目次へ戻る

【上海モーターショー2017】シートが自ら動くぞ!自動運転の可能性を示すシート公開

【上海モーターショー2017】シートが自ら動くぞ!自動運転の可能性を示すシート公開

世界的な自動車シート・サプライヤーとして知られるアディエントはレベル3~4の自動運転での活用を想定した「AI(アディエント・イノベーション)17デモンストレータ」を開発。上海モーターショーにてお披露目されました。


自動運転での活用を想定したシートを体験できる!?アディエント!!!

モーターショーでは、新しい車はもちろんのこと、新たなテクノロジーや、ミライのクルマを垣間見ることができるのも魅力の一つですよね。
今回はそんな、未来を感じさせる車を紹介しています。

世界的な自動車シート・サプライヤーとして知られるアディエントはレベル3~4の自動運転での活用を想定した「AI(アディエント・イノベーション)17デモンストレータ」を開発。

上海モーターショー2017の同社ブースでは、その体験デモンストレーションを開催しました。

自動運転、気になるインテリアは

オーナーがクルマに近づくとドアが開いてシートが乗りやすい位置にまで回転して出迎える
なんて賢い!!

自動運転車の車内インテリアは、ドライバーと同乗者が運転する以外にも多くの時間を費やす空間としてその内容がきわめて重要ですよね。

アディエントは、自動車がコンピュータで運転する機能を備えれば、乗員はおのずとクルマのシートや車内スペースにこれまでにない多様性を求めるようになってくると話します。

そうした自動運連車向けの車内における革新的ソリューションとして開発されたのが、「AI17デモンストレータ」です。

上海モーターショー2017では実際に乗車して体験できます。

シートは見た目も使用感においてもハイエンドなユーザー向けを想定して開発。4席設けられたシートはフル電動化され、操作は車両側からの情報やスマートフォンを介した操作にスムーズに対応できるようになっていました。

その操作感はまるで飛行機のファーストクラスに座ったかのようなゴージャスさ!!

前席に乗車する際は、オーナーが近づくと自動的ににシートが最大70度まで旋回し、簡単かつスムーズに乗り降りが可能となります。

乗車して自動転モードに入ると、シートは内側に15度旋回して少し向き合うコンバースモードとなり、乗員は運転を気にすることなく車内で親密な対話環境を創り出せるというわけ。

乗員に合わせた安全性や快適性、簡便性に最大限に配慮した「コンフォート・シェル」の採用も大きなポイント。各モードごとに乗員が設定したシート位置を記憶して乗員に最適化し、従来の範囲を超えた乗員へのサポートを実現。

リクライニングの他、ヘッドレストや両側アームレスト、レッグレストなどもシンクロできる仕組み。

後席は最大45度のリクライニングを可能とし、レッグレストはシート下部に収納可能。

また、シート座面は上方へ跳ね上げることが可能で、荷物を収納する際に有効となります。

ヘッドレストもユニークでなんと4方向へ動かすことが可能。電動・マニュアルの双方を備え、乗員にとって最適な心地よさを提供します。

アディエントは全世界33カ国230カ所で自動シートの製造と供給を行う世界的な自動車用シートメーカー。同社製シートは毎年2500万台以上の車両に取り付けられています。

また、同社はレカロも傘下に収めており、中国市場での高級車用パフォーマンスシートの投入計画も発表しています。

今後の展開が楽しみですね。

2016年10月に設立されたアディエント

そもそもアディエントとは、一体何なのでしょうか。

Adient PLCは、2016年10月に設立されました。自動車部品大手のジョンソンコントロールの自動車用シート事業部門が独立したものになります。

上海モーターショー2017で初公開された自動運転車用シートは、自動運転「レベル3」および「レベル4」に対応したもの。

両レベルでは、運転の基本動作の多くが自動で行われます。

そのため、運転席にも、自動運転中にリラックスして着座できるデザインを採用しました。

Adient PLCのリチャード・チュン副社長は、「自動運転技術の進歩に伴い、内装が注目点になってくる。上海モーターショー2017で展示した製品やコンセプトは、自動運転の未来に向かっている」とコメントしています。

日々進化し続けているテクノロジー。
私たちが自然に自動運転の車に乗る日もそう遠くないミライかもしれませんね。

関連するキーワード


モーターショー

関連する投稿


東京ビッグサイト周辺の駐車場情報 19選!アクセス 移動時間も紹介

東京ビッグサイト周辺の駐車場情報 19選!アクセス 移動時間も紹介

東京モーターショーや東京おもちゃショーなど様々なイベントが開催される東京ビッグサイト。こちらの記事では車で東京ビッグサイトまで行くという方のために、周辺の駐車場情報をビッグサイトまでの移動手段(徒歩か電車か)や、徒歩でかかる時間、駐車場の混雑に関連する情報をお届けしています。


【パリモーターショー2018】今年で120周年! 最新情報

【パリモーターショー2018】今年で120周年! 最新情報

今年で120周年を迎える世界最古のモーターショー。それがパリモーターショーです。すでに、パリモーターショー2018の概要が発表されました。今年は名称も“ル・モンディアル・ド・ロートモービル”から、“ル・モンディアル”へと変えるとともに、大きく構成等を変更しての開催となります。新型車情報やワールドプレミア他随時更新。


【フォトレポート】「TRIUMPH RIOT 7th」富士北麓にオールドトライアンフが集結

【フォトレポート】「TRIUMPH RIOT 7th」富士北麓にオールドトライアンフが集結

2018年5月20日に山梨県・富士北麓駐車場で開催された、オールドトライアンフが集結するミーティングイベント「TRIUMPH RIOT 7th」(トライアンフライオット)の様子をフォトレポートで紹介します。


ヴェヌーシア?イゾア?日本人の知らない北京の日本車たち

ヴェヌーシア?イゾア?日本人の知らない北京の日本車たち

海外で販売される日本車には、日本国内では販売されない車種も多くあります。北京モーターショーでは、特に中国専用車種が多く見られ、日本の自動車メーカーからも多くの中国専用車種が多く見られました。そこで、我々が知らないそれらの日本の自動車メーカーが出展した中国専用車種をご紹介してみましょう。


【北京モーターショー2018】6年ぶり復活!ホンダのインスパイア

【北京モーターショー2018】6年ぶり復活!ホンダのインスパイア

ホンダと東風汽車の中国合弁、東風ホンダは中国で開催中の北京モーターショー2018において、『インスパイア・コンセプト』を初公開しました。復活は実に6年ぶりのことになります。最新情報をお届けいたします。


最新の投稿


スマホ画面を投影できるHUD「ハドウェイキャスト」日本上陸PJ開始!特別価格での購入も

スマホ画面を投影できるHUD「ハドウェイキャスト」日本上陸PJ開始!特別価格での購入も

運転手の視線の先にナビを表示することができるヘッドアップディスプレイ(HUD)は最近注目されている機能です。海外のKickstarterで人気を集めた後付け「HUDWAY CAST」の日本上陸に向けたクラウドファンディングプロジェクトが、7月13日(金)より開始されました。詳しくご紹介します。


日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産の人気ミニバン新型セレナの、高性能バージョンであるセレナNISMO(ニスモ)が11月21日より発売開始中です。セレナNISMO(ニスモ)は昨年発売されたセレナのカスタムモデル。日産のスポーツ部門である「NISMO」が開発したコンプリートカーになります。18年にはフルハイブリッドモデルセレナe-powerも発売です!


ホンダ 新型プラグインハイブリッド クラリティPHEV登場

ホンダ 新型プラグインハイブリッド クラリティPHEV登場

7月20日より、ホンダの新型プラグインハイブリッド・クラリティPHEVが登場します。価格は約580万円ほど。クラリティPHEV新型はいったいどんな車になっているのか?気になる情報をお届けいたします。


シビックタイプRの廉価版が登場か?プロトタイプをスクープ

シビックタイプRの廉価版が登場か?プロトタイプをスクープ

ホンダが2017年9月に日本で販売開始した「シビック」シリーズの高性能モデルである「シビック タイプR」に廉価版の噂がでています。本記事では、スクープされた画像と共に、「シビック タイプR」廉価版の可能性についてご紹介します。


【2018年猛暑】貴方も愛車も!夏の暑さを乗り切るオススメカーグッズ5選

【2018年猛暑】貴方も愛車も!夏の暑さを乗り切るオススメカーグッズ5選

2018年、夏。シャレにならない猛烈な暑さに襲われています。それはあなたの愛車も同じ!貴方の車内の暑さ対策は万全ですか?不安な方、あまり気にしていなかった方!本記事を読んで、2018年夏を乗り切りましょう!本記事では夏の暑さ対策カー用品グッズをご紹介いたします。これで今夏も楽しいカーライフを過ごせること間違いなし!