トップへ戻る

電気自動車(EV)はホンダeで決まり!カワイイ外見・内装をチェック

電気自動車(EV)はホンダeで決まり!カワイイ外見・内装をチェック

ホンダが2019年秋に東京モーターショーにて公開したホンダ初の量産型電気自動車「ホンダe」が2020年の国内発売が予定されています。ホンダが新たに送り出す次世代スモールEV車、ホンダの車にかける思いとホンダらしさの本質がうかがえる一台と言えそうです。本記事ではホンダeの発売前の最新情報をまとめています。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ホンダ初の量産型電気自動車 ホンダeの日本発売はいつ?

ホンダe

ホンダが2019年秋に東京モーターショーにて公開したホンダ初の量産型電気自動車「ホンダe」が2020年の国内発売が予定されています。ホンダが新たに送り出す次世代スモールEV車、ホンダの車にかける思いとホンダらしさの本質がうかがえる一台と言えそうです。本記事ではホンダeの発売前の最新情報をまとめています。

外見や中身にトコトンこだわったホンダeの魅力

ホンダe

ホンダから初となる量産電気自動車のホンダeが登場です。

今まで環境性能に重きが置かれていたEV車。

しかし、ホンダはそんなEVに、遊び心や運転する楽しさ、何より愛嬌のあるスタイルをプラスして見せてくれました。

それがホンダe。ホンダの次世代EVカーです。

モーター

ホンダe

ホンダeの設定グレードは2つ。

最大出力が異なっており、最高出力136psと154psという2種類のパワーユニットが用意されます。

航続可能距離は220キロと遠出するには心もとないですが、後輪駆動の取り回しやすさとEV車のレスポンスが合わさって生まれる運転する楽しさがあります。

2つのグレードとも最大トルクは32.1kg-mあり、最高速度も約8秒で時速100キロに到達する加速性能を持っています。

また、本来であれば充電バッテリーの容量を考え、前輪駆動にして航続距離の延長を図ることが多いEV車ですがホンダeはあえてその取り組みをしていません。

前後の重量配分のバランスを50対50と理想的なバランスに保ち、後輪駆動で取り回しを軽くすることができたのがホンダeが目指したEV車です。

ホンダeのモーターは、最大出力が136psと154psの2種類のチューニングが設定される。どちらも、最大トルクは32.1kgmを引き出す。ホンダeでは、このモーターが後輪を駆動する。前後重量配分は50対50とした。0~100km/h加速は、136ps仕様が9秒、154ps仕様が8.3秒だ。ホンダによると、スポーティでかつレスポンスの高い走りが楽しめるという。最高速は145km/hとした。

内装・外装のデザイン

ホンダe

内装

ホンダe

ホンダeの内装で1番に目がいきつく所は中央に大きく構えたディスプレイでしょう。

車内前面に取り付けられた10インチのディスプレイはインターネットを使ったインフォテインメント・サービスを使用するときに用いられます。

また、一面に広がる画面のレイアウトは、まるで宇宙船のコックピットにいるような感覚が楽しめ、多彩な情報をわかりやすくキャッチできます。

インパネの周りには木目調を一直線に使用することで、温かみあるデザインが感じられます。

センターコンソールはサイドブレーキのレバーもなければシフトレバーもないことで、ボタンのみのシンプルな使いやすいデザインとなっています。

後部座席に目をやるとコンパクトな車だけあって足元はそれほど広くはありません。荷室は容量171ℓとコンパクトにできています。

各シートの仕立ての良さが非常に好印象に感じられ、織の良いシート生地は洋服で使いたくなるような質感で設計されています。

外装

ホンダe

ホンダe外装で目のつく所は丸みを帯びたボディラインにNシリーズでおなじみとなった丸型のヘッドライトです。

リアのコンビネーションランプもフロントに合わせて丸目で愛らしい雰囲気に仕上がっています。どことなく初代シビックを感じさせるホンダeの外見は、ミラーレスでサイドミラーがないのが大きなひとつのポイントと言えます。

ボンネットに設置された充電口はスタイリッシュなデザインを引き立たせています。

ポップアップ式のドアハンドルも魅力の一つで、普段は収納されているドアハンドルですが、運転者がキーを持って近づくとハンドルが飛びだし運転者を迎えてくれます。

スマホが鍵になる!?注目の最新技術

ホンダe

先進装備が多く搭載されているホンダeの中で注目なのが、運転者のスマホと連動した施錠システムです。

コンセプトは「シームレスライフクリエーター」となっていて、ホンダeのピラー部分にはNFCが組み込まれており、アプリでペアリングしたスマホが連動し、ロックの施錠をすることができます。自分が使っているスマホがクルマのスマートキーとして利用することができるので、とても便利なのがポイントとなっています。

このスマートキーの技術は欧州仕様で導入が決まっていたのですが、日本国内仕様では法的な認可が下りていなかったことから導入は未定となっていました。2019年10月に認可が下りることが決まり、今回の国内仕様に導入が決まりました。

新しい技術でいえばもうひとつ、乗り込んだ後ナビゲーションに「OK HONDA!」と声をかけるとナビゲーションが反応し、行きたいところや調べてほしいことなど会話形式で案内を開始してくれます。実際に行きたいレストランなどであれば、音声認識で目的地設定ができるので非常におすすめの技術です。

日本での発売価格は

ホンダe

ドイツではホンダeの標準モデル価格が2万9470ユーロ(約355万円)、上級グレードは3万2471ユーロ(約390万円)で先行予約がおこなわれています。

国内での販売価格は今のところ未定ですが、先行販売している欧州と近い価格であることは間違いないと思われます。

同じEV車ということで比較対象となる日産リーフやエントリーモデルを除けば380万円から410万円ほどで車両本体価格が設定されているため大きな差はありません。

2019年度でいえばリーフを購入すると、国から補助金が40万円支給されています。

このことからホンダeもほぼ同額の補助金を受けられると想定できるため、標準モデルであれば補助金を考慮して350万円ほどの費用で乗れることになります。

最近のクルマ事情を考えていけば、限られた用途に合えば十分に満足できる価格帯ではないのでしょうか。

充電システムで快適な街乗り! ホンダeの航続可能距離は?

ホンダe

ホンダeの航続可能距離は220km、おおよそ180kmごとの充電が必要となります。

バッテリーのみでしか走行できないホンダe、もし充電がなくなると急速充電を利用することにより30分で80パーセントまで充電が可能となっています。

街乗りメインならおすすめ!

最近ではコンビニや大型商業施設に充電設備が多く設置されているため、航続可能距離が220キロ程度あり街乗りであれば困る事はないと言えるでしょう。

実際に、欧州の先行販売で入っている予約者の大半が街乗り前提のシティーコミューターの位置づけとなっています。コンパクトで小回りの利くボディサイズ、レスポンス良くキビキビとした走りのほうが街乗りには必要な要素として評価されていることがうかがえます。

【まとめ】個性たっぷり電気で動くニューモデル、ホンダe

ホンダe

とにかく乗って楽しいクルマのホンダが世に送り出す最初のEV車「ホンダe」。

デザインはつなぎ目がない滑らかなデザインを採用していて、先進装備のミラーレスサイドミラーや収納式ドアハンドル、内装も運転席前面が宇宙船のコックピットのようなインパネ周りを実現しています。

EVカーを探している方はもちろん、愛嬌のあるカワイイコンパクトカーが欲しいという方にもおすすめしたい一台です。

関連する投稿


ホンダ フィットを徹底解説!新車・中古車価格、ライバル車は?

ホンダ フィットを徹底解説!新車・中古車価格、ライバル車は?

ホンダが製造・発売するホンダ フィットは、一番の特徴として視界の広さが挙げられます。モデルチェンジされ、大きくデザインも構造も変わったフィットは心地よく、「人の動作や気持ちに応える」をコンセプトに生まれ変わりました。今回は新型フィットについて解説していきます。


ミニバン人気・おすすめランキング!売上トップ10

ミニバン人気・おすすめランキング!売上トップ10

クルマのボディタイプでも1、2を争う人気のミニバン。ファミリーに人気のタイプから高級志向のミニバンまで幅広いタイプのミニバンが存在します。この記事ではどんなミニバンが人気なのか、自販連が発表している月別統計データをもとに、ミニバン販売台数トップ10を紹介します。どのミニバンが人気で売れたのか?ランキング形式で見ていきます!


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車 最新情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車 最新情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


N-BOXだけじゃない!最新ハイトールワゴン5選!

N-BOXだけじゃない!最新ハイトールワゴン5選!

N-BOXに代表される軽ハイトールワゴンは、優れたパッケージングによる室内の広さと使い勝手の良さから多くの人に選ばれています。そこで、この最も愛されている軽ハイトールワゴン5車種を、室内の広さと使い勝手を中心にご紹介します


ホンダ N-VANってどんな車?車中泊にはおすすめ?

ホンダ N-VANってどんな車?車中泊にはおすすめ?

ホンダのN-VAN。軽自動車なのに、なんと車中泊としても使い勝手がいいと人気です。車中泊と言えばどうしても少し大きめの車を思い浮かべてしまう…という方に、本記事ではN-VANについてまとめています。


最新の投稿


【激レア車】トヨタ・マークX GRMN|再販はある?中古車情報も

【激レア車】トヨタ・マークX GRMN|再販はある?中古車情報も

2019年に惜しまれつつ生産終了を迎えたセダンのトヨタ・マークXですが、その中で特に目を引くモデルがあります。総生産台数450台のトヨタ・マークX GRMNです。今回はこの特別なマークXについて紹介します。


スバル 新型BRZはどこが進化した?その性能を徹底解説

スバル 新型BRZはどこが進化した?その性能を徹底解説

スバルとトヨタが共同開発した、いまや日本では貴重な本格的なスポーツカー、スバルBRZ。発売から8年が経過し、現行型の生産は既に終了しています。しかし、先日、新型BRZの情報がワールドプレミアされました!新型BRZ、現行型と何が変わったのかを確認していきましょう。


室内広々コンパクトカー3選!荷物満載でも余裕なコンパクトはどれ?

室内広々コンパクトカー3選!荷物満載でも余裕なコンパクトはどれ?

たまにしかないものの、荷物をたくさん運びたい時は3列シートのミニバンなどの大きな車だと便利がいいですよね。しかし、普段の取り回しやすさでは2列シートのコンパクトカーが光ります。そこで、2列シートのコンパクトカーながら室内の余裕がたっぷりという、欲張りな普通車を3台ピックアップしてみました。車選びの参考にしてみてくださいね。


平成の隠れた名車17選!中古車情報も!

平成の隠れた名車17選!中古車情報も!

自動車業界が100年に一度の大変革期を迎えようとしている令和ですが、平成には多くの名車が誕生しました。そこで、平成に誕生し令和を迎えることなく姿を消した個性ある名車を思い出してもらうことにしました。あなたの知らない車があるかもしれないし、中古車で買える車種もありますよ!


【スバル XV大幅改良】新デザイン登場!価格や口コミ・評価も!

【スバル XV大幅改良】新デザイン登場!価格や口コミ・評価も!

スバル XVが2020年10月8日にマイナーチェンジし発売されました。デザインも刷新されましたが、どの部分が変わっているのでしょうか。 大幅改良されたXVの最新情報をまとめて解説していきます。