する記事


次世代のBMW「M」は600馬力の電動スポーツカーに!?最高速は300km/h

次世代のBMW「M」は600馬力の電動スポーツカーに!?最高速は300km/h

BMWグループは6月25日、ドイツ・ミュンヘンで開幕した「#NEXT GEN」で、コンセプトカーのBMW『ヴィジョンMネクスト』(BMW Vision M NEXT)を初公開しました。ヴィジョンMネクストとはいったいどのような車になるのでしょうか。


ホンダの新型EV ホンダe最新情報 価格・スペック・航続距離・日本発売日は?

ホンダの新型EV ホンダe最新情報 価格・スペック・航続距離・日本発売日は?

2020年に日本でも発売される?といわれているホンダの新型EV、ホンダe。ホンダの渾身のEVであり、注目の一台ですね。そんなわけで本記事では、ホンダの新型EV、ホンダeについて気になる最新情報をまとめました。価格・スペック・航続距離・発売日…ほか。随時更新予定です。


ヘンリック・フィスカー氏の新型EV 2019年12月デビュー

ヘンリック・フィスカー氏の新型EV 2019年12月デビュー

ヘンリック・フィスカー氏が率いるフィスカー(Fisker)は6月14日、新型EVを2019年12月に初公開すると発表しています。いったいどのようなEVカーに仕上がっているのでしょうか。気になる価格は。


テスラ 新型EVのモデルYを発表!電動コンパクトSUVで航続距離は約483km

テスラ 新型EVのモデルYを発表!電動コンパクトSUVで航続距離は約483km

テスラは3月14日(日本時間3月15日)、新型EVの『モデルY』(Tesla Model Y)を米国カリフォルニア州ロサンゼルスのデザインスタジオで初公開しました。モデルYは、『ロードスター』、『モデルS』、『モデルX』、『モデル3』に続くテスラのEVになります。


【ジュネーブモーターショー2019】ついに!ホンダの新型EV世界初公開

【ジュネーブモーターショー2019】ついに!ホンダの新型EV世界初公開

ホンダは、スイスで3月5日から17日まで開催されるジュネーブモーターショー2019にて、新型の電気自動車『ホンダe(イー)』のプロトタイプモデルを世界初公開します。待っていましたという方も、ちょっと気になっていたという方も!本記事ではホンダeの速報をまとめています。


実際に乗れるチョロQ?「Q CAR」っていったいどんな車?

実際に乗れるチョロQ?「Q CAR」っていったいどんな車?

子供に人気のあるチョロQ。実は過去に人が乗れるチョロQ、「Q CAR(カー)」と言われるものが存在していました。今回はそんなQ CARについて歴史から現在の中古価価格までご紹介していきます。


BMWがTVショッピングに参戦!「BMW i3」を限定特典付きでショップチャンネル生放送にて販売!

BMWがTVショッピングに参戦!「BMW i3」を限定特典付きでショップチャンネル生放送にて販売!

BMWの電気自動車「BMW i3」11月24日10~11時にショップチャンネルの生放送に登場するそうです。特典付きの「BMW i3 Atelier レンジ・エクステンダー装備車」が10台限定で販売されるとのことで非常に興味深いです。車両購入の流れなど詳しく紹介いたします。


【発表】アウディ初の市販EV e-tron(イートロン)初公開!最新情報まとめ

【発表】アウディ初の市販EV e-tron(イートロン)初公開!最新情報まとめ

アウディ初の市販EVである、e-tron(イートロン)が初公開されました。e-tronは、アウディによればアウディのラグジュアリーモデルと同等スペースを兼ね備えた一方、EVとしての実用性も兼ね備えた一台に仕上がっているとのことです。本記事ではe-tronの最新情報をまとめています。


【9月4日発表】メルセデス新型EQC 最新情報 日本発売・スペックは

【9月4日発表】メルセデス新型EQC 最新情報 日本発売・スペックは

2016年のパリモーターショーにて、発表された、メルセデスベンツの次世代EVコンセプト。それが「EQ」です。この新EVブランドEQ、そして最初のコンセプトカー・EQCについて最新情報をまとめています。


新型「3シリーズEV」はテスラ超え?航続距離550kmモデルも

新型「3シリーズEV」はテスラ超え?航続距離550kmモデルも

BMWの主力商品であるBMW「3シリーズ」ですが、新型「3シリーズ」のEVモデルの航続距離は500km以上と予想され、テスラを超えるかもしれません。欧州市場においてはメルセデス・ベンツCクラスと人気を2分する存在であるBMW 3シリーズ。そんなBMW「3シリーズ」のEVモデルに関する最新情報をご紹介します。


航続距離は700km? 8月発表、新EVブランド「Gyon」

航続距離は700km? 8月発表、新EVブランド「Gyon」

中国の新興EVメーカーのSitech(新特汽車)は、新EVブランド「Gyon」を立ち上げました。8月には「Gyon」最初のEVがカリフォルニア州ロサンゼルスで発表される予定です。本記事では最新のEVについてご紹介します。


BMW元副社長創業の「BYTON」よりレベル4自動運転コンセプトが発表!

BMW元副社長創業の「BYTON」よりレベル4自動運転コンセプトが発表!

BMWグループ元副社長が創業した、中国の新興EVメーカー「BYTON」から自動運転レベル4のコンセプトカー「K-byteConcept」が発表されました。本記事では、BYTON社と、今回発表された「K-byteConcept」についてご紹介します。


【発表】君の名は「タイカン」!ポルシェ初量産EVスポーツ、名称決定

【発表】君の名は「タイカン」!ポルシェ初量産EVスポーツ、名称決定

ポルシェは6月8日、2019年から生産を開始する予定のポルシェ初の量産EVスポーツカー、『ミッションE』の正式車名を『タイカン』に決定した、と発表しました。タイカン…。名前の由来とは?タイカンとはどんな意味を持っているのでしょうか。


EV祭りだ!北京モーターショー国産車編

EV祭りだ!北京モーターショー国産車編

5月4日まで開催される北京モーターショー2018において、世界最大の自動車市場である中国のEV政策に対応するために、世界中のメーカーが多くのEVやPHVを出展しています。そして日本のメーカーも同様に数々のモデルを投入しています。ではどんなモデルがあったのか見てみましょう。


三菱・i-MiEV(アイ・ミーブ)が軽自動車から登録車へ変更された理由は?

三菱・i-MiEV(アイ・ミーブ)が軽自動車から登録車へ変更された理由は?

三菱の電気自動車『i-MiEV(アイ・ミーブ)』が一部改良されて発売されました。 驚いたのが軽自動車から小型車(登録車)へ変更されて発売されたことです。何故、税金面でも不利になる登録車へわざわざ変更されたのでしょうか?不思議に感じたので調べてみました。


EV、日産リーフを買うべき5つの理由

EV、日産リーフを買うべき5つの理由

日産のEV、「リーフ」が好調な売れ行きとなっています。3月の登録実績では前年比190.8%の2,997台という結果となり、登録乗用車のベスト30の常連になりつつあります。そこで、リーフを買うべき理由を5つにまとめてみました。今、EVの「リーフ」を買うべきか否か、貴方はどうしますか?


ポルシェ初のEVスポーツカー「タイカン」(ミッションE」)!その全容に迫る!

ポルシェ初のEVスポーツカー「タイカン」(ミッションE」)!その全容に迫る!

ポルシェ初の市販EV車「タイカン」(ミッションE)の生産に向けた動きが、いよいよ佳境を迎えているようです。本記事では2019年〜2020年に販売されると見込まれているEVスポーツカー「タイカン」(ミッションE)の情報を時系列に毎に整理し、その全容を随時更新しながら紹介します。


【宇宙からライブ配信中】テスラ初代ロードスターが宇宙をドライブ

【宇宙からライブ配信中】テスラ初代ロードスターが宇宙をドライブ

テスラCEOのイーロン・マスク率いる宇宙企業スペースがロケット打ち上げに成功しました。ロケットの先端には真っ赤な初代テスラロードスター。しかも宇宙ドライブの模様を動画にて配信中です。テスラ ロードスターからのライブ配信映像を見て宇宙を堪能しましょう。


えっ!?あの掃除機のダイソンが車!?ダイソン×EVカー最新情報

えっ!?あの掃除機のダイソンが車!?ダイソン×EVカー最新情報

ダイソン…と言えばあの「吸引力が変わらない」でおなじみの掃除機を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。そんな家電大手のダイソンがなんと車業界に殴り込みです。初の車はEVとなる模様。ダイソンが手掛けるEVとはいったいどんな車になるのでしょうか。最新情報をお届けいたします。


今年こそ電気自動車(EV)を買うべきなのだろうか?

今年こそ電気自動車(EV)を買うべきなのだろうか?

日産自動車は1月8日、EVの『リーフ』が世界累計販売台数30万台を達成したことを発表しました。日本国内でも、街中で見かけても違和感がないくらい普及しており、いよいよ次期購入車に電気自動車(EV)が候補に入ってもおかしくない時代になったようです。では、今年こそ電気自動車(EV)を買うべきなのでしょうか?