目次へ戻る

マフラーカッターとは?取り付けることでどんな効果が?注意点も解説

マフラーカッターとは?取り付けることでどんな効果が?注意点も解説

自動車のマフラー部分に取り付けるマフラーカッター。今回はこのマフラーカッターを取り付けることでどんな効果があるのか、また取り付け方や車検時の注意点、おすすめのマフラーカッターについてもご紹介していきます。


マフラーカッターとは?

マフラーカッターとは自動車の後部にあるマフラー(排気管)に装着するドレスアップパーツのひとつです。排気ガスを放出するマフラーは一般的にスチールやステンレスのシンプルな筒状のパイプが採用されています。

大きな音を減衰させ小さくする消音器としての効果と、エンジンの特性を変化させる影響力も持っています。マフラーカッターはこのネジやボルトなどで純正マフラーに手軽に装着可能で、見た目が美しいパイプ状の部品となっています。

どんな効果があるのか?

純正のマフラーは車が走るために必要な最低限の目的を達成するために作られています。近年はリヤバンパーの下側や奥に隠れるようにレイアウトにより「見た目」はあまり考慮されていない部品です。

自動車用のドレスアップパーツは非常にたくさんありますが、マフラーカッターはその代表的なアイテムです。後続車への見た目のインパクトも大きく、美しい金属光沢により輝くテールエンド(マフラー後端部)は大きく美観を向上します。

マフラーそのものを高性能な社外品へ交換することは一般的な国産車の場合に10~20万円の費用がかかります。

一方でマフラーカッターであればその1/10程度の費用でお手軽にカスタマイズ可能です。エンジン性能の向上が目的ではなく、騒音にも配慮したい場合にはマフラーカッターは最適な選択です。

美しい見た目が安価に手に入り、車両への加工も基本的には不要です。

純正マフラーは比較的腐食しやすいこともあり、サビからマフラーを保護したり見た目をリフレッシュする効果も期待できます。

一般的にはマフラーカッターを装着することでスポーティーな印象になり、高級感を与えてくれます。また直接的な性能向上は無いものの、クルマが好きでチューニングしているというアピールにもつながります。

装着位置も目立つ場所ではないため、さりげないドレスアップパーツながらこだわりを感じさせる部品でもあります。

マフラーカッターの取付方法

マフラーカッターの基本的な装着方法は非常に簡単で、製品によっては、プラスドライバー1本で装着できるものもあります。

多くのマフラーカッターはカー用品店などで販売されている「汎用タイプ」です。純正マフラーの出口のパイプ径が商品適合の範囲内に入っていれば、多くの車種に適合します。純正マフラーにマフラーカッターを被せ、固定用のボルトやネジを締め込み固定すれば取付完了です。

車種によっては純正マフラーが太く装着が難しい場合や、バンパーの奥に入り過ぎていて装着困難な場合があります。

また、車種別専用品もあり、これは決まった車種専用設計により装着のしやすさや見た目のバランスが高い点が特徴です。

一部の車種には自動車メーカー純正のオプションとして設定されている場合もあります。トヨタを代表するハイブリッドカーのプリウス専用モデルなども人気です。

カー用品店に装着を依頼しても作業時間は約20分、工賃も2,000~3,000円程度が相場です。タイヤ交換など基本的な整備が出来る方ならDIYで交換することも出来ます。

ただし固定がきちんとされていないと走行中に脱落して非常に危険ですので、自信の無い方はプロへ依頼しましょう。

車検での注意点

マフラーは騒音の規制が厳しく、近接排気騒音を計測され基準を超えた騒音の場合には車検不合格となります。一方でマフラーカッターは音量には影響しないため、車検において純正マフラーにトラブルが無ければ音量で不合格になることはありません。

注意すべき点は、脱落の危険が無いようにきちんと固定されているかどうかと、取付位置の問題です。

ローダウン車両が気を付けるポイントと同様に、最低地上高90mm以上の確保が必要です。
厳密には後輪より後ろのオーバーハング部分に関してはその長さに応じて、より多くの地上高を確保する必要があります。

例えばリヤオーバーハングが110~119cmの場合には最低地上高は14cmと厳しくなります。
さらにリヤバンパー後端部より極端に突出していないことや、鋭利な形状になっていないことも検査されます。

簡単に装着できるマフラーカッターですが、保安基準を遵守しないと違法改造車として罰則の対象となります。

以上のポイントに十分に注意してドレスアップを楽しみましょう。

下向きや2本だしが人気?おすすめのマフラーカッター3選

近年は数年前と比べると大口径のものや見た目の派手なものではなく、デザイン性を重視したシンプルなものが主流となっています。

特徴的なデザインとしてはドルフィンテールなどと呼ばれるテールエンドが下向きになったものや、昔から人気の2本出しタイプなどが挙げられます。

主要な人気のマフラーカッターを3つ紹介します。

1:セイワ(SEIWA) 車用 マフラーカッター バリアブルオーバルカッターM テールパイプ径がφ33~52mmまで K325

セイワ(SEIWA) 車用 マフラーカッター バリアブルオーバルカッターM テールパイプ径がφ33~52mmまで K325

参考価格:2,345円(2019年1月31日時点)

最もスタンダードなデザインでS/M/Lの3サイズをラインナップしておりテールエンドの角度も調整可能なオールマイティなマフラーカッターです。

300件ほどの評価がそれを実証するように、幅広い車種に装着され圧倒的な支持を得ているマフラーカッターです。

2:Higashi H-TB-CB-J01-0012 マフラーカッター ステンレス チタン 2本セット シルバー VW Golf 6  variant  New Beetle用

Higashi H-TB-CB-J01-0012 マフラーカッター ステンレス チタン 2本セット シルバー VW Golf 6  variant  New B eetle用

参考価格:3,580円(2019年1月31日時点)

フォルクスワーゲンのゴルフやNEWビートルな車種専用のマフラーカッターながら低価格とチタンの様なグラデーション、美しい斜めのカット(スラッシュカット)が特徴です。

適合外の車種でも装着している例が多く、純正マフラーの直径などが基準を満たせば簡単に流用できるのもマフラーカッターの魅力です。

3:プリウス専用 2本出し マフラーカッター TOYOTA Prius30系 40系 50系 前期 後期 プリウスα専用

トヨタ プリウス Prius 30系 40系 50系 前期 後期 プリウスα専用 マフラーカッター 2本出し チタン焼き 内装パーツ ステンレス

参考価格:3,380円(2019年1月31日時点)

こちらはトヨタのプリウス専用のマフラーカッターで片側2本出しタイプのスポーティーなデザインです。

ハイブリッドカーのエコなイメージを覆すスポーティさを求めるユーザーは少なくない様で、こちらのマフラーカッターも多くの高評価を得ています。

まとめ

マフラーカッターは「見た目だけ」の部品として、チューニング志向のユーザーからは「マフラー」そのものを交換するように薦められることもあります。

しかし手軽にドレスアップを楽しみ、騒音の迷惑もかけずに愛車のカスタマイズをリーズナブルに楽しめる素晴らしいパーツです。

ボディはあまり改造せずに、さりげなくテールエンドにこだわりのマフラーカッターが装着されているとオーナーの高い美意識が伝わってきます。

後続車へも力強く美しいテールエンドがアピールされ、迫力と高級感を演出してくれます。マフラーカッターは汎用の製品が多く、取付も簡単ですが製品の適合と取付時の位置や寸法には十分な注意が必要です。

本格的なマフラーサウンドやパワーアップを望むときには是非マフラーカッターでは無くマフラーそのものを高性能なものへ交換してください。

マフラー周辺の部品は車検においても厳しくチェックされるポイントですのでいずれの場合も法令を守り合法的なチューニングを心がけてください。

本記事で取り上げた、押さえるべきポイントをよく理解して楽しいカーライフを送ってください。

関連するキーワード


カスタム

関連する投稿


「エアサス」って何?メリットは?構造や価格、乗り心地や車高調との違い

「エアサス」って何?メリットは?構造や価格、乗り心地や車高調との違い

エアサスとは、何かご存知でしょうか? エアサスのメリットやデメリットを知りたいと考えている人にも、エアサスの構造や値段、乗り心地を知りたいと思っている人にも分かりやすく「簡単にエアサスとは何か?」を理解できるように掲載します。


ワイドトレッドスペーサーの選び方と取付け方|役割の説明やおすすめ紹介も

ワイドトレッドスペーサーの選び方と取付け方|役割の説明やおすすめ紹介も

ホイールを外側に出すための「ワイドトレッドスペーサー」。ドレスアップアイテムと思われがちですが、サスペンションのチューニングパーツです。ただし、しっかり知識を持たずに取り付けると思わぬ事故にも遭う可能性もあります。今回はワイドトレッドスペーサーの選び方から、取り付け方についてと、取り付けるメリット・デメリット、おすすめのワイトレ等をご紹介していきます。


車高調って?種類毎の調整~取付け方|工賃やおすすめメーカーも紹介

車高調って?種類毎の調整~取付け方|工賃やおすすめメーカーも紹介

愛車の車高を自分で変えることができる車高調。知らない人のために、取り付け方法や調整の仕方やおすすめの車高調、また車検に出す際に問題はないのか否か まで、詳しく紹介していきます。


交換用マフラーの騒音規制見直しが11月30日から公布・施行!どう変わった?

交換用マフラーの騒音規制見直しが11月30日から公布・施行!どう変わった?

国土交通省は11月30日、四輪車の交換用マフラーの騒音規制を見直したと発表しました。新車時の近接排気騒音が車種毎に定められた一定の値を超える四輪自動車等に交換用マフラーを備える場合、新車時の騒音から悪化しないことを確認する相対値規制を導入する等の改正となります。詳しく紹介していきます。


自作「ホワイトレター」でタイヤをおしゃれにカスタム【画像あり】

自作「ホワイトレター」でタイヤをおしゃれにカスタム【画像あり】

タイヤのロゴが白く着色された「ホワイトレタータイヤ」をご存知でしょうか。既製品もありますが、自分で簡単に仕上げることもできるので、お手軽カスタムとしてジワジワと注目を集めています。今回は自分でペイントする際にオススメのペンマーカーと、ホワイトレタータイヤにカスタムした車の画像集をお届けします。


最新の投稿


クルマのインジェクションとは。仕組み・役割からキャブ車との違いを説明

クルマのインジェクションとは。仕組み・役割からキャブ車との違いを説明

世の中には、インジェクション攻撃、インジェクション成形、インジェクションステーキなど、インジェクションと名の付くものはたくさんありますが、ここで取り上げるインジェクションとはフューエルインジェクション(Fuel Injection System)。ガソリンエンジンの燃料噴射装置です。その仕組みと役割、歴史について説明しています。


【2月15日発売】三菱のデリカD:5新型 価格・スペック・燃費・変わった点は?

【2月15日発売】三菱のデリカD:5新型 価格・スペック・燃費・変わった点は?

2月15日、ついに三菱のオールラウンドミニバン・デリカD:5が発売されました。新型デリカD:5は、フロントデザインコンセプトのダイナミックシールドを取り入れ、装いも新たに生まれ変わりました。いったいどのような姿に進化したのか?最新情報をお届けします。


車のターボタイマーとは?必要性や取り付けに掛かる費用、使い方まで徹底解説

車のターボタイマーとは?必要性や取り付けに掛かる費用、使い方まで徹底解説

ターボ車に取り付けるターボタイマー。ターボ車に長く乗ってある人であれば役割や必要性について理解していると思いますが、これから初めてターボ車に乗る方やNA車(非ターボ車)に乗っている方にとっては、どのような役割なのかご存知でない方も多いもではないでしょうか?今回はターボタイマーの必要性から取り付け方や費用、使い方について紹介していきます。


ベントレーのSUV ベンテイガ! 試乗記・新車価格は?

ベントレーのSUV ベンテイガ! 試乗記・新車価格は?

ベントレー初のSUV、それが『ベンテイガ』です。ベンテイガは2016年から発売されています。2000万円以上もする高級SUVのため、なかなか見る機会は少ないかもしれないこの一台。本記事ではベンテイガについてまとめています。


トヨタ カローラ新型欧州仕様発表!3ボディが揃い踏み!

トヨタ カローラ新型欧州仕様発表!3ボディが揃い踏み!

トヨタ自動車の欧州部門、トヨタモーターヨーロッパは2月13日に、新型『カローラ』(Toyota Corolla)シリーズの詳細を発表しました。日本で発売されたハッチバック(日本名:『カローラスポーツ』)だけでなく、ワゴン、4ドアセダンと、3種類のボディタイプが欧州では設定されるとのことです。