トップへ戻る

ヘッドライト磨きで黄ばみもすっきりクリア!おすすめ商品もご紹介!

ヘッドライト磨きで黄ばみもすっきりクリア!おすすめ商品もご紹介!

ヘッドライトの曇りや黄ばみは、車の印象を左右する大きな要因となります。いくら車を磨き上げても、ヘッドライトが曇っていたりすると気になる方も多いのではないでしょうか?今回は、ヘッドライトをすっきりクリアにするためのヘッドライトの磨き方について、説明していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


何故ヘッドライトは黄ばんだり曇ったりするの?

ヘッドライト磨き

ヘッドライト磨き

年月が経つにつれ劣化が伴うのは、ヘッドライトに限らず起こることです。

ヘッドライトが曇る原因は、使用されている「ポリカーボネート樹脂」という素材の特性によります。

ポリカーボネートは、ガラスなどに比べて衝撃に耐える性質が200倍を超えることや、様々なデザインに対応することができる点などが特徴です。経年劣化を防ぐために、ライトの表面部分にはコーティングがされていますが、洗車で徐々に剥がれたり走行中の飛び石などでキズがつきダメージを受けます。

その結果、紫外線などの外部要因の影響を大きく受けることになり、劣化して黄ばみや曇りになってしまいます。

ヘッドライトを磨いてすっきりクリア!

ソフト99

ソフト99

黄ばみや曇りなどを綺麗にするためには、専門の業者に依頼するか自分で磨くことになりますが、ここでは、自分で磨く際の基本的な磨き方をざっくりとご紹介します。

まずは、耐水ペーパーによる研磨をします。コンパウンドを使用してソフトにライトの外を磨き、曇りと汚れなどを削り取っていきます。

忘れてはいけないのが、仕上げにライトにコーティングを行うことです。せっかく綺麗に磨いたのにコーティングをしないでおくと、再び汚れや黄ばみ・曇りがついてしまいます。

様々なメーカーから、ヘッドライト専用のクリーナーが販売されているので、自分でも磨くことができます。下地処理からコーティングまでできるように、セットになっているものを使用すると便利で安心です。

ヘッドライトを自分で磨く!磨き方のコツとは?

ヘッドライト磨き

ヘッドライト磨き

磨き方のコツは以下の通りです。

洗い・保護

作業を始める前に大事なポイントとして、必ずライトの表面に付着した汚れや埃を水洗いしましょう。ライト以外の部分をマスキングテープで保護しておくことで、磨く際に他の部分がキズついてしまうことを防ぐことができます。

耐水ペーパー

ダメージに合わせて粗さを選ぶ必要があります。ペーパーには「番手」と呼ばれる、粗さを表す数字で分けられています。

数字が小さいほうが目が粗く、大きくなるほど細かくなります。ダメージが大きい場合は1000番から1500番を使用し、少ない場合は2000番からはじめます。

磨く際は、乾燥しないように水を切らさずに作業しましょう。乾いてしまうと本来の効果が発揮されません。

より細かく

コンパウンドを使用して、より細かく磨くことができます。小さなキズを綺麗にすることで汚れが入り込むことを防止し、劣化を防ぐことができます。

この場合も番手がありますので、キズ消し用や仕上げ用などを使う際に、スポンジを必ずわけてつかいましょう。使いまわしは、キズの原因となってしまいます。

意外な方法

コンパウンドの代用品となるクリーナーがあり、そのクリーナーとは金属洗剤ピカールという物です。

え!金属洗剤なのに大丈夫なの?と思うかもしれませんが、この金属洗剤ピカールはプラスチック類にも使用できるので、ヘッドライト磨きとして使用することができます。

ですが、あくまで代用品なので専用の商品を使用することをおすすめします。

仕上げ

最後にコーティングをしましょう。これを怠るとせっかくの作業が台無しです。磨き終わった後のヘッドライトはコーティングが無い状態となっているため、紫外線などの外的要因をもろに受けてしまします。

なので、ヘッドライトを磨いた後は確実にコーティング剤を塗り、ヘッドライトを保護しましょう。

DIYにかかる費用

自分で作業を行うわけですので、もちろん工賃は必要ありません。必要なものは、耐水ペーパー・コンパウンド・コーティング剤となります。

DIYで作業をするのであれば、すべての行程を一つのキットで行えるものを選ぶことで、費用の面でもコストカットすることができ、コーティング剤の種類はケイ素系・カラス系・シリコン系などがあります。

価格はメーカーや商品の中身にもよりますが、約2,000円~5,000円ほどで購入することが可能となっています。

やっぱり業者の技術にはかなわない

マスキングテープでしっかりと養生

マスキングテープでしっかりと養生

自分で作業する場合と、業者に依頼した場合での違いはいくつかあります。まず、ポリッシャーというボディを研磨する機械や、手作業でペーパーを使用して磨きます。

その他にもヘッドライト専用のサンディング機器を使用して、深いキズや黄ばみなどを磨くことができ、仕上がりスピードも早くなっています。

さらにコーティング剤についても、市販で購入できない専用のものを使用することで、持続効果が長くなります。(業者によって使用するものは異なります)

業者で施工する際の価格

業者に依頼した際の価格としては、劣化や汚れ黄ばみの程度にもよりますが、一般的に2,500円~25,000円ぐらいが相場といえます。

また、ライトの素材が硬いものを多く含んでいる外国車の場合は、その分の研磨に時間と手間がかかるため、少し価格が高くなるようです。

曇りを抑えるカーケアグッズ

《写真提供:response》ホルツ・ヘッドライト3Dコーティング

前述したように、キズやひび割れ・紫外線などの外的要因が原因で、曇りや黄ばみとなります。これを防ぐ方法は、キズを埋めて表面を均一にしたあと「クリアコーティング剤」を塗っておくことです。

塗布する際にムラや厚みが出てしまうと仕上がりが綺麗になりません。そのため塗布する場合は、慎重に作業することが必要になります。初心者でもDIYで綺麗に仕上げることができるよう、いくつかおすすめの商品をご紹介します。

CarZoot ヘッドライト 黄ばみ くすみ 黄ばみ取り

くすみ・黄ばみを除去できる専用クリーナーとコーティング剤がセットになっており、ヘッドライト磨きからコーティングまでを簡単手軽にでき、プロ並みの仕上げにすることができます。

品質にこだわっており、日本国内で研究と開発を重ね製造も行っている日本クオリティーの商品となります。

CarZootヘッドライト黄ばみくすみ黄ばみ取りカバー車ライトくすみ汚れ

CarZoot ヘッドライト 黄ばみ くすみ 黄ばみ取り

リピカ 【 ヘッドライトクリアセット 】

リピカは、ペーパーの代わりにスポンジなどにクリア(復活剤)を含ませ、ヘッドライトのレンズに染み込ませたあと汚れを浮き上がらせ除去することができます。コーティング剤もセットになっており、効果の期間が1年以上と他社の商品に比べ長く持つことが最大の特徴になります。

さらに、内容量が約20台分の施工が可能になっており、定期的に作業を行う方や中古車販売店などで、人気の商品となっています。ヘッドライトの他、テールランプやサイドバイザーなどの樹脂部部にも使用することが可能となっています。

ヘッドライトクリーナー ヘッドライトコーティング ヘッドライト黄ばみ ヘッドライトくすみ ヘッドライト研磨 ヘッドライトリフレッシュ レンズ磨き ピカール ヘッドライトコーティング剤 リピカ 【 ヘッドライトクリアセット 】

カーメイト 車用 ヘッドライトクリーナー & コーティング

専用クロスにクリーナーを付けて磨くだけで、ヘッドライトの黄ばみやくすみを除去しクリア感を取り戻すことができます。

コーティングも専用のクロスで塗るだけと手軽に作業することができ、効果は6ヶ月ほどとなっています。親水コーティングとなっており、雨天時等の水滴による乱反射や汚れの付着を防ぎ、クリアな状態を持続させることが可能となっています。

カーメイト 車用 ヘッドライトクリーナー & コーティング くすみ 黄ばみ 除去 親水コーティング クリーナー:50ml トップコート:10ml C137

カーメイト 車用 コーティング10ml クリーナー50ml クリア セット ヘッドライト復活 プレミアムコート C137

まとめ

マツダ アテンザ 改良新型

マツダ アテンザ 改良新型

ヘッドライトの劣化や黄ばみ、汚れによりライトが暗くなってしまうと、運転時の妨げになることが考えられます。

そこで、ヘッドライトを綺麗にするだけでも車の印象や運転のしやすさが変わります。

汚れや黄ばみの原因を知ることで、自分で綺麗にする方法も試すことができます。

また、自分で施工することが心配な方やより仕上がりや状態にこだわる場合は、業者に依頼することをお勧めいたします。

関連する投稿


エアクリーナーのメンテナンス忘れてない?おすすめ商品もご紹介!

エアクリーナーのメンテナンス忘れてない?おすすめ商品もご紹介!

車のエンジンはガソリン・軽油などと空気を混合して動力となります。この時、取り入れる空気をクリーンな物にするためには、エアクリーナーと呼ばれる装置を使用します。本記事ではエアクリーナーやその選び方やおすすめ商品を紹介します。


【ホイールナット】おすすめ5選を紹介!材質・形状の違いも要チェック

【ホイールナット】おすすめ5選を紹介!材質・形状の違いも要チェック

タイヤの交換やローテーションは自分でおこなう、という方は少なくないでしょう。そんなとき、必ず扱うのがホイールナットです。実は、ホイールナットにはさまざまな種類や形状があり、適切なものを使用しないと、緩んでしまうことさえあります。今回は、ホイールナットについてまとめました。


おすすめドライブレコーダーを紹介!タイプ別に自分に合うものを選ぼう

おすすめドライブレコーダーを紹介!タイプ別に自分に合うものを選ぼう

最近では当たり前になりつつあるドライブレコーダーですが、その進歩は進んでいます。駐車録画対応製品など駐車中の当て逃げなどを記録するタイプもあります。また、前後を記録できるタイプもあり、コンパクトで高性能なものが主流になっています。今回はこのドライブレコーダーについて見ていきましょう。


高級サスペンションメーカー オーリンズって何がすごいの?

高級サスペンションメーカー オーリンズって何がすごいの?

車やバイク好きの方なら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?オーリンズと言えば最高峰のサスペンションメーカーであり、レースなどでも活躍が著しいメーカーです。今回はこの「オーリンズ」について見ていきましょう。


愛車に長く乗り続けたい方必見!おすすめカーケア用品をご紹介!

愛車に長く乗り続けたい方必見!おすすめカーケア用品をご紹介!

車を快適に過ごすためのグッズは数多く存在します。また車のお手入れのための用品も多いです。カーシャンプーやワックス・水垢取りなどは身近なカーケア用品と言えるでしょう。今回はこれらのカーケア用品についてご紹介していきます。ご自身で出来るカーケアの知識を増やし快適なカーライフをお過ごし下さい。


最新の投稿


トヨタ センチュリーとは?トヨタの誇る最高級車の魅力に迫る

トヨタ センチュリーとは?トヨタの誇る最高級車の魅力に迫る

トヨタの最高級車であるセンチュリーについて紹介します。圧倒的な高級感を誇る内外装の質感や、専用オプション、走行性能などについて解説します。また、高級モデルなので気になる価格などについても紹介します。


米国トヨタの新型シエナは日本にも上陸する?大型ミニバンの実態とは

米国トヨタの新型シエナは日本にも上陸する?大型ミニバンの実態とは

米国を中心とした海外で販売されている大型ミニバンのシエナについての紹介記事です。歴代モデルの紹介や、2020年に発売された新型モデルの日本上陸の可能性などについても紹介します。


【2021年最新版】車中泊におすすめの人気軽バン3選!

【2021年最新版】車中泊におすすめの人気軽バン3選!

軽バンは、宅配便や郵便局、そして様々な運送に使われているボックスタイプの軽貨物車です。その日常のあらゆる荷物を運んでくれる軽バンが、実は流行の車中泊には最適な車種なのです。そこで、なぜ軽バンが車中泊に最適なのかを含めて、車中泊におすすめの人気の軽バンをご紹介します。


トヨタ MIRAIとは?水素燃料電池自動車について徹底解説!

トヨタ MIRAIとは?水素燃料電池自動車について徹底解説!

化石燃料の使用を抑えるという世界的な動きの中、トヨタが提案した未来の自動車である水素燃料電池自動車、MIRAIについての紹介記事です。初代モデルと現行モデルの違いや、水素燃料電池自動車の仕組み、実用性などについて紹介します。


トヨタ エスクァイア|気になる新車・中古車価格、燃費は?

トヨタ エスクァイア|気になる新車・中古車価格、燃費は?

運転しやすいサイズ感と広い車内空間で人気のミニバンであるトヨタ エスクァイアについて紹介します。車としての特徴や魅力のみでなく兄弟車であるノアやヴォクシーなどとの比較なども行います。