目次へ戻る

日産の電気自動車 リーフ 中古価格まとめ

日産の電気自動車 リーフ 中古価格まとめ

日産の人気電気自動車「リーフ」の特徴をはじめ、航続距離や充電時間、その他中古価格や相場などをまとめましたので、ご購入をお考えの方はぜひ参考にしてください。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


日産 リーフとは

日産 リーフ

日産 リーフ

日産の「リーフ」は2010年から発売されている5ドアハッチバックタイプのEV(電気自動車)で、国内だけではなく、アメリカやヨーロッパなどでも発売されており高い評価を受けています。

2017年には2代目リーフが発売され、また、大容量バッテリーモデルであるリーフe+も発表・発売されました。

日産 リーフ 中古車 モデル別中古車相場・中古価格

初代リーフ ZE0型 2010年12月〜2017年9月

日産 リーフ

日産 リーフ

初代「リーフ」の充電時間は、200ボルトの普通充電の場合、バッテリー容量100%まで約8時間、急速充電の場合は容量80%までを約30分で充電できます。

電気モーターを搭載することにより、フロント部の体積を小さくされたフロント両サイドを大きくカットしてボンネットをV字型とし、フロントウインドウ下部のラインもそれに合わせ大きく弧を描くデザインとなっています。

また乗車前・乗車後にも携帯電話やパソコンなどからバッテリー状態の管理や、充電およびエアコンの遠隔操作を行うことができるEV専用情報通信システムが導入されるなど、最新のデバイスも装備されていて快適に乗ることができるようになっています。

                   
日産 リーフ ZE0型 2010年12月~2017年9月の中古車情報
平均価格約94万円
中古価格帯約25万円~250万円
※車情報サイトレスポンス 中古車情報調べ(2019年10月現在)

現行モデル 2代目リーフ ZE1型 2017年10月〜

日産 リーフ2代目

日産 リーフ2代目

「リーフ」の2代目モデルは、62kWhと40kWhの二つのバッテリーバリエーションがあります。また、62kWhバッテリー搭載車は、航続距離を大幅に延長していることから、より遠くまで行けるようになり、さらに日常使いしやすくなりました。

■40kWh
一充電走行距離:322km(WLTCモード)
一充電走行距離:400km(JC08モード)
急速充電時間:約40分

■62kWh
一充電走行距離:458km(WLTCモード)
一充電走行距離:570km(JC08モード)
急速充電時間:約60分


日産:リーフ [ LEAF ] | 航続距離・充電 | 航続距離・バッテリー

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/leaf/charge/battery.html

日産リーフ【LEAF】の公式サイト。40kWhバッテリー搭載車と62kWhのバッテリー搭載車の走行性能と航続距離、リチウムイオンバッテリーンの保証についてご覧いただけます。

そして高速道路単一車線での自動運転技術「プロパイロット」に加えて、ステアリング、アクセル、ブレーキ、シフトチェンジ、パーキングブレーキのすべてを自動制御する「プロパイロット・パーキング」が採用され、車庫入れや縦列駐車などが、簡単かつ安全に行うことができるようになりました。

また、「e-パワートレイン」が新たに採用されたことで最高出力160kW、最大トルク340N・mとなり、加速や最高速度の向上も実現しています。

                   
日産 リーフ ZE1型 2017年10月~の中古車情報
平均価格約244万円
中古価格帯約190万円~429万円
※車情報サイトレスポンス 中古車情報調べ(2019年10月現在)

まとめ

日産 リーフ

日産 リーフ

現行モデルのリーフは航続距離が伸びたほか、環境にもやさしいということもあり、人気の高い車です。

電気自動車デビューするなら、リーフはおすすめしたい一台です。

関連する投稿


日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

現在ではあまり見られない鼻先がしっかり長いトールコンパクトが日産 キューブです。惜しまれつつも2019年末で生産中止となり、3代続いた歴史は途絶えてしまっていますが、人気車だっただけに中古車も選びやすいです。読んだ後は中古車市場でキューブを探したくなること間違いなし、歴代キューブの魅力をご紹介していきます。


日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

トヨタのヤリスクロス投入などで現在も人気が爆発しているコンパクトSUVクラスに、日産からはジュークが参戦していました。その独特なスタイリングとSUVながら重視された操縦安定性をはじめとする運動性能は高い人気を得ていたのに、なぜ初代だけでブランド終了となってしまったのでしょうか? ジュークの魅力をご紹介しつつ、真相に迫りたいと思います。


日産 マーチをおすすめする5つの理由!中古車価格、海外新型情報も

日産 マーチをおすすめする5つの理由!中古車価格、海外新型情報も

コンパクトカーってどれがいいのかよくわからない、全部いい車なら結局どれを選べばいいの?とお思いのあなた。マーチには、ライバル多数のコンパクトカー市場において、積極的におすすめしたい理由がたくさんあるのです。この記事を読めばマーチが気になってくること間違いなし。詳しく見ていきましょう。


日産 リーフを普段使いってどうなの?最先端電気自動車の真実!

日産 リーフを普段使いってどうなの?最先端電気自動車の真実!

日本で、世界で、量販EVのパイオニアとしての45万台以上の販売台数実績を誇る日産の電気自動車「リーフ」。現在では2代目が販売されており、街中で見かける頻度も高まってきていますよね。でも電気自動車って、普段の使い勝手はどうなの?と気になっているあなた。実は電気自動車は毎日の運転が楽しくなる特徴に溢れているのです。詳しくご紹介します。


【日産 セレナ】スペック、中古車情報、その実力を徹底紹介

【日産 セレナ】スペック、中古車情報、その実力を徹底紹介

ライバル多数のミドルサイズミニバンクラスで一際輝いているのが日産 セレナ。2018年と2019年の2年連続販売台数No.1を獲得するなど、人気の高さは一体どこから来るのでしょうか。セレナという名前は有名ですが、もちろん車自体に魅力がいっぱいだからこそ売れているのです。今をときめく最新ミニバン、セレナの魅力をお伝えしていきます。


最新の投稿


【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

ホンダをホンダたらしめるものとは、一体何でしょう? 人によって答えは異なると思いますが、誰もが認める80〜90年代の素晴らしいホンダらしさを最も色濃く備えていた車の1台こそ、歴代のCR-Xではないでしょうか。軽量FFボディと高回転までガンガン回るスポーツエンジンの組み合わせに、ホンダらしい独自発想の問題解決法の数々。詳しく見ていきましょう。


日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

現在ではあまり見られない鼻先がしっかり長いトールコンパクトが日産 キューブです。惜しまれつつも2019年末で生産中止となり、3代続いた歴史は途絶えてしまっていますが、人気車だっただけに中古車も選びやすいです。読んだ後は中古車市場でキューブを探したくなること間違いなし、歴代キューブの魅力をご紹介していきます。


トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

若い方には馴染みがないかもしれませんが、一定以上の年齢の方は「ソアラ」という車名にはえも言われぬ上級感を感じられる方も多いのでは。トヨタ随一のラグジュアリークーペであるソアラは、先進装備を満載し、すでに兆しの見えていた国産自動車の飛躍を先回りして実現した名車でした。詳しく振り返っていきましょう。


【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

トヨタ セルシオ/レクサス LSは、レクサスブランドを世界レベルまで押し上げた張本人であり、欧米で確立されたブランド力を持つ高級車メーカーを震撼させたと言います。今回は、世界が驚いた日本の高級車、セルシオについて見ていきましょう。


日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

トヨタのヤリスクロス投入などで現在も人気が爆発しているコンパクトSUVクラスに、日産からはジュークが参戦していました。その独特なスタイリングとSUVながら重視された操縦安定性をはじめとする運動性能は高い人気を得ていたのに、なぜ初代だけでブランド終了となってしまったのでしょうか? ジュークの魅力をご紹介しつつ、真相に迫りたいと思います。