トップへ戻る

【DIY】ホイールを塗装したい!塗装方法やおすすめ商品もご紹介

【DIY】ホイールを塗装したい!塗装方法やおすすめ商品もご紹介

ホイールのイメージチェンジで塗装をしたいけれど、塗装料金が高いことから断念しているといった方はいませんか?それならDIYでチャレンジしてみてもいいかもしれません!今回の記事では、缶スプレーを使ってホイール塗装をする方法をまとめています。おすすめ商品も紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ホイールを塗装する魅力

車のホイール

ホイール塗装で見た目も大きく変わる!

ホイールは長く走るうちに傷がついてしまうことから、購入したときのあの輝きは次第に薄れていき、最終的にはくすんだ色へと変わっていきます。

自分が好きな色で塗装すると自分好みの仕上がりになるので、それだけ愛着もわいてくることでしょう。

初めてでも安心!ホイール塗装には缶スプレーを使う

赤と青の缶スプレー

缶スプレーなら初心者でも安心

車の塗装に限らず、プラモデルやDIYで家具作る際に色を塗るという工程が発生します。

塗料を購入して作業を行う場合、塗装をする際の「におい」や塗装をする「時間」がないなどという悩みが出てくる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

塗装の方法には、代表的なものとして筆塗りやエアスプレーなどが挙げられますが、前者はごく小さな範囲(細部塗装や修正など)に向いている反面、広範囲の塗装には不向きで、後者は塗る範囲は広いものの、初期投資のほかにも交換用のボンベの費用がかさむというウィークポイントがあります。

しかし、缶スプレーならば実際に使う塗料を買うだけで済みますのでコストを抑えることが可能です。

DIY!缶スプレーを使ってホイール塗装にチャレンジ

車のホイールを洗う男性

ホイール塗装をしてみよう!

続いては、缶スプレーを使ったホイールの塗装方法について見ていきましょう!

① ホイールの洗浄

塗装する素材を購入したら、最初にやるべきことは「洗う」ことです。これを怠ると塗装の剥がれの原因にもなるので、必ずホイールを洗っておきましょう!

ホイールの洗浄には、油汚れを落とすのに適した家庭用洗剤などの使用もおすすめです。家庭用洗剤を混ぜた水で塗装する箇所をよく洗っておきましょう。

作業が終わったらバスタオルなどで水分をきれいに拭取ってからよく乾燥しておくとよいでしょう。

ホイール洗浄にはこちらがおすすめ!

SONAX(ソナックス) ホイールクリーナー エクストリーム ホイールクリーナー 230200

家庭用洗剤ではなく、専用のものを使いたいという方にはこちらの商品がおすすめです。

成分が素材にやさしく、アルミやメッキにも使えるためホイールの洗浄だけでなくブレーキダストの除去にも役立ちます。

油汚れなどに効果があり、ホイールに輝きを取り戻してくれるでしょう。

② 塗装する部分を脱脂する

車の足回りは特に油が付着することが多いので、塗料などののりを悪くする原因になります。

塗装をする前に脱脂を行っておくと、塗料の密着性を高めるというメリットがあり、下地処理をする前に脱脂しておきましょう。

脱脂にはこちらがおすすめ!

SOFT99 ( ソフト99 ) 99工房 シリコンオフ 09170 [HTRC2.1]

塗装以外にもステッカーの除去などにも使えて使い勝手もよく、お値段も手ごろとなっています。

容量も多く、広範囲の作業にもつける点もおすすめのポイントです。

③ 下地用塗料(プラサフ)の塗布

どんなジャンルの塗装にも共通して言える事ですが、塗装をする際にやっておくべきことの一つとして、下地処理という工程は欠かせません。

塗料との密着力を高めるだけでなく、完成度も良くするといったメリットを得られます。

また、ホイールを塗装をする前にプラサフを塗布した上からサンドペーパーで磨くと塗料の密着性がアップするので効果的です。

下地用塗料にはこれがおすすめ!

ホルツ 下塗り塗料 プラサフ グレー 300ml Holts MH11503

防錆効果に加え、密着力、速乾性も高く、使いやすさにも定評があります。

グレーの他にホワイトもあるので、ホイールをどんな色に仕上げたいのか考えながら使い分けましょう。

③ カラー塗装とクリア塗装

下地処理が済んだらホイールを塗装していきましょう。

ホイールを塗装する際は、一度で仕上げようとせずに薄く少しずつ塗布していくことがポイントとなります。一度塗って乾かした後に、上からもう一度塗っていくと良いでしょう。

おすすめ商品に関しては、下記でご紹介します!

④ コンパウンドで鏡面仕上げ

最後はコンパウンドで磨いて仕上げていきます。コンパウンドで磨くことでより美しい仕上げにすることができるので、ぜひしておきたい行程です。

工程としては、まずは粗目のもので磨き、目の細かいコンパウンドで磨いていきます。

ホイール塗装をする際の注意点

チェックする人(イメージ)

注意するポイントも知っておこう

ホイールの塗装をする際に重要になってくるのが「マスキング」です。

マスキングがうまくできているかどうかによって仕上がりが変わってきますし、マスキングを剥がす際にも注意が必要です。

塗料が乾ききる前にマスキングテープを剥がしてしまうと一緒に塗料が剥がれてしまう場合がありますので、塗料がしっかり乾いたことを確認した上でマスキングテープを剥がすようにしましょう。

おすすめのホイール塗装商品

ホイールを塗装する際におすすめの、缶スプレータイプの塗料をご紹介します。

ご自身の愛車をどんな風に仕上げたいのか想像しながら選んでみてください!

AZ ラバーペイント ZEQUE

こちらの商品の良いところは、塗った後に剥がせるという点です!そのため、ホイール塗装は初めてという方でも気軽に試すことができます。

カラー展開も豊富で自分好みがすぐに見つかるでしょう。

AZ(エーゼット) RP-3 ラバーペイント マットホワイト ZEQUE 400ml 油性 塗ってはがせる塗料(RP030)

SOFT99 ペイント ボデーペン

車のボディのペイントの際にも重宝されているSOFT99のボデーペンは、ホイールの塗装にも使用することができます。

スプレーはワイドやスポット、タテ楕円やヨコ楕円と言った4パターンの使い分けができ、使い勝手の良い商品となっています。

SOFT99 ( ソフト99 ) ペイント ボデーペン トヨタ 040 08098 [HTRC2.1]

Holts ホイールカラーペイント

こちらの商品はホイール塗装専用となっており、防錆性や密着性に優れているのが特徴です。

カラーは「ホワイト」「ブラック」「ゴールド」などといったカラーが展開されています。これを塗っただけでも光沢出て、ドレスアップ効果も十分にあります!

ホルツ ホイールペイント ホワイト 320ml 優れた密着力・光沢・防錆効果 Holts MH11303

まとめ

赤い車の足回り

ホイールで塗装で愛車を綺麗に!

ホイール塗装をすることで、大事な愛車を綺麗に保てるだけでなく、自分好みにカスタマイズできたり、ホイールを傷から守ることもできます。

愛車のイメージチェンジをお考えの方やホイールの見た目が気になり出した方は、ぜひホイール塗装を行ってみてください。

関連するキーワード


カスタム DIY ホイール

関連する投稿


N-WGNとN-WGNカスタムって何が違うの?詳しく比較してみた!

N-WGNとN-WGNカスタムって何が違うの?詳しく比較してみた!

ホンダのNシリーズは現在4車種発売されています。N-BOX・N-WGN・N-ONE・N-VANです。それぞれが個性的で魅力溢れる車です。その中で今回は一番新しいN-WGNとN-WGNカスタムをご紹介します。


カーボンシートで簡単ドレスアップ!おすすめも紹介!

カーボンシートで簡単ドレスアップ!おすすめも紹介!

皆さんはカーボンシートを知っていますか?専用カーボンシートは、簡単に車の外装や内装をドレスアップできる優れものです。本記事では、カーボンシートの選び方から、おすすめのカーボンシートについてもご紹介しています。


ワイパーゴムを交換したい!具体的な手順について解説

ワイパーゴムを交換したい!具体的な手順について解説

ワイパーゴムが劣化してきた際に、業者に頼まず自分で交換したいという方は少なくありません。そこで今回は、ワイパーゴムを自分で交換する際の適切なタイミングや具体的な手順について分かりやすく解説します。


フロントガラスに入ったひびは直せる?修理方法を解説

フロントガラスに入ったひびは直せる?修理方法を解説

どれだけ気を付けて運転していても、思わぬ原因でフロントガラスにひびが入ることはあるでしょう。運転の妨げになるため、早めの修理が大切です。そこで今回は、フロントガラスの修理・交換方法について解説します。


フライホイールとは|その役割は?交換は必要?

フライホイールとは|その役割は?交換は必要?

あまり聞きなれない言葉に、フライホイールと言うものがあります。どのMT車にも装着されているのですが、実際に見る機会も触る機会もないものです。今回はこのフライホイールについて説明します。


最新の投稿


蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

フランスのアルピーヌ・A110が蘇り再生産されていますが、やはりA110と言えば1963年から製造のアルピーヌA110を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?今回は新旧アルピーヌA110について見ていきます。


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。