トップへ戻る

【欧州車×ミニバン】VW シャラン、 国産車と対決も!

【欧州車×ミニバン】VW シャラン、 国産車と対決も!

おしゃれな2シータースポーツカーに乗っていた方でも、お子様が増えたなどの家庭の事情で、ミニバンに乗り換えざるを得なくなってしまうことはしばしば。しかし、どうせ選ぶのなら趣味性も高いミニバンにしませんか? 欧州仕立てのフォルクスワーゲン シャランなら、走行性能もバッチリ、使い勝手も二重丸。シャランの魅力について、お伝えしていきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ミニバンが欲しいけど国産はイヤ? VW シャランで夢を叶えよう

フォルクスワーゲン シャラン

フォルクスワーゲン シャラン

近年、国産ミニバンの人気は「カスタム系」のギラギラデザインがどんどん売れ筋になり、落ち着いた印象の車は選びにくくなっています。

しかも、使い勝手最優先な車種などでは、これで家族を乗せてドライブに行くのは心配だなあ、と思うほどにグニャグニャの走行性能のものも。

スピードレンジが高い欧州育ちで、実用性も重視しているフォルクスワーゲン製のシャランなら、そんな国産ミニバンを横目にリラックスした余裕のカーライフが送れそうです。

シャランの魅力を3点にまとめましたので、ご紹介します。

シャランの魅力:ギラついていない、スマートなエクステリアデザイン

フォルクスワーゲン シャラン

メッキの量を見比べると一目瞭然、国産ミニバンのギラついてオラついた印象からは一線を画すスマートなデザインは、フォルクスワーゲンらしいハンサムさ。

ゴルフやパサートなどのフォルクスワーゲン車との共通性を感じつつ、厚みのあるミニバンボディが野暮ったくなっていないのは、欧州車らしいハイセンスさを感じますよね。

シャランの魅力:ひとりひとり一人の快適性にこだわったインテリア

フォルクスワーゲン シャラン インテリア

フォルクスワーゲン シャラン インテリア

欧州製の実用車で特徴的なのは、2列目が3席独立式となっていることが多いこと。7人しっかり乗っても、ひとりひとりがちゃんと快適性も安全性も確保されているというのは、自動車発祥の地、欧州生まれならではの見識の高さでしょう。

もちろん、後席向けの吹き出し口を備えた3ゾーンフルオートエアコンや、パワーテールゲートなどの便利装備も充実。乗る人全てに優しいミニバンが、シャランなのです。

シャランの魅力:クリーンディーゼルも選べる!

フォルクスワーゲン シャラン エンジンルーム

フォルクスワーゲン シャラン エンジンルーム

新たにシャランに追加されたTDIモデルは、最新の2.0リッター ディーゼルターボ。世界的にも厳しいと言われる日本の「ポスト新長期規制」に対応するクリーンさと、人も荷物も満載した重量をグイグイ加速させる高いトルク値を両立しています。

ミニバンにこそぴったりなディーゼルエンジンは、WLTCモード燃費で14.0km/Lと、ミニバンクラスとしては上々の低燃費。

もちろん、お求めやすい1.4リッターターボエンジン車でも、しっかりした走りを実現していますので、どちらを選んでも後悔はなさそうです。

フォルクスワーゲン シャランのスペック

【フォルクスワーゲン シャラン TDI ハイライン】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,855mm×1,910mm×1,765mm
ホイールベース2,920mm
最大乗車定員7名
車両重量1,900kg
燃費WLTCモード:14.0km/L
エンジン種類直列4気筒ディーゼルターボ 1,968cc
エンジン最高出力130kW(177PS)/3,500-4,000rpm
エンジン最大トルク380N・m(38.8kg・m)/1,750-3,250rpm
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッション6速DCT
新車価格4,913,637円(消費税抜き)
(2020年9月現在 フォルクスワーゲン公式サイトより)

VW シャランの新車価格と中古車価格をまとめてみた

フォルクスワーゲン シャラン ダッシュボード

フォルクスワーゲン シャラン ダッシュボード

フォルクスワーゲン シャランは、エンジン種類が1.4リッター ガソリンターボの「TSI」と2.0リッターディーゼルターボの「TDI」の2種類、それぞれに豪華仕様の「ハイライン」、ガソリン車のみに廉価グレードの「コンフォートライン」という3つのグレードが設定されています。

2020年9月現在の税抜き新車価格では、最も廉価なTSI コンフォートラインでは3,817,273円、豪華グレードのTSI ハイラインでは4,633,637円、最も高価なTDI ハイラインでは4,913,637円となっています。

ライバルとなる国産ミニバンと比べると、装備内容的にはやや割高感も。走行性能などの差に、どれほどの価値を見出すかが判断のポイントになりそうです。

フォルクスワーゲン シャラン 荷室

フォルクスワーゲン シャラン 荷室

中古車では、かなり選びやすい価格帯になっているのが嬉しいところ。2020年9月現在の中古車平均価格は1,740,910円と、国産ミニバンのエントリークラス同様になっています。

現行シャランは、2010年の発売から、モデルライフ中に大きな内外装の変更はなく、TDIが途中で追加された程度なので、中古車で選んでも後悔が少なそうな点もポイント。

発売初期のモデルでは平均価格は952,728円まで安くなっており、お求めやすさが際立ちます。

国産車と比べてどうなの? シャラン vs 日本のミニバン

【シャラン vs アルファード】押し出しとスマートさ、どちらを取る?

トヨタ アルファード

トヨタ アルファード

並べて見比べるとわかるとおり、全長も全高もシャランよりさらに大きいアルファード。

居住性のポイントとしては、見るからにボンネット部が短く、ホイールベースが長めなことから、キャビンの寸法や容量で余裕があるのはアルファード。

シャランは2人・3人・2人のレイアウトで7人乗りしか選べませんが、アルファードはグレードによって2人・3人・3人の8人乗り仕様が選べることもあり、室内の居住性ではアルファードに一日の長がありそうです。

フォルクスワーゲン シャラン

フォルクスワーゲン シャラン

新たに現行型では四輪独立懸架サスペンションを採用するなど、アルファードは実は走りも諦めていません。開口部を大きく取ったスライドドアや低く抑えたフロアの影響でややボディ剛性は低めとされますが、背高ボディを破綻させずに走りきる実力を備えます。

価格的にも、シャランよりも安いエントリーグレードから、ずっと高価な高級グレードまでラインナップ豊富なアルファード。人気だけあって競争力はかなり高めですが、見た目のスマートさを重要視される方にはシャラン一択でしょう。

内外装を通してアルファードはまさにギラギラの権化のような車ですので、アルファードの押し出し感をとるのか、シャランのスマートさをとるのか、どちらがお好みかが決め手になりそうです。

トヨタ アルファードのスペック

【トヨタ アルファード ハイブリッド エグゼクティブラウンジS】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,950mm×1,850mm×1,950mm
ホイールベース3,000mm
最大乗車定員7名
車両重量2,240kg
燃費WLTCモード:14.8km/L
エンジン種類直列4気筒 2,493cc
エンジン最高出力112kW(152PS)/5,700rpm
エンジン最大トルク206N・m(21.0kgf・m)/4,400-4,800rpm
モーター種類交流同期電動機
モーター最高出力フロント 105kW(143PS)、リヤ 50kW(68PS)
モーター最大トルクフロント 270N・m、リヤ 139N・m
駆動方式電気式四輪駆動(E-Four)
トランスミッション電気式無段変速機
新車価格7,047,273円(消費税抜き)
(2020年9月現在 トヨタ公式サイトより)

【シャラン vs オデッセイ】接戦!鍵はリアサスペンションか

ホンダ オデッセイ アブソルート

ホンダ オデッセイ アブソルート

既に改良モデルの発売も予告されているオデッセイですが、現行モデルとシャランを比較してみましょう。

実は、アルファードよりもシャランの直接的なライバルとなりそうなのがオデッセイ。現行型オデッセイは全高をやや高めたこともあり、2ボックスタイプのスライドドアミニバンとして、寸法もフォルムもかなり近くなっています。

オデッセイは、ルーフ高を高めたとはいえ、低重心の走行性能重視の姿勢を初代から打ち出している車。現行型でも操縦安定性を高めた低重心パッケージは、ミニバンらしからぬ爽快なドライブができそうです。

しかし、オデッセイのリヤサスペンションは、スペース効率重視のミニバンでは一般的なトーションビーム式。4リンク式のシャランのような四輪独立懸架の車に比べると、乗り心地面ではややマイナスに働きそうです。

フォルクスワーゲン シャラン

フォルクスワーゲン シャラン

シャランのクリーンディーゼルのように、オデッセイには2.4リッターガソリンエンジンに加えて、2.0リッターハイブリッドが上級仕様として用意されています。

このオデッセイのハイブリッドシステムは、エンジンは基本的に発電用途に専念し、駆動はモーターを利用、速度域が上がるとエンジン直結駆動も可能という、ホンダの最新式2モーター式。

カタログ燃費ではシャランのTDIモデルを軽く抜き去る、WLTCモードで最高20.8km/Lという低燃費を実現しているほか、ディーゼル以上に低回転からパンチのあるモーター駆動は、ミニバンにピッタリの性能となっています。

ホンダ オデッセイのスペック

【ホンダ オデッセイ ハイブリッド アブソルートEX ホンダセンシング】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,840mm×1,820mm×1,685mm
ホイールベース2,900mm
最大乗車定員7名
車両重量1,890kg
燃費WLTCモード:20.0km/L
エンジン種類直列4気筒 1,993cc
エンジン最高出力107kW(145PS)/6,200rpm
エンジン最大トルク175N・m(17.8kgf・m)/4,000rpm
モーター種類交流同期電動機
モーター最高出力135kW(184PS)/5,000-6,000rpm
モーター最大トルク315N・m(32.1kgf・m)/0-2,000rpm
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッション電気式無段変速機
新車価格3,922,593円(消費税抜き)
(2020年9月現在 ホンダ公式サイトより)

まとめ

フォルクスワーゲン シャラン

フォルクスワーゲン シャラン

欧州車らしい、抑制の利いたエレガントさながら高い走行性能を有するフォルクスワーゲン シャラン。ミニバンという、日本メーカーのお家芸と化しているジャンルにおいても、やっぱり独特の魅力がありますね。

ご家族の安心安全だけでなく、運転するドライバーの楽しみまで盛り込んだシャランなら、ちょっといつもより遠出したって、家族全員がリラックスできるはずです。

関連する投稿


【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

今、トヨタのアルファードが人気沸騰中です。何と、発売から6年を経過したにもかかわらず、過去最高の販売実績を記録しているのです。そんなアルファードの人気の理由はどこにあるのでしょうか?そこで、今回はアルファードの魅力を徹底的に検証し、その人気の理由をご紹介します。


ミニバンは何故ミニがつく?燃費性能や乗り心地を解説

ミニバンは何故ミニがつく?燃費性能や乗り心地を解説

国内でもファミリー層に人気なミニバンですが、家族が乗れるほど大きいのに何故ミニが付くのでしょうか。よく聞くバンとの違いはあるのか気になる方も多いと思います。そこで今回はミニバンの大きさに関してから人気車種まで徹底解説します。


ホンダ オデッセイの評価は?全高低めミニバンの口コミを調査

ホンダ オデッセイの評価は?全高低めミニバンの口コミを調査

ホンダのオデッセイは、1994年から発売されており、セダンのような感覚で運転できるのが魅力です。広い室内が魅力のミニバンというジャンルのなかでは、乗り心地を重視しながらも利便性も高めているのが特徴です。この記事では、オデッセイの魅力から口コミなどの評価を詳しくご紹介します。


ホンダ オデッセイの内装はどんなもの?マイナーチェンジでの変更点は?

ホンダ オデッセイの内装はどんなもの?マイナーチェンジでの変更点は?

ホンダの人気ミニバンのオデッセイは、低全高でも広い空間を確保しており、5代目からはスライドドアを採用するなど使い勝手も向上させているモデルです。2020年11月にはマイナーチェンジが実施され、快適性が高まっています。刷新されたオデッセイの内装はどのようなものでしょうか?装備や荷室をご紹介します。


トヨタ アルファードとは?ミニバン×高級車の魅力を徹底解説

トヨタ アルファードとは?ミニバン×高級車の魅力を徹底解説

トヨタの高級ミニバンとして幅広い層の人気を誇るトヨタのアルファードについて紹介します。内外装の高級感やサイズ感、運転のしやすさなどを紹介すると共に、兄弟車であるヴェルファイアとの違いなども紹介します。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。