目次へ戻る

愛車の塗装は自分でできる?費用や塗装方法、商品を解説

愛車の塗装は自分でできる?費用や塗装方法、商品を解説

駐車の際に擦ったり、あるいはぶつけてしまったりして塗装が傷んだり剥がれたりしてしまうことは結構あります。そうなった際、あなたはどうしていますか?ショップに塗装を依頼する?それとも自分でDIYで対処?どちらにしても、綺麗に仕上げたいですよね!今回の記事では、主にDIYでの対処法を中心にご紹介致します。


車の塗装料金はどれぐらい?修理方法別にご紹介

車の種類によっても、塗装したい箇所によっても塗装の値段は変わってきます。部分的な塗装もあればオールペン(オールペイント)といった全塗装の方法があります。凹みや傷の具合で予算が必要となりますので、まずは見積もりを出してもらいましょう。

ディーラーに依頼した場合は、平均価格としてドアが3〜4万円、バンパーが2〜4万円、ボンネットが3〜5万円は掛かってしまいます。また、ディーラーは契約を結んでいる修理工場がある場合が多いため、金額も少しアップされていますし時間も掛かってしまいます。

それに対し、カーショップで依頼すると同じような内容で1〜2万円で修理や塗装を行ってくれます。カーショップは他の店舗と競争するため、どこのカーショップに行っても金額にはそれほど差は出ないと思います。

車の塗装料金は、数万円で済むこともあれば数十万円の費用も掛かる場合も。塗装の方法や範囲によっても料金は変動しますし、オールペン(オールペイント)をするとなると最低でも20万円掛かってしまいます。

車の種類によっても車体の大きさが違うため、面積が広いと料金は高額に設定されています。ご自身の車のオールペン(オールペイント)の塗装料金はどのくらい掛かるのか見積もりを出してもらい確認をしましょう。

また、新品か中古で値段は変動しますが、傷や凹みによっては板金塗装をするよりパーツ交換をした方が安い場合もあります。

しかし、外車などは国内にパーツが少ないためバンパーを外して作業を行うので10万円前後の費用が掛かってしまいます。

【要注意】価格は劣化状態によって大きく異なる

劣化の原因となるのが紫外線です。約10年ぐらいになってくると、紫外線の影響を受けて粉化現象が起こってしまい光沢が無くなってしまい劣化するのです。他にも劣化の原因として鳥のフンでも塗装が剥がれてしまいますのでご注意下さい。

価格以前に、劣化の状態で修理や塗装が断られる場合もありますので、そうなる前に10年以内には見積もりに出した方がいいでしょう。

DIYで掛かる塗装費用はいくら?

自分で塗装を行う際、作業に必要な道具とその価格を見ていきましょう。
※価格は2019年7月現在のものです。

タッチペン(価格500円前後)

ソフト99(SOFT99) 塗料・ペイント タッチアップペン X1 つや消し黒 17101

SOFT99 ( ソフト99 ) ソフト99(SOFT99) 塗料・ペイント タッチアップペン X1 つや消し黒 17101

マスキングテープ(価格550円前後)

3Mマスキングテープ(243J PLUS)AWオリジナルセットC(6ミリ×2巻と18ミリ×2巻) AquaWing(アクアウイング)

スリーエム(3M) マスキングテープ 巾30mm 長さ18m 243J Plus 入数/4巻 STRAIGHT/03-0030 (3M/スリーエム)

缶スプレー(価格600円前後)

SOFT99 ( ソフト99 ) ペイント ボデーペン プラサフ 08003 [HTRC2.1]

ソフト99(SOFT99) ペイント ボデーペン クリアー 08002

【全国送料無料!3営業日発送!】SOFT99 ( ソフト99 ) ペイント ボデーペン プラサフ 08003 [HTRC2.1]

スプレーガン(価格2000円前後)

ペイントスプレーガン HVLPペイントガンセット エアペイントスプレーガン エアスプレーガンキット付き エアレギュレータメタルフレーク

コンパウンド(価格1200円前後)

SOFT99 ( ソフト99 ) 99工房 液体コンパウンドトライアルセット 09193

ソフト99(SOFT99) 99工房 液体コンパウンドトライアルセット 390g 09193

クリア塗料(価格800円前後)

MSS-46 スーパークリア70

車の塗装の手順と道具

まず、塗装を行う時は他の所につかないように、新聞紙やビニールをマスキングテープで固定して下さい。この時、境目が分かりにくいようにしっかりと分け目に沿って車体の塗料に影響が出ないように跡が付かない・付きにくいマスキングテープの使用をオススメします。

次に塗装したい部分の脱脂をするために、シリコンリムーバーでタオルを使い油や汚れを拭き取り、プラサフ(塗装下地として使う下塗り材)前にプライマーでバンパーなどの塗装の密着率を上げましょう。

この時、下地がプラサフで見えなくなるまで15分前後の時間をあけながら、何回か塗り重ねを行い最後は30分以上おいて乾燥させて下さい。

プラサフが乾いた後、耐水ペーパーで水に濡らしながら塗装した場所のざらざら感が無くなるまで1000番で力を入れすぎず磨きましょう。その後に、いよいよペイントを行うのですが、スプレーする前に良く振ってから使い途中でもこまめに振りながら塗装をしましょう。

車の塗装は、ムラなく、丁寧に


塗装は、1つの箇所に集中するのではなく上下左右に一定のスピードで、ずらしながら乾いたら塗るを複数回繰り返しましょう。ムラが出ないように、20cmほど距離をとって平行に動かすことが上手くできるコツです。

元々の色と合ってきたら一時中断し、10分前後自然乾燥させてからボカシ剤で馴染むまで吹き上げていきましょう。また、メタリックなどの光沢感のある色はクリアーまで塗り、そこから10分前後自然乾燥させ、ボカシ剤を馴染ませて下さい。

ここまで作業を行うことができれば、後はコンパウンドをかけて仕上げをします。この際、注意をしてほしいことは塗装が終わったらすぐコンパウンドをかけるのではなく、1週間以上の期間をあけて良く乾いた後で仕上げましょう。

細かな傷なら、タッチペン。

TOYOTA(トヨタ) 純正部品 タッチアップペイント 【純正】 カラー番号:070 ホワイトパールクリスタルシャイン 08866-00070

タッチペンの使い方としては、カラーナンバーの確認を怠らないことです。車の色には、全部色の番号で割り振りされており、番号を確認しない限り自分の愛車に合った色を探すことが難しいため確認が必要です。
カラーナンバーの記載は、ボディのどこかにシールで貼ってあり見つけることができない場合はカーショップやディーラーに確認をさせましょう。

タッチペンには、筆が付いていて傷跡をタッチペンだけで直すことはムラができやすいため上手くいきませんが、先が細いつまようじなどを使用するとスムーズに塗ることができます。

スプレーガンを使うか、市販の缶スプレーで塗装するか?

缶スプレーの使い方としては、ムラが出ないように圧力を下げないということを前提として作業を行うことです。缶スプレーの容量は決まっており増やすことは不可能ですが、圧力を上げることはできます。

缶スプレーを温めておけば、膨張するのでそれによって威力を変えることができます。

それに対しスプレーガンは、塗装する場所と直角にして平行に動かしながら丁寧に塗ることをオススメします。動かすスピードは、1mを2~3秒ぐらいのペースで移動させるようにしましょう。

遅かったりペースが変わったりすると垂れてしまう恐れがあり、逆に早すぎると薄くなって見栄えが悪くなるためペースは一定に保つことを意識して下さい。

もちろんのことですが、塗装をしている時のスプレーガンは途中で手を止めないようにしましょう。一部分が濃くなってしまい、また最初からとなってしまいます。手が止まりそうな時はトリガーから指を離し作業を一時中断を心がけて下さい。

クリアーを吹く

次に、クリアーを吹きましょう。この作業により、艶出し、塗装の保護が可能になります。

手先の器用さが必要になる作業となります。思い切りやると汗をたくさんかいてしまい、汗だくに気を付けすぎると時間が経ってしまいざらざら感が残ってしまいます。しっかりとやっていくためには、粘り強さとの勝負でスプレー缶をじっくりと移動させることが大切です。

クリアーも一箇所に時間を掛けることは厳禁です。たっぷりを意識しつつ、汗をかきすぎないようにゆっくり移動をさせながら吹きかけましょう。間隔的には、1秒で10cm程のスピードで行って下さい。

最後にコンパウンドで磨く

コンパウンドには、傷を消してくれて光沢も出してくれる優れものですが磨いた場所だけ塗装が薄くなってしまうのです。全体的にしてもゴム製の部分などに付着してしまうと、落としにくく放っておくと変質することがあります。

熱にも弱く、車体が熱いままコンパウンドをかけてしまうと塗装剝がれが起きてしまうため、日陰で作業を行うなどして車のボディに熱がこもらないように注意をしましょう。

まとめ

市販の缶スプレーで簡単に塗装をすることができます。もちろんご自身でした方が金額も安くで済みます。綺麗に仕上げたいなら、繰り返し塗ることが大切で少し手がかかりそうですが、自分好みに色を決めれるので楽しみの一つになることでしょう。

これを機に、ご自身でご自身のオリジナリティーの溢れる色に塗装をしてみてはいかがでしょうか。

関連するキーワード


メンテナンス DIY

関連する投稿


デコトラ制作の老舗 アートフレンド|歴史やその特徴に迫ります!

デコトラ制作の老舗 アートフレンド|歴史やその特徴に迫ります!

アートトラック、カスタム、デコトラの制作を手掛けて20年以上の歴史を誇るアートフレンド。事業全体では自動車産業以外にも幅広く活躍する企業へと発展したアートフレンドグループの概要をご紹介します。


【カーエアコン】効かない・冷えない場合の対処と修理にかかる費用は?

【カーエアコン】効かない・冷えない場合の対処と修理にかかる費用は?

車に乗るにあたって欠かせない存在のカーエアコン。しかし、冷えない・効かないと感じることはないでしょうか。臭いや異音が気になっている方もいるかと思います。この記事では、車のエアコンを上手に使うための方法や故障の原因についてご説明!この記事を読んで、エアコンを上手に使いこなせるようにしましょう。


車の傷を修理する方法|修理にかかる値段から費用を抑え安くする方法を解説

車の傷を修理する方法|修理にかかる値段から費用を抑え安くする方法を解説

車が事故に遭ってしまったり、物とぶつかったりかすったりすれば、車に傷ができてしまいます。目立たないような小さな傷なら大きな影響はありませんが、塗装がめくれて金属部分が露出していると、サビの原因にもなります。今回は、車の傷の種類や、業者に依頼するときに安くする方法などを紹介していきますので、参考にしてください。


ブレーキフルード交換はなぜ必要?時期や交換方法まで解説

ブレーキフルード交換はなぜ必要?時期や交換方法まで解説

普段あまり気にする事のないブレーキフルード。一度も交換した事がないという人も中には居るかも知れませんね。ボンネットを開けて、リザーバータンクを見ても、「減ってないから大丈夫」と思っていませんか?もしかしたら、それは間違いかも知れません。今回はブレーキフルードの役割と重要性についてお伝えします。


気になるタイヤの交換時期は?ひび割れや走行距離、スリップサインを解説

気になるタイヤの交換時期は?ひび割れや走行距離、スリップサインを解説

タイヤは地面と唯一接している部分であり、走行していくうちにどんどんと劣化していきます。そのまま使い続けると、破裂する恐れがあります。では一体どのタイミングでタイヤを交換すればいいんだろう?とお困りの方。今回はタイヤの交換時期を見極めるポイントや、メンテナンス方法などをご紹介しますので、参考にしてみてください。


最新の投稿


東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

【11/17情報更新】2017年10月28日~11月5日の10日間で開催された東京モーターショー2017。本記事では東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両)、来場者数等の振返りをまとめて掲載しています。東京ビッグサイトに足を運んだ方も、残念ながら行けなかった方も是非ご覧下さい。


フォルクスワーゲン ゴルフⅦ総まとめ!マイチェン後の7.5も┃スペック、燃費・中古価格

フォルクスワーゲン ゴルフⅦ総まとめ!マイチェン後の7.5も┃スペック、燃費・中古価格

「フォルクスワーゲン・ゴルフVII」とは、ゴルフの7代目にあたります。ゴルフの歴史からマイチェンのゴルフ7.5の特徴、性能や燃費、中古車価格などをまとめてみました。ゴルフⅦに乗ってみたい方は参考にしてみてはいかがでしょうか。


200万円以下で購入できる!中古のジャガー5選

200万円以下で購入できる!中古のジャガー5選

ジャガーは錦織圭がアンバサダーを務めている輸入車です。ジャガーはイギリスの高級車メーカーであり、現在はランドローバーと同様にインドのタタ・モーターズ傘下となっています。自動車メーカーの中で、歴史が古いメーカーの1つでもあります。今回は、ジャガーの歴史や中古車についてまとめています。


200万円以下で購入できる!MINIの中古車 4選

200万円以下で購入できる!MINIの中古車 4選

今も変わらず「ミニ」は大人気の車です。これからミニの購入を考えて気になっている方も多くいる事でしょう。今回は、車の購入がはじめてという方でも分かりやすくミニ選びができるよう、ミニとはどのような車なのか解説し、200万円以下で買えるミニの中古車を4選紹介します。


【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

日本国内で発売されていない国産メーカーの車種の中には、非常に魅力的なモデルは多数存在します。その中でもマツダの北米専用車種である「CX-9」は大変興味深い車種といえます。このネーミングだけでも、3列シートSUVとして話題を集めた「CX-8」より大型のクロスオーバーSUVであることが想像できます。では、なぜ北米専用車種なのか?そして日本国内に導入される可能性はあるのか?そもそもどんな車種なのかを解説します。