目次へ戻る

【今さら聞けない】EV車!EV車をまとめて紹介!!

【今さら聞けない】EV車!EV車をまとめて紹介!!

ニュースや新聞で一度は耳にしたことがあるであろう「EV」。これらが何なのか、あなたは説明できますか?今回はそんな知っているようで知らないEVについて解説します!


車のテクノロジーは日々進化している

テクノロジーは日々進化しています。

それはもちろん車の世界でも同じこと。

最近ではよく耳にするようになったEV。

ですが、EVって何なの?と聞かれた時に、あなたは正しく説明することはできますか?

今回は改めてEVとは何か、そして今発売されているEVについて迫っていきたいと思います。

そもそもEVとは


EVとはElectric Vehicleの略称で、日本語に直訳すると電動輸送機器のことです。

EV=電気自動車だと思っている方も多いかと思いますが、厳密にいえば電気自動車はElectric carなのでECです。

ただ、一般的にはEVが電気自動車を意味していることが多いようです。

あなたは全部知ってる?日本で今購入できるEV車一覧

■日産 リーフ

日産 リーフ

≪リーフ推しポイント≫
やわらか系の見た目と裏腹に、その姿に似合わぬ走りの良さがすばらしい

≪リーフの推せないポイント≫
走行音が静かで、むしろ静かすぎること

日産のEV リーフ新型激写!初公開は東京モーターショー2017か!?

http://matome.response.jp/articles/677

【2017年6月28日更新】2010年発売以来、電気自動車として第一線を走り続ける日産のリーフ。 満を持して新型が発売されると話題になっています。今回は新型リーフの公開されている情報をまとめてみました。

■日産 e-NV200 (イーエヌブイニイマルマル)

日産 e-NV200

『e-NV200』はガソリン車の『NV200』をベースに、『リーフ』用の電気モーターやリチウムイオン電池を搭載して作られた電気自動車。

乗用車のワゴン、商用車のライトバンがあります。

こちらが日産 NV200バネット バン

≪e-NV200の推しポイント≫
電気自動車らしく、走りの元気の良さがある
静かな走りで、乗り心地も快適

≪e-NV200の推せないポイント≫
商用車ベースのクルマなのでインテリア回りが安っぽい

もっとe-NV200について詳しく知りたい方はこちら

■三菱 i-MiEV (アイミーブ)

リーマンショック前の資源高騰をきっかけに、次世代エコカーとして一気に注目を集めたEV(電気自動車)。

その中でも2010年、世界の先陣を切って一般販売にこぎつけたのが、この『i-MiEV(アイミーブ)』です。

≪i-MiEVの推しポイント≫
速がだけでない、ドライバーを楽しませるような速さの演出を狙ったと考えられるパワーチューニングがされている
エクステリアにEV感を強く感じる

≪i-MiEVの推せないポイント≫
少し荷台が狭い

■三菱 ミニキャブMiEV (ミーブ)

三菱 ミニキャブMiEV

≪ミニキャブMiEVの推しポイント≫
電気自動車としては唯一の軽トラックを発売している
ミニキャブMiEVトラックなら、充電時間は200Vの普通充電で4.5時間、100Vの普通充電で14時間。急速充電(80%)なら15分で完了する

≪ミニキャブMiEVの推せないポイント≫
居住性がいまひとつ

三菱 ミニキャブMiEV 軽トラック

■テスラモーターズ ロードスター/モデルS/モデルX/モデル3

テスラモーターズは、アメリカで、バッテリー式電気自動車と電気自動車関連商品を開発・製造・販売している自動車会社のこと。

様々なEVを手掛けており、現行でロードスター、モデルS、モデルX、モデル3が販売されている。

テスラ ロードスター

テスラ モデルS

テスラ モデルX

テスラモーターズジャパンのニコラ・ヴィレジェ社長は9月12日、電気自動車SUV『モデルX』の発表会で、「車内が世界一クリーンなSUVで、車内を手術室と同じくらいのきれいな空気で満たすことができる」と同車の特徴の一つを説明した。

テスラ モデル3

米国のEVメーカー、テスラモーターズは1月3日、2016年第4四半期(10~12月)および2016年通年の新車販売(納車)台数を公表した。

テスラモーターズは従来、販売実績を公表していなかった。2015年4月、初めて販売実績を発表。これは、同社の新方針に沿うもので、今回は8度目の販売実績のアナウンスとなる。

同社の発表によると、2016年第4四半期の販売(納車)台数は、およそ2万2200台。その多くが『モデルS』で、およそ1万2700台。新型クロスオーバー車、『モデルX』はおよそ9500台。

また、第4四半期の生産台数は、2万4882台。2016年通年では、8万3922台を生産。前年比は64%増と、大きく伸びた。


年々、EV人気は高まっていますし、近いうちに日産リーフ新型も発売される予定です。
次購入する一台を決めあぐねているなら、EVも、候補に入れてみては?

関連する投稿


BMW元副社長創業の「BYTON」よりレベル4自動運転コンセプトが発表!

BMW元副社長創業の「BYTON」よりレベル4自動運転コンセプトが発表!

BMWグループ元副社長が創業した、中国の新興EVメーカー「BYTON」から自動運転レベル4のコンセプトカー「K-byteConcept」が発表されました。本記事では、BYTON社と、今回発表された「K-byteConcept」についてご紹介します。


小型ロケットを装備!?テスラロードスター新型 スペースXがスゴイ

小型ロケットを装備!?テスラロードスター新型 スペースXがスゴイ

2008年に発売され、以来初のフルモデルチェンジとなるテスラロードスター。2世代目が間もなく登場予定です。そんな中、テスラのCEOであるイーロン・マスク氏は、新型ロードスターに「スペースX」パッケージを設定すると発表。さらに、驚くべきはこのパッケージ、小型ロケット装備だとか!?


【最新情報】テスラのSUV!モデルYのティザー公開!

【最新情報】テスラのSUV!モデルYのティザー公開!

米国のEVメーカー、テスラは6月5日、米国カリフォルニア州において、年次株主総会を開催し、新型EV『モデルY』のティザーイメージを公開しました。まだまだベールに包まれているモデルY。最新情報をお届けいたします。


テスラ モデルS のワゴンボディ!シューティングブレークを限定20台販売!

テスラ モデルS のワゴンボディ!シューティングブレークを限定20台販売!

米テスラのフラッグシックの「モデルS」のワゴンモデル、シューティングブレークが20台限定で生産されるそうです。ベースとなる「テスラ モデルS」も含めてまとめてみました。


EV祭りだ!北京モーターショー国産車編

EV祭りだ!北京モーターショー国産車編

5月4日まで開催される北京モーターショー2018において、世界最大の自動車市場である中国のEV政策に対応するために、世界中のメーカーが多くのEVやPHVを出展しています。そして日本のメーカーも同様に数々のモデルを投入しています。ではどんなモデルがあったのか見てみましょう。


最新の投稿


【欧州7月発売】三菱パジェロスポーツ新型!

【欧州7月発売】三菱パジェロスポーツ新型!

三菱自動車は6月19日、欧州で新型『ショーグンスポーツ』(グローバル名:新型『パジェロスポーツ』)を発表しました。7月に販売を開始する予定です。海外専売車種のパジェロスポーツ新型、最新情報をまとめています。


発売!メルセデスベンツのSクラスクーペ/カブリオレ 新型!1508万円から

発売!メルセデスベンツのSクラスクーペ/カブリオレ 新型!1508万円から

メルセデス・ベンツ日本は、新型『Sクラスクーペ』および『Sクラスカブリオレ』を発表、6月20日より販売を開始しました。新型メルセデスベンツSクラス、いったいどのような姿に変身したのでしょうか。


フィアット500Xがビッグマイチェン!!発表は2018年内か?

フィアット500Xがビッグマイチェン!!発表は2018年内か?

フィアット500Xをのコンパクト・クロスオーバーSUV『500X』改良新型プロトタイプを激写しました。MINI『クロスオーバー』に対抗すべく、フロントマスクを刷新する模様です。


スバル 新型フォレスター発売は7月19日より!HVモデル初登場!MT&ターボはある?

スバル 新型フォレスター発売は7月19日より!HVモデル初登場!MT&ターボはある?

スバルラインアップの中でも人気の高いSUV・フォレスターがフルモデルチェンジを経て2018年夏~秋ごろ発売されます。本記事ではフォレスター新型の最新情報をお届けいたします。スペック・ボディサイズ・変更点・ハイブリッド仕様・MT、ターボ設定の有無・新車価格予想・発売日他。


20日発表!ボルボの新型S60 ワールドプレミア!最新情報

20日発表!ボルボの新型S60 ワールドプレミア!最新情報

ボルボカーズは6月14日、新型ボルボ『S60』を6月20日、ワールドプレミアすると発表しました。ライブストリーミングも予定しているとのこと。S60は3代目モデル。いったいどんな進化を遂げているのでしょうか。新しいS60に注目が集まっています。