トップへ戻る

パーツクリーナーのおすすめ5選!使い方は合ってる?注意点もおさらい

パーツクリーナーのおすすめ5選!使い方は合ってる?注意点もおさらい

車の金属パーツの油汚れをスッキリ洗浄する、パーツクリーナー。効果的に使うのにはいくつかのコツが必要になってきます。使用法を間違えると効果があまりないどころかキケンなことも…!今回は、パーツクリーナーの正しい使い方と人気のおすすめ商品を紹介したいと思います!

⏳この記事は約3~4分で読めます。


パーツクリーナーとは?

車の整備の様子

車のメンテナンスをしよう!

車をメンテナンスするには金属パーツの油汚れを落とす作業が欠かせません。この汚れを放置したままにしてしまうと、サビが発生するなどして車の不具合につながり、事故が起きてしまう可能性もあります。

そんなとき使用するのがパーツクリーナーです。スプレータイプが一般的で、家庭で使う洗剤よりきれいに油汚れを落とすことができます。

定期的にこのメンテナンスをしていれば車に異常があったときも見つけやすくなり、トラブルを防ぐことができるので車を長持ちさせることができます。

ですがこのパーツクリーナー、なんとなくお買い得品やいつも同じものを買ってはいませんか?クリーナーは様々な種類があります。用途にあっていないものを選ぶといくらクリーナーを吹きかけても効果を感じにくいなど「買い損」になってしまうことも。

パーツクリーナーの基本的な種類や選び方、その使い方を押さえておけば効果的に作業を勧めることができますので、これから説明していきたいと思います。

パーツクリーナーの種類

パーツクリーナーには主に2つの種類があります。

それは「速乾性」と「遅乾性」です。

「速乾性」はスプレーを吹き付けるだけで油汚れを溶かして吹き飛ばし、そのままパーツ部分も乾くので日常使いに優れています。まだ日の浅い油汚れに効果的です。

「遅乾性」はなかなか取れないがんこな油汚れに効果的です。クリーナーの成分がゆっくりと乾いていくので、汚れにしっかり浸透・分解していきます。

油汚れが取れたあとはまだクリーナー成分のアルコール液体が残っているので、きれいな布やウェスでふき取りましょう。

パーツクリーナーの使い方

ホンダ・シビック・スポーツライン(欧州仕様)

ホンダ・シビック・スポーツライン(欧州仕様)ボンネット内

パーツクリーナーでのメンテナンスは注意点を守って使用すればそれほど難しい作業ではありません。

まず油汚れのある金属パーツにクリーナーを吹きかけ、きめの細かい掃除用のブラシで汚れをこすり落とします。

そして使い捨ててもいい布で汚れごとしっかりと拭き取ります。油汚れを落としたパーツは同時に油分も全て落ちた状態になっているので、サビ止め用の油や潤滑油を塗りましょう。

次にパーツクリーナーの使用対象別種類と注意点を説明していきたいと思います。

金属用パーツクリーナーは塗布部分に注意

パーツクリーナーには「プラスチック用パーツクリーナー」と「金属用パーツクリーナー」があります。購入前、使用前にどのタイプかをきちんとチェックしておきましょう。

プラスチックパーツクリーナーは、プラスチック・金属の混合したパーツ部分に使うことができます。

対して金属用パーツクリーナーは金属部分の油汚れを落とすのに特化したものです。強力な洗浄能力がありますが、プラスチックやゴム、また車の塗装面などに付着すると溶かしてしまう恐れがあります。

また、スプレー時にまわりの樹脂や木製のものにもかからないように注意しましょう。

主に有機溶剤の少ないクリーナーはホームセンターなどで安価で購入でき、専門店や工具店などでは有機溶剤を多く含んだ高価な製品が販売されています。

パーツクリーナーのお供にしたい掃除用ブラシ

クリーナーを吹きかけたあとに活躍するのが掃除用ブラシ。そのブラシには多くワイヤーブラシが使われています。ワイヤーブラシと一言で言っても、その素材は様々。

ブラシ部分は、固い順から鋼線、ステンレス、真鍮、ナイロンがあります。中には硬い素材から柔らかい素材までをセットにして売っている商品もあります。

がんこな油汚れを落とすところから、最後の仕上げまで用途に合わせて使っていきましょう。

パーツクリーナー使用上の注意点

パーツクリーナーに使用されている有機溶剤は人体に危険な物質で、素手などにかかってしまうと皮膚から体内に吸収される恐れがあります。そのため、手袋や作業着を着用し、スプレーが皮膚にかからないようにする必要があります。

もし皮膚にかかってしまった場合は、すぐに流水と石けんで洗い流しましょう。それでも皮膚が異常に乾燥したり、赤くなったり、皮膚に痛みを感じるときは病院で診てもらう必要があります。

また、有機溶剤は揮発性が高いので、スプレーの気体を吸ってしまうと危険です。作業をするときは屋外で、風上または風通しの良いところで行い気体を吸い込まないようにしましょう。

もし気体を吸い込んで、めまいや頭痛、吐き気、感覚が鈍くなったり、脱力感があったり、意識が乱れる、意識喪失などの症状が現れた場合は回復したあとであっても病院で医師の診断・手当を受けましょう。

さらに、パーツクリーナーにはアルコールも含まれているので火気厳禁です。高温になる場所、例えば車内などに置いておくと熱で爆発する恐れがあります。

保管するときは、直射日光の当たらない安全なところ(日影または室内)で保管しましょう。

パーツクリーナーのおすすめ商品紹介

それでは、おすすめのパーツクリーナーを紹介していきたいと思います。

1. KURE パーツクリーナー

「呉工業株式会社」は自動車関連用品や潤滑剤などで有名な老舗メーカーです。そんな会社の定番の人気商品がこの「KURE パーツクリーナー」

速乾性タイプで各種金属パーツの汚れを強力に落とします。また青ニス除去にも最適です。

車や自転車といったものだけでなく、家庭のカギ穴などの汚れを落とすのに活用している人もいます。愛用者が多いので信頼度の高い商品と言えるでしょう。

KURE(呉工業) パーツクリーナー(速乾タイプ)560ml NO1421

2. KURE 遅乾性パーツクリーナー

そんな呉工業株式会社からもうひとつ。じっくりと汚れを落とす遅乾性タイプです。

スプレー後、30分ほど経ってからきめの細かいブラシで掃除をすると金属本来の輝きが戻ってきます。

また、缶を逆さにしてもスプレーでき、日頃なかなか手の行き届かないパーツもしっかりときれいにしてくれます。

KURE 遅乾性パーツクリーナー #1431 420ML

3. ワコーズ BC-8 ブレーキ&パーツクリーナー

「ワコーズ」はカーケア製品の製造・開発・販売を行っている「和光ケミカル」のブランドです。

そこでまず人気の商品がこの「ワコーズ BC-8 ブレーキ&パーツクリーナー8 A188」です。

有機溶剤中毒予防規制を受けない毒性の少ない溶剤を使用。脱脂洗浄や油脂汚れに威力を発揮する中乾性の洗浄スプレーです。

ワコーズ BC-8 ブレーキ&パーツクリーナー8

4. ワコーズ BC-9 ブレーキ&パーツクリーナー

こちらはワコーズの速乾性タイプのパーツクリーナーです。

前述の「ワコーズ BC-8 ブレーキ&パーツクリーナー8 A188」はゴムやプラスチック、塗装面に使用することはできませんが、この速乾性タイプではゴムやプラスチックへの影響が少なく、電子部品などを洗浄することもできます。

ワコーズ BC-9 ブレーキ&パーツクリーナー9

5. AZ 速乾強力パーツクリーナー

「株式会社エーゼット」はオイル・潤滑油・グリースなどを取り扱う人気メーカーのひとつ。

人気商品である「AZ 強力パーツクリーナー931」は、非塩素系溶剤を主剤にした強力速乾性タイプ。

標準装備で折れるノズルが缶についているので収納もラクラク。大容量でリーズナブルのこの商品は日常使いとして必須アイテムでしょう。

AZ速乾強力パーツクリーナー 840ml

まとめ

ホンダ・シビック・スポーツライン(欧州仕様)

ホンダ・シビック・スポーツライン(欧州仕様)

さっそうと街を駆け抜ける美しい車も日々のメンテナンスがあってのもの。

真に車を愛する人であれば細かいパーツひとつひとつの手入れを怠らないものです。

自分のお気に入りのパーツクリーナーを数種類そろえて、自分のメンテナンスの腕にも車にも、日々磨きをかけていきましょう!

関連する投稿


タイヤの偏平率によるメリット・デメリットは?計算方法も紹介

タイヤの偏平率によるメリット・デメリットは?計算方法も紹介

自動車の動きを地面に伝えてくれるタイヤは非常に重要な存在ですが、愛車のタイヤのサイズを把握しているという方は意外と少ないかもしれませんね。どこか暗号のようなわかりにくさがあるタイヤサイズの中でも、乗り心地や操縦性に直結する隠れた注目ポイントが「偏平率」です。偏平率が変化するとどんな影響があるのか? どうやって計算するのか? 詳しくご紹介していきます。


タイヤサイズの見方を知ることで愛車のタイヤ購入をスムーズに

タイヤサイズの見方を知ることで愛車のタイヤ購入をスムーズに

そろそろタイヤ交換かな、とお考えの方なら、どんなタイヤが愛車にぴったりサイズなのかを調べたりすることもあるでしょう。しかし、タイヤサイズの表記方法は、慣れていないとまるで暗号のようで、わかりにくさがありますよね。どこに何が書いてあるのか理解すれば意外と簡単なタイヤサイズの見方を知っておくことで、タイヤの検討や購入もスムーズに済ませられるようになれるでしょう。


ガソリンスタンドの車検は格安車検の新定番!特典も多数、安心度は?

ガソリンスタンドの車検は格安車検の新定番!特典も多数、安心度は?

車を持っている方には数年に一度訪れる大出費、車検。車に乗り続けるためには車検を通すことが法律で決められた義務ですが、少しでも車検費用は低く抑えたいとお思いの方が多いことでしょう。近年のガソリンスタンドでは、リーズナブルな価格設定で車検を受け付けている店舗が増えています。安さは嬉しいけど心配なところはないのか?どうやって選べばいいのか?詳しく見ていきましょう。


ガソリン添加剤とは?おすすめのガソリン添加剤もご紹介!

ガソリン添加剤とは?おすすめのガソリン添加剤もご紹介!

ガソリン添加剤という言葉を聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。言葉は知っていてもその意味を理解していない方も多いと思いますので今回はガソリン添加剤についてご説明したいと思います。その効果などについても詳しく解説して参ります。これからガソリン添加剤を使ってみようという方は参考にしてみて下さい。


車用バッテリー充電器のおすすめを紹介!使用方法を知っておこう

車用バッテリー充電器のおすすめを紹介!使用方法を知っておこう

バッテリーは、クルマの中でも、トラブルが起こりやすい箇所のひとつです。それでも、普段からバッテリーを充電しておけば、かなりの程度、トラブルを防ぐことができます。そこで今回は、バッテリー充電器についてまとめました。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。