目次へ戻る

【上海モーターショー2017】シートが自ら動くぞ!自動運転の可能性を示すシート公開

【上海モーターショー2017】シートが自ら動くぞ!自動運転の可能性を示すシート公開

世界的な自動車シート・サプライヤーとして知られるアディエントはレベル3~4の自動運転での活用を想定した「AI(アディエント・イノベーション)17デモンストレータ」を開発。上海モーターショーにてお披露目されました。


自動運転での活用を想定したシートを体験できる!?アディエント!!!

モーターショーでは、新しい車はもちろんのこと、新たなテクノロジーや、ミライのクルマを垣間見ることができるのも魅力の一つですよね。
今回はそんな、未来を感じさせる車を紹介しています。

世界的な自動車シート・サプライヤーとして知られるアディエントはレベル3~4の自動運転での活用を想定した「AI(アディエント・イノベーション)17デモンストレータ」を開発。

上海モーターショー2017の同社ブースでは、その体験デモンストレーションを開催しました。

自動運転、気になるインテリアは

オーナーがクルマに近づくとドアが開いてシートが乗りやすい位置にまで回転して出迎える
なんて賢い!!

自動運転車の車内インテリアは、ドライバーと同乗者が運転する以外にも多くの時間を費やす空間としてその内容がきわめて重要ですよね。

アディエントは、自動車がコンピュータで運転する機能を備えれば、乗員はおのずとクルマのシートや車内スペースにこれまでにない多様性を求めるようになってくると話します。

そうした自動運連車向けの車内における革新的ソリューションとして開発されたのが、「AI17デモンストレータ」です。

上海モーターショー2017では実際に乗車して体験できます。

シートは見た目も使用感においてもハイエンドなユーザー向けを想定して開発。4席設けられたシートはフル電動化され、操作は車両側からの情報やスマートフォンを介した操作にスムーズに対応できるようになっていました。

その操作感はまるで飛行機のファーストクラスに座ったかのようなゴージャスさ!!

前席に乗車する際は、オーナーが近づくと自動的ににシートが最大70度まで旋回し、簡単かつスムーズに乗り降りが可能となります。

乗車して自動転モードに入ると、シートは内側に15度旋回して少し向き合うコンバースモードとなり、乗員は運転を気にすることなく車内で親密な対話環境を創り出せるというわけ。

乗員に合わせた安全性や快適性、簡便性に最大限に配慮した「コンフォート・シェル」の採用も大きなポイント。各モードごとに乗員が設定したシート位置を記憶して乗員に最適化し、従来の範囲を超えた乗員へのサポートを実現。

リクライニングの他、ヘッドレストや両側アームレスト、レッグレストなどもシンクロできる仕組み。

後席は最大45度のリクライニングを可能とし、レッグレストはシート下部に収納可能。

また、シート座面は上方へ跳ね上げることが可能で、荷物を収納する際に有効となります。

ヘッドレストもユニークでなんと4方向へ動かすことが可能。電動・マニュアルの双方を備え、乗員にとって最適な心地よさを提供します。

アディエントは全世界33カ国230カ所で自動シートの製造と供給を行う世界的な自動車用シートメーカー。同社製シートは毎年2500万台以上の車両に取り付けられています。

また、同社はレカロも傘下に収めており、中国市場での高級車用パフォーマンスシートの投入計画も発表しています。

今後の展開が楽しみですね。

2016年10月に設立されたアディエント

そもそもアディエントとは、一体何なのでしょうか。

Adient PLCは、2016年10月に設立されました。自動車部品大手のジョンソンコントロールの自動車用シート事業部門が独立したものになります。

上海モーターショー2017で初公開された自動運転車用シートは、自動運転「レベル3」および「レベル4」に対応したもの。

両レベルでは、運転の基本動作の多くが自動で行われます。

そのため、運転席にも、自動運転中にリラックスして着座できるデザインを採用しました。

Adient PLCのリチャード・チュン副社長は、「自動運転技術の進歩に伴い、内装が注目点になってくる。上海モーターショー2017で展示した製品やコンセプトは、自動運転の未来に向かっている」とコメントしています。

日々進化し続けているテクノロジー。
私たちが自然に自動運転の車に乗る日もそう遠くないミライかもしれませんね。

関連するキーワード


モーターショー

関連する投稿


【日本発売は12月】レクサスRXが3列シート・7人乗りに!新型RX L登場!

【日本発売は12月】レクサスRXが3列シート・7人乗りに!新型RX L登場!

レクサスRX新型の3列シートロングバージョンとなるRX Lがロサンゼルスモーターショー2017にて世界初公開されました。日本発売は12月。7人乗りの3列シートRX Lが見られるのももう間もなくです!全長×全幅、ホイールベースなどの現時点で判明しているスペックから、価格予想他、最新画像までRX Lの速報をお届けします。


【ロサンゼルスモーターショー2017】最新情報!出展車・日程まとめ

【ロサンゼルスモーターショー2017】最新情報!出展車・日程まとめ

ロサンゼルスモーターショー2017が12月1日より開催されます。このモーターショーでは毎年多くの新型車が出展されます。外国車はもちろんですが、日本車もたくさん出展されますよ!今回は、ロサンゼルスモーターショー2017で出展されると噂される車種を紹介します。【11月30 日更新】


【1月12日~14日開催】東京オートサロン2018 関連情報まとめ

【1月12日~14日開催】東京オートサロン2018 関連情報まとめ

東京オートサロン2018はもうすぐです。本記事では東京オートサロン2018関連の情報をまとめています。開催場所・開催概要・チケット料金・開催日程・来場者数予測など。随時更新します。【11月9日更新】


東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

【11/17情報更新】2017年10月28日~11月5日の10日間で開催された東京モーターショー2017。本記事では東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両)、来場者数等の振返りをまとめて掲載しています。東京ビッグサイトに足を運んだ方も、残念ながら行けなかった方も是非ご覧下さい。


【東京モーターショー2017】入場時の混雑 避けるための事前準備は?

【東京モーターショー2017】入場時の混雑 避けるための事前準備は?

東京モーターショーが待ちきれない車好きの貴方!こちらの記事では入場時の混雑緩和、待ち時間緩和のために準備しておくべき、東京モーターショー2017のお得情報についてまとめています。


最新の投稿


還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

2017年4月24日、日産のスカイラインが誕生から60周年となり人間で言う「 還暦」を迎えました。過去の初代から13代目スカイラインまでのモデルの振り返りと共に、歴史やその年の出来事、流行したファッションについてと、60周年を記念して開催されていたイベントを一部紹介しています。


後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

皆様は車の運転の際、シートベルトをきちんと着用していますか?運転席や助手席だけでなく安全な運転のために、後部座席もシートベルト着用の義務があります。今回はシートベルトの着用率を都道府県別に見ていきましょう。果たしてシートベルト着用率の高い1番安全な都道府県はどこなのでしょうか?


うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

雪が降り始めると車の事故やトラブルも増えますね。特に、暴風雪による多重衝突事故や道路での立ち往生…などの被害は大きいです。降雪が多い時は車での外出は避けた方が無難ですが、そうも言ってられませんよね。もし立ち往生してしまった時備えておけば心強い。そんなグッズをご紹介します。備えあれば憂いなしですよ!!


【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

2017年の冬も厳しい寒さ&降雪が予想されています。つまりそれはウィンタースポーツ、スキーやスノボーが楽しめるということでもですね!ここで心配なのが雪道での車のスリップ!貴方の車は大丈夫ですか?貴方と貴方の大切な人を守ってくれる、雪道に強いオススメの車最新情報をお届けいたします!この車たちで冬を熱く楽しみましょう!


【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

痛車・痛バイクオーナーの皆さんに朗報です。2018年2月25日(日)、中古車買取のカープライスが川崎大師にて、痛車・痛バイク100台規模の交通安全祈願イベント『川崎大師 痛車・痛バイク 交通安全祈願2018』を開催します。先着100台は参加費が無料、イベントの内容を紹介します。