トップへ戻る

レクサス HS 車内空間 燃費 価格 詳細情報一覧!

レクサス HS 車内空間 燃費 価格 詳細情報一覧!

レクサスHSは、快適性能と車内空間を充実させた中型セダンです。駆動部に2.4L直4アトキンソンサイクルを採用した2モーター式ハイブリッドで、統合出力は190馬力に達するなど、燃費効率と走行性能を両立させています。また価格や安全性能についてご紹介しますので、クルマ選びの参考にしてみてください。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


HS 快適性能・車内空間

概要・特徴

レクサスHSは、中型セダンで初めてのハイブリッド専用車として発表されており、これはプリウスに次ぐ2車種目です。

欧州戦略車トヨタ『アヴェンシス』の車体シャーシをベースに、レクサス基準を満たす性能や空間を実現しました。

特筆すべきはその燃費性能です。

45kmの勾配あるワインディングロードの往復では、1Lあたり約18km走行するなど、300馬力を超えるクラウンハイブリッドを大きく上回る高い燃費効率を示しており、ハイブリッド専用モデルらしい強みを備えています。

デザイン・ボディーカラー

レクサスHSは、取り回しやすいサイズと空間により乗員の心地よさを確保し、エアロダイナミックによりエネルギーの消費を抑えることで、地球と人との調和を示します。

フロントデザインには、レクサスのシンボルとなったスピンドルグリルを採用、伸びやかなキャビンのプロモーションとを協調させることで、先鋭・精妙の美を意味するL-finesse(エル・フィネス)を目指しました。

ブラック、レッドマイカクリスタルシャイン、プラチナムシルバーメタリック、ムーンライトオパールクリスタルシャインなど、ボディ全10色のカラーバリエーションがあります。

静粛性・シート

レクサスHSは、贅沢な内装が魅力です。

シートマテリアルにはセミアニリン本革を採用しました。本革は化学処理することが多くなっていますが、セミアリニンレザーは、なめしに手間をかけることで化学薬品による表面処理を減らしています。

手間を掛けることで本革の持つ風合いがよくなり、手触り感も滑らかで、座り心地もしっとりし、表面加工をほとんどしないアリニンレザーと比較すると、メンテナンス性能も良くなりました。

ドアトリムマテリアルやフロントパネルをぐるりと囲むように贅沢に使われた合成皮革のL texは、上質な手触り感もよく、滑りにくい特徴があります。

インテリア

レクサスHSのエクステリアからは力強さを感じられますが、インテリアには落ち着きと洗練さを感じられるエクリュ、ブラック&ガーネットカラーから選べます。

オーナメントパネルの素材に天然素材バンブーを採用、環境負荷の抑制をはかるとともに匠の手による縞杢(しまもく)模様が施されていて、見るものに安らぎを感じさせる工夫が施されています。これは地球と人との調和を示すレクサスHSらしい取り組みといえるでしょう。

インテリアや内装に吸音材・遮音材を施したことで静粛性能を大きく向上させており、優れた快適性能と贅沢な車内空間が魅力になっています。

HS 燃費・走行性能

走行モード

レクサスHSでは、ドライバーの気分に合わせて走行モードを選べます。

モードを切り替えるには、ドライバーズシートの近くにあるスイッチにより切り替え可能です。

EV MODEでは、モーターのみで走行を行うモードで、静かに走りたい時やガレージ内などで排出ガスを抑えたい時に便利です。ECO MODEでは、ハイブリッドシステムと空調を燃費優先の制御に切り替えます。一般的にはこのモードで走ることになります。よりスポーティーに走りたい時に活用できるのが、SPORT MODEです。軽いアクセルワークで力強い加速が得られます。

燃費性能

レクサスHSでは、ハイブリッド技術を活かすことで環境問題に積極的な取り組みをおこなっています。燃費低減やCO2排出量を低減することはもちろんですが、生産・使用・廃棄に至るまでトータルで環境性能を評価する「Eco-Vehicle Assessment System」を活用しています。

レクサスHSは、窓ガラスにIRカットガラスを採用することで、夏場の暑い日差しをカットし、エアコンの負荷を低減することでも燃費の向上を図っています。

このようにして実現された燃費性能は、JC08モードにて20.6Km/Lというという低燃費を実現しています。

試乗記

レクサスブランドとして初めてのハイブリッド車となるレクサスHSには、ひと目見てハイブリッド車である先進的なデザインが求められていました。その点、アメリカ仕様の『カムリハイブリッド』のノウハウを移植したレクサスHSは、ハイブリットらしい力強さを感じられるデザインであると評価されています。

レクサスHSに採用されているタイヤは、17インチと18インチのラインナップがあり、足回りも標準仕様とスポーティーな固めのチューンを施した仕様が選べますが、どのモデルでも、乗り心地は良く、スポーティーな固めのセッティングでも乗り心地の良さとハンドリングの良さを両立しているそうです。

エンジンシステム

走る喜びを損なうことなくハイブリット車を実現したレクサスHSは、パワーユニットとして、2.4Lアトキンソンサイクルエンジンが採用されています。このエンジンは、吸入空気量を抑え、大きく膨脹させ効率よくパワーを生み出します。

モーターの動力とエンジンの動力を最適な効率にて組み合わせ排気量以上の高いパフォーマンスを実現し、静粛性と鋭い加速性能を両立させました。

この優れたエンジンの動力を駆動系に伝えるために、無段変速機を採用することで、大幅な燃費向上にも役立っています。

HS 装備・安全性

レクサスHSは、レクサスブランドとして販売されている車の中で、初めてのハイブリッド車として販売された車です。高級感のあるレクサスのハイブリッド車に興味のある人も多いのではないでしょうか。レクサスHSの装備や安全性についてご紹介します。

予防安全性能

レクサスHSには、プリクラッシュセーフティシステムが搭載されていて、フロントにはミリ波レーダーを搭載し、先行する車両や障害物などに衝突の可能性が高いと判断された場合には、警報ブザーにてドライバーに注意を促すとともに、ブレーキを踏んだ時にプリクラッシュブレーキアシストが作動して、ブレーキの制動力を高め衝突を回避してくれます。

また、このシステムではステアリングコラムに搭載されたカメラでドライバーを監視し、ドライバーのよそ見や居眠りなどを検知しブザーにて警告を発してくれます。

DSSSも搭載されているため、一時停止や赤信号の見落としを検知してドライバーに注意喚起を促してくれます。

衝突安全性能

レクサスHSには、自車よりも重い車両などとの衝突にも配慮した、衝撃吸収ボディが採用されています。2トンクラスの車両との衝突を想定して、前面や側面、後面などからの衝突試験を繰り返し、安全性の高いボディの開発に成功しました。また、ボディの前方を衝撃吸収構造とすることで、車と歩行者が衝突した際に、歩行者の頭部や脚部への衝撃を緩和する歩行者傷害軽減ボディとなっています。

Airbagsについては、前面・側面・後面などあらゆる方向に合計10個のSRSエアバッグシステムを搭載することで、あらゆる方向からの衝突に対してドライバーや同乗者を守ってくれます。

標準装備

レクサスHSに標準にて搭載されている装備の中には、撥水機能付スーパーUV・IRカットガラスがあります。このガラスは、紫外線を99%カットする効果と赤外線を効率よくカットする効果がありドライバーを日焼けから守ってくれると同時に、エアコンの消費電力を抑えてくれます。

さらには、イオン発生数が約20倍の高濃度タイプのプラズマクラスターを搭載することで、爽やかな車内空間が維持されます。

センターコンソールには、USB端子を設置し小物入れを追加することで、スマートフォンなどを充電しながら収容可能です。

バリエーション・価格

レクサスHSには、version Lとversion I、version Cのグレード3つに加えて、特別仕様車の"Harmonious Style Edition"のグレードが用意されています。

特別仕様車の"Harmonious Style Edition"は、フロントグリルがシルバーメタリック塗装が施され、リアにはメッキリアガーニッシュが採用されていて、スタイリッシュなデザインとなっています。インテリアカラーは「ブラック&ブルー」と「アイボリー&ベージュ」から選べます。その価格は、4,500,000円となっています。

関連する投稿


セダンとはどんな車のこと?他の車種と徹底比較

セダンとはどんな車のこと?他の車種と徹底比較

車と言って真っ先に想像する形はいわゆる「セダン」の形ではないでしょうか。ですが、セダンとはどんな車か説明することは難しいと思います。そこで、今回はそんなセダンの特徴と魅力について解説します。


歴史に名を残す名車 アコード|その歴代モデルから最新モデルまで

歴史に名を残す名車 アコード|その歴代モデルから最新モデルまで

ホンダを代表するセダンであるアコードは、世界120以上の国や地域で販売され、累計2,000万台以上を販売してきた名車です。時代のニーズをとらえながら、支持を集めてきました。今回は、その歴代モデルから、最新モデルまで紹介します。


トヨタのセダン一覧!全8車種の特徴や評価、購入の比較材料を徹底解説

トヨタのセダン一覧!全8車種の特徴や評価、購入の比較材料を徹底解説

日本を代表する自動車メーカーであるトヨタは、車のジャンルも幅広く展開しており、自分の好みに合った1台を見つけることができます。もちろんセダンの車種も豊富に取り揃えているので、コンパクトなモデルから、ラグジュアリーに乗れるモデルまであります。ではトヨタのセダンはどのような種類があるでしょうか?特徴や評価など詳しくご紹介します。


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


セダンの王様トヨタ クラウン!今こそ見直したいセダンの魅力とは

セダンの王様トヨタ クラウン!今こそ見直したいセダンの魅力とは

トヨタのフラッグシップセダンであるクラウンについて詳しくご紹介します。また、日本市場ではやや存在感が薄れているセダンの魅力、メリットについて改めて紹介し、同時にクラウンがいかに優れた車なのかを解説します。


最新の投稿


自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンは、どこで、どのように借りるとお得なのでしょうか?今回は、金利やローン審査、シミュレーションなどについてまとめました。また、低金利を選ぶ際の注意点についても取り上げます。


日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

売れ筋のコンパクトSUVジャンルで、パワートレインはハイブリッド「e-POWER」のみと割り切ったラインナップが特徴的なのが「日産 キックス」。軽快なルックスと爽快な走りで人気を得ています。そんなキックス、普段使いで気になるのはやっぱり燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、キックスの燃費情報を詳しくご紹介していきます。


自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローン(マイカーローン、オートローン)は、自動車を購入するのに、とても便利な方法ですが、いくつかの種類とメリットとデメリットが存在しています。今回は、自動車ローンの基本と、そのメリットとデメリットをまとめました。


トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

人気のSUVジャンルの中でも扱いやすい5ナンバーサイズで人気なのがトヨタ ライズ。2019年の登場から常に好調な販売台数を誇ってきたライズですが、2021年11月の改良によって待望のハイブリッド車が追加されるなど、これまで以上にライズの燃費性能に注目が集まっています。リーズナブルな価格が嬉しいライズだけに、この記事では気になる燃費性能を詳しくご紹介していきます。


2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021年も12月に差し掛かりそろそろ年末が見えてきました。長く続いたコロナ禍もワクチン接種率の拡大とともに収束方向に動いており、今年の年末年始こそは帰省したいと考える方もいらっしゃると思います。そこで今回は緊急事態宣言解除後の帰省に関するアンケートと過去の渋滞実績を元に渋滞予想をまとめました。