トップへ戻る

車中泊が人気の理由は?快適に使えるおすすめ車種とその理由!

車中泊が人気の理由は?快適に使えるおすすめ車種とその理由!

車中泊に興味がある方なら、次の車選ぶをするときに使いやすい車にしたい思うもの。人に接することも少なく、費用も抑えながら旅ができるので、人気が高まっている車中泊ですが、できる限り快適に行いたいところですよね。そこでこの記事は、車中泊が人気の理由とおすすめの理由をご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


【ホンダ N-VAN L・Honda SENSING FF CVT】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,945mm
ホイールベース2,520mm
最大乗車定員4名
車両重量950kg
燃費JC08モード:23.8km/L
エンジン種類水冷直列3気筒
最高出力39kW(53PS) /6,800rpm
最大トルク64N・m (6.5kgf・m) /4,800rpm
駆動方式FF
トランスミッション無段変速オートマチック
2020年11月現在 メーカー公式サイトより 

【スズキ ハスラー】スクエアな見た目が魅力!

ハスラー ハイブリッドXターボ4WD

ハスラー ハイブリッドXターボ4WD

スズキのハスラーは町中で見かけることが多い、キュートな外見のモデル。軽自動車でもアウトドア用品のタフさが表現されており、軽ワゴンとSUVの融合が魅力的な車です。丸形のヘッドライトはどこから見ても一目でハスラーとわかるデザインです。インパネもカラーパネルが多用されるなど、デザインもポップなので運転が楽しくなります。

車中泊を楽しむ方はアウトドアも楽しむ方も多いですが、最低地上高が高く、走破性もあるハスラーはまさにぴったりのモデル。燃費性能や安全装備も充実しているので、安心してドライブを楽しめるでしょう。マイルドハイブリッドが搭載されているので、燃費性能に優れていることもドライブを楽しみたい方におすすめの理由です。

モデルチェンジでさらに広々

ハスラー ハイブリッドXターボ4WD

ハスラー ハイブリッドXターボ4WD

先代でもアクティブに使える軽として人気がありましたが、モデルチェンジをしてからも、コンセプトはキープしたまま、ブラッシュアップされているのが特徴です。

フロントフェイスも先代よりもスクエアになりましたが、テールゲートが垂直になったことで車内空間が広がりました。ホイールベースが35mm伸びたので、足元の空間が広くなっています。フルフラットにしたときも寝られるスペースが拡大してより快適に過ごせます。

マットを併用すると広いスペースで快適!

ハスラー 荷室

ハスラー 荷室

後席を倒してフルフラットにすることができます。このときに、後席の背面が樹脂で硬いこと、またフロントシートとの段差があるのでキャンプ用のマットを併用しましょう。コンパクトなボディでも、大人がしっかりと寝られるほどのスペースはあります。

後席と助手席を倒すだけでも車中泊ができます。1人で車中泊をするときに、助手席と後席を倒すと
ほとんど同じ高さになるので、1人分のスペースが確保できるアレンジです。長尺物を積むときのシートアレンジですが、1人の車中泊にも使いやすいです。

色々なところに収納がある

ハスラー シートバックポケット

ハスラー シートバックポケット

ハスラーが車中泊に向いているもう1つの理由は、収納スペースの多さです。軽自動車は車内の空間が限られているので、車中泊をするときにどこに荷物を収納するのかが問題となります。その点ハスラーには車内の至る所に収納スペースがあるので、小物を入れておけます。

助手席のシート下に靴置き場があるので、脱いだ靴も隠しておけるので便利。ラゲッジスペースの下には、大きめのアンダーボックスがあるので、小さな荷物を入れておけます。防汚処理されていて取り外してできるので、車中泊のときにガンガン使えます。

【スズキ ハスラー HYBRID X】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,680mm
ホイールベース2,460mm
最大乗車定員4名
車両重量820kg
燃費WLTCモード:25.0km/L
エンジン種類水冷直列3気筒
最高出力36kW(49PS) /6,500rpm
最大トルク58N・m (5.9kg・m) /5,000rpm
駆動方式前2輪駆動
トランスミッションCVT
2020年11月現在 メーカー公式サイトより

【ダイハツ ウェイク】とにかくに広い!

ダイハツ ウェイク

ダイハツ ウェイク

「ドデカクつかおうWAKE」というキャッチフレーズでおなじみのダイハツのスーパーハイトワゴンのウェイク。タントをベースに、全高が1,835mmと高くなっており、軽自動車最大の車内空間を実現しているモデルです。1,455mmという車内高は、5ナンバーサイズのミニバンのノアの1,400mmよりも高いものです。

着替えや寝るときに頭上のスペースが確保されていると、ストレスを感じさせないので圧迫感がありません。フルフラットにしただけでも、高さがあるので快適に過ごせるモデルです。

シートアレンジが豊富

ダイハツ ウェイク

ダイハツ ウェイク

ウルトラスペースといわれているウェイクの室内空間は、助手席をテーブルにしたテーブルモード、フロントシートのヘッドレストも外したフルフラットモードなど、車中泊でも便利なシートアレンジが魅力です。

フルフラットにしても段差が発生するので、オプションのジョイントクッションやキャンプ用のマットを敷くと快適に過ごせるでしょう。フルフラットにすると、室内長は2,000mm以上もあるので、大人でも余裕のスペースです。

イージーケアフロアで汚れを気にしない!

ダイハツ ウェイク レジャーエディション イージーケアフロア

ダイハツ ウェイク レジャーエディション イージーケアフロア

車中泊などのアウトドアで使うことを考えると、イージーケアフロアが採用されているのはウェイクの強みです。樹脂製のフロアが採用されているので、汚れてしまっても簡単にふき取ることができます。車中泊をしているときには、泥がついてしまうこともあります。シートが撥水加工されているだけでなく、フロアが汚れても簡単に掃除できるので安心です。

また荷物を固定するフックや固定ベルトが用意されているので、荷物をビニール袋に入れて固定させておくこともできます。フルフラットにして車内で食事をすることもあるでしょう。食べ物を引っ掛けておくことができるフックがあるので便利に使です。また万が一こぼしてしまたときも、簡単に掃除できるので使いやすいです。

安全装備が充実している

ダイハツ ウェイク

ダイハツ ウェイク

ウェイクには、ダイハツの予防安全システムのスマートアシストが用意されています。現行は「スマートアシストⅢ」が搭載されており、歩行者を検知してブレーキをかける「衝突回避支援ブレーキ機能」や障害物があるときに誤発進しないようにする、「誤発進抑制機能」などが搭載されています。

さらにオプションで、周囲の状況を映してくれるパノラマモニターも搭載できるので駐車も簡単にできるでしょう。衝突安全ボディの「TAF」も安全対策の1つとされており、予防安全装備だけでなく、車体の安全も確保されている車です。

【ダイハツ ウェイク D】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,835mm
ホイールベース2,455mm
最大乗車定員4名
車両重量990kg
燃費WLTCモード:17.4km/L
エンジン種類水冷直列3気筒
最高出力38kW(52PS) /6,800rpm
最大トルク60N・m (6.1kg・m) /5,200rpm
駆動方式FF
トランスミッションCVT
2020年11月現在 メーカー公式サイトより 

まとめ

車中泊が人気の理由から、普通車と軽自動車に分けて車中泊に適したモデルをご紹介してきました。車中泊はアウトドアの人気の高まりから注目されていますが、車中泊に適した車選びをするなら、快適に宿泊できます。

車内が広いだけでなく、防汚シートや車内の収納がたくさんあるモデルなら、荷物が積みやすくなりますし、車内で気持ちよく過ごせるでしょう。本記事を参考して、街乗りから車中泊までこなせるお気に入りの1台を見つけてください。

関連する投稿


2020年の軽自動車販売台数ランキングを紹介!

2020年の軽自動車販売台数ランキングを紹介!

国内で販売された新車の3台に1台は、軽自動車の時代。どんなクルマが、売れているのでしょうか?今回は、2020年の軽自動車新車販売台数をもとに、トップテン形式でまとめました。


【2021年最新版】車中泊におすすめの人気軽バン3選!

【2021年最新版】車中泊におすすめの人気軽バン3選!

軽バンは、宅配便や郵便局、そして様々な運送に使われているボックスタイプの軽貨物車です。その日常のあらゆる荷物を運んでくれる軽バンが、実は流行の車中泊には最適な車種なのです。そこで、なぜ軽バンが車中泊に最適なのかを含めて、車中泊におすすめの人気の軽バンをご紹介します。


ホンダ N-VANは車中泊も楽しめる!レジャーから日常使いまでおまかせ!

ホンダ N-VANは車中泊も楽しめる!レジャーから日常使いまでおまかせ!

コンパクトサイズながら車内空間が広く、安全装備も豊富なホンダのN-VANは、車中泊も楽しめることで人気を集めています。今回はホンダ N-VANの特徴や魅力などをご紹介します。車中泊のポイントを知りたいと考えている方もぜひ参考にしてください。


ちょうどよさは譲らない!トヨタ シエンタで高コスパミニバン生活

ちょうどよさは譲らない!トヨタ シエンタで高コスパミニバン生活

ご家族が一度に移動でき、荷物もしっかり載せられるミニバンは欲しいけど、大型のモデルは持て余しそうだし高い… そこでぜひおすすめなのが、トヨタのプチミニバン、シエンタです。コンパクトながら3列シートで、さらにちょっと自慢のハイセンスなデザインまで揃うシエンタは、ミニバン界でも屈指の高コスパな一台。この記事でその魅力を知れば、あなたもシエンタが気になってくること間違いなしです。


ホンダ フリードで叶うスマートミニバン生活!ライバルとの徹底比較も

ホンダ フリードで叶うスマートミニバン生活!ライバルとの徹底比較も

ミニバンなら、ご家族揃って色々な場所にお出かけできてうれしいですよね。しかしミニバンは、油断するとサイズもお値段もどんどん膨らみがちで、ドライブも心から楽しめなくなってしまうかも。そこでおすすめなのが、サイズはコンパクト、価格はリーズナブルなスマートミニバン、ホンダ フリードです。この記事では、フリードの魅力や価格帯を紹介しつつ、ライバルとの比較もしていきます。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。