目次へ戻る

【今さら聞けない】EV車!EV車をまとめて紹介!!

【今さら聞けない】EV車!EV車をまとめて紹介!!

ニュースや新聞で一度は耳にしたことがあるであろう「EV」。これらが何なのか、あなたは説明できますか?今回はそんな知っているようで知らないEVについて解説します!


車のテクノロジーは日々進化している

テクノロジーは日々進化しています。

それはもちろん車の世界でも同じこと。

最近ではよく耳にするようになったEV。

ですが、EVって何なの?と聞かれた時に、あなたは正しく説明することはできますか?

今回は改めてEVとは何か、そして今発売されているEVについて迫っていきたいと思います。

そもそもEVとは


EVとはElectric Vehicleの略称で、日本語に直訳すると電動輸送機器のことです。

EV=電気自動車だと思っている方も多いかと思いますが、厳密にいえば電気自動車はElectric carなのでECです。

ただ、一般的にはEVが電気自動車を意味していることが多いようです。

あなたは全部知ってる?日本で今購入できるEV車一覧

■日産 リーフ

日産 リーフ

≪リーフ推しポイント≫
やわらか系の見た目と裏腹に、その姿に似合わぬ走りの良さがすばらしい

≪リーフの推せないポイント≫
走行音が静かで、むしろ静かすぎること

日産のEV リーフ新型激写!初公開は東京モーターショー2017か!?

http://matome.response.jp/articles/677

【2017年6月28日更新】2010年発売以来、電気自動車として第一線を走り続ける日産のリーフ。 満を持して新型が発売されると話題になっています。今回は新型リーフの公開されている情報をまとめてみました。

■日産 e-NV200 (イーエヌブイニイマルマル)

日産 e-NV200

『e-NV200』はガソリン車の『NV200』をベースに、『リーフ』用の電気モーターやリチウムイオン電池を搭載して作られた電気自動車。

乗用車のワゴン、商用車のライトバンがあります。

こちらが日産 NV200バネット バン

≪e-NV200の推しポイント≫
電気自動車らしく、走りの元気の良さがある
静かな走りで、乗り心地も快適

≪e-NV200の推せないポイント≫
商用車ベースのクルマなのでインテリア回りが安っぽい

もっとe-NV200について詳しく知りたい方はこちら

■三菱 i-MiEV (アイミーブ)

リーマンショック前の資源高騰をきっかけに、次世代エコカーとして一気に注目を集めたEV(電気自動車)。

その中でも2010年、世界の先陣を切って一般販売にこぎつけたのが、この『i-MiEV(アイミーブ)』です。

≪i-MiEVの推しポイント≫
速がだけでない、ドライバーを楽しませるような速さの演出を狙ったと考えられるパワーチューニングがされている
エクステリアにEV感を強く感じる

≪i-MiEVの推せないポイント≫
少し荷台が狭い

■三菱 ミニキャブMiEV (ミーブ)

三菱 ミニキャブMiEV

≪ミニキャブMiEVの推しポイント≫
電気自動車としては唯一の軽トラックを発売している
ミニキャブMiEVトラックなら、充電時間は200Vの普通充電で4.5時間、100Vの普通充電で14時間。急速充電(80%)なら15分で完了する

≪ミニキャブMiEVの推せないポイント≫
居住性がいまひとつ

三菱 ミニキャブMiEV 軽トラック

■テスラモーターズ ロードスター/モデルS/モデルX/モデル3

テスラモーターズは、アメリカで、バッテリー式電気自動車と電気自動車関連商品を開発・製造・販売している自動車会社のこと。

様々なEVを手掛けており、現行でロードスター、モデルS、モデルX、モデル3が販売されている。

テスラ ロードスター

テスラ モデルS

テスラ モデルX

テスラモーターズジャパンのニコラ・ヴィレジェ社長は9月12日、電気自動車SUV『モデルX』の発表会で、「車内が世界一クリーンなSUVで、車内を手術室と同じくらいのきれいな空気で満たすことができる」と同車の特徴の一つを説明した。

テスラ モデル3

米国のEVメーカー、テスラモーターズは1月3日、2016年第4四半期(10~12月)および2016年通年の新車販売(納車)台数を公表した。

テスラモーターズは従来、販売実績を公表していなかった。2015年4月、初めて販売実績を発表。これは、同社の新方針に沿うもので、今回は8度目の販売実績のアナウンスとなる。

同社の発表によると、2016年第4四半期の販売(納車)台数は、およそ2万2200台。その多くが『モデルS』で、およそ1万2700台。新型クロスオーバー車、『モデルX』はおよそ9500台。

また、第4四半期の生産台数は、2万4882台。2016年通年では、8万3922台を生産。前年比は64%増と、大きく伸びた。


年々、EV人気は高まっていますし、近いうちに日産リーフ新型も発売される予定です。
次購入する一台を決めあぐねているなら、EVも、候補に入れてみては?

関連する投稿


【9月4日発表】メルセデス新型EQC 最新情報 日本発売・スペックは

【9月4日発表】メルセデス新型EQC 最新情報 日本発売・スペックは

2016年のパリモーターショーにて、発表された、メルセデスベンツの次世代EVコンセプト。それが「EQ」です。この新EVブランドEQ、そして最初のコンセプトカー・EQCについて最新情報をまとめています。


新型「3シリーズEV」はテスラ超え?航続距離550kmモデルも

新型「3シリーズEV」はテスラ超え?航続距離550kmモデルも

BMWの主力商品であるBMW「3シリーズ」ですが、新型「3シリーズ」のEVモデルの航続距離は500km以上と予想され、テスラを超えるかもしれません。欧州市場においてはメルセデス・ベンツCクラスと人気を2分する存在であるBMW 3シリーズ。そんなBMW「3シリーズ」のEVモデルに関する最新情報をご紹介します。


航続距離は700km? 8月発表、新EVブランド「Gyon」

航続距離は700km? 8月発表、新EVブランド「Gyon」

中国の新興EVメーカーのSitech(新特汽車)は、新EVブランド「Gyon」を立ち上げました。8月には「Gyon」最初のEVがカリフォルニア州ロサンゼルスで発表される予定です。本記事では最新のEVについてご紹介します。


日産 スポーティEV リーフNISMO発売!NISMOは7車種目

日産 スポーティEV リーフNISMO発売!NISMOは7車種目

日産自動車は、高性能スポーツブランド「NISMOロードカー」の第7弾となる日産『リーフNISMO』(Nissan Leaf NISMO)を7月31日より発売すると発表しました。今回のリーフでNISMOロードカーは7車種目になります。リーフNISMOはいったいどんな仕上がりになっているのでしょうか。


これがBMWの最新EV!BMW「i4」市販モデル 航続距離はなんと700km!?

これがBMWの最新EV!BMW「i4」市販モデル 航続距離はなんと700km!?

BMWが2017年のフランクフルトモーターショーで公開した4ドアEVサルーン『i Vision Dynamics Concept』。この市販モデルを予想するレンダリングCGをスクープ班が入手しました。それによれば、BMWブランドのiデザインとは大きく変わっていることが判明しました。


最新の投稿


【スクープ!】ランボルギーニがアウディからポルシェ傘下に!

【スクープ!】ランボルギーニがアウディからポルシェ傘下に!

アウディ傘下となっているランボルギーニ。2019年1月から、ポルシェ傘下へ入ることが確定したと、米Automobile Magazineが報じています。


【パリモーターショー2018】BMW X5新型と M5コンペティション発表!

【パリモーターショー2018】BMW X5新型と M5コンペティション発表!

BMWグループは、フランスで10月に開催されるパリモーターショー2018(Paris Motor Show)の出展内容を発表しています。それによれば新型『X5』(BMW X5)と『M5コンペティション』(BMW M5 Competition)がワールドプレミアされるとのことです。


【パリモーターショー2018】トヨタ ヤリス(ヴィッツ)2019年モデル初公開

【パリモーターショー2018】トヨタ ヤリス(ヴィッツ)2019年モデル初公開

トヨタヨーロッパは、ヤリス(日本名:ヴィッツ)の2019年モデルをパリモーターショー2018にて初公開することを発表しています。


日産のスーパーカー!GT-Rのスペック 価格 燃費 まとめ

日産のスーパーカー!GT-Rのスペック 価格 燃費 まとめ

日産が誇る、スーパースポーツ、GT-R。ファンも多いこの車。あのプロテニスプレーヤーの大坂なおみ選手も日産車の中ではGT-Rがお好きなんだとか。そんなGT-R、みなさんはどれだけ知っていますか?本記事ではGT-Rのスペック、燃費、価格他気になる情報をまとめています。


フェラーリが経営計画発表!ハイブリッド車とSUV「Purosangue」を導入か

フェラーリが経営計画発表!ハイブリッド車とSUV「Purosangue」を導入か

フェラーリは9月18日に投資家向けに開いた説明会「Capital Markets Day」において2022年までにハイブリッド車をラインナップの6割に導入すること、SUV「Purosangue」を導入する予定であることを示唆しました。本記事ではこの度発表されたフェラーリの経営計画についてご紹介します。