トップへ戻る

ホンダのステップワゴンは新車だと高い?!中古で買うとどうなの?

ホンダのステップワゴンは新車だと高い?!中古で買うとどうなの?

ホンダの人気のミニバン ステップワゴンですが、「新車では少し高い。」そう思っている方には中古がおすすめです。本記事では、ステップワゴンの基本情報と、中古車情報についてまとめています。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ホンダのステップワゴンとは?

ホンダ ステップワゴン スパーダ ハイブリッド G

ホンダ ステップワゴン スパーダ ハイブリッド G

1996年に発売された5ナンバークラスのミドルサイズミニバンになります。画期的なコンセプトで発売されてすぐに人気となり、モデルチェンジを繰り返す毎に完成度を増し、現行モデルは2015年に発売され5代目となり現在ではホンダの屋台骨を支える存在となっています。

ステップワゴンのインテリア・エクステリア

ホンダ ステップワゴン スパーダ 新型

ホンダ ステップワゴン スパーダ 新型

現行ステップワゴンのインテリア

「メカのスペースを最小に人のスペースを最大に」を意識した設計がなされており、低床設計を採用した事による乗降性の良さも特徴の一つです。

スライドドアを開けて2列目シートに乗り込む際、余りの乗り易さに驚くことでしょう。現行ステップワゴンでは、地面から2列目シート迄の高さを760mmに抑えている為、乗り降りがし易いのです。

サイドステップも備えており、こちらも低い位置にある為、お年寄りや小さなお子さんでも乗り降りし易い設計になっています。

現行ステップワゴンのエクステリア

これまでの四角形をイメージさせるデザインから、ファミリー層を意識してより一層親しみを持ってもらえるように、全体的に丸みを帯びたフォルムにボディデザインが変更されています。

ステップワゴンのスペック

【ホンダ ステップワゴン G・Honda SENSING】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,690mm×1,695mm×1,840mm
ホイールベース2,890mm
最大乗車定員7名
車両重量1,660kg
燃費WLTCモード:13.6km/L
エンジン種類水冷直列4気筒横置
最高出力110kW(150PS)/5,500rpm
最大トルク203N・m(20.7kgf・m)/1,600-5,000rpm
駆動方式FF
トランスミッション無段変速オートマチック(トルクコンバーター付)
(2020年9月現在 ホンダ公式サイトより)

ホンダのステップワゴンは高い?価格は?

気になる価格

気になる価格

ガソリン

G・Honda SENSING 
FF 2,468,000円
4WD 2,688,000円
G・EX Honda SENSING
FF 2,654,000円
4WD 2,854,000円
SPADA・Honda SENSING
FF 2,655,000円
4WD 2,875,000円
SPADA・Cool Spirit Honda SENSING
FF 2,839,000円
4WD 3,019,000円
Modulo X Honda SENSIN
FF 3,272,000円



e:HEV

e:HEV SPADA G・Honda SENSING
FF 3,116,000円
e:HEV SPADA G・EX Honda SENSING
FF 3,310,000円
e:HEV Modulo X Honda SENSING
FF 3722,000円

ホンダ公式サイトより(2020年10月現在)
※価格は消費税抜きの価格になります。

新車価格は240万円台~370万円台で税込みだと270万円台~400万円台と幅広い価格となっています。グレードも豊富にあるので予算と好みに合った一台が見つかるでしょう。

ホンダのステップワゴンのおすすめグレードは?

ホンダ ステップワゴン G・EX Honda SENSING

ホンダ ステップワゴン G・EX Honda SENSING

まず、ステップワゴンには大きく分けて標準車とエアロ装備の「SPADA」に分けられます。

標準モデルのガソリンターボ車には

・「G Honda SENSING」
・「G・EX Honda SENSING」

の2種類があります。特にこだわりが無ければこちらのモデルで良いでしょう。

エアロ装備のSPADAのガソリンターボ車モデルには、

・「SPADA Honda SENSING」
・「SPADA Cool Spirit Honda SENSING」

の2種類があります。よりパワフルに走りたいユーザー向けのモデルになります。

ハイブリッドモデルは下記の2種類があります。※全てエアロ装備のSPADAになります。

・「e:HEV SPADA G Honda SENSING」
・「e:HEV SPADA G・EX Honda SENSING」

このほかに、専用エクステリアやサスペンションを装備したコンプリートモデル、「Modulo X」のガソリンターボモデルと、ハイブリッドシステム搭載のモデルが存在します。

「SPADA」は専用のバンパーが大型の為、5ナンバー規格の全長4,700mmに収まりきらず、3ナンバーのサイズとなっています。しかし、搭載しているパワートレインは変わらないので、税金面では変化がないことはチェックしたいポイントです。

ターボモデル
1,5リットル直噴ターボエンジンを搭載するモデルでは、低回転域から太いトルクを発生できます。家族みんなで乗車していても、パワフルな走りが期待できるでしょう。また、排気量が小さな、いわゆるダウンサイジングターボ車である為、税制面でも有利になります。

ハイブリッドモデル
ハイブリッドモデルでは、燃費性能が格段に向上する他、一度満タンにすれば頻繁に給油に行く必要が無いというのもうれしいですね。

また、もう一つのメリットとして、静粛性が高いという事が挙げられます。快適な室内空間を確保した事で、車内での会話も弾む事でしょう。燃料代を安く抑えることが出来、何度もガソリンスタンドに給油しに行く手間も省けます。

※ハイブリッドモデルには8人乗りモデルの設定がありません。また、4WD仕様モデルもありません。

ホンダのステップワゴン 中古車情報 価格・相場を紹介

ホンダ ステップワゴン スパーダ

ホンダ ステップワゴン スパーダ

この項ではステップワゴンの中古価格を見て行きましょう。
平均価格は210万円台。価格帯は10万円台~390万円台となっています。


標準モデル
70万円台~310万円台
SPADAのガソリンエンジンモデル
100万円台~330万円台
SPADAハイブリッドG
230万円台~390万円台
BLACK STYLE
270万円台~300万円台
Modulo X
290万円台~300万円台

※車情報サイトResponse 中古車情報調べ(2020年10月現在)

ホンダの大人気車だけあり、中古市場でも豊富に流通しているので好みに合った条件の個体を選ぶ事が出来ます。

中古の程度の良いステップワゴンの探し方

ホンダ本店

ホンダ本店

ファミリーユースのユーザーが多い為、ハードな走りをしている個体は少ないでしょう。格安の個体には修復歴のある個体も含まれますので、購入を検討される際は見逃さないようにしましょう。

過走行では無く、できればワンオーナーの個体を中心にチェックすることが、良い個体に巡り合えるコツかも知れません。

ステップワゴンの各モデルについて

初代 ステップワゴン

初代 ステップワゴン

ここからは歴代ステップワゴンの特徴を見て行きましょう。

初代モデル

初代モデルは1996年にデビューしました。ホンダのミニバンとしては、車高を低めに抑えたオデッセイが2年先行してデビューしていました。

そこへ登場したステップワゴンは、それまでのミニバンとは打って変わって高い車高が特徴のミニバンでした。オデッセイが車幅の大きな3ナンバーサイズだったのに対し、ステップワゴンは5ナンバーサイズに収められている事も違いの一つです。

初代ステップワゴンの中古車相場は、4万円台~80万円台となっています。
※情報は車情報サイトresponse中古車価格より(2020年10月現在)

2代目モデル

2代目は2001年に登場しました。基本的にキープコンセプトとなっており外観上に初代と大きな変化は無く、2列目スライドドアも右側には装備されない点も解消されていませんでした。

2代目ステップワゴンの中古車相場は、9000円台~50万円台となっています。
※情報は車情報サイトresponse中古車価格より(2020年10月現在)

現行モデル

時を経て2015年に5代目(現行)となりました。特徴の一つに、乗車定員が7名のモデルと8名のモデルが用意されているという事が挙げられます。

定員7人のモデルでは2列目シートがそれぞれ独立したキャプテンシートとなっており、シートとシートの間を歩いて3列目のシートまで移動する事が可能となっています。

一方乗車定員が8名のモデルでは2列目のシートは3人掛けのベンチシートとなっている為、間を通る事はできません。乗車人数に合わせてどちらを購入するべきか検討しましょう。

簡単収納!広くなる荷物積載スペース

3列目シートはマジックシートと言う名前の通り、ストラップを引っ張るだけで床下へ格納できる為、強い力を必要とせずお子様でも簡単に操作できるでしょう。

ホンダの低床化技術が使われている為、3列目シートを格納して広くなった荷物積載スペースに重たい荷物を積む時もそれほど労力を使わなくて済みます。ここにも乗る人に優しいホンダの配慮が行き届いています。

もう一つの大きな特徴として、車両後部へのわくわくゲートの採用があります。これは、リアゲートを通常の上下方向へ開閉するだけで無く、リアゲートの左半分を左右に開けるヒンジ式のドアにしたものです。

これにより、後方にスペースの余裕が無い場所でも荷物の積み下ろしが可能となっています。また、わくわくゲートからは人の乗り降りも可能で、いかにもホンダらしい遊び心いっぱいのギミックですね!

まとめ

ホンダ ステップワゴン ハイブリッド モデューロX

ホンダ ステップワゴン ハイブリッド モデューロX

今回はステップワゴンの各グレードと中古車価格についてご紹介しました。年式による違いやグレードの違いを知ることで、予算・好み・用途に合った一台ときっと巡り合えることでしょう。

関連する投稿


ミニバンは何故ミニがつく?燃費性能や乗り心地を解説

ミニバンは何故ミニがつく?燃費性能や乗り心地を解説

国内でもファミリー層に人気なミニバンですが、家族が乗れるほど大きいのに何故ミニが付くのでしょうか。よく聞くバンとの違いはあるのか気になる方も多いと思います。そこで今回はミニバンの大きさに関してから人気車種まで徹底解説します。


【ホンダ NSX】日本の最高峰のスポーツカーの詳細!性能の高さやこだわりを徹底解説

【ホンダ NSX】日本の最高峰のスポーツカーの詳細!性能の高さやこだわりを徹底解説

ホンダが発売するスーパーカーのNSXは、初代の生産が終了してから新型のNSXが待望されており、2017年に新型が発売されました。世界中でその魅力に惹かれる人が多いモデルですが、どのようなスペックなのでしょうか?


ホンダ ライフ|Nシリーズ登場前の、ホンダの人気軽自動車!

ホンダ ライフ|Nシリーズ登場前の、ホンダの人気軽自動車!

現在、軽自動車で人気抜群のN-BOXやN-WGNを販売するホンダが、「Nシリーズ」前に生産していたのが、ホンダ ライフです。すでに、新車販売は終えていますが、中古車市場には豊富。そこで、歴代のライフと、おすすめポイントをまとめました。


ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-Vは、とくに北米・欧州でその実力を評価され、2019年の世界販売台数では、第4位になりました。5代目となった現行モデルでは、7人乗りが新たに登場しています。今回は、CR-Vの歴史と、現行モデルの実力をまとめています。


【レジェンド】ホンダの最新技術が詰め込まれたフラッグシップセダン

【レジェンド】ホンダの最新技術が詰め込まれたフラッグシップセダン

レジェンドは、ホンダの最新技術が投入されたフラッグシップセダンです。ホンダが、創業以来初めて手がけた2リッターを超える高級車であり、「伝説」となることを願って名付けられました。今回は、レジェンドの詳細情報をまとめています。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。